カテゴリー「岩本先生の記事」の記事

夏休み恒例企画 講師ブログ特選1

いつもありがとうございます。塾長です。

夏休み特別企画として、過去に在籍した主任講師の名記事特集をお送りします。

本日は、教室開校時に高3の受験生として在籍し、その後講師として4年間(うち管理職を2年)勤めてくれ、現在は秦野市内の小学校の教師となった岩本先生の記事です。

『To know is one thing and to teach is another』

岩本です。

Question 「1+4」と「4+1」は同じか?

Answer 答えは「5」で同じである。

これは誰もが知っている交換法則の問題で、足し算においては順番を入れ替えても式は成り立つという法則である。

その点で「同じ」という答えは正解である。

しかし、教える立場の人間においてこの答えでは正解とは言い難い。

本当に勉強が苦手な子どもにとっては、この2つの式は別物である。

それは何故か?

Question 「1+4」と「4+1」はどちらが簡単か?

理由はこの問いに集約されている。

Answer 「4+1」である。

それは1個あるものに後から4個を足すと考えるより、4個あるものに1個だけ足すと考える方が本当にかすかだが後者の方が簡単なのである。

9割の子どもは気にしないが、中にはつまずく子どももいるという事実がある以上、教える立場の人間において最初の問いに「違う」と私は答えたい。

これは足し算に限らず、他の勉強、勉強以外のことでさえも言えることである。

人に分かりやすく教えるということは、このような違いを意識した上で構成を組み立てていくということなのだと考えている。

私ももっと分かりやすく教えられるようになりたいと思う。

“To know is one thing and to teach is  another.”(知っていることと教えることは別だ。)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み講師ブログ傑作選1

いつもありがとうございます。塾長です。

夏休み特別企画として、過去に在籍した主任講師の名記事特集をお送りします。

本日は、教室開校時に高3の受験生として在籍し、その後講師として4年間(うち管理職を2年)勤めてくれ、現在は秦野市内の小学校の教師となった岩本先生の記事です。

『To know is one thing and to teach is another』

岩本です。

Question 「1+4」と「4+1」は同じか?

Answer 答えは「5」で同じである。

これは誰もが知っている交換法則の問題で、足し算においては順番を入れ替えても式は成り立つという法則である。

その点で「同じ」という答えは正解である。

しかし、教える立場の人間においてこの答えでは正解とは言い難い。

本当に勉強が苦手な子どもにとっては、この2つの式は別物である。

それは何故か?

Question 「1+4」と「4+1」はどちらが簡単か?

理由はこの問いに集約されている。

Answer 「4+1」である。

それは1個あるものに後から4個を足すと考えるより、4個あるものに1個だけ足すと考える方が本当にかすかだが後者の方が簡単なのである。

9割の子どもは気にしないが、中にはつまずく子どももいるという事実がある以上、教える立場の人間において最初の問いに「違う」と私は答えたい。

これは足し算に限らず、他の勉強、勉強以外のことでさえも言えることである。

人に分かりやすく教えるということは、このような違いを意識した上で構成を組み立てていくということなのだと考えている。

私ももっと分かりやすく教えられるようになりたいと思う。

“To know is one thing and to teach is another.”(知っていることと教えることは別だ。)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み講師ブログ記事傑作選1

今日もありがとうございます。塾長です。

夏休み特別企画として、過去に在籍した主任講師の名記事特集をお送りします。

本日は、教室開校時に高3の受験生として在籍し、その後講師として4年間(うち管理職を2年)勤めてくれ、現在は小学校の先生となった岩本先生の記事です。

『To know is one thing and to teach is another』

岩本です。

Question 「1+4」と「4+1」は同じか?

Answer 答えは「5」で同じである。

これは誰もが知っている交換法則の問題で、足し算においては順番を入れ替えても式は成り立つという法則である。

その点で「同じ」という答えは正解である。

しかし、教える立場の人間においてこの答えでは正解とは言い難い。

本当に勉強が苦手な子どもにとっては、この2つの式は別物である。

それは何故か?

Question 「1+4」と「4+1」はどちらが簡単か?

理由はこの問いに集約されている。

Answer 「4+1」である。

それは1個あるものに後から4個を足すと考えるより、4個あるものに1個だけ足すと考える方が本当にかすかだが後者の方が簡単なのである。

9割の子どもは気にしないが、中にはつまずく子どももいるという事実がある以上、教える立場の人間において最初の問いに「違う」と私は答えたい。

これは足し算に限らず、他の勉強、勉強以外のことでさえも言えることである。

人に分かりやすく教えるということは、このような違いを意識した上で構成を組み立てていくということなのだと考えている。

私ももっと分かりやすく教えられるようになりたいと思う。

“To know is one thing and to teach is another.”(知っていることと教えることは別だ。)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【夏休み特別企画】講師記事傑作選その1

今日もありがとうございます。塾長です。

夏休み特別企画、過去に在籍した主任講師の名記事特集、本日は岩本先生です。

岩本です。

Question 「1+4」と「4+1」は同じか?

Answer 答えは「5」で同じである。

これは誰もが知っている交換法則の問題で、足し算においては順番を入れ替えても式は成り立つという法則である。

その点で「同じ」という答えは正解である。

しかし、教える立場の人間においてこの答えでは正解とは言い難い。

本当に勉強が苦手な子どもにとっては、この2つの式は別物である。

それは何故か?

Question 「1+4」と「4+1」はどちらが簡単か?

理由はこの問いに集約されている。

Answer 「4+1」である。

それは1個あるものに後から4個を足すと考えるより、4個あるものに1個だけ足すと考える方が本当にかすかだが後者の方が簡単なのである。

9割の子どもは気にしないが、中にはつまずく子どももいるという事実がある以上、教える立場の人間において最初の問いに「違う」と私は答えたい。

これは足し算に限らず、他の勉強、勉強以外のことでさえも言えることである。

人に分かりやすく教えるということは、このような違いを意識した上で構成を組み立てていくということなのだと考えている。

私ももっと分かりやすく教えられるようになりたいと思う。

“To know is one thing and to teach is another.”(知っていることと教えることは別だ。)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海大学駅前教室の強み

今日もありがとうございます。塾長です。

平塚市内の中学校及び大学受験生、中学受験生を対象にした無料補講は今日も続きます。

本部に依頼された冊子の寄稿を、講師にお願いしたのですが、なかなか良いことを書いてくれたので、一部抜粋してブログに載せたいと思います。

尚、本部からクレームがあった場合は削除します。

以下、東海大学駅前教室主任 岩本先生の文

私達の教室は、講師と生徒の関係だけでなく、講師同士、講師と塾長との関係が良好であり、日々楽しく仕事をしています。

しかし、ただ仲が良いだけの集団で終わってはいません。

服装や言葉遣い、授業内容に関してなど、東海大学駅前教室の講師としてふさわしくないことがあれば、塾長だけでなく講師達自身がそれを指摘し合い、正すという関係が自然と出来上っています。

それはお互いが東海大学駅前教室の講師としての誇りをもち、同じ講師として高いクオリティを仲間にも求めているからだと、私は考えています。

講師各人がスキルアップを目指し試行錯誤することは非常に重要なことですが、一人の力だけでは塾にとって微力なものです。

塾としての成長を目指し、塾長、講師が一丸となって、生徒が楽しく勉強できる環境を作り上げようとしているところに私達の強みはあります。

自惚れでもなく、私達の教室の講師個人がもつ能力は高いと思います。名物講師と言われるに相応しい実力を、この塾では多くの講師が有しています。

しかし、私達の教室の最も良い点を挙げろと言われれば、個々の能力の高さは二次的なものでしかないと、私は言い切ることができます。

そして、代わりに「家族のような暖かみと仕事仲間としての誇りを共有した関係性こそ最大にして最高の良点だ」と答えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講師記事特集1

今日もありがとうございます。塾長です。

夏休み特別企画、過去の講師の名記事特集、本日は岩本先生です。

岩本です。

Question 「1+4」と「4+1」は同じか?

Answer  答えは「5」で同じである。

これは誰もが知っている交換法則の問題で、足し算においては順番を入れ替えても式は成り立つという法則である。

その点で「同じ」という答えは正解である。

しかし、教える立場の人間においてこの答えでは正解とは言い難い。

本当に勉強が苦手な子どもにとっては、この2つの式は別物である。

それは何故か?

Question  「1+4」と「4+1」はどちらが簡単か?

理由はこの問いに集約されている。

Answer  「4+1」である。

それは1個あるものに後から4個を足すと考えるより、4個あるものに1個だけ足すと考える方が本当にかすかだが後者の方が簡単なのである。

9割の子どもは気にしないが、中にはつまずく子どももいるという事実がある以上、教える立場の人間において最初の問いに「違う」と私は答えたい。

これは足し算に限らず、他の勉強、勉強以外のことでさえも言えることである。

人に分かりやすく教えるということは、このような違いを意識した上で構成を組み立てていくということなのだと考えている。

私ももっと分かりやすく教えられるようになりたいと思う。

“To know is one thing and to teach is another.”(知っていることと教えることは別だ。)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“To know is one thing and to teach is another.”

岩本です。

Question 「1+4」と「4+1」は同じか?

Answer  答えは「5」で同じである。

これは誰もが知っている交換法則の問題で、足し算においては順番を入れ替えても式は成り立つという法則である。

その点で「同じ」という答えは正解である。

しかし、教える立場の人間においてこの答えでは正解とは言い難い。

本当に勉強が苦手な子どもにとっては、この2つの式は別物である。それは何故か?

Question  「1+4」と「4+1」はどちらが簡単か?

理由はこの問いに集約されている。

Answer  「4+1」である。

それは1個あるものに後から4個を足すと考えるより、4個あるものに1個だけ足すと考える方が本当にかすかだが後者の方が簡単なのである。

9割の子どもは気にしないが、中にはつまずく子どももいるという事実がある以上、教える立場の人間において最初の問いに「違う」と私は答えたい。

これは足し算に限らず、他の勉強、勉強以外のことでさえも言えることである。

人に分かりやすく教えるということは、このような違いを意識した上で構成を組み立てていくということなのだと考えている。

私ももっと分かりやすく教えられるようになりたいと思う。

“To know is one thing and to teach is another.”(知っていることと教えることは別だ。)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)