カテゴリー「雑記」の記事

合格発表を前に不安なあなたへ

いつもありがとうございます。塾長です。

今年度はブログを更新できる状態ではなかったのですが、それでも受験生と保護者様の後押しになればと、入試が近くなり毎日更新していました。

今日も迷ったのですが、受験が終わってすっきりした表情を見せる生徒もいる中で、合格発表を前に不安な気持ちでいる受験生たちを見かけたので、少し書きます。

少しと言いつつ、書き始めると長文になるかもしれませんが。

「高校受験生」という立場で過ごしたこの数か月(真面目な人はもっと長いかもしれません)について、今まで生きてきて、これほど苦しんだり悩んだことは無い人が殆どでしょう。

悩んでいる人、不安になっている人は皆、自分の目の前に乗り越えられない壁があるような焦燥や絶望を感じるようです。

しかし、大人になってから必ず実感しますが、これから待ち受けている長い人生には、はっきり言って、高校受験の辛さなど比較にならないものがたくさんあります。

だから受験なんて大したことはない。ということではありません。

この高校受験の経験、苦しさを、後の人生の糧にして欲しいのです。

学校に通っている間は、親にも護られて、人生を歩む練習をしていると思って下さい。

その中で、学校における集団生活、他人とのコミュニケーション、体力の向上、道徳観や社会的責任や恋愛などを学んで、大人になって独りで生きていける力を養っているのです。

受験は、他者との競争により序列や優劣が決まると言う、現代社会では当たり前の厳しい現実を学ぶ良い経験です。

よく、緊張している受験生に訊きます。「志望校に落ちたら死刑になるのか。人生が終わるのか」と。

当然ですがそんなことはありません。

逆に、そのくらいに思って真剣に取り組んで欲しかった受験生も過去に数多くいましたが。。。

でもね、それくらいに緊張したり恐怖を感じるような経験をしておけば、次に訪れる「もっと大変なこと」の時に、「その時の経験、心の置き方、考え方」を生かして、より良い方向に対処することができます。

人生はそれの繰り返しで、だんだんと成長していくのです。

よく、推薦入試などより、一般の学力検査を通過してきた人のほうが、就職活動などで強いと言われることがありますが、一理あると思います。

大学までは適当に過ごしてきても、就職となると、コネでもない限りは、ガチンコの競争で勝たなければならないからで、その時に、過去の苦しい経験が生きる人が多いようです。

もちろん、普段から努力し好成績を積み重ねている優秀な人もいるかもしれませんが、それがイコール「仕事ができる」とは限らないのです。

どんなに失敗した過去があっても、傷ついていても、その経験は、必ず後の人生に役に立ちます。

必ずしも、「勝った経験」だけがあなたというヒトを成長させているわけではないのです。

私はと言えば、同級生に較べて、経歴的には劣っています。

公立高校第一志望はノーベル賞を受賞した梶田教授の出身である埼玉県立川越高校、兄が受かったので楽勝だと思ったらダメでした。

私立第一志望の慶応義塾志木高校、第二志望の慶応義塾(日吉)ともにアウト。

滑り止めの立教(現在の立教新座)高校に入学しましたが、その時点でやる気ゼロ。

裕福なお友達とのつきあいが苦手で中退しました。

その後20歳くらいの時、ペンキ職人をしていて、池袋の現場で作業をしていた休憩時、立教大学に通っている同級生たちに再会したのですが、私はペンキまみれの姿で恥ずかしく、非常に落ち込みました。

その時は、高校を辞めなければ良かったと後悔しました。

同級生たちは、バブル崩壊も関係なく、上場企業に就職していましたが、私は池袋の現場以来、負けたくないという気持ちで生きていました。

同級生が就職した時に、私は既に社長でした。

21歳の時に、独学で会社設立に関して学び、有限会社を立ち上げ、フィリピンとの貿易や観光に関する会社を、建設会社に勤めながら経営し、NHKの朝のニュースで特集を組んでもらいました。

本業の建設会社でも、ペンキ職人から現場監督→経理→営業と仕事をこなし、10年目で取締役になりました。

その間、5回ほど救急車に乗っています。

全てストレスが原因です。

その後、通信制高校を卒業し医学部を受験し失敗、教員免許を取得し大学院を経て学習塾を経営しています。

立教高校の同級生に較べて壮絶な人生だったかもしれませんが、受験に失敗したおかげで、多くの人生経験をし、それが今の塾経営に生きています。

過去に後悔したこと、涙を流したことについて、全てが自分の人生の糧となって今があります。

幸せの感じ方は個人差がありますし、価値観の違いにより、どの人生が正解かなんて、寿命を全うしても答えが出るわけではありません。

わかっているのは、「今までのあなたの経験が、後のあなたの人生を作る、変えることができる」ということ。

試験でも仕事でも買い物でも、何でも、世の中は数字で判断されることが多いです。

そして、数字を持っている人は、選択肢を多く持っているということ。

偏差値が高ければ志望校を選べる、お金がたくさんあれば食べ物、着る服を選べるなどです。

しかし、その選択が良いか悪いかは人それぞれですし、その時は悪い選択をしたと思っても、私のように、20年後、30年後に、逆だったと思うこともあります。

だから今、目標に向かって努力をしたのであれば、その結果が良くも悪くも、次へ生かせばそれで良いと思います。

ただ、努力をしないで生きていると、いざ、重要な人生の選択場面で大きな失敗をするかもしれません。

だからこそ、今、失敗しても周りが助けてくれる年齢のうちに、勉強、練習、訓練をしておくべきです。

ああ、長くなった、結論、後悔しないように生きろ。

今回、全てやりきった人は、結果に関係なく後悔はしないはずです。

なぜなら、それがその時点での実力なわけだから。

足りなければ次に向けてもっと頑張ればいい。

嬉しい人、その喜びをかみしめ、次の試練を乗り越えるべく次なる努力をしましょう。

嬉しさもさらに高みを目指す大きな原動力になります。次も喜べるようにね。

悔しい人、良かったね、今気づいて。大人になってからだと手遅れだよ。

そんなことを書いてきましたが、最も不安なのは私です。

先日、商店会の理事長に「塾長、仕事だと思って割り切らないと、身体壊すよ」と心配して頂きましたが、性格上無理なようです。

辛いけど、皆の不安は私が背負って生きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心を亡くす

今日もありがとうございます。塾長です。

私は、2006年以降、自分自身のことで「忙しい」と言ったことがありません。

大学院時代の指導教員だった安岡高志教授に「忙しいというのは、能力の無い人の言い訳にすぎない」と教えられました。

以降、どんなにすべきことが山積しても、優先順位をつけて処理するように努めています。

最近も状況は変わっていないのですが、昨日ふと、「忙」という字を実感しました。

心を亡くすと書きます。

知らないうちに切羽詰まっていたのでしょう。

そういえば最近、色々な人から体調など心配されることが増えていました。

自分では気にしていませんでしたが、周りにはわかっていたのですね。

身体がつぶれなければ大丈夫だと思っていましたが、その前にもっときちんと考えることがあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経験値

今日もありがとうございます。塾長です。

冬期講習は6日目。

面接シートについての指導も続けています。

それで感じたことは、もっと早くから取り組むべきだということです。

シートの作成ということではなく、シートに書く内容についてです(繰り返し書きますが、文字や文章の間違いはあまり気にしていません)。

特に、志望理由と長所を除く2つは、「どういう経験をしてきたか。」でアピールする内容が大きく変わります。

ですからこれから、中2の生徒に「面接シートに胸をはって書けるようなことを意識して生活する」よう呼びかけていきます。

そうは言っても中2で、受験のことを必死に考えている生徒はあまり見ません(当教室においてですが)。

そこで、何か1つの教科の勉強を意識して頑張ることと、何か1つ勉強以外のことを一生懸命取り組んでおくこと、そしてそれらの大切さを伝えます。

結局、面接が入試の結果に占める割合は少ないというデータになってはいますが、上述のことを意識して生活を送る生徒とそうでない生徒、その後の人生において、明らかに違いが出るでしょう。

誤字脱字を直すだけのような小手先のテクニックだけで、人生をごまかして生きることはできません。

とりあえず今は、経験値を稼いで下さい。

多少字が間違えていようとも、稼いだ経験値でレベルアップし一本筋の通ったヒトになれば、そのくらいの間違い、どうということではありません。

何か一生懸命に打ち込むことを決めて邁進しましょう。

勉強と、それ以外のこと、それぞれにね。

追記:国語のテストは誤字ダメよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狙われた街=君に会うために

いつもありがとうございます。塾長です。

既に中3生には返却を開始していますが、その他の学年にも本日より模試結果を返却します。

結果をよく見て、解説を聞き、冬休みの過ごし方を考えて下さい。

中3生以外の面談をスタートさせます。

息抜き

久々に少し早く帰宅できたので、(息子用に録画してあった)先週放送されたウルトラマンギンガSを観ることができました。

かつてウルトラセブン(モロボシダン)と、夕日の差し込むアパートの中で、ちゃぶ台を挟んで地球侵略をするかしないかで話し合ったメトロン星人が登場した時のタイトルが、確か『狙われた街』だったと記憶しています。

当時の監督はあの、実相寺昭雄氏で、シュールかつコミカルな演出は、40年以上経っても斬新だと思っています。

そのメトロン星人が登場したのですが、何と地球人のアイドルを護るという展開に(今回のタイトルは『君に会うために』でした)。

ウルトラセブンは登場しませんでしたが、あの時と同じ夕日をバックに、敵の怪獣と戦うウルトラマンギンガとビクトリーを見事に援護していました。

メトロン星人が地球人の味方になるとは、時代は変わったと思いきや、メトロン星人の護りたかったのは、彼のハマってしまったアイドルだけでした(笑)

しかし、瀕死のメトロン星人を助けたのは、結局そのアイドルの歌声だったというのは、十分私をも感動させてくれましたね。

今時のウルトラマンシリーズは、子どものお父さん世代も釘づけにさせるように、昔登場した怪獣やヒーローが結構登場します。

年齢的に変身することは諦めていますが、ストーリーは興味深く辿っています。

息抜き終了、現実に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進路・こういう考え方もある

今日もありがとうございます。塾長です。

高2が動き始める頃になりました。

大学受験の勉強スタートは高2の夏から始めるという人が多い(そう聞かされている)かもしれませんが、実際卒業生たちの挙動を見ていると、高2の文化祭や体育祭が終わって、いよいよ、高3となる前に進路を真剣に考えるようです。

多くの高校生と話しているわけではないので、個人的な感想です。

適当に選んだ「行ける大学に行く」というのは危険ですが、ただ、その学科に進んだからといって、必ずしもその系統の職種に就けるわけでもなく、また、就く必要もないわけです。

ですから、現状での将来のなりたい自分を設定し、それを実現させるために進学し、大学の4年間を学びを通して「どのような方向に進んでもやっていける自分を作る時間」に費やして欲しいです。

講師から聞いたのですが、卒業生の一人が、入ったばかりの大学を中退して、違う大学を受験するそうです。

ただ、その志望校に合格できるだけの勉強をしていないらしいという噂も聞きました。

私立大理系、入学金と授業料を合わせて初年度100万円以上かかったと思います。

その卒業生に会っていないので、その辞めた大学を選んだ理由も、やめた理由もわかりませんが、親からそれだけのことをしてもらっているのですから、相当な覚悟や決意の元にしたことでしょう。

それを考えると、バイトなんてしていないで勉強しろ、と思うのですがね。

多くの学生や社会人を見ていて思うのは、通っている大学名と、物事の処理能力は、必ずしも相関関係になく、その「個人」の努力や才能によるところが大きいということです。

当然データを分析していないので相関係数などは算出できませんが、私の見ている限りでは、「できる奴はできるし努力する。できない奴はできないし努力もしない。」です。

努力したけどできない、というのは、特殊な仕事(スポーツ選手や司法試験など)以外はあまりないでしょう。

どちらかというと、入った大学で何をどう学んだか、経験したか、自身を鍛えたかが後の人生を決めると、経験から思いました。

大学を安易な理由で途中で辞めないためにも、惰性で選ばないように、そして、色々な人に相談して色々な意見を聞くのは良いことですが、決断は自分ですること。

そうしないと、辛くなった時に他人のせいにして逃げる癖がついてしまいます。

私はよく、仲良くなった大人たちに、同じ質問をしています。

「大学で習ったことは今の職業にどれだけ役に立っていますか。」

最も多い答えは、「うーん。10%くらいかな。」

これが現実です。

嘘だと思ったら、周りの大人に聞いてみて下さい。

確かに、専門学校を出てその職種に就くとか、大学でも、医学部や薬学部など、殆ど将来の職種が決まっている学部もありますが、それ以外の人は、意外と・・・。

例えば、私は中学と高校の理科教員免許を大学で取得しましたが、塾経営に役立ったことは、殆どありません。

むしろ塾では英語と数学をどれだけきちんと教えられるかのほうが重要で(なぜなら、塾に来る7割は英語か数学ができないという理由だから)、さらに言うと、教えられるかよりも、「結果的に学力を上げられたかどうか」のほうが重要だからです。

もっと言うと、生徒や保護者様が満足し5年後も顔を出してくれる、講師としてバイトしてくれる塾、卒業生が皆ファンでいてくれる塾をどうやって作るかなど、経営で重要なことは、大学では一つも習っていません。

しかし、学部長曰く「日本一きつい教職課程」のお蔭で、今のような不眠不休のストレスに耐えられる(良い事か?)ようにもなりましたし、試験勉強のコツや、大学教授の性格や性質の傾向がわかり、それが入試の指導に生きたりと、専門課程以外が役に立っています。

それらを鑑みても、大学での時間は、将来の自分には大きなプラスになるはずであり、またプラスにするために勉強してもらいたいです。

もし進路が決まらない、やりたいことが見つからないと言う人は、とにかく、少しでも気になること(ストレスや不便に感じること)を大切にしてください。

その気になることが、他の人には気にならなければ、それが自分の優れた感覚である可能性が高いです。

自分では普通だと思っていることが、実は他人は全然できずに、即ちそれが「今まで気が付かなかった、自分が他人よりデキる事」になるわけで、それを極めたら凄いことになるでしょう。

今時の子どもたちはその、「気になること」が無いことが問題なのですが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻痺する感覚

今日もありがとうございます。塾長です。

中1・2年対象のテスト対策補講2日目。

テスト2週間前だと、まだ部活動休止期間ではないためか、参加者は少ないです。

いや、「非常に少ない」です。

ということは、先生たちからたくさん教えてもらえるチャンスということにもなります。

皆様のお越しをお待ちしております。

私はひたすら事務仕事を片付けておりますが、あるAO入試についての検討会を行うことになったので、その準備もしなければなりません。

高校を訪問する機会が増えたので、そのまとめや、面談に向けての各受験生別の資料の作成など、お仕事が行列を作ってしまっています。

1ヶ月くらい休みが無いので感覚も麻痺してきています。

息子の英語の発表会も観に行けず、ビデオで観ましたが、知らないうちに日々成長して、できることが増えている事実に感動しました。

さすがに漢検は私がいないとまずいのでしょうがないですが、来週末の運動会は、教室を講師にお願いして参加したいと思います。

日曜日の勤務後に、録画した大河ドラマを観ながら、先週から1週間が過ぎたことを身体に言い聞かせているのが現状です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考えさせられる相談

いつもありがとうございます。塾長です。

中3生のテスト対策と並行して冬期講習の準備をしています。

昨日2件のご相談を受けましたが、塾を探している人は結構いるようです。

そのうち1件は通っている学習塾についての相談だったので、そのことについて色々と思うことがあったのですが、詳細は伏せます。

ただ、真面目に塾を経営している方が聞いたら、誰もが同じ返答をすると思います。

学校と比較し学習塾が下に見られるのは、そういう塾の存在があるからということもあるのでしょう。

塾を探している方が、きちんと考えて、探してくれたらと願います。

自分も昨日、あることについて初めて知って思ったのですが、知らないと損をすることは、世の中に山ほどあり、逆に、知っていて得をするということも多いです。

粛々と、教室の予定を進めていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商売の本質

今日もありがとうございます。塾長です。

久々の休校なので、子どもの七五三のことで、埼玉の実家近くで私と妻両家のじいさんばあさんと会って写真撮影をしてきました。

シーズンのため、子ども用写真館は盛況で、予約をしていたにもかかわらず大幅な時間の遅れがあり、80歳近い私の両親にはきつそうだったので、予定を途中で切り上げました。

子どものご機嫌をとる道具は多くおいてあり、一見お客様に優しい店舗に見えますが、座る席が足りず、長時間立っていた老人を見ていると、商売の本質がどうなのかと疑問に思いました。

また、ハレの商売のため、全てがご祝儀価格となっており、相当の利益が見込めると簡単に理解できるのですが、それは全て主役である子どもたち(加えてその親)に向けられており、その他の部分、パッと見気づかない部分がおざなりになっていることを改善しないと、長くは続かないでしょう。

お祝いの席なので黙っていましたが、それを見て、自分もまた反省し、より愛される教室を作ろうと決心しました。

しかし孫と戯れ喜ぶじじ×2、ばば×2を見ていて、心は晴れた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早い

今日もありがとうございます。塾長です。

講習も残すところあと一週間となりました。

夏休み明け一番早い高校は9月3日からテストです。

中学は、近隣では9月最終週からテストですので、受験生などはもう少し受験対策のための学習を進めることができますが、個々の進度に差があるので、その調整もしていかなければなりません。

昨日顔を出してくれた卒業生は、早くも9月10日に大学の成績が出るとのことで、「非常に楽しみにしている。」とプレッシャーをかけておきました。

サークル、アルバイト、趣味と、充実した夏休みを過ごしているようで何よりですが、単位は取得するだけではなく、GPAもある程度のレベルを保って欲しいものです。

その卒業生には昨年の今頃、志望理由書の添削指導をしていた記憶がありますが、あれからもう一年です。

今自習室でAO対策や自習をしている卒業生も、来年には大学生なのかと考える暇もなく、時は過ぎていきます。

早いですね、何にしても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーベキュー

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日のテスト対策補講も混雑し、自習室まで生徒が溢れていました。

スタッフを増員して何とか6時間やりくりしましたが、目の行き届かなかった生徒にはお詫びします。

やる気のある方、今日も午後4時から自習室をご利用下さい。

補講後は、かねてから予定していた、講師宅でのバーベキューでした。

補講のための出勤班と準備班に分かれていたので、夜遅くからのスタートでしたが、十分に楽しめました。

私は主に食べるよりも、一緒に行った息子と芝生の上で格闘していたのですが、それが楽しかったらしく、「バーベキュー楽しい。」と、息子はご満悦でした。

しかしそれならバーベキューでなくても、庭を借りれば良いでしょう。

走り回れるほどの庭が欲しいと切に感じたのですが、そういう場所なので意外な被害に遭いました。

犯人はコイツです。

Dsc_0697
バーベキューで撮った唯一の写真です。

うちのかみさんのバッグ(おそらくビニール製)をかじられました。

かみさんは、この虫がお腹を壊さないか心配していました(笑)

さて今日は、慌てて壊した換気扇のカバーをどうするか考えつつ、いよいよテスト2日前ということで、さらに気合を入れていきます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧