カテゴリー「お知らせ」の記事

10周年記念のチラシ

いつもありがとうございます。塾長です。

本日、4年前のそろばん教室開校以来久しぶりに新聞に折込を入れました。

と言っても生徒募集ではなく、開校10周年を記念した当校の歴史年表と、地域の方々から頂戴したお祝いの言葉を載せたものです。

そして裏面は、私立中学・高校の学校説明会日程が掲載されています。

正式には、当校の所属する神奈川県私塾協同組合と、協賛して下さった約20の私立中学・高校のコラボレーションによる学校説明会情報がメインで、その裏面を利用させて頂いたというものです。

まあ、どちらが表か裏かは別として、受験生や私立受験を考えている方々のお役に立つ紙ですので、是非ご覧ください。

その歴史年表を作成していて10年なんてあっという間だと感じました。

年表の最初に登場する、新社会人の元講師たちは、開校の3月は小学6年生、新中1で入塾してきたのですが、高校・大学受験を経て、立派に4年間講師を務めてくれました。

あの時の小学生と今、お酒を飲んでいるというのは、感慨深いものがあります。

そのような、卒業して講師(後輩を指導)→その後輩が卒業して講師(後輩を指導)という繰り返しで10年が経ちました。

地域、特に東海大学駅前商店会の商店主さんたちにはお世話になりっぱなしですが、今回の折込チラシ登場にも快諾して下さり、頭が上がりません。

仕事内容が肉体的にも精神的にもハードなため、何度もくじけそうになりましたが、生徒やその保護者様の励ましと地域の人々の応援でここまで来ることができました。

ここに感謝し御礼申し上げます。

また、元講師の方々も快く寄稿して下さり、当校の伝統ともいえる、講師の繋ぐ絆を深く感じることができました。

ありがとうございます。

高校生の増加により今夏より高等部のシステムを新しくし、予備校に行かなくても一般受験に十分対応できるようにしますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

塾長 鈴木鯛功

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。塾長です。

平成29年が皆様にとって幸多き年でありますようお祈り申し上げます。

当校は3月で開校10周年を迎えます。

これからも地域と卒業生に愛される塾であり続けるために精進努力して参ります。

新年の授業は4日(水)から、自習室も同日より開放します。

本年もよろしくお願い申し上げます。

塾長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿蘇市・南阿蘇村・西原地区の中3生に問題集を届けよう

いつもありがとうございます。塾長です。

平成28年熊本地震で被災した地域の中学生たちの学習を支援しようと、私の所属する神奈川県私塾協同組合で活動が始まりました。

詳しくは組合理事である宮崎教室の宮崎先生のブログをご覧下さい。

miyajuku塾長のブログ

福島第一原発から直線で23kmの所にある南相馬市の京大個別会原町校は、東日本大震災後に、復興支援の一助として私が開校しました。

現在、当校の元講師晃大先生が運営をしていますが、主たる目的は、被災地の子どもたちでも将来、全国の子どもたちと同じ土俵で大学受験をしたり就職活動をするのに、きちんとした教育設備が必要だからです。

また、復興の柱となる人材は、最も地元に愛着のある地元出身者だから、その子たちを育てることにより、より早く幸せな福島に戻せると考えているからです。

開校当時、多くの住民が疎開してしまい、生徒は集まらず、意気込みだけでしたから、非常に厳しい運営でした。

しかし多くの人々に支えられながら、また、全国の学習塾関係者が協力して下さり、今に至ります。

そういう経緯があるからこそ、熊本の子どもたちにも頑張って欲しいと思います。

私たちもささやかながら支援をさせて頂きました。

これを読んだ学習塾関係者の方々、是非、被災して塾にも通えない中3受験生400名分の教材費にご助力頂ければと思います。

この子たちも来春の入試で、熊本県公立高校受験をしなければならないのです。

よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一薬科大学付属高校通信制

今日もありがとうございます。塾長です。

中学生と高校生のテスト対策の合間に体験授業を行っています。

テストが返却された学校もあるので、テスト直しも始めています。

現在教室では、第一薬科大学付属高校の普通科通信制の学習センターの準備をしています。

6月にはスタートする予定です。

通信制は、高校を中退した人や、事情で通えない人のセーフティネットですが、高額な学費を設定している学校も多く、それ自体がビジネスとなっているような気がします。

第一薬科は他の高校に較べて学費が安く設定されており、政府の就学支援制度を利用すれば、学費は3年間で約19万円です。

私自身が働きながらNHK学園に通っていた当時の学費は、年間15万円でしたので、それよりも安い金額ということは、高校を卒業したい人を応援するという姿勢が伝わってくるため、今回お手伝いさせて頂くことにしました。

先に伊勢原で、組合でお世話になっているペンシルゼミナールの工藤先生が、『伊勢原学習センター』としてスタートしています。

今や小中学生の不登校は全国で12万人もおり、深刻な問題ですが、義務教育ではない高校で、卒業しやすい環境を整えることは大切だと、工藤先生とも協力していこうということになりました。

私もNHK学園が無ければ、教員免許を取得することも、大学院から今まで学会に所属し研究することもできなかったので、経験者として、今の子どもたちの支えになればと思います。

尚、昼間の教室が空いている時間を利用するため、学習塾やそろばん塾には一切影響は出ません。

利益も出ませんが社会貢献なのでやります。

身体がもつかどうかは、やってみてわかることなので、動けるうちは動きます。

常に自分より相手のことを考える(利他の精神)。

開校以来変わらず、この姿勢を塾生たちに見せていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吹奏楽部定期演奏会

いつもありがとうございます。塾長です。

この時期の掲示物は例年、吹奏楽部の定期演奏会のポスターです。

その1

1458121101118
秦野市立大根中学校吹奏楽部

Spring Consert

日時: 3月20日(日) 13:00開場  13:30開演

場所 秦野市立大根中学校体育館

今働いている講師もかつて所属していました。

その2

1458121062465
神奈川県立伊志田高等学校 吹奏楽部

第27回 定期演奏会

日時: 3月21日(月・祝) 16:00開場 16:30開演

場所 伊勢原市民文化会館大ホール

今の所この2校ですが、例年、秦野高校と秦野曽屋高校のポスターが届くはずです。

皆様、是非足をお運びください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成28年度公立高校入試結果

今日もありがとうございます。塾長です。

月曜日に公立高校入試結果が判明しましたが、全員合格とはなりませんでした(結果は最後に書きます)。

特に今年は、開校以来初めて、2人の不合格者を出してしまい、かなり気分が沈んでおり、ブログも更新できないような数日間でした。

それでも応援して下さっている皆様に報告しないわけにはいかないと、原稿を書いています。

1月に行った最後の模試でD判定だった7人について、受験生及び保護者様とは、何度も話し合い、指導を続けました。

教室の方針として、客観的な判断は示しますが、志望校を誘導することはありません。

志願変更期間も、倍率に応じて話し合いをし、受験生の全ては納得して受験しているので、悪い言い方をすれば、自己責任です。

しかし、ぎりぎりまで意識が低かったり、するべきことをやっていなかったりしても、最後の最後では頑張っていた生徒たちを見ていたので、全員合格させてあげたかったです。

特に講師たちの頑張りは、胸が痛くなるほどでした。

授業後に集団で居残りさせてリスニングの補講を行ったり、非番の講師たちが入れ替わり自習の生徒を応援しに来たりと、毎年受験生の応援には手厚い教室ですが、今年は特に例年にはないほど、私も講師たちも危機感を感じていたのでしょう。

生徒たちには「倍率に一喜一憂しないで得点しろ」と言ってましたが、倍率の高い学校についてはかなり気をもんでいました。

看板を出して商売をしている以上、何を言っても、どんな取り組みをしていても、知らない人たちからすれば結果しか見えないので、結果を出すしかないのです。

それは、私たちが受験勉強を通して生徒に伝えていたことでもあります。

社会では、どれだけ頑張ったかではなく、どのような結果を出したかで評価される。

しかし結果を出すためには、見えない所でどれだけ努力するかが重要であり、普段の意識や行動が最終的に結果に結びつくので、口だけでなくきちんと取り組むことが大切だと。

教室にお子様を預けている保護者さんたちは、それを理解してくれている方が多いのが救いです。

不合格の報告をしてきた父親は、その場で、高校生になっても継続して指導して欲しいと申し出て下さいました。

結果が伴わなくても、それまでの私たちの取り組みをわかって下さっているのでしょう。

こんなにありがたいことはありません。

もう一人の不合格者に、どうして不合格になったと思うか尋ねました。

自分の取り組みが甘かったと答えました。

その生徒からそういう言葉が出てきたのは初めてのことです。

ならばこの経験を生かして、3年後の進路選択の時に、もっと早くから取り組みなさいと言いましたが、今までいくらそれを言っても変わらなかったのに、自分でそれを自覚したことは大きな収穫でしょう。

それでも結果は結果。

例えその他のD判定の受験生を全員合格させ、殆どの生徒が「模試で内申の位置が最下位に近い状態」で挑戦し合格したとはいえ、とにかく、2人合格できなかったという事実は変わらないですし、それを背負って、次年度の受験指導にあたります。

毎年、受験生の半数以上が「ラスト10%の2次選考勝負」という、指導する側からすれば、きつい以外の何物でもない塾ですので、そろそろ倒れるかもしれません。

それぞれの受験生の軌跡については、ブログまたはホームページに掲載します。

受験生、その保護者様、講師の皆さん、元講師たち、商店会を中心とした地域の人たちに感謝します。

塾長 鈴木鯛功

【平成28年度公立高校入試合格者】

小田原 2名

秦野 1名

海老名 1名

有馬 2名

厚木西 1名

秦野曽屋 4名

伊勢原 2名

旭 1名

厚木北 1名

平塚湘風 1名

以上

私立第一志望を含めた全員分は後日まとめてHPに掲載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始休校のご案内

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習は17日目。

全体の4分の3くらいまで進みました。

年内は30日まで授業ですが、授業は早めに終了し、夕方から恒例の大掃除と同窓会焼肉パーティーを、教室前の焼肉東海亭で行います。

掃除参加者は18時20分、同窓会参加者は20時に、それぞれ教室へお集まりください。

尚、掃除にご協力頂いた方々には焼肉をご馳走します。

【年末年始休校のお知らせ】

31日(木)から1月3日(日)まで、年末年始休校とさせて頂きます。

その間、電話応対や自習室開放もありませんので、予めご了承下さい。

お知らせここまで

講師も頑張ってくれています。

1512_2


講習期間恒例の、教室冷蔵庫内部。

塾生用ではありません。

過剰摂取にご注意下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末大掃除メンバー募集

いつもありがとうございます。塾長です。

中3生のテスト返却が続いています。

良くも悪くも内申が決まれば、もう入試当日に向けて勉強するしかないと思ってくれるでしょう。

塾としては、内申よりも公立入試当日に得点がとれるように導いているのですが、目の前のテストに一喜一憂する生徒が多いのも事実です。

それでも、一憂して奮起してくれればよいのですが。

昨年そのような立場にいた生徒(現・高1)が、今年の大掃除に参加することを申し出てくれました。

しかも、その卒業生のグループ4人が参加するとのことです。

こちらからは何も言っていないのですが、ありがたいことです。

現在、元講師も1人、来てくれることになっていますが、あとのメンバーはどうしようか考えて、公募することにしました(笑)

ということで、これを読んだ卒業生の方で、年末恒例の大掃除に参加したい方は、私までご連絡下さい。

とき 12月30日(水) 18:20~20:00

何も言わなくても、毎年来る一期生数人は、来てくれるでしょう。

まあ、世代を超えた同窓会みたいなものですね。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月1日リニューアル

いつもありがとうございます。塾長です。

中1・2年生と高校生のテスト期間です。

昨日は自習室に、高2の卒業生を含め数名の「受験生以外の学年」の生徒が来ていました。

しかし大変申し訳ないことに、半年ぶりに行った体験授業に付随する保護者面談により、一時自習室を私が独占してしまいました。

テスト期間中は体験授業を組まないと決めているのですが、さすがに半年もお待たせするのは申し訳ないと、決行してしまいました。

つくづく、狭い教室を恨めしく思います。

教室の大きさは変えられませんが、他は変えることができます。

3月1日のリニューアルオープンに向けて、教室では着々と準備をしています。

リニューアルと言っても、名前が変わるだけで他は殆ど変りませんが(笑)

当然、私を含めスタッフも全く変わりませんのでご安心下さい。

告知をしておかないと、卒業生や地域の人たちがびっくりすると思いますので。

「さらにパワーアップして」と言うことはありません。

なぜなら、今回の入試対策を見ていた方や、教室の運営を知っている方はわかると思いますが、我々は常に全力で最高のモノを提供しているので、これ以上パワーアップなどできないのです。

塾内で告知をしても、誰一人辞めることなく、また、大騒ぎになることもありませんでした。

新しく作成した、私の教室が開校以来貫いている経営理念や指導方針が書いてあるパンフレットに納得して下さったからだと思います。

さて、合格を待つ長い10日間に、春期講習の準備と、定期テスト対策、そして体験授業を入れていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入塾待ちの方々へ

いつもありがとうございます。塾長です。

ブログを読んで下さっている方もいらっしゃるとのことなので、こちらに書きます。

入塾待ちになっている皆様申し訳ありません。

冬期講習は厳しそうです。

正直、卒業生が戻ってきてもいいように授業枠(空席)は確保してあるのですが、どうしてもそこは空けておきたいのです。

大変失礼な言い方で申し訳ないのですが、私にとって一番大切なのは講師、そして今通ってくれている塾生と、過去に共に苦難を乗り越えた卒業生たちです。

当教室に理解を示し、新しく入塾して下さることは本当にありがたいことですが、優先順位は塾生と卒業生の方が上だということは変わりません。

その卒業生のために自習室も開放しており、ほぼ毎日誰かしら、様々な学年の卒業生が出入りしています。

昨日も、テスト前だけ現れる高2の男子が勉強していました。

昨日の帰り際にテストの最終日を聞くと金曜日とのこと。

「じゃあ、明日自習に来たら、またしばらく来ないんだろ(笑)」

「はい。部活に燃えてきます。」

「頑張れよ。2か月半後にまた会おう。」

こういう環境の中で、卒業生も育てていくのが私の教室のやり方です。

先週、卒業以来一度も教室に顔を出さなかった生徒の保護者様から、数学についていけなくなったとかで、再入塾の申し出がありました。

こういう時のための座席確保です。

いついかなる時でも卒業生が助けを求めに来たら助ける。

そのための準備を常にしている。

その時が来なくても、例えそこに新入生を受け入れれば売り上げが上がるとわかっていても、必ず卒業生のために数席は空けておきます(だから儲からないのかな・笑)。

それが私の教室の方針だからです。

皆様が入塾されましたら同じように手厚くケアさせて頂きますので、今しばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。

また、高校生は結構出入りが激しい(独りで解けるようになったら授業をやめ自習だけにするなど)ので、待っていれば空きも出ます。

1月から順次ご案内できるよう努力しますので、ご理解下されば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧