カテゴリー「教室長の記事」の記事

クリスマスの飾り付け

091202_233501 教室長です。

昨日は、自習室のクリスマスの飾り付けを行いました。

非常に手作り感あふれる飾りですが・・・私の手作りです。

2年前に、100円ショップで材料を買ってきて、夜なべをして作りました。

結構上手にできたと思ったので、クリスマスが終わった後、大事にしまっておきました。

その時の受験生たちが、全員志望校を変更することなく第一志望校に入学できたので、縁起をかついで、昨年も同じ飾り付けをしたのです。

今年は生徒数も多く、教室行事が忙しいので、飾り付けをするか迷っていたのですが、すでに教室の縁起物になっているものなので、ついに昨日飾りました。

ちなみに作業はほとんど高2の塾生K君がやってくれました。K君も2年前は受験生で、自習室の主と呼ばれるほど熱心に勉強しに来ていました。そして2年前のクリスマスの頃は、塾の冬期講習に参加し頑張っていました。

それを思うと、月日の経つのは早いですね。

実はK君も今はテスト期間中だったのですが、2年前のクリスマスを思い出し、快く手伝ってくれました。

そのK君のお母様には、一昨日、柿の差し入れを戴きました。スタッフ一同でおいしくいただきました。ありがとうございます。

ところで、受験生にクリスマスはあって良いのか悪いのか。少し考えてみましたが、クリスマスの雰囲気くらい自習室で感じても罰は当たりませんよね。

勉強ばかりでは、息が詰まってしまいますものね。

さて、今週末は冬期講習の締め切りで、塾長が三者面談をしている間に、私は、冬期講習の時間割を作成していきます。

この冬も、たくさんの生徒に冬期講習のお申し込みをいただいたので、皆さんの熱いやる気に応えられるよう、スタッフ一同がんばっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中2生の受験に対する意識

教室長です。

昨日は、O中学・T中学の1・2年生を対象にした、テスト対策教室開放でした。

担当は、塾長、私、清水先生、山本先生でした。

主に2年生が多く来室し、各自ワークに取り組んだり、日頃あまり学習しない理科や社会の問題にチャレンジしていました。

2年生は、今回のテストから高校受験の内申に影響してくるのですが、それを意識している生徒は、まだ少ないように思います。

教室では今回のテストから、2年生の提出物のチェックも厳しくするようにしていますが、まだまだ受験というイベントは、彼らにとっては遥か遠い未来の出来事みたいです。

今の受験生も、去年の今頃は、誰も受験のことなど口にしていなかったので、しょうがないことなのかもしれませんね。

でも、そのような中で、教室開放に来て黙々と勉強している生徒は、やる気が感じられて、こちらも教えがいがありますね。

今日も教室開放があります。たくさんの生徒が来ることを祈りつつ、私は月曜日から配布する、冬期講習の案内書の最終チェックをします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)