カテゴリー「小松先生の記事」の記事

小松よ、栄冠は常に君の手に

今日もありがとうございます。塾長です。

体験授業の合間に、しばらく教室を休んでいて、この春から新しいフィールドへと旅立つ講師が寄ってくれたので、色々と話をしました。

4年半前採用した小松先生は、わずか半年で主任講師(管理職)となり、その最短記録は今も破られていません。

教室の質を保つために、かなり厳しい基準で選出される主任講師、その座をいとも簡単に掴むほど、優秀な人でした。

当然、授業で生徒の心を掴む、学力を上げるのはもちろんのこと、完璧な仕事を追求する姿勢は、卒業する先輩講師からすぐに信頼を得られるような群を抜いたものでした。

特に目立つようなこともなく、静かにひたむきに仕事をするタイプですが、内に秘めるものは激しく、また、他人に観られないようひたすらに努力を続けることも、彼の代名詞であると言えます。

私よりもはるかに頭脳明晰ですが、私と似たような境遇や嗜好もあり、授業後に話し込んだことも良い思い出です。

今教室が、おかげさまで何の宣伝もしなくても生徒が集まってくれるのは、小松先生のような人たちが、生徒を育て、講師も育て、教室を育ててくれたからだと確信しています。

授業を終えた元教え子の高校生と談笑していましたが、その教え子や、今年卒業する教え子も、過去には小松先生に支えられて志望校合格を勝ち取ってくれました。

その人柄を表すエピソードが。

講師用の卒業アルバムを作成するのに、事情でたった3日しか時間がありませんでした。

私がメールで、全国各地に散らばっている、小松先生と時間を共にした元講師たちや教え子たちに、「メッセージカードを書いてくれる人がいたら、3日後までに送って下さい。」とお願いした2日後の教室ポスト。

北海道や広島からも速達でメッセージが届き、電車内でメールを受け取った大学生の教え子は、駅に降りたその足で教室に寄ってくれたりと、すぐに大量のメッセージが集まったのです。

自身の受験において、あまり栄冠とは縁が無かった小松先生ですが、その悔しさや経験と想いが、周りの人たちを大きく動かし、大きく飛躍させることになったことを知っているのは、講師たちだけでしょう。

小松、栄冠は常に君の目に見えずとも、周りにいる我々には、君自身が最も光って見えているよ。

そしてこれからも、周りを幸せにしてくれ。

それが、君の存在意義であり、君自身の栄冠への近道なのだから。

第39回有馬記念・ナリタブライアン単勝の勝馬投票券、俺の宝物の一つだったけど、大事にしてくれよ(笑)。

| | コメント (0)

受験生に贈る言葉シリーズ『小松先生の言葉』

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は私立高入試がありましたが、受験生が数名授業を欠席しました。

本番の公立高校後期入試に向けて、体調を万全にしてもらいたいと思います。

さて今日は建国記念の日です。

社会のテストで、祝日を書く問題が出たら、「建国記念日」では×にされます。

「建国記念の日」ですから、覚えておいて下さいね。

なぜ建国記念日ではないのか、「の」が入るのか知っている人はいますか。

ここでは詳しくは書きませんが、政治的な背景があるのですよ。

知りたい方は、社会科の神様と崇められている前川先生に聞いて下さい。

祝日なので、通常より早めに教室を開放します。

夜は通常通り授業を行います。

ここのところ入塾の問い合わせが続いていましたが、昨日はありませんでした。

来週あたりからは、講師の応募が続いてくれると嬉しいです。

では、入試シーズン特別編第2弾として、昨年の受験シーズンに小松先生が、受験生に贈ったメッセージを掲載します。

尚、受験日程などに合わせて、若干内容は修正しています。

以下、小松主任のメッセージ 『受験生に贈る言葉』

勉強だけでなく人生においても言えることだと思うのですが、大切なのはどれだけ出来るかではなく、どれだけ出来るようになったかということだと思います。

人はそれぞれ生まれた環境、持っている能力に差があります。

自分がある分野においては、他の人よりも劣っているかもしれません。

けれど、昔の自分と比べて今の自分がどれだけ成長できたか、考えてみてください。

後悔したことも沢山あると思います。

それでもきっと少しだけでも成長していると思います。

そして、平等なものもあります。

それは受験までに残された時間です。

その時間をどんな風に使うかは受験生たちの自由ですが、後悔しないように大切に使ってください。

努力して掴み取ったものだからこそ価値があると思います。

今は思うように成績が上がらなくても、諦めずに努力し続けて下さい。

その努力は高校に入ってからも必ず活きます。

最後まで一緒に頑張りましょう!!

東海大学駅前教室のHP

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強とスポーツ

講師の小松です。

受験も終わり、3年生は卒業し、そして2年生は受験生となります。

特に2年生は先輩たちが頑張っている姿を塾で見ているので、受験というものを他の生徒よりも早くから意識することができていると思います。部活では主役として活躍できる学年になり、忙しいかもしれません。

勉強はよくスポーツに例えられることがあります。例えば、陸上では練習の時にフォームを常に意識して走ります。正しいフォームで走ることが速くなるためにはとても重要だからです。

人にはそれぞれ走り方に癖があり、フォームを直すことは大変です。そして基本的な事はつまらないことが多く、すぐに新しいことがやりたくなります。そこで大事なことは、基本を徹底的に身に付けることです。

そうでないと本番の試合ではほとんどフォームを意識することができないので、どんなに緊張しても速く走れるために、意識しなくても自然に正しく走れるぐらい練習します。

これは勉強にも言えることで、どんなに頑張って勉強しても、そのやり方が間違っていては、できるようになるのに多くの時間が掛かってしまいます。部活と勉強を両立させるには効率よく勉強をすることが大切です。

そして正しい勉強の仕方を見つけるための手助けができるのが塾だと思います。それぞれの勉強の仕方で、自分に一番合った方法を早くから身に付けておくことは大人になってからもとても役立ちます。

自分の勉強方法に自信がない人や不安な人は講師に相談してみるのもいいでしょう。きっと何かしら、新たな発見ができると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験生に贈る言葉

小松です。

もう1月になり受験の足音が聞こえてくる時期になりました。自分も高校受験のために、必死に勉強したことを思い出します。

そんな自分も今では、講師という仕事をさせてもらい、生徒達に教える立場になって、常に心がけていることがあります。

それは、講師はただ生徒よりも早く物事を学んだ(特に学校の教育を受けた)だけで、全然偉くないということです。

確かに当教室の先生は、みな尊敬できる素晴らしい人ばかりです。

しかし、自分の考えとしては、今いる生徒も自分より優れた力をいっぱい秘めていて、素晴らしい子たちばかりだと思います。

ですから、早く学んで知っているからといって傲ることなく、クラスの少しできる友達ぐらいのノリで生徒達に接していければと思っています。

そんな、受験生諸君より少しだけ人生経験が豊富!?な自分に今言えることは、勉強だけでなく人生においても言えることだと思うのですが、大切なのはどれだけ出来るかではなく、どれだけ出来るようになったかということだと思います。

人はそれぞれ生まれた環境、持っている能力に差があります。自分がある分野においては、他の人よりも劣っているかもしれません。

けれど、昔の自分と比べて今の自分がどれだけ成長できたか、考えてみてください。

後悔したことも沢山あると思います。それでもきっと少しだけでも成長していると思います。

そして、平等なものもあります。それは受験までに残された時間です。その時間をどんな風に使うかは受験生たちの自由ですが、後悔しないように大切に使ってください。

努力して掴み取ったものだからこそ価値があると思います。今は思うように成績が上がらなくても、諦めずに努力し続けて下さい。その努力は高校に入ってからも必ず活きます。

最後まで一緒に頑張りましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)