カテゴリー「受験」の記事

中学入試 帰国生 特待生合格

今日もありがとうございます。塾長です。

中学受験で一足先に行われた帰国生入試において特待生合格が出ました。

2月の入試に向けて、今年度も幸先の良いスタートです。

文化学園大学杉並中学校 特待生合格

Y君おめでとう。

お母さまからの電話で、講師に対するお礼の言葉をたくさん頂きました。

さて中1・中2生のテスト1週間前となりました。

良い成績で平成を終えたいですね。

中3生はテストが終わっても毎日自習に来ています。

皆それぞれ、頑張っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最新大学入試及び高校学習説明会

いつもありがとうございます。塾長です。

中3生定期テストの真っ最中、自習室も混雑しています。

その中3生対象の入試説明会では、多くの方のご参加ありがとうございました。

ゲストの先生方も、熱心にメモを取る多くの親子に感心したと話してくれました。

しかし現役の高校教師の話は説得力がありますね。

受験生たちもリアルな高校の現状を知ることができて、よくわかっていなかった高校入試の先が見えたのではないでしょうか。

さて、続いて高校1年生・2年生対象の大学入試の現状及び高校学習内容についてのガイダンスを行います。

日時 11月25日(日) 19時30分より

場所 当校

対象 高1・高2及びその保護者様(卒業生及びその保護者様も含む)

座席の関係で満員の場合、在塾生優先となります。

主な内容は、大学一般入試・推薦入試・AO入試の最新情報と、高1・高2生がすぐに取り組んで他の生徒と差をつけられることなどを、専門家を交えて話します。

私は主にAO・推薦・一般入試指導の現場から判明したことについて実例を用いて話します。

特にAO入試については、現在も指導が続いており、新しい情報を多く入手したので、参考になると思います。

中1・2生と高校生のテスト対策補講後に行うため、遅い時間からとなりますが、皆様のご参加をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秦野高校校長先生からの電話と入試説明会

今日もありがとうございます。塾長です。

本日は、主に中3生の定期テスト対策補講日ですが、19時30分からは、高校入試説明会を行います。

中3生とその保護者様でほぼ満席ですが、その他の学年の保護者様、狭い教室のため立ち見でよろしければお電話下さい。

場所を作ります。

特別ゲスト2名のうち1名は現役の高校の先生、入試や高校生について本音を話してくれるそうです(出席者にはどこの高校の先生か明かします)。

高校の先生と言えば、先日伺った 秦野高校 の今田(こんだ)校長先生から昨日電話がありました。

ブログで書いた内容でお叱りを受けるのかとびくびくしながら電話口に出たのですが、感動するようなお言葉を頂きました。

その前に、秦野高校については、この前記事か、わかりやすい内容は宮崎教室の宮崎先生もしくは慧真館の岸本先生のブログでご確認下さい。

勇者 宮崎先生の秦野高校記事

賢者 岸本先生の秦野高校記事

で、件の今田校長に、「何か不備がございましたでしょうか」と恐る恐る聞くと、

「ブログで当校を非常に好意的に紹介して下さりありがとうございました」

と、なんとお礼の電話だったのです。

他の組合の先生にも校長先生が直々に電話したそうです。

7年くらい色々な高校訪問をし、その紹介記事を書くことはあっても、公立高校の校長先生がわざわざそれを読んで下さり、お礼のお電話まで頂いたことなど初めてです。

ここに、校長先生の人柄が表れていると強く感じるとともに、東海大学駅前商店会及び地域の仲間で秦野高校を応援してきて良かったと、つくづく思いました。

つい「他の高校では・・・」と愚痴ると、逆に驚いた様子でした(訪問を嫌がる学校が多いのです)。

ちなみにですが、別に”盛って”書いたつもりはなく、ただ事実を書いたまでなのですが、辛口の岸本先生がブログで絶賛していたので、私が紹介した記事内容も間違っていないです。

そして、ここはチャンスとばかりに

「例の授業見学の件、本当によろしいのですか」

と再度確認したところ、それも「ぜひどうぞ」との快いお返事を頂戴し、地域に開かれた高校の校長は、いや、今田先生は一味違うと改めて実感しました。

最後に、「あまり校長先生から電話を頂くことが無いのですが、このやりとりも書いて良いですか」と”私らしい失礼極まりない”質問をしたら、それもOKとのことでこの記事となりました。

改めて感謝申し上げます。

さて、今年も数名、秦野高校志望の受験生がいますが、その子たちも含め、未来に向けてのビジョンが描けるような説明会をしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秦野高校 今田校長先生のお話

今日もありがとうございます。塾長です。

所属する神奈川県私塾協同組合の高校訪問が始まりました。

今年度の初回は、当校から最も近い高校で、毎年快く応対して下さる秦野高校です。

1810

2代前の時乗校長先生の時に2回、その後の神戸校長先生の時に4回、そして今年から今田(こんだ)校長先生となって初の訪問となりました。

都合により4人での訪問となったのですが、宮崎教室の宮崎先生、慧真館の岸本先生、Gゼミナールの濱田先生と私のパーティーでした(何となくドラクエ感が漂った4人)。

私の出番は、名刺に書いてあった、赤塚不二夫先生の所で学んでいたという話に興味を持って下さった所で終了しましたが、きちんと聞いてきたので書きます。

しかし、この記事を書く前に、宮崎先生と岸本先生が既に記事に詳しくまとめておられたので、わかりやすい内容をお求めの方は、

勇者 宮崎先生の秦野高校記事

賢者 岸本先生の秦野高校記事

をお読み下さい。

昨年までの神戸先生がかなり熱い方で、創立90周年事業なども盛り上がった秦野高校でしたが、果たして今田先生は。

非常に冷静に分析しつつ、生徒を温かく見守るような方でしたが、県立一筋10校を渡り歩いてきた猛者、しかも定時制、工業、から横浜翠嵐などの進学校までありとあらゆる種類の高校での経験が、発する一言一句に滲み出ていました。

その細かい内容は、↑勇者と賢者が記しています。

尚、広報担当の藤田先生も同席して下さいました。ありがとうございました。

教室が近いこともあり、講師も生徒も進学希望者も秦野高校が多い当校としては、気になるのは、新・今田体制になってこれまでの伝統や教育内容がどのように変わったのかということ。

校長先生は開口一番、「132年は伊達じゃない!」とおっしゃいました。

草創132年、開校92年になる秦野高校ですが、「文武両道・質実剛健・凡事徹底(神戸政権より)が息づいている秦野高校の生徒は、様々な高校で生徒を見てきた中で一番骨太」とのことでした。

骨太とは、きちんとした生活を継続する力がある生徒とのことで、1年生と3年生で顔つきが全然変わるのが秦野高校だとも仰っていました。

いくつか秦野高校の情報を。

ICT利活用研究推進校の指定を受けて3年、ついに校内に無料wifiが飛ぶ高校となりましたが、授業にタブレットやアプリを利用したり、内田洋行やGoogleがバックアップした設備よりも、それらをきちんと校内生活に生かす能力の育成が大事だということで、生徒主体のICT委員会により、利用のルールなどを決めているそうです。

決して、授業中にゲームをするような生徒はいないのです。

そして昨年の神戸校長が「行きたい生徒は全員連れて行く」と仰っていたオーストラリア・カジョリーナ校との交流ですが、今年も25人ほど行ったそうです。

冬にはオーストラリアから生徒たちが来るそうで、行った生徒だけでなく、国際理解教育の一環として相乗効果があれば良いと思いました。

今田先生が英語の先生だからということも少し関係あるかもしれませんが、これから力を入れたいことの一つに国際理解教育があり、また、現在では先生だけでなく生徒もオールイングリッシュの授業をしているそうです。

気さくな方で「この後、研究授業があるのでご覧になって下さい」と仰って下さいましたが、皆教室を開ける時間が迫ってきたので、次回、また組合としてお邪魔することになりました。

ということで生徒たち、塾長軍団が押し掛けるからよろしく!

次に、進学重点校に名乗りを上げなかった件がまさに「秦高らしい」理由でした。

「文武両道を貫いていくため。これこそ将来求められている力」

納得。

しかも今田先生は、「文武両道の武は、部活動でも何でもよい。それこそ、予備校や塾に行ってもよい。その代わり、自分なりの”武”を、3年間熱中して継続して欲しい」とのこと。

素晴らしい!

その他、入試に関する話、面接に関する話などは、オフレコなのでここでは書けませんが、当校の秦野高校志望者には伝えます。

校長先生のまとめがわかりやすかったです。

「継承・発展・改善」

伝統は継承し、今あるものは発展させ、無いもの・よくないものは改善する。

特にこれからは、キャリア教育と国際理解教育に力を入れていくそうで、ますます楽しみです。

校長が替わっても常に当校のイチオシは秦野高校です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高3での進路を見据えた中学生の受験勉強

いつもありがとうございます。塾長です。

当校では8月末に全国摸試を行いましたが、9月になり各中学・高校ともテストに向けての学習が始まっています。

まずは平塚市の土沢中と金目中のテスト2週間前ですので、その対策学習からです。

今月の土日は全て、テスト対策のための無料補講を行います。

夏休み明け、良いスタートダッシュをしましょう。

高校では先週末から文化祭が多く行われていますが、各校とも指定校推薦枠が出て、高3生はその相談にも来ています。

文部科学省からの大学定員厳格化により、今までよりも各大学での合格がどんどん厳しくなっている中でそれらを見て思うことは一つだけ。

「高校1年生からしっかりと勉強して成績を持っていた方が断然お得で、そのお得の度合いは中学生の高校受験とは比較にならないほど」ということです。

数年前までは、評定が低くても受験生となり一念発起してそれなりの大学に合格できましたが、現在ではそれは難しくなってきています。

AO入試では先週に今年度合格第1号が出ましたが、一般入試がこれだけ厳しくなってきたのでAO入試を選択する受験生も増えるでしょう。

AO入試の残りの受験生に対しては多くの不安があります。

これから高校生になる人には、「勉強の大切さ」を説いても通じにくいので「評定を高く保つことのメリット」を話していきます。

当校の中3生には、「3年後の進路選択を見据えた考え」を持って高校入試に臨んでもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入試ラスト出陣

いつもありがとうございます。塾長です。

今年はとにかく大学入試がきついです。

まだ結果の出ていない受験生のうちの一人は、後期で和光大学の特待生に合格し、名より実を取るということで進学を決めました。

まあ、初年度学費95万円免除ですから立派でしょう。

自分の目指す資格が取得できるので大学のブランドはこだわらないということでしたが、私もそれには賛成です。

どこの大学に入学したかよりも、そこで何を得たかのほうが、遥かに重要です。

これからAIの進化・普及により大企業でのリストラが進みますが(銀行大手3社も既に大規模な人員削減を発表しています)、そのような中で生き残れるのは、大学名ではなく、人間しかできないスキルを持っている人ですから、入学した大学でしっかりと人間力を培って欲しいと思います。

それに、大学の定員厳格化が進んでいるので、東京圏内の大学でこの倍率の高さが続けば、各大学の入学難易度=レベルも上昇していきますから、数年後には各大学のランクも上がっているでしょう。

大学受験生に加えて今年は、まだ高校受験生も決まっていない生徒がいます。

本日行われる静岡県公立高校入試にチャレンジします。

正直、静岡県の公立高校受験指導はしたことがなかったので、我が神奈川県私塾協同組合の御大である宮崎教室の宮崎先生にお願いして紹介して頂いた静岡県内の学習塾さんや、教材会社、摸試会社などに協力して頂きここまできました。

静岡の公立問題は、神奈川と反対にとにかく記述式の解答が多く、また、面接シートは神奈川のように事前提出ではなく、学力検査が終わってからその場で書かされ、それで翌日に面接となります。

勝手が違う中、静岡県内トップ校出身の講師が、静岡流指導?で力をつけさせ、受験生も一生懸命に取り組んできたので、何とか良い結果に繋がって欲しいと願います。

どんな注文でもそれに応えるのが当校の方針です。

ということで頑張って下さい!

振り返ると1月4日から休んでいないので、2か月くらいですか、個人事業主なんてこんなものですが、基本的に毎日、電話をくれる保護者さんたちから励ましの言葉を頂戴しながらやっています。

受験生を支えるはずの塾の長が、その保護者さんたちに支えられるという何とも申し訳ない構造になっていますが、師・赤塚不二夫先生いわく「これでいいのだ」

それにしても今年の入試は長い。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県立高校入試結果に思う

今日もありがとうございます。塾長です。

県立高校入試ですが、めでたく全員合格というわけにはいきませんでした。

何年この仕事をしていても、受験生が結果を持ってきて落胆している姿は、非常に辛く、慣れることはありません。

合格者たちの喜びの声で溢れる教室に来るのはさぞや辛かったことでしょう。

それでも、この気持ちが3年後の大学入試や7年後の就職活動、さらにはその後の人生に必ずプラスの作用をしますので、胸を張って高校生になって下さい。

昨年悔しい思いをした高1の塾生は今、とても充実した高校生活を送り、学力はかなり伸びていて、鮮明に将来を描いています。

是非そうなって欲しいと願っています。

その中3生たちは、高校準備講座で英語と数学の高校範囲の授業を受けています。

東京圏の大学の定員が厳しく制限されてきており、より大変になる3年後の大学入試のためにも、今からしっかりと勉強しておかなければなりません。

合格したからと言って気を緩めている暇はないのです。

幸いにして多くの生徒が高等部で継続して勉強してくれることになっています。

引き続き、未来のために厳しく指導させて頂きます。

残るは大学入試でまだ合格が決まっていない受験生、後期でいくつか出願し、今週も入試が続きます。

県外の公立高校入試も来週に迫ってきました。

まだまだ休むことはできませんが、必死に頑張る塾生たちのために、教室は最大限のバックアップをしていきます。

多くの保護者様が、合格した生徒とともに教室に来て下さり、今までの思い出などを話して下さったのですが、申し訳ありません、第一志望に合格できなかった生徒を思い、今日のブログでそれらの話は控えさせて頂きます。

わざわざ教室にお越し下さりありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県立高校合格発表日

いつもありがとうございます。塾長です。

本日は、神奈川県立高校入試の合格発表です。

受験生の皆さんは試験から約2週間、色々な思いが交錯する毎日だったでしょう。

どれだけ頑張ったかは自分自身が一番よく知っているのですから、自信をもって結果を確認しに行って下さい。

まだ県外公立高校と大学後期入試が残っていますが、今日は中3生優先で応対したいと思います。

他学年の方も他人事とは言わず、中1・2年生は来年・再来年の自分を想像し、高校生は中3生だった合格発表日の気持ちを思い出して、何かを感じて下さい。

昨日は元講師と受験の終わった高3生が来たので授業後に中3生当時の話しをし、年月の流れとともに、皆の成長を感じました。

良い結果でも、万が一悪い結果であっても、全てを糧として成長し、この先輩たちのように教室で思い出として語れるようになることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AO・公募推薦対策 新年度受講生募集について

今日もありがとうございます。塾長です。

AO入試・公募推薦入試対策講座 受講生募集のご案内です。

例年、塾生と卒業生を優先的に受け付け、多くても6人くらいまでで集団講義をし、その後の個人指導へと繋げますが、集団講義で基礎的な内容を学習した人でなければ個人指導はできません。

ですから集団講義からご参加下さい。

新年度の塾生は、一般入試でカリキュラムを組んでいる生徒が多く、AO入試対策は現在、国公立1名・私立1名、合わせて2名です。

4月から講義を始めるので、3月中旬には締め切るつもりです。

今年度も課題達成型・プレゼンテーション型で100%の合格でしたが、倍率(例年の参考値も含む)をみると、AO入試がそう簡単に合格できるものではないことがわかります。

桜美林大学 ビジネスマネジメント学群(男子) 3.8倍

桜美林大学 健康福祉学群(男子) 2.9倍

相模女子大学学芸学部子ども教育学科(エントリーから出願まで) 2.9倍

東海大学情報理工学部情報科学科 1.1倍

玉川大学観光学部観光学科(今年度未定のため過去倍率) 1.5~2.6倍

今年は倍率的には楽でしたが(例年、5倍から10倍の学科志望者がいるため)、やる気も成績もない生徒たちが多い中で、確実に合格させるために私自身の負担が大きくなっているので、人数制限はしていきます。

特に今年は、文部科学省から、定員に対する入学者数が多すぎると助成金のカットがあるのですがその基準が大幅に厳しくなった(30%から10%)ということで、一般入試では、合格者数を少なく出して、人数を調整しています。

また、国公立大でもAO入試枠を増加させる傾向にあり、今後ますますAO入試を志望する人が増えそうです。

摸試の結果や成績的に一般では無理だと判断した生徒が私を頼ってくるのですが、AO入試を終えた(=合格した)生徒は口をそろえて、「塾長のAO指導はきつかった」と言いますし、入学後を見ていると、一般で合格した生徒より良い成績をとってくれています。

なぜそう言われたり、一般的に「AOや推薦で合格した生徒は学力が低い」と文部科学省が懸念するのに対し、私の生徒が入学後に好成績なのか、さらになぜどんな生徒でも合格させられるのかを深く考えてみると、いくつかわかったことがあります。

まず、一つは、私は若い頃、漫画家の赤塚不二夫先生のもとで色々なことを学んでいましたが、その時と同じ気持ちで『作品を創る』クリエイターとしてAO入試に向き合っているということです。

もう少しわかりやすく言うと、私は『AOの生徒は私の作品』だと思って仕上げていきます。

だから素材(生徒)の良し悪しに関係なく、最高の作品(=AO入試でもトップの成績で合格と大学側に認められる人物)を創るという観点で生徒を育てているということになります。

そこでもう一つ大きく関与しているのは、毎年全国で経営者相手に講演をさせて頂いているのですが、その経営者に伝えるレベルの話を個別の生徒の志望学科の内容と融合させて指導していることです。

この2点に関しては、AO職人である私のオリジナルのため、他の予備校では絶対にまねのできないことでしょう。

そのやり方を良しとするかは、個人の価値観によるでしょうが、結果的に何年もずっと、どのような生徒も全員合格させているという数字で見て頂くしかありません。

前述した、各大学の合格者数減により予定が狂い、まだ今年の受験生で合格が出ていない生徒もいて、中期・後期日程まで色々と指示出しをしていますが、そのような中でも新年度の準備は進めなければならないので、本日のお知らせ致しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続くテスト

いつもありがとうございます。塾長です。

神奈川県の公立高校入試が終了しました。

受験生は自己採点で一喜一憂という感じですが、結果が出るまではわかりません。

不安な気持ちもあるでしょうが、各自、来週の卒業遠足を楽しんできて欲しいです。

一つ言えるのは、皆、とても良い経験をしたということ。

こんなに厳しく辛い思いは、合否に関係なく3年後の進路選択の時に生きてきます。

同じ中3生でも、県外の公立高校入試の生徒は3月までお勉強してもらっています。

教室では秦野市内中学校の学年末テスト対策で、1・2年生が頑張っています。

また、大学受験が続く高校生、浪人生たちも奮闘が続いています。

昨日、また一人高3生が、合格の報せに来てくれました。

その同級生と教室で待ち合わせて焼肉を食べに行ったようです。

普段なら私も付き合うのですが、電話や保護者応対でできなかった仕事を授業後にするので、パスしました。

あと数名、発表を待っている人、中期や後期にかけて勉強している人がいますので、その確認を毎日電話やメールでしています。

入試が続くので授業以外は教室に来る高3生は少ないです。

土日は教室で無料補講を行っているので、入試が無ければ顔を出してくれるかもしれません。

新年度のAO入試対策の準備を始めていますが、国公立のAO受験が決まっています。

その他も数名、受け入れるつもりではありますが、とにかく休む間もないので、大学に合格した生徒たちに準備を手伝ってもらおうと思っています。

持つべきは、私たちがきちんと鍛えた卒業生、それも、辛く厳しい経験をした子たちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧