カテゴリー「テスト」の記事

準備

いつもありがとうございます。塾長です。

大根中の中間テストが終了し、来週の鶴巻・南・南が丘中の対策を行っています。

高校も、当校に通う生徒14高校のうち13校は、来週末までがテスト期間のため、引き続き自習室は混雑しています。

その翌週からは、金目中・土沢中の順で平塚市のテストがあるので、結局ずっとテスト対策期間が続きます。

そこでしばらくの間、無料体験授業は、保護者面談と切り離して行っておりますのでご了承下さい。

一昨日お申込み下さった方にも、面談が同時にできない旨をお伝えしたのですが、その話をしている目の前の自習室が満席なので、それを見て納得して下さいました。

テスト期間ということで卒業した生徒(高1生)たちも、続々と顔を出してくれるのは嬉しいのですが、話好きの私としては久しぶりに会うとつい近況を聞きたくなり、勉強の邪魔にならないように堪えています。

それにしても高校の制服を着ると、たった2か月で随分と成長したように見えるのは、思い入れもあるからでしょうか(3か月前まで叱咤>激励しまくっていましたからね)。

とにかく高1生には、「最初の成績から評定を高く」を中学生の時からしつこく教え込んだのが効いているようです。

今週末に行うAO入試対策講義の準備も併行していますが、第4回ではいよいよ、経営者向けセミナーで話している内容を高校生(大学受験)用にアレンジして話すことにします。

集団授業のため、課題を出してその答案で理解度を確認してはいますが、できるだけ個人指導に入る6月中旬までに、考え方の基礎をマスターしてもらいたいと思います。

いつもそうですが、セミナーや講演・講義の資料を作成することは、自分にとっても学びが多く、まさに私自身が、「教えるほどに強くなる」という感じで、準備をしている時にそれを強く感じます。

ですから私は常に、準備がどれほど大切かを受験生に教えています。

ビジネスでも受験でも、試合に勝つというより、試合開始の瞬間に勝負を決める(勝つ)ためにどうするかを考えているのです。

一般入試は試合(テスト)開始の瞬間に勝負が決まることはなくても、準備を怠らなかった人が勝つことは明白です。

特にAO入試は、課題が発表されてから入試日まで一定の期間があるので、どれだけ準備をしたかが勝敗を決めると言っても過言ではありません。

その準備を、4月から既に各受験生に進めてもらっていますが、今回の講義では少し難しいけれど、ワンランクアップするために、理解してもらいます。

ちなみに講義の素材は、東京大学教養学部長が数年前の学部卒業式で語った、批判精神に関する素晴らしい演説がメインです。

50年前の東大総長の話を現代に蘇らせるために、しっかりと準備をしていきます。

中学生のテスト勉強も、「テストに対する準備」とも言えますので、しっかり準備をして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年度初のテスト対策期間

今日もありがとうございます。塾長です。

ゴールデンウィークも終わり、いよいよ新年度初のテスト期間となりました。

早い中学校で来週、遅くても再来週にはテストです。

その前後に、各中学校の修学旅行があります。

早い中学校では本日出発しました。

さて中学校1年生は最初の定期テストになります。

昨日、自習室で勉強している中1生がいましたが、今からやる気満々という感じで、先が楽しみです。

基本的に1年生の最初のテストは簡単で、教科に関わらず平均点がかなり高くなることが多いです。

そこで安心しないよう、返却されたテストの解析をし、自身で問題点を考えてもらいます。

学習塾ではこのテストの後が、中1生の入塾ラッシュとなりますが、1学期末まで様子を見るご家庭も増えています。

いずれにせよ手遅れにならないうちに、早め早めの対応をお願いしたいと思います。

今年度は高校生の所属が非常に多いので、自習室はテストに関係なく高校生の比率が高いです。

やはり高校生は、危機感を持っている人が多いので、自主的に進めてくれることがありがたいですね。

そういう環境であれば、中学生も自然と勉強するのかといえば、そうはいかないのが常で、中学生をどれだけ学習に意識を向けさせられるかが、教室の課題でしょう。

今週末、来週末と、無料テスト対策補講を行います。

普段の学習が足りていない方はぜひご参加下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単なこと

今日もありがとうございます。塾長です。

冬期講習11日目。

中盤に突入です。

中3生には12月の模試結果を返却しています。

返却時の個人面談では、全員に同じ話をしています。

それは、誰もが簡単な努力で確実に合格できる方法であり、その話を聞いた塾生たちも常に納得してくれます。

しかしその話は、5月の模試返却時から何度もしているにも関わらず、実行できているとは言えません。

必ずA判定が出るのに。。。

冬期講習中もそのことに注意をして下さい。

公立高校入試まであと2か月弱しかありませんが、そのことを実行するだけで、全員第一志望校に合格できます。

中2生には、これからの受験生の過ごし方を見ておいて欲しいです。

昨年も、1年後にはこのように大変になるのだから、今から準備しておいたほうがいいよと話しておきました。

意識していたかどうかで今が違ってきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中3生テスト期間

いつもありがとうございます。塾長です。

今週から中3生のテスト週間です。

今回のテスト結果をもって、入試に使用する3年次の成績が確定することになりますので

皆必死です(と信じています)。

先週、所属する私塾協同組合のメンバー12名で、秦野高校の神戸校長と会談してきました。

当校が最も秦野高校に「距離的に」近いので幹事を任されましたが、その記事をまだアップすることができません。

神戸先生には組合系列のブログで今回の件を報告するとお伝えしながら大変申し訳なく思います。

ではこの後書けばというわけにもいかず、その秦野高校などを目指す生徒たちのためのテスト対策を優先します。

近日中には、秦野高校についての、学校説明会では聞けない話をアップしようと思いますのでよろしくお願いします。

まずは直近のテストから頑張りましょう。

入試が近づくと私の小言が増えるのですが、昨日も中学受験の小学生2人にお説教をしてしまいました。

私としましては、小学生だろうが中学生、高校生いや、社会人であろうが、やらなければならないことをきちんとしないのは許せません。

ましてやそれに言い訳をするなど、年齢に関係なくあってはならないことで、そういうことをきちんとするために当校に通ってもらっているにも関わらず、未だにわからない人が多いので、言いたくないけど毎日言ってます。

今後入試が終わるまではずっとこれが続くと思うと、憂鬱なのは生徒ではなく私です。

もちろん、きちんと目標に向かっている生徒たちもいますが、どちらかというと、ダメな生徒のほうが目立つので、ほめるより叱ることが増えます。

皆わかっていないですね。

ブログを書く間も惜しんで色々と行っているのに、早く気づいてほしいです。

とにかく、内申確定前のテスト、しっかりと受けて下さい。

あと、私に言い訳するだけ無駄なので、言い訳しないような結果や行動をして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入試と模試と運動会

いつもありがとうございます。塾長です。

先週末は大学のAO入試と中3生の模試がありました。

教室から子どもの運動会に向かうと、模試を受けている塾生の保護者さんに学校で会いました。

つい8月模試の結果と進路についての話をしていて、危うくゴミ拾いの時間に遅刻するところでした。

子どもの走ったり踊る姿を見て、私がずっと教室にいても成長しているのだと、しみじみ思ったひと時でした。

幼稚園時の担任の先生が2人、運動会の応援に来てくれたのですが、そこでまた偶然の再会がありました。

幼稚園の担任と、今の学級担任が同じ中学校の先輩と後輩だったのです。

それも当校に多く生徒が通う中学校でした。

学生時代に当校で講師をしていた先生も、立派な先生として児童たちを仕切っていました。

本日、秦野市と伊勢原市の中学校定期テストが終了し、これで中学生のテストは一段落です。

しかし高校生のテストがこれからなので、結局休まる暇は無いということです。

最近高校生の進路相談が多いのですが、自分の納得した進路先を選んで欲しいと思います。

中3生の志望校もそうなのですが、進学先では必ず良いことばかりでなく、悪いこともあります。

これは間違いないです。

人生とはそういうものです。

良い時はいいのですが、悪い時に、自分が納得して入った高校や大学でない場合、自分を責めずに他人(特に勧めた人)のせいにすることがあります。

そうならないように、どのような進路でも、最後は納得して進んでもらいたいですし、そこに進学するために最大限の努力をするべきだと考えます。

中3も高3も、見ている限り、まだまだ甘いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト期間中

今日もありがとうございます。塾長です。

秦野市と伊勢原市中学校のテスト期間です。

連日自習室が混雑していますが、端っこでAO入試二次対策の仕上げをしています。

自習の生徒には申し訳ないのですが、狭い教室ですので、プレゼンテーションの練習と私の叱咤が入り混じってしまっています。

週末には中3生の模試もあり、これから受験生にはずっとテストが続くような日程です。

8月末に行った模試の返却も行っています。

5科または3科で偏差値の上昇した生徒の割合は、例年通り80%を超え、中3生は95%以上でした。

夏期講習の成果が出て一安心ですが、偏差値が変わらない、下がった生徒も、どの問題が不正解だったかを理解し、次に何をしなければいけないかを考えられれば問題なく、そのように中3生には面談で話しています。

週末に向けて、すべきことが多すぎますが、高3生に対し、自分の行動に優先順位をつけて時間を削ってでも、優先度の高いことをするように厳しく話しているので、私が率先してそれを行っています。

この時期になればもう、来年の受験シーズン終了までノンストップです。

まずは残りの高倍率を含むAO入試を完璧に制していくつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体調管理をしよう

今日もありがとうございます。塾長です。

平塚市中学校の中間テスト、秦野市中学校の期末テスト期間ですが、気候の変化が関係しているのでしょうか、体調不良による欠席が増えています。

具合が悪い時は無理をしないよう、また、受験シーズンになって体調管理ができるように今から日常生活のリズムの見直しをしておきましょう。

5月の模試返却は終了しました。

中3生にはテスト直しの課題を出していますが、その意味を理解していれば、解き直すことも苦にならないでしょう。

また、現在E判定、D判定の第一志望校に合格するために、夏休みに何をしなければならないのか個別に伝えたので、真摯に取り組んで欲しいと願います。

昨日、塾生以外の方からAO入試の相談を受けました。

今週から来週にかけて、各大学で課題が発表されるようです。

当校では、今年度の高3生の入塾は締め切りました。

AO入試については、志望校の難易度と受験生の学力の乖離や倍率などは一切気にしませんが、私の指導についてこられるかどうかを確認させて頂き、受け入れるかを判断します。

受験生の自覚ができたらまずは体調管理と生活習慣の見直しをしましょう。

と言っている私も無理がたたって調子が出ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テストの合間に模試返却

いつもありがとうございます。塾長です。

秦野市と伊勢原市中学校のテスト期間は終了しましたが、続いて平塚市の中学校テスト対策期間が始まりました。

その合間を縫って、来週から5月度全国模試の結果を返却します。

学校のテストで点数が良くて浮かれていても、模試で現実を知るという生徒が結構います。

これから夏休みの学習計画を立てるにあたり、客観的に数値を見て判断することが大切ですので、この結果は結果で、かなり大きな意味を持っています。

テスト後には体験授業の申し込みが増えますが、今年は戦力を増強して、なるべくご希望に沿えるよう対応していくつもりです。

今年度は例年に増して講演などの仕事が増え、その準備に追われ既に疲弊しています。

そのような中、先週、大学4年生の卒業生が顔を出してくれました。

実情は、就職活動について色々と悩んでいてその相談だったのですが、それでも、私や元担任の先生の話を聞いて考えが変わったらしく、明るい顔で帰っていきました。

何年経っても、卒業生にとって救いの場でありたいと願うと同時に、私も、卒業生の顔を見ると疲れが吹きとぶことを実感し、救われているのは自分の方だと思いました。

別の日に大学2年になる卒業生からメールが来て、バイトの帰りに寄るというような内容でした。

おそらく恋愛相談だと思いますが、どんな相談でも、卒業生が来てくれることに感謝します。

その卒業生も中3の時は、模試の結果でかなり私に言われていた記憶があります。

どんなに厳しくしても受験が終われば皆、笑って教室に来てくれることを考えれば、この方針はずっと続けていくべきなのでしょう。

まあ、変えろと言われても変えられませんけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次は1・2年生のテスト

今日もありがとうございます。塾長です。

公立高校入試は今日で全て終了、あとは神奈川県の恒例である、発表までの長い日数=29日の発表を待つのみです。

全てが終わり、気が抜けたりホッとしたり、昨日までとは全く違う雰囲気の受験生に対し、その他の学年は定期テストの真っ最中。

中2生には、とにかく「今の先輩の姿が1年後の自分だからよく見ておきなさい」と話をしています。

そして、今から入試に備え、テスト勉強の方法も変えさせています。

今年は学力もそうですが、意識や意欲について心配する受験生も多く、入試が終わったと言っても発表まで苦しい日々を過ごさなければなりません。

自習室で勉強する1・2年生に混じって、1人だけ3年生が勉強していました。

本人曰く、ずっと勉強をしていたから、入試が終わったからと言って勉強をしていないと不安になるそうです。

入試が終わったその日から学習する姿に、講師たちも感心していました。

これも一つ、受験を通して培ったものなのでしょうか。

近隣中学校の3年生は、ほぼ来週、卒業遠足に行きます。

例年、合格発表前の不安な気持ちのまま、シーやランドを楽しむのですが、そういう気持ちで行くことは少ないので、後々良い思い出にはなるでしょう。

今週は、駅で喝を入れた以外、ずっと内心を隠し、「大丈夫、大丈夫」と生徒を励まし続けてきました。

できることならずっと、穏やかな心境で生徒と接していきたいです。

無理だと思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定期テスト始まる

いつもありがとうございます。塾長です。

本日から近隣地域中学校の定期テストが始まります。

模試で志望校が見えてきた3年生にとっては、ここは踏ん張りどころでしょう。

ただ、今時の神奈川県公立高校入試は、当日の学力検査得点でいくらでも逆転ができるので、内申を稼ぎに行くと言うよりは、真の実力即ち今まで培ってきた、入試での全ての出題範囲を回答できるようにすることが肝要です。

それでも、学校の定期テストで得点できないようでは、模試や入試で好結果は望めません。

ですから、まずはこの定期テストをしっかりとこなして、週末の模試を迎えて欲しいと思います。

そう、うちの中3生は、定期テスト翌日に模試です。

このくらいハードなスケジュールで追い込んでいかないと、鍛えられませんからね。

健闘を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧