カテゴリー「塾長の記事」の記事

2017年6月定期テスト用時事問題

今日もありがとうございます。塾長です。

テスト期間ということで、先週(6月11日)作成した時事問題を掲載しますが、作成日以降のニュースも各自ご確認下さい(一部6月18日修正)。

赤い文字も重要です。地名を聞かれる問題では、地図上でその位置がどこにあるかわかるようにしておきましょう。

1.世界2の温室効果ガス排出国であるアメリカが、地球温暖化対策の国際ルールから離脱すると発表しました。この国際ルールの名称を答えなさい。

答え パリ協定

2.天皇陛下の生前退位を認める特例法が成立しました。これにより退位後の天皇陛下の称号と、皇后陛下の称号は、それぞれ何になりましたか。

答え 天皇陛下→上皇陛下 皇后陛下→上皇后陛下

3.厚生労働省の発表によると、2016年に国内で生まれた日本人の子どもの数は、初めて100万人を割りました。およそ何人だったでしょうか。

答え およそ97万人

4.将棋で史上最年少の中学生棋士が、デビュー戦からの公式戦連勝記録を更新しています(617日現在27連勝・歴代の最高連勝記録は28連勝)。この中学生の名前と段位を答えなさい。

答え 藤井聡太 四段

 5.61日より葉書(ハガキ)バターなどが値上げされました。新しい葉書の郵便料金は何円ですか。

答え 62円

 6.61日に種子島宇宙センターからH2Aロケットに搭載され打ち上げられたGPS(全地球測位システム)の精度を高めるための衛星の名称は何ですか。

答え みちびき2号

7.ある学園の理事長が安倍首相の友人で、その学園の運営する岡山理科大学に新しく獣医学部を新設するため首相が便宜を図ったとして野党から追及されています。この学園の名称は。

答え 加計(かけ)学園

8.天皇陛下の次男で皇太子殿下の弟である秋篠宮文仁親王の長女が、大学時代の同級生(小室圭さん)と婚約を発表されました。この秋篠宮家長女の名前は何ですか。

答え 眞子さま

9.英国マンチェスターのイベント会場「マンチェスター・アリーナ」でテロがあり22名が死亡しました。この時コンサートを行っていた米国の人気歌手の名前を答えなさい。

答え アリアナ・グランデ

10.77万年前地球のN極とS極が逆転したことを示す堆積物千葉県市原市の地層から見つかりましたが、これが国際学会に認められると、約77万~126千年前の時代は何と呼ばれるようになりますか。

答え チバニアン時代

11.5月下旬にG7(主要7か国首脳会議)が行われたイタリアの都市タオルミーナがある島は。

答え シチリア島

12.6月15日参議院本会議で、テロなどを未然に防ぐための法案が可決されました。犯罪を未然に防ぐために国民の集会など、市民の生活も監視される恐れがあるとして反対も多い『共謀罪』の要素を改め『テロ等準備罪』として新設する法案の名称は何ですか。

答え 改正組織犯罪処罰法

その他、総理大臣や自分の住む都道府県の知事、市町村長の名前は憶えておきましょう。

テストに出るかどうかは保証しませんが、時事問題に取り組むことで、今、自分の住んでいる国、地球ではどのようなことが起こっているかを知って欲しいと願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先を見据えて

いつもありがとうございます。塾長です。

平塚市内の中学校テスト期間です。

その1週間後からは秦野市内の中学校期末テスト、夏休みに向けてテストは続きます。

先日また大手予備校が校舎を減らすというニュースがありましたが、高校生の大学受験はもう、地元の学習塾で十分に対策できるので、これも時代の流れだと感じています。

当校でも高校生の在籍者は増えており、それに対応したいくつかのシステムを導入しつつあります。

中学生への指導の基本が「将来を見据えて今を生きろ」ですから、その将来へ向けて高校生になってもきちんとフォローしていくのは当然のことです。

先日、AO入試対策の集団講義で受講生たちに伝えたこともそれを踏まえてですが、

「大学に行くと、学費だけで4年間で500万から1000万円かかる。これを買い物に例えると、高級自動車が1台買えるほどの買い物だ。君たちは自分の人生のうち4年間という時間と、高級自動車1台分のお金を払うのに、その先の将来をきちんと考えて大学(学科)を選んでいるのか。衝動買いですむ話ではない」

というようなことです。

とにかく中学生でも高校生でも毎日暮らしていれば、部活に勉強に大変だとは思いますが、その行動・選択の一つ一つに将来を見据え、後悔しないように生きて欲しいと願います。

そのようなことを生徒たちには常に話しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想いと繋がり

今日もありがとうございます。塾長です。

秦野市内の中学校では中間テストが終わりました。

テストが終わると入塾のお問い合わせが増えるというパターンが多いのですが、中3生に関していうと、今週は修学旅行が重なっており、勉強よりそちらが大切のようです。

一生に一度の中学生としての修学旅行ですから、しっかりと”修学”してきて欲しいと思います。

教室では開校10周年記念の印刷物を作成しているのですが、元講師が2人、そのために休日にわざわざ教室に来てくれました。

そこで渡された寄稿文を読んで、日ごろの辛さが吹き飛びました。

2人とも5年間勤務してくれた優秀な先生方で、当校の生徒の成長や合格に大きく貢献してくれたので、私としては助けてもらってばかりだと思っていたのですが、当校での勤務が非常に良い経験として、社会人になった今も生きているということでした。

この仕事を続けていると、私たちの思うように結果が出ないこともあります。

それはどの仕事でも同じでしょうけれど、思い入れという点で、講師や私はかなり生徒に情熱を注いでいることは間違いありません。

ですから結果を出せなかった時には、表面上では平静を装っていても、心情的にはかなりダメージがあります。

しかしどのような結果でも、それが後の生徒や講師の人生のプラスになるのであれば、結果的にはここで学習塾を続けてきて良かったと、後から思うことも多いです。

その続ける原動力が、各講師や生徒の想いを感じることだと、こういう機会に講師の寄せてくれたものを読み、改めて実感しました。

5年前まで主任講師だった先生も昨日、休日だからと教室に顔を出してくれました。

そういう繋がりで続いているのが、当校の特徴でしょうか。

さて、週末の漢字検定、AO入試対策講義を過ぎると、今度は平塚市の中学校中間テストです。

体験授業に来た生徒の保護者さんには、実績だけでなくその想いや繋がりを感じてもらえればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備

いつもありがとうございます。塾長です。

大根中の中間テストが終了し、来週の鶴巻・南・南が丘中の対策を行っています。

高校も、当校に通う生徒14高校のうち13校は、来週末までがテスト期間のため、引き続き自習室は混雑しています。

その翌週からは、金目中・土沢中の順で平塚市のテストがあるので、結局ずっとテスト対策期間が続きます。

そこでしばらくの間、無料体験授業は、保護者面談と切り離して行っておりますのでご了承下さい。

一昨日お申込み下さった方にも、面談が同時にできない旨をお伝えしたのですが、その話をしている目の前の自習室が満席なので、それを見て納得して下さいました。

テスト期間ということで卒業した生徒(高1生)たちも、続々と顔を出してくれるのは嬉しいのですが、話好きの私としては久しぶりに会うとつい近況を聞きたくなり、勉強の邪魔にならないように堪えています。

それにしても高校の制服を着ると、たった2か月で随分と成長したように見えるのは、思い入れもあるからでしょうか(3か月前まで叱咤>激励しまくっていましたからね)。

とにかく高1生には、「最初の成績から評定を高く」を中学生の時からしつこく教え込んだのが効いているようです。

今週末に行うAO入試対策講義の準備も併行していますが、第4回ではいよいよ、経営者向けセミナーで話している内容を高校生(大学受験)用にアレンジして話すことにします。

集団授業のため、課題を出してその答案で理解度を確認してはいますが、できるだけ個人指導に入る6月中旬までに、考え方の基礎をマスターしてもらいたいと思います。

いつもそうですが、セミナーや講演・講義の資料を作成することは、自分にとっても学びが多く、まさに私自身が、「教えるほどに強くなる」という感じで、準備をしている時にそれを強く感じます。

ですから私は常に、準備がどれほど大切かを受験生に教えています。

ビジネスでも受験でも、試合に勝つというより、試合開始の瞬間に勝負を決める(勝つ)ためにどうするかを考えているのです。

一般入試は試合(テスト)開始の瞬間に勝負が決まることはなくても、準備を怠らなかった人が勝つことは明白です。

特にAO入試は、課題が発表されてから入試日まで一定の期間があるので、どれだけ準備をしたかが勝敗を決めると言っても過言ではありません。

その準備を、4月から既に各受験生に進めてもらっていますが、今回の講義では少し難しいけれど、ワンランクアップするために、理解してもらいます。

ちなみに講義の素材は、東京大学教養学部長が数年前の学部卒業式で語った、批判精神に関する素晴らしい演説がメインです。

50年前の東大総長の話を現代に蘇らせるために、しっかりと準備をしていきます。

中学生のテスト勉強も、「テストに対する準備」とも言えますので、しっかり準備をして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年度初のテスト対策期間

今日もありがとうございます。塾長です。

ゴールデンウィークも終わり、いよいよ新年度初のテスト期間となりました。

早い中学校で来週、遅くても再来週にはテストです。

その前後に、各中学校の修学旅行があります。

早い中学校では本日出発しました。

さて中学校1年生は最初の定期テストになります。

昨日、自習室で勉強している中1生がいましたが、今からやる気満々という感じで、先が楽しみです。

基本的に1年生の最初のテストは簡単で、教科に関わらず平均点がかなり高くなることが多いです。

そこで安心しないよう、返却されたテストの解析をし、自身で問題点を考えてもらいます。

学習塾ではこのテストの後が、中1生の入塾ラッシュとなりますが、1学期末まで様子を見るご家庭も増えています。

いずれにせよ手遅れにならないうちに、早め早めの対応をお願いしたいと思います。

今年度は高校生の所属が非常に多いので、自習室はテストに関係なく高校生の比率が高いです。

やはり高校生は、危機感を持っている人が多いので、自主的に進めてくれることがありがたいですね。

そういう環境であれば、中学生も自然と勉強するのかといえば、そうはいかないのが常で、中学生をどれだけ学習に意識を向けさせられるかが、教室の課題でしょう。

今週末、来週末と、無料テスト対策補講を行います。

普段の学習が足りていない方はぜひご参加下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW休校とテスト対策について

いつもありがとうございます。塾長です。

ゴールデンウィーク休校についてのお知らせです。

4月29日(土)~5月6日(土)

上記の期間は、電話応対や自習室開放もありません。

よろしくお願い申し上げます。

尚、5月7日(日)は、13時より中間テスト対策無料補講を行いますが、テスト期間でない学校の生徒や卒業生も、ご自由にご参加下さい。

特に高校入学、中学入学で最初のテストで不安な方、慣れた先生たちから指導を受けたほうがいいですよ。

もちろん、全科目対応しています。

講師の目途が少しずつ立ってきたので、新規の中高生のお試しも歓迎します。

5月7日は19時までのテスト対策補講後、高3生用AO入試対策授業を行います。

前回は、私のAO指導史上最高倍率(9.2倍)を突破した卒業生が特別講師として経験談を話してくれました。

驚いたのは、一般合格の偏差値と20しか離れていないと記憶していたのですが、彼女曰く、「30くらい離れていた」ということでした。

AO入試は高3時の学力で合格が決まることはないですし、今、大学2年間での彼女の成績を聞く限り、AO入試で鍛えたからこそ、大学では優秀な成績をキープできるのだと思います。

即ち、AO入試合格で必要なチカラ=大学生としてきちんと(学修面で)生きるチカラ=社会で必要となるチカラ(就活で必要なチカラ)というわけです。

この後、今年度の生徒たちがどのように育ってくれるか楽しみであるとともに、現状提出してもらったボロボロの課題と、増えてきた受講生数を鑑み、私が夏に倒れる可能性が例年以上であることは間違いないでしょう。

根性で倒れませんけどね。

ということで、夏のためにゴールデンウィークに休んでおきます。

おあとかよろしいようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教室近況と模試、テストについて

今日もありがとうございます。塾長です。

久しぶりの更新なので、ブログというよりお知らせのまとめという内容になっています。

週末の土日は、新年度第1回目の全国模試を行います。

結局、各中学校の予定を全部組み込み、前倒しになりました。

ちょうど市内のテニス大会などとぶつかり、日程の調整が必要な生徒が結構多かったことが痛手です。

しかしゴールデンウィーク後には中間テストが始まるので、その対策の時間をとるためにはこの日程で致し方ありません。

また、所属する神奈川県私塾協同組合の読書作文コンクールの応募締め切りも迫っています。

今年は、長野県上田市の上田情報ビジネス専門学校副校長の比田井和孝先生の作品が課題になっています。

文章量としては少し多いですが、昨今の公立高校入試の長文問題を考えれば、このくらいの量はきちんと読みこなせてもらいたいと思います。

来年あたりは私の作品がテーマになるといいですね、小説ですけど。

ところで最近の教室は、部活動に忙しい中学生より、高校生の割合が増え、活気が出てきています。

これは、学年に関係なく、将来を見据えて勉強をすることを徹底していることが功を奏してきた証拠です。

高校受験で終わることなく、大学受験や就職活動、その後のキャリア計画も含めて中学生のうちから指導しているので、結果として将来を考えて今を過ごすという良い方向になっています。

高校生の数が増えると、当校の最も得意とする「学習管理」が生きてきます。

管理さえしっかりしておけば、高校生は勝手に勉強してくれるので、成績を伸ばしやすいです。

また、中学の先輩たちが高校の制服姿で自習しており、後輩の中学生がそこで、生の高校情報を聞けるというのも、当校ならではのこと。

今年は特に、昨年の受験生で意識の高かった生徒たちが、入れ代わり立ち代わり自習や授業に来ているので、後輩へも良い影響を与えてくれることでしょう。

受験が終わると急に優しくなる私に驚く新中3生には、例年のごとく厳しく接することになりますが。

明日も高3生にAO入試対策集団講義を行いますが、中学生時代から洗脳のようにキャリア計画について刷り込まれている人は、よく理解してくれると信じています。

講師の勤務体制が5月には改善され、ちょうど中間テストが終わって塾を探そうという人が増える時期には、受け入れ態勢が整うと信じて授業をしていきます。

新しく受け入れた中学受験の生徒たちも、先輩たちがどのようにして合格したかを聞かされ、ある程度学習のイメージがわいてきたようです。

これもまた、今後の伸びに期待ができそうです。

というわけで、中学受験、高校受験、大学受験とも完全に対応できる体制でバックアップをしていきます。

月末には待望の大型連休、昨年のお盆休み依頼ですが、しっかりと休ませて頂きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年度が始まって

いつもありがとうございます。塾長です。

新年度が始まって、生徒たちが通う近隣6中学校の中間テストと、14高校のテスト日程が判明したので、それに合わせた土日の補講や模試の予定を立てました。

中学校は2期制と3期制の違いくらいなのですが、高校は結構テスト日程に幅があります。

土日を全て開ければ良いだけの話ですが、体がもたないので少し考えます。

自分の子どもが通う小学校のクラスは、新年度早々学級閉鎖になりました。

インフルエンザはまだ流行しているようです。

新年度早々学級閉鎖というのは、私の記憶には無いことです。

皆様もお気を付け下さい。

先週行った高3生に対するAO入試対策授業の動画を観て思ったのは、私の猫背がひどくなっていることと、保護者さんたちは私が痩せた、やつれたと言ってましたが、自分としては恥ずかしいほどにメタボって見えました。

ガマの油売りが、鏡を置いて油を搾ったという話がありますが、私も動画を観て似たような気持にはなりました。

しかし残念ながら、私から油は出てきませんでした。

そんなことを書いている余裕があるわけなく、不足している講師の穴埋めで、生徒に移動をお願いしたり、大学に進学した卒業生に手伝ってくれるようお願いしたり、授業を正常に回すのに、頭を下げる毎日です。

まずは中間テスト前に行う全国模試で、新入生や在校生の現状を把握します。

模試があるということは、私がまた返却時に𠮟責する場面が増えるのでしょう。

入試が終わっても春期講習から求人、新年度が始まって問題は解決せず、結局1年間でいつ休めば良いのかわかりません。

それでも一人、ピンチの教室を救うために卒業生が講師として戻ってきてくれたり、高校生が自習室で勉強する割合が増えたりと、それなりに嬉しいことがあるのでやめられません。

今は教室の掃除も、卒業生が来てくれています。

持つべきものは卒業生ですね。

つれづれに書きましたが、まだ、書く余裕があったということで、さらに突っ走ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年度も熱く

今日もありがとうございます。塾長です。

春期講習12日目。

近隣地域小中学校では昨日入学式と始業式があり、本格的な新年度の始まりです。

教室も午後からの授業のみとなり、講習は明日で終了、来週から通常授業が開始されます。

新しく受験学年になる中3生と、中学受験をする小6、高3生との面談を終えました。

入試前の受験生たちを見ていた後輩たちは、そういう学年になったことを身をもって感じているようでした。

久しぶりに会った保護者さんには、私が痩せたのではと心配して下さる方がいらっしゃいましたが、生きているうちは突っ走りますよ。

昨日は、秦野市内4つの中学校の中間テスト日程を把握し、それに合わせて全国模試とテスト対策補講の日程を決めました。

新学期が始まれば色々と動き出すので、一息つく暇もありません。

昨日は自習室で、色々と相談に乗っていました。

一人は新大学1年生の履修登録相談、もう一人は新高3生の受験校の相談です。

数年前まで中学生で、叱られてばかりいた子たちが、それなりに育ってくれたと感慨深く思いました。

また、今年も卒業生が一人、講師として戻ってきてくれたことが最も嬉しかったことです。

かつて教えた生徒と一緒に仕事ができる。

これ以上の幸せはありません。

私も週末からもう、入試対策授業を行います。

AO入試対策ですが、希望者が増えたために集団で準備の指導をします。

今年度も、昨年度以上に熱く生きていきます。

全ては塾生の将来のために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3年後の予約

いつもありがとうございます。塾長です。

春期講習6日目。

受験が終了した生徒の保護者様から頂いたコメントを読み返しています。

共に受験生を支えた同志の方々の言葉は重みがあり、とてもありがたく感じています。

4月から受験生となる学年の生徒と三者面談を行っていますが、まだエンジンはかかっていない状態です。

毎年のことですが、これから徐々に動いてもらいます。

卒業する講師の最終授業が全て終了しました。

4年も5年も勤め、多くの生徒をサポートし、教室の奇跡の歴史を作ってくれたことに感謝しています。

新天地での活躍を、年に数回ある講師懇親会に来て、話してくれることを楽しみにしています。

海外で生活していた元講師も、帰国し日本の企業で来週から働くそうです。

皆それぞれ、新しい場所で活躍してくれることは、卒業生が育っていくことと同じくらい私の生きる糧となっています。

しかし現実として優秀な講師が減りキャパオーバーに陥っています。

卒業生を中心に、新たに教室を支えるメンバーが増えてくれないと、教室の存続自体が危ぶまれます。

質を落とすくらいなら、講師が増やせない状況で賄える人数の生徒数で運営していくしかありません。

今回の高校受験を経験した生徒数名には、「3年後に講師となって恩返ししてください」とお願い、いや、予約しておきました。

私も4月からAO入試対策の集団授業を行いますが、個別の授業も担当しないといけないかもしれません。

いつまでたっても、課題は減らず休みは増えず、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧