カテゴリー「塾長の記事」の記事

センター試験2日目

今日もありがとうございます。塾長です。

センター試験は2日目、数学と理科が行われます。

昨日のことは一切考えずに、本日のテストに集中しましょう。

リスニング問題であった変な絵も忘れて下さい。

教室では、高3生以外の小6・中3の受験生への補講を行います。

まずは週明けの私立高校推薦入試、これは何も言わなくても問題ありません。

週末から、私立大学の一般入試が始まりますが、高3生は大体、月曜に学校でセンター試験の得点報告があるので、本日終わったら気持ちを切り替えましょう。

小6生、あと2週間ですが、まだまだ伸びます。

中学校別の傾向に合わせて、ほぼ過去問での演習を続けましょう。

中3生は、昨日までで面接シートは大方確認し、個別に指導しました。

公立入試まではあと3週間以上ありますが、各自講師の出している指示に従って課題を進めましょう。

インフルエンザも流行していますが、体調管理には十分気を付けて、手洗い、うがい、湿度を保ち、睡眠と栄養をしっかりと。

教室でも湿度は高めに設定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間を制する者は受験を制す

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習は21日目。

教室近隣の小・中学校は本日が始業式・学校スタートです。

冬休みにリフレッシュした人たち、今日から頑張りましょう。

受験生はまた、入試日が近づきましたので、きちんと計画通りに進めましょう。

計画がずれてしまった人、入試日までの計画を修正して下さい。

元日に初詣に行った人も多いと思いますが、そのような気分転換も、受験勉強の息抜きには良いと思います。

私もお正月は、子どもを連れて実家に行ってきました。

殆ど何もしない1日というのは、お盆休み以来ですが、おかげで日頃の疲れがとれました。

ただ、どんどん老いていく両親を見るのは、辛かったです。

受験生を見ていると、たまに、机に向かいすぎて、今自分が何をしているのか、何をしなければいけないのかを見失って、惰性で問題に向かっている人がいます。

そういうのは勉強しているとは言えず、結果的にその時間のことは何も身についていないということが多いです。

いつも「勉強した方が得だ」と話すことが多いですが、こういう時は息抜き、リフレッシュしたほうが得策です。

むしろ、オンとオフを切り替えられる人のほうが、良い結果を残せる可能性が高いです。

それは、1日の中の学習でも同じです。

少し休憩しようと思ってスマホでyou tubeを観始めたら、いつの間にか2時間経っていたというのは良くありませんが、ある程度集中したら、少し休憩する。という緩急は大切です。

そうやって自分の持っている時間をコントロールできるようになりましょう。

テストの時間内で、どの問題からどう攻めるかを考えることも非常に重要なように、受験生には、時間を考えて行動できるようになって欲しいと教えています。

『時間を制する者は受験を制す』です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過去問を解くなら

あけましておめでとうございます。塾長です。

本年もよろしくお願い申し上げます。

冬期講習は本日より再開します。

小6中学受験生は2月1日からの入試、小学生から中2生までは12日の摸試、中3生は13日の摸試、高3生は19日からのセンター試験に向けて最終調整に入ります。

ほぼ総合問題・過去問演習となりますが、時間をしっかりと計って行うことが大切です。

というのも、摸試の返却時に言われるのですが、難しい問題に躓いて時間をとられ、最後の問題まで手が回らなかった生徒が多くいます。

中3生には、入試問題の正答率を見せて説明していますが、「問題は必ずしも易しい順番に並んでいるわけではない」ということと「入試は満点取らなくても合格できる」この2点を、しつこく言います。

入試は、必ずしも「自分より学力のある人が勝つ」とは限りません。

もちろん学力があったほうが速く多くの問題を解けるため合格に近いのも事実で、そのために勉強してもらっているのですが、それよりも大切なことは、「ライバルの解けた問題だけは正答する」という考えをもつことです。

そのためには「捨てる(後回しにする)問題」と「必ずとる問題」をしっかりと自分でわかるようになっておく、そのための総合問題演習なのです。

時間を意識しないと、捨てる・拾うはできるようになりません。

必ず時間を決めて、スタートしたらまず全体を見渡すこと、そこであらかたの作戦が立てられるように練習しましょう。

高校生の場合、センター試験前などは、センターの過去問を繰り返し行うべきですが、その方法も、前述の「時間と戦う」ことに加え、「答え合わせにどれだけ時間を割くか」が重要で、特に4択→2択で最後に迷ったら、「正解でも不正解でも、解説を確認し、納得してから次に進む」くらいに答え合わせには時間をかけて欲しいです。

私としては「最低でも試験時間と同じ時間だけ答え合わせをする」くらいで良いと思います。

不安になって新しい問題集に手を出すのは厳禁、不安になるからこそ1回の過去問演習を完璧にするべきです。

むしろ「答え合わせで仕上げていく」くらいのイメージをもって、答え合わせを行ってください。

これから入試まで、受験生には今まで以上に厳しい毎日となりますが、自信をもって当日に臨めるよう、1分1秒を大切にしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始休校について

今日もありがとうございます。塾長です。

冬期講習は16日目、年内最終授業日となりました。

授業後、大掃除をして業務終了となります。

【年末年始休校について】

12月31日(月) ~ 1月3日(木)

休校とさせて頂きます。

この間は、自習室開放、電話応対もありません。

新年の営業は1月4日(金)からとなります。

平成30年、そして平成時代は皆さまに色々とお世話になりました。

心より感謝申し上げます。

それでは良いお年をお迎え下さい。

塾長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模女子大学AO出願許可

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習は10日目。

クリスマスイブですが、受験生は特に、きちんと課題を進めましょう。

先週末、今年度最後のAO入試結果が出ました。

相模女子大学の子ども教育学科です。

相模女子大学のAO入試の場合、まず試験・審査を行い、そこで篩にかけられます。

そして出願許可が出た受験生のみが出願→合格となるため、正式な合格ではないのですが、来春からの入学には問題ないと考えています。

連絡をくださった保護者さんが読み上げた通知にも、ある程度そのようなことが書かれていました。

相模女子大学の子ども教育学科は2年連続での合格となりましたが、倍率自体は3倍くらいのはずです。

指導していて感じた、子ども教育学科の最も特徴的なことは、「AO入試を通して受験生を育てる」という姿勢が強く表れていることです。

ここまで「まだ入学していない、するかどうかもわからない生徒」に親切丁寧にアドバイス(殆ど指導の域)してくれる大学を他に知りません。

もちろん、アドバイスを受ける側の姿勢により、そのように捉えられない人もいると思いますが、プロの私としては「先生方の発言が、かなり深い、感心する内容のものばかり」だったことが印象に残ります。

おそらくですが、真剣に入学を検討している受験生ほど、それを感じられると思います。

逆に、「受かったらラッキー」くらいに考えている人は、先生方に対する質問も浅薄なものが多く、回答やアドバイスも、良いものがもらえないでしょう。

これからAO入試を考えている人は、入試を考える前に、しっかりとキャリア設計をし、なぜその大学(学科)で学びたいのかをきちんと考えましょう。

真剣に考えれば考えるほど、大学の先生方も、より良く、深いアドバイスをしてくれるでしょう(これはどの大学でも言えることです)。

尚、今回の出願許可の合格発表自体は2月です。

ところで、この生徒は指導史上最も大変で、あまりにも私の指導の負担が大きかったので、途中から毎回、保護者さんも授業に呼んで、指導し、それを自宅で管理監督してもらったほどです。

自習に来ていた生徒たちがこの3か月、「塾長VS親子の授業」に何度も遭遇したのは、上述の意味があったからです。

それも、合格してしまえばこうして書けますが、指導の途中では全く笑えませんでした。

しかし、入試当日の発表では、審査の先生から「良い内容でした」とお褒めの言葉を頂けるほど、受験生本人は結果的に成長してくれました。

その詳しい話はまた今度にして、とりあえず良い結果がでたことをクリスマスプレゼントとして、次に進みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉川大学農学部 AO合格 保護者様の声

今日もありがとうございます。塾長です。

冬期講習5日目です。

まだ小学校も中学校も冬休みに入っていないので、講習と言っても夕方からのみ行っています。

玉川大学農学部のAO入試に合格した生徒の保護者様から頂いたお言葉を教室ホームページ に掲載しました。

以下、引用です。

【Sさん保護者様】

 高校受験、大学受験を目的として6年間ほど通いました。

本人には難しいようにも思えた志望大学に合格できたとともに、勉強面だけでなく生活面を含めて面で指導いただき、本人も成長できました。

塾長をはじめ、講師の方々の熱心な指導に感謝しております。

 今回、大学はAOで受験しましたので、AO受験に対する塾長からの指導を中心に、保護者として感じたことを書かせていただきます。

 AO受験は、合否基準が捉えにくく、受験対策が難しいと思いますので、しっかりとした受験対策が、一般受験以上に重要と感じました。

一般受験では、偏差値という数値の目標がありますが、AO受験ではそのような基準はないと思います。

その上、高校での受験対策は、一般受験生中心のように思いますし、我々保護者世代はAO受験という新しいシステムに対する知識や経験が不足しているのではないでしょうか。

 今年の春にAO受験を決めたころを思い起こすと、本人も保護者の私も、できる範囲で準備すればいいという形に流されそうな状態でしたが、塾長からカツを入れていただき、ぎりぎりのところまで完成度を高めたかたちで準備し、受験することができました。

 塾長からの指導の中で、特に、①本人の問題意識の明確化や、②本人のアピールポイントの創出や整理に関しては、特に印象に残りました。

 ①の本人の目的意識の明確化ですが、本人が将来やりたいことなどを集中して考えさせられていたようで、この段階で志望学科を若干変更したほどです。

こうした段階を経て志望学科を決めたことで、AO受験をする上で大切な、学業と本人の将来像の関係をとても明確にできたようです。

 ②の本人のアピールポイントの創出や整理に関しては、具体性を持ったアピールの題材をどのように揃えるかということに集中して、指導を受けていたようです。

例えば、調べ学習というと、ついついネットの情報でおしまいにしがちだと思いますが、そのようなレベルでは塾長は絶対に許してくれません。

本人が体を動かして実際に調べなければダメという感じです。

 また、ただ、体を動かせ、というだけではなくて、大学の教育方針などもしっかりと考えた上で、効果的なアピールをするための、具体的な進め方のアドバイスをしていただけました。

 こうしたアドバイスが、特にポイントだったと思いますし、塾長のこれまでの経験のたまものだと思います。

また、本人はもう充分できたと思えても、塾長からは常に一段上のハードルを設定されていたようです。

しんどそうでしたが、最後まで気を抜くことなくレベルアップに取り組んでいました。こうしたアドバイスや、本人に最後まで気を抜かせない指導の結果、限られた期間でも、とても密度の高い準備ができたのだと思います。

 また、AO受験指導の期間、一貫して、保護者との意識合わせをしっかりとやっていただけたことも良かったです。

私も、かなり頻繁に塾長に相談し、そのたびに丁寧に回答をしていただけました。

必要があれば、三者面談も行っていただけました。本人、塾長、保護者の意識をしっかりとあわせて受験対策を進められたので、保護者も本人の相談に乗ることができ、AO受験の対策を効率よく進めることができたと思います。

 以上のように、AO受験は当初はとても捉えにくいものでしたが、半年間、本当に密度の高い準備をすることができ、志望校に合格できました。

また、6年間にわたる指導のおかげで、勉強を含めた様々なことへの取り組み姿勢や、将来に対する考え方などの面でも成長したと思います。

今後も、何か相談させていただくことがあるかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。

【ここまで】

お父様が「これじゃあ、硬い文章ですかね」と気を遣って下さったのですが、私としては、そのままをありがたく拝読し、掲載させて頂きました。

当の本人は、高校卒業までに行う学習や課題を、今も行っています(私に睨まれながら)。

AO入試の指導中に見つかった、専門分野に関する問題点を、大学で解明して欲しいと願います。

この生徒については、私が倒れそうになった原因の一部でもありますので、まだまだ書きたいことがあるのですが、それはまたの機会とし、他の生徒の指導を続けます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校テスト対策終了

いつもありがとうございます。塾長です。

高校生の定期テストがほぼ終了しました。

まだテストの返却は少ないですが、塾生の話を聞く限り、今回のテスト対策も殆どの高校で上々の出来でした。

何とか全員、指定校推薦の条件を満たす成績をキープして欲しいと願います。

さて、受験生はいよいよ正念場となる冬期講習が、明日から始まります。

主に受験生を中心に、中学、高校、大学入試に向けて調整していきます。

インフルエンザも流行の兆しがありますが、体調に気を付けて頑張っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海大学体育学部 AO入試合格 Oさんのお話

今日もありがとうございます。塾長です。

AO入試で合格した受験生から頂いた声を教室HPに掲載しました。

教室HP該当ページはコチラ

東海大学体育学部AO入試 合格 Oさんのお話

塾長は指導が厳しく、女子生徒は必ず泣くと聞かされていて、塾には片道1時間半もかかるし、地元にあって友達も通っている塾に行きたいと、直接話を聞きに行くまでは思っていました。

しかし話を聞きに行った帰りには、確かに大変そうだしついていけるか不安だけど、入試までの3ヶ月頑張れば絶対に受かると思う!と父親と意気投合し、入塾を決めました。

最初にこの人についていけば受かると確信したことや、疑問に感じたことを伝えると納得が出来るまで説明してくださったことで、そこまでする必要ある!?ということがあっても、素直に取り組むことが出来ました。

また、塾への距離が遠かったことで、学校が終わって塾へ行くまでに切り替えることができ、帰りは電車の中で音楽を聴いてモチベーションを保てました。

入塾したばかりの時は、先が見えずただただ大変でしたが、段々と塾にも慣れて、先が見えるようになり、母親に「ポジティブだね」と言われるほど、受かるという自信のなかで楽しく授業をすることが出来ました。

高校では先生から「Oじゃ受からない」「絶対落ちる」と言われて自信を無くし、落ちたらどうしよう、無理かもしれないと思いながら塾へ行くと帰りには、絶対受かる!と本気で思うくらい自信をつけてくれる塾長の授業に何度も助けられました。

プレゼンテーションが出来上がってきて、高校の友達や仲の良い先生たちに見せた時の「いつの間にこんなことやってたの!?」という声や、私がここまで真剣になっていたことに感動し、涙を流してくれた友達の顔、「アピールポイントがないからAOは無理だ」と宣言していた先生たちへ合格を伝えた時の驚いた顔を私は忘れません。

こんなに濃く充実した3ヶ月を過ごすことが出来たのは、早稲田アルパスを見つけてくれて、通わせてくれた両親はもちろん、塾長が体調を崩してまで指導してくださったおかげです。本当にありがとうございました!!

本文ここまで

Oさん合格おめでとうございます。

大学は近くなので、困ったことがありましたら、お寄り下さい。

いつでもお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AO入試合格者・保護者様の声1 東海大学体育学部

いつもありがとうございます。塾長です。

東海大学体育学部にAO入試で合格した生徒のお父様から、10月の合格後すぐに「保護者様の声」を頂戴しました。

毎年、一般的な想像のレベルを超えた指導をするので体調を崩し、もうやめようと思いますが、こういうお言葉を頂けると、もう少し頑張る気になります。

ホームページ https://wasedatokai.jp/highschool/success/hogosyavoice2019_tokai/

にも掲載させて頂きました。

【東海大学体育学部 AO入試合格 S高校 Oさんのお父様より】

 東海大学体育学部のAO入試にチャレンジすることを決断し、6月末に貴塾を初めて訪問した際、「なぜこの塾を選びましたか」「他の塾との比較はされましたか」というご質問を頂きました。

 その質問は塾を選ぶにも自分なりにちゃんと調べてきましたかという確認でもあり、情けなくも保護者である私自身も満足した回答が用意できていませんでした。

 何をするにも、自ら調査をし、その理由をちゃんと説明できる事、それがまさにAO入試でも一番大切な事であるという指導を頂きました。

 そんな先制パンチから始まり、その後も甘い言葉は一切なく、これからのAO入試課題に向けて、どのような流れで、どのようなアイデアを考えながら、どのように取り組んでいく必要があるか等々、とても厳しい内容の説明を頂きました。

 勿論、合格の保障などありませんでしたが、塾長の強い使命感と熱い指導力を感じ得る事ができ、この塾長に最後まで付いて行けばきっと合格出来るという確信を持ち、娘も覚悟決めて入塾を決意いたしました。

 それから試験当日までの数か月は、娘は人が変わったように、脇目も振らず必死に課題に取り組む姿が見られました。

 当然の如く夏休みを返上し、自ら走り回り課題を熟し続ける毎日を過ごし、塾長にも授業の予定時刻を過ぎても納得の行くまでご指導頂いた日々も何度もあったと聞いています。

 一次選考の結果を待つ間も、二次選考に向けて新たな準備を怠らなかった事で、本番にも余裕を持って挑む事ができていたように思います。最終試験を終え、自信溢れる満面の笑みを浮かべながら帰ってきた娘の姿は忘れることができません。

 「どうせやるなら1位で受かろう!」という塾長との高い目標を掲げ、毎日の努力が実を結んだことは、娘の人生でも大きな自信となり、精神的にも人間的にも成長することできた事と思っております。

 最後の最後のギリギリまで決して手を抜く事もなくサポートを続けて頂き、第一志望校への合格へ導いてくれた塾長には感謝の気持ちで一杯でございます。本当に有難うございました。

【ここまで】

Oさんのお父様、ご寄稿ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学入試ガイダンス終了

今日もありがとうございます。塾長です。

日曜日に行われた、高1生・高2生及び保護者様対象の、「大学入試状況及び高校学習ガイダンス」は、おかげさまで無事に終了しました。

2_1811

卒業生や、保護者様が新規の方を連れてきて下さったりと、座席が足りなくなるほど盛況で、こちらも納得して頂ける内容を用意して良かったです。

特に、早慶上智→MARCH→日東駒専→大東亜帝国に、この2年間でどのくらいの受験生が流れ、そして現状ではどのレベルの学生が在籍しているのかを表したグラフは好評でした。

情報を集め計算し、最後はプロに図を作ってもらったので、登壇者のApシステム長澤先生が「これ欲しいです」と仰って下さったのでわかりやすかったのでしょう。

それにしても計算してみると、恐ろしいほど下位へ下位へと合格者が流れていることがわかります。

そのような中で、数年前と同じかそれ以上のレベルの大学に進学するための秘訣を、高1・高2に分けて話しました。

皆さんが真剣にメモをとっていた姿が印象的でした。

ということで高等部は、既存の高校準拠コース、一般入試コース、AO・推薦対策コースに加えて、成績Apシステム を利用した「高校別定期テスト完全準拠コース」を加え、さらなる高等部の進化をします。

参加された方の中には、中3生の保護者様も数名いて、既に高校進学後のことを考えておられるようでした。

私は常に、「目の前の入試ではなく、その先を見据えて勉強しなさい」と言っています。

入試合格がゴールだと思うと、合格した途端に気が緩み、数年後の進路選択時に損をするからです。

やむを得ず欠席された方、まだ少し欠席資料が残っているので、お申し出があれば差し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧