カテゴリー「はだのお悩み相談室」の記事

試練

今日もありがとうございます。塾長です。

試練は乗り越えるためにある。

乗り越えられない試練はやってこない。

試練を乗り越えられないと思った時点で、本当に乗り越えられなくなる。

乗り越えられると信じて乗り越えられなかったら、乗り越えられるまで続ければいい。

がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秦野サミット2013.5

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は秦野でサミットがありました。

秦野市内の地域密着型学習塾の塾長・教室長8人が集まり、色々と会議をしたのです。

とかく横の繋がりの薄い学習塾業界ですが、この『はだの中高生お悩み相談室』に参加している学習塾経営者たちの考え方は違います。

「地域の子どもたちが一人でも多く、未来へ向かって幸せに羽ばたいて欲しい。そのためならば、私利私欲を捨て、ライバルと言われる隣近所の学習塾とも手を組む。」という考え方です。

皆さん忙しい中時間を調整して集まって下さったので、2時間弱という短い時間でしたが、非常に濃い内容の話し合いができました。

また、今後へ向けての新しいアイデアもたくさん出てきて、楽しみです。

最後は集合写真を撮って解散しました。

Photo
上の段左から

トップ校合格実績秦野市内No.1のGゼミナール:浜田先生

同じく、伝説の男ブラック先生ことGゼミナール:小川先生

今回より参加、高校生の強い味方成績アップAp:長澤先生

爆走渋沢の鬼学心塾:山本先生

超ベテラン迷える高校生の生き字引教学舎:佐藤先生

下の段左から

初参加高校部門神奈川制覇成績アップAp:帆足先生

子育てNo.1東海の雄学指会:松田先生

書類を富士山より高く積める男、私早稲田育英ゼミナール:鈴木

個別指導のカリスマといえば学増研:夘埜(うの)先生

急用で欠席したゆうがくセミナー:窪田先生は、集合写真にはいません(別窓でHPに掲載予定です)。

いずれも経営者、教室長などトップの方々です。

たまたま夕方、ある大手塾に通われている方から電話で相談があったので、よく内容を聴き、この仲間の学習塾を紹介しました。

生徒それぞれに合った学習塾を、自分たちの利益に関係なく責任を持って紹介しています。

安心してご相談下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はだの中高生お悩み相談室スタッフ会議

今日もありがとうございます。塾長です。

先日、隣駅の学習塾「学指会秦野教室」さんで、はだの中高生お悩み相談室スタッフ会議を行いました。

集まったメンバーは、年齢順に(スイマセン)

学増研 夘埜塾長

ゆうがくセミナー 窪田塾長

教学舎 佐藤主任

学指会 松田代表

学心塾 渋沢校 山本教室長

以上の6名です。

どの学習塾も、地域で支持されているまさに地域密着型の塾です。

約3時間に及ぶ話し合いで、今後の方針などを話し合ってきました。

相談室の代表は、学指会の松田代表にお願いすることになり、私は、教室を事務局として提供し、副代表と事務局の仕事を担当することになりました。

しかし、どの先生も熱いですね。

いや、暑苦しいほどの熱気でした(笑)。

皆さん地元で長いので、地域の中学校や大手進学塾の情報などをたくさん持っており、非常に勉強になりました。

相談室の運営以外にも、塾生たちを合同でディズニーランドに連れて行くなど、合同イベントを企画しようという話もあり、今後が楽しみです。

これだけ同じ市内の学習塾が仲良くすることも、おそらく日本初だと思います。

やはり隣の塾はライバルではなく同志となることが、地域の教育水準の向上にも繋がり、今後のトレンドとなりませんかね。

皆が口を揃えて言っていたことで、某大手塾は、合格者には優しいけれど不合格者には冷たいということでした。

私たちは、学力だけでなく、心のケアもすることが大事だということで意見が一致しました。

最後に、記念に写真を撮りました。

アップしようと思ったのですが、サイズが大きくて、そのままでは掲載できないそうです。

どなたかサイズを小さくする方法を教えて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秦野市塾長会議の準備

いつもありがとうございます。塾長です。

今日は地元秦野市内の学習塾の塾長さんたち5・6人と会議をします。

今はその資料作りをしているところです。

一般的に学習塾業界は閉鎖的で、近隣の同業者と仲良くすることはほとんどありません。

しかし本当の意味での地域貢献を考えた場合、自分の塾だけで動くよりも、周りの学習塾と協力し合ったほうが、はるかに大きな力が出ます。

目指すは、「日本で一番仲の良い地域の学習塾共同体」で、さらに「秦野市の教育環境と水準の向上」を民間教育機関で行っていきます。

私の教室のある地域に限って言えば、もう、「近くのあの塾はライバルだ。」などと言っている時代ではなくなっていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)