カテゴリー「学習相談」の記事

広告の恐ろしさ

いつもありがとうございます。塾長です。

普段折り込みチラシを宣伝に利用していない私ですが、一昨日ほど広告の大切さというか恐ろしさを感じた日はありませんでした。

2駅隣の中学校に通う中3生の保護者様から相談の電話を受けました。

某大手学習塾に通っているけれど成績が伸びず、このままだと志望校に合格できないから何とかして欲しい。という内容でした。

30分くらい電話で話し、最終的に知り合いの信頼のおける学習塾を紹介しました。

私の教室はどうかと聞かれたのですが、そのお子様の通う中学校の情報が全くないので、お断りしました。

「個別指導ですから、どこの学校でも対応できます。」というのは、私は嘘だと思います。

私は、近隣地域の中学校であれば、先生の名前からテストでの出題のクセ、評価で力を入れて観るポイントなどを熟知しています。

ですから自信を持って対策ができますが、2駅離れた中学校のことなど、全くわかりませんし、テスト日程などがずれていれば、同じ月謝を頂いていてもサービスの補講などに差がでてしまいます。

生徒から学校の進度を聴いて授業を進めることは簡単です。

しかしそれだけで本当にその生徒の全てを責任を持って指導していることになるのでしょうか。

責任を持ってその地域で学習塾を運営するのならば、自分に自信のないことは断る勇気も必要だし、それが親切だと思います。

正直、中3生が一人入塾すれば、年間でいくら利益という計算がすぐできます。

ですから私は、向こうからやってきた○○万円を、躊躇なく捨てたわけですが、これでいいと思っています。

地域に根差すとは、そういうことです。

ちなみに、その駅に私の信頼する学習塾がなければ、その生徒さんを引き受けたと思います。

そうなった場合は必死に、その中学校の情報を集める努力をするのは言うまでもありません。

ここで本題に戻りますが、なぜ大手の学習塾にこだわるのか質問すると、「大手は特色検査などの対策も充実しているし、多くの生徒が、子どもの志望校に合格している。」とのお答えでした。

そして、なぜそれを知っているか尋ねると、「チラシに書いてあった。」

ここです。

毎週のように目にするチラシには、確かにそのように書いてあります。

さらに「地元の小さな塾では、何をしているかわからない。」

というようなお話も。

小さな塾は宣伝しませんからね。

そこで私は、どこからそんなに多くの広告宣伝費が捻出できるのかを説明しました。

その保護者さんは、目から鱗と言うような反応でした。

その反応を聴いて、ああ、世の中、それだけ宣伝しているのといないのとでは違うのだ。ということを痛感したのです。

私は、地元の地域密着塾が、1回10万円もする折り込み広告を使用しないで、その経費を、『今現在通っている塾生』に還元しているということを説明しました。

逆に、そういう宣伝を多用できる学習塾と言うのは、よっぽど塾生から○○を○○しているということでしょうと言うと、非常に納得して下さいました。

最終的には、私が考える最善策として、知り合いの塾を紹介したわけですが、非常に勉強になりましたね。

消費者を踏み台にしている奴らの戦略に騙されている人が非常に多いと言うことを。

ますます、地域の人々のために頑張っている学習塾が日の目を見られるような環境を作っていかなければならないと思いました。

さて、今日と明日は定期テスト対策補講です。

一部、日程の違う中学校の生徒は模試を受けます。

受験生諸君、君たちがのほほんと部活に勤しんでいるこの瞬間、既に受験は始まっているのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高2生進路相談

今日もありがとうございます。塾長です。

全国模試2日目です。

昨日は模試中に教室外に出ると、たまたま4期生(現高2生)が通りがかりました。

久し振りに会ったので近況や進路について話をしました。

聞いてみると評定平均が4.3だそうです。

普通に考えたら、指定校推薦でそこそこの大学・学部を選べそうですが、本人は専門学校などで「手に職をつけたい」と言っていました。

親御さんは大学進学を勧めているそうですが、本人いわく、「今まで一度も大学なんて考えたことがない」とのこと。

驚いたのは、その高校、その学年240人で、評定平均4.3以上が60人いるそうです。

偏差値的には50くらいの高校ですが、たまたま優秀な生徒が集まったのか、それとも。。。

とにかく評定4.3くらいでは、一番良いクラスの大学・学部の指定校推薦は取れないそうです。

専門学校でも大学でも、きちんと現代社会を生き抜く力をつけてくれればいいのですが、私としては大学進学を勧めておきました。

そして、そのための勉強を怠らないこと、指定校推薦ではなく、一般受験をするべきだとも付け加えました。

まだ失敗ができるうち、親御さんが元気なうちに、色々とチャレンジし、力をつけて欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料学習相談時のお願い

今日もありがとうございます。塾長です。

私の教室のホームページでは、全国から学習相談を募集しています。

もちろん無料で、学習以外の相談にも応じています。

メールアドレス以外の情報を入力する必要が無いので、後から入塾の勧誘をされる心配もありません。

ですから、気軽に相談できるのがいいのか、結構メールで相談が来ます。

半年間で何回かメール相談をしてきた方もいます。

ただ、こちらで名前などはわからないので、前回の続きみたいな相談をされると、過去のメールを全部調べなければなりません。

ですから、なるべく再度のご相談の場合は、いつ頃、何年生のどういう内容で相談したことがあるかを明記していただけると助かります。

また、初めて相談される方も、個人情報は必要ありませんが、なるべく具体的に相談内容を書いて頂きたいです。

例えば、「何年生なんですが、どのような塾が良いでしょうか。」という相談だと、返答に困ります。

「うちの子はどういう性格で、学校での成績はどのくらいで、どのような学校を目指しています。今算数の○○が苦手なのですが、どのような塾が良いでしょうか。」

というように、少しでも情報が多ければ、こちらも詳しくアドバイスできるので、是非具体的に書くことを心がけて頂ければありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週2人に他塾を紹介しました

いつもありがとうございます。塾長です。

台風12号の被害が大きくならないことを祈っています。

この1週間を振り返ってみると、3件の入塾に関するお問い合わせがありました。

先週から、無料体験授業再開と、少人数の新規入塾受け入れをホームページ上で発表したからです。

皆、ホームページを見てのお問い合わせでした。

熱心な方は、ブログを過去にまで遡り、塾の指導方針や教室の様子を確認して下さいました。

お問い合わせのあった方とは、電話で長い時間お話をさせていただきました。

その結果、2名の方には、私の教室よりももっと各生徒に適した学習塾を紹介しました。

残り1名の方は、来週面談をして、その結果私の教室で受け入れるか、他の塾を紹介するか決めるつもりです。

正直、「何とか入塾させて下さい。」と入塾を希望している人たちなのですから、何も言わずに入塾してもらえば、何の苦労も無く売上も上がります。

そして、普通に指導していれば、特に問題も無いと思います。

しかし私としては、その生徒、保護者様の最大幸福を常に考えるというスタンスで生きているので、もっと適した塾があるのに、それを紹介しないことは、私のポリシーに反するのです。

ですから、塾生を増やして会社を大きくすることは私にとっては二の次で、それよりも出会った生徒が最も幸せになってくれることのほうが、何十倍も価値があるのです。

1ヶ月前にある学習塾を紹介した保護者様から先日電話がありました。

紹介した塾を、お子さんがとても気に入ったそうで、感謝の言葉を戴きました。

こういう瞬間がとても嬉しいです。

もちろん、私の教室に生徒が増えることも嬉しいですが、自分の幸せよりまず相手の幸せを考えることが、人生において大切なことだと思います。

ところで、これを読んだ学習塾関係者の方は、なんで毎週毎週たくさんの問い合わせがあるのか疑問を持ったかもしれません。

これは、実はホームページとブログで、そうなるようにしているからです。

10月初めに行うセミナーでは、そういう実践的な話もしていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開校まもない塾は不安?

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日電話で頂いた相談は、入塾希望の保護者様だったのですが、よくよく話を聞いてみると、住所は駅3つほど離れていました。

それでも、ホームページとブログを読んで、当教室を選んで下さったということで、ありがたくお話を伺いました。

詳しく話を聞いた後、その方の住所の近くに、私の知り合いが塾長をしている教室があったので、そちらを紹介しました。

するとその方は、その教室はまだ開校してから2年足らずなので、実績的に不安だとおっしゃいました。

確かに開校して年月が浅ければ、実績の出しようがないので、塾を選ぶ側からすれば、実績的に物足りないかもしれません。

しかし、長く続けていたからと言って、必ずしも良い実績だけ残るとも限りません。

むしろ、その塾の責任者の指導方針や人柄のほうが大事だと説得しました。

最終的に、紹介した教室に連絡を入れてくださることになり、万が一その教室に不備が合った場合は、私が無料で相談に乗ると確約して電話を切りました。

すぐさまその塾に電話をして、話の内容を伝え、一応紹介なので頼みますと言っておきました。

その塾長は、開校前から知っている人なので、安心して塾生を紹介できます。

やはり大事なのは、教室運営期間ではなく、責任者や講師の人柄だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高3生の進路相談

今日もありがとうございます。塾長です。

学年末テストも終わり、中3生もほとんど来ない昨日の教室は、とても静かなものでした。

まだ高校生がテスト期間中ということもあり、数人の高校生が自習に来ただけで、自習室もガラガラでした。

今度高校3年生になる卒業生の進路相談をしたのですが、3年前の高校受験の時より、真剣に話を聞いてくれました。

高校卒業後の進路選択は、高校受験の時の高校選びよりも、はるかに難しく、真剣に取り組まざるを得ないでしょう。

私は中3生との面談で、「高校合格はゴールではない。」と常に言っています。

しかしその時は理解していない生徒もいますし、この卒業生のように、高校3年生になって、色々と考える生徒も結構います。

結果として、自分の満足できない道へ進む人もいるでしょう。

私もその1人でした。

しかし、何十年か経って、そういう道を歩んできたからこそ、今の自分があると思うようになりました。

ですから、若い人たちには、今できる最善の行動をして欲しいと思います。

結果がついてこなくても、ベストを尽くしていれば、後悔しないはずです。

そして、どのような道に進もうとも、必ず後の自分の糧となることを覚えておいて下さい。

一度しかない人生ですが、結構やり直しができると、経験から断言できます。

とにかく前へ進みましょうね。

受験生24人が全員第1志望校に合格した教室のHPはコチラ

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塾選びのお手伝い

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は、自習に来る生徒の数が多すぎ、教室の余り座席を開放しても満席となってしまいました。

入れなかった生徒には、少しどこかで時間調整して欲しいとお願いする事態となりました。

数時間後戻ってきた生徒に聞くと、近くのマクドナルドで勉強していたそうです。

申し訳ないことをしました。

そんな中、1本の電話がありました。

入塾の相談だったのですが、中3生ということもあり、次のようにお話しました。

「うちには今25人の中3生がいます。今いる受験生を一人ひとり大事にケアすることが、私の教室のポリシーなので、これ以上新たに受験生を増やすことはできません。」

こう話すと納得していただけたのですが、少し話を聞くと何とかしてあげたいと思い、塾探しのお手伝いをすることにしました。

色々と話を聞くと、確かにその生徒には、個別指導か家庭教師が向いていると思いました。

もし、うちに断られたら、近くの他の早稲田育英ゼミナール系列の教室に行くつもりたったらしいのですが、それを聞いた私は、つい言ってしまいました。

「同じ塾の看板を掲げていても、オーナーによって、経営の方法や考え方が違うので、私が知らない教室は、必ずしもお勧めできません。」と。

だってそうでしょう。せっかく相談してくれているのに、自分が全く知らない塾を紹介することはできませんよね。

申し訳ないのですが事実、同じ系列でも知らないんですよ。近隣の塾長さんのこと。

同じ系列でも、例えば、愛甲石田教室の加藤塾長や、瀬谷教室の熊谷塾長など、よく知っていて、しかも預けて安心とわかっているならいくらでも紹介しますけど、いくら紹介するだけといっても、責任感じますからね。

同じような理由で、某大手個別指導塾の○○教室と、××教室も、看板は同じでもオーナーが違うから、入塾するつもりなら、そこの教室の責任者の話をよく聞いたほうが良いですと言っておきました。

なんだかんだで30分ほどお話させていただきましたが、最後には、ありがたいお言葉を戴きました。

「こんなに親身になってくれる塾長さんの所に、やっぱり入塾させたい。今度下の子どもをお願いしたい。」

お恥ずかしいのですが、ちょっと嬉しくて書いてしまいました。

S様、お話しました通り、塾の候補がいくつか決まりましたら、またお電話下さいね。

私が塾アドバイザーとして、最もお子様にあった良い塾を選んで差し上げます!

なぜそこまでするかって?

一度ご縁があった、同じ地域に住む人なので、少しでも幸せになってほしいですからね。

地域で最も信頼される塾になりたい HP改装中

お友達 加藤塾長の愛甲石田教室

”心友” 熊谷塾長の瀬谷教室

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無料学習相談第1号

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

先月よりホームページ上で始めた無料学習相談に、先日初めての相談がありました。

中学生のお父様からの相談だったのですが、新しく塾に通い始めたのだけれど、色々と問題があるようでした。

話が長くなるからと、メールではなく電話でお話をさせていただきました。

娘さんが入塾した塾は、某大手の個別指導塾だそうです。

体験授業の時は、講師がずっと隣でついていてくれたそうですが、いざ入塾して授業を受けると、講師がなかなか来てくれないので、勉強が全く分からず進まないということでした。

この話を聞いた私は、よくあることだと言いました。

個別指導なのに、講師1人に対し、生徒は何人まで指導するかを明確にしていないという塾は、某大手個別指導塾がいい例で、実在します。

私が以前勤めていた某大手個別指導塾も、何人までの生徒を指導するかを明確にしていませんでした。

実は、似たような塾から何人も、この3年間で私の塾に転塾してきました。

理由を聞いてみると、保護者の方が言うにはほとんどが、「先生が来ないから、授業中にボーっとしているだけ。と子どもが言っている。」とのことでした。

個別指導の良い所は、一人ひとりに合わせた指導ができる所なのに、それが全く機能していないのです。

例えば講師1人に生徒3人なら、ほぼ授業時間の3分の1は、マンツーマンで指導をうけられますが、生徒何人までかを明確にしていないなら、いくらでも逃げられます。

というか、その時点で個別指導ではないですよね。

私が昔勤めていた塾の上司は、個別指導で、最高1対8をやったことがあると自慢していました。

それって自慢できることですか。恥ずかしいことですよね。

そんな上司がいる塾なのでやめたのですが。

話を戻すと、体験授業では、どうやらマンツーマンだったそうで、実際の授業もそうだと思って入塾したそうです。

何か詐欺みたいですね。

相談者には、入塾金や教材代がもったいないとか考えずに、本当に娘さんのことを考えるなら、すぐに塾を変えたほうが良いとアドバイスしておきました。

その際に、どういう点に注意すれば、生徒本人に合った優良な学習塾を選べるのかも話しておきました。

しかし実際は、一度入塾した塾をすぐにはやめづらく、ずるずるとそのまま勉強の分からない生徒が出来上がってしまうのが目に見えます。

とりあえず、無料学習相談の一人目の相談者は、そのような方でした。

引き続き全国から、学習・生活・受験などに対する相談をお待ちしております。

もちろん一切無料です。

私のブログアクセス急上昇の秘密はコチラ

学習塾リンク集 塾にも生徒にも役立つ

秦野市で個別指導学習塾をお考えなら、テスト対策のワセイク

| | コメント (2) | トラックバック (0)