カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

誕生日でした

いつもありがとうございます。塾長です。

毎日説教していると疲れますね。

私が指摘することは、決して問題が解けないことなどではなく、これから社会人となるにあたりきちんとしなければならないことなのですが。

そんな私も昨日の誕生日には癒されました。

親友の福嶋さんから

Img_5406
元講師で福島県で塾経営をしている晃大先生から

Img_5409

お花を頂戴しました。

また、中3生が帰り際にサプライズ

Img_5411

メッセージが嬉しくて食べられません。

先日は1月生まれの講師誕生日会で、先生たちにもお祝いしてもらいました。

その時はテーマが餃子対決。

宇都宮と浜松、どちらの餃子がおいしいのか、講師がそれぞれ現地まで買いに行ってくれるという、気合の入った誕生日会となりました。

Img_5404_2
その時の写真はこれしかないのですが、これは多分宇都宮の餃子です。

毎年1月の誕生日会は、殆どが受験の話題なので、楽しむというより話し合いみたいになってしまうのですが、それでも楽しかったです。

指導は辛いですが、こうして人の輪が繋がっていくことが教室の伝統ですし、このチームワークがあるから質の高い教務を提供できると信じています。

お祝いして下さった皆様、ありがとうございました。

ということで厳しい私は続きますが、歳もとったのでこれ以上血圧の上がるようなことの無いよう、受験生の皆様、くれぐれもお願いします。





















| | コメント (0) | トラックバック (0)

大隈先輩の命日

今日もありがとうございます。塾長です。

中学受験の総仕上げに入っています。

インフルエンザの流行が気になりますが、マスクや手洗い、うがいなど予防を万全にお願いします。

教室ではインフルエンザだけでなくノロウィルスにも効果のあるスプレーで消毒を行い、温度と湿度にも気を付けています。

昨日25日は、商店会でいつも利用する居酒屋剣友楽の大将、大隈秀人さんの命日でした。

その7年前は、今講師をしている大学4年生が中3の受験生であり、今と同じように教室が慌しかったのを覚えています。

大隈さんは、鶴巻中の剣道部顧問として、団体女子を全国大会に数度導くほどの熱血指導者でした。

私の大学の先輩でもあり、学習塾の開校前から色々と相談に乗ってもらっていました。

当時大学院生だった私は、開業準備と修士論文制作の傍ら、大隈先輩に頼まれて剣道部員の家庭教師もしていました。

その生徒が塾生そして教室の合格第1号となったわけですが、以降、問題児も優等生も、何人も部員をお預かりしています。

その合格第1号は、大隈先輩と私のコラボ指導で心を入れ替え、現在は自衛隊で日本のために働いています。

年末にも教室に顔を出し、一緒に剣友楽に行きました。

その時に一緒に行った、1学年下の剣道部員も問題児でした。

今だから話せますが、反抗期に加えて、自宅にこもりパソコンでゲームばかりやるからと

「おい鈴木、パソコンを没収しに行くぞ」

と、その生徒の家に乗り込んでいったのには参りました。

私は一応塾長なので気が引けたのですが、大隈先輩は生徒のためにならないと思えばどんなことをしてでも、その生徒を良い方向へと導くことを躊躇しませんでした。

その生徒は父親がいないのですが、今でも、大隈先輩と私の二人が本当の父親だと言ってくれます。

先輩の指導方法は、実際の部員は知っていますがここには書けないような武勇伝と呼べる数々のことがありますが、全ては熱血であり、その心意気(方法ではなく)は、私の中に受け継がれています。

何回も書いている話ですが、私は、生徒指導に行き詰った時、自分にこう問います。

「自分があの世に行った時に、大隈先輩に叱られないようにするには、今どうしたらよいか」

これは、先輩が亡くなった7年前からずっと変わっていません。

土曜日には商店会青年部で、先輩を偲ぶ会があります。

教室の補講と重なりますが、講師たちにお願いして顔を出そうと思います。

毎年ここで振り返ることにより、残りの受験戦争を戦えていると言っても過言ではありません。

先輩、いつも見守ってくれてありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿吽

いつもありがとうございます。塾長です。

年が変わってから入塾に関するお問い合わせが増えてありがたいことです。

現在は、体験授業と入塾面談を分離して行っていますが、昨日も自習している生徒たちから4席借りて面談スペースを確保しました。

面談に来られた保護者様と、窮屈な中で座席を譲ってくれた受験生たち、本当に申し訳ございませんでした。

小さな塾の宿命で、これから受験指導をしながら、合間を縫って卒業していく受験生と同数の新入生受け入れをしなければなりません。

しかし私としましては、今いる受験生が笑顔で中学、高校、大学に入学するための指導に集中したいのが本音です。

毎年のことですが、中1で習う英単語を書けない受験生が結構います。

例えば、入試でよく出る月や曜日など、抜き打ちでテストすると、志望校のレベルに関係なく満点をとる生徒ばかりではありません。

だから入試で出題されるのですけど。

昨日も授業後の会議で、毎年行っている抜き打ちをやろうということになり、そのプリントを作りました。

中3の受験生に対しては、全員に夏休み以降3教科の語句テストを課しているので、効果は出ているのですが、それにしても昨日私がチェックをした生徒や、講師からの報告を聞いていると、まだまだです。

ここに抜き打ちテストをすると書いても大丈夫なのは、それがわかっててもできない内容のテストを作成するからで、果たして何人満点がとれるのか、いや、一人でも満点がとれるのか気になります。

というこの季節、非番の講師が心配して自習室の監督に来てくれたりと例年通りの総力戦となっていますが、昨日はそんな私たちの苦境を知っている親友 が、差し入れをしてくれました。

1701


何も言わずともわかってくれる。

ありがたいことです。

塾生たちには、学力向上により人生の選択肢が増えることも大事だけれど、こういう、何歳になっても阿吽の呼吸でわかってくれる友がいることのほうが、遥かに価値があることも、日々のやり取りの中で教えているつもりです。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰のため

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習は明日で最終日。

約4週間でしたが、長くも感じ、短くも感じました。

中3生は明後日の模試で結果を出すべく、朝から夜まで勉強している人たちもいます。

頑張りが結果に表れて欲しいとは思いますが、必ずしもそうならないのが現実です。

公立高校入試本番まではあと40日ありますが、模試を本番と思って準備することは大事なことです。

常にその時が最も重要な時だと考えて取り組むべきです。

私も生徒に対し小言いや叱咤が増えてきましたが、それだけ本気なので、しっかりと言葉をかみしめて下さい。

頑張っている生徒もいますが、見ていて、まだ足りないと思うことが多いです。

また、表面上でわかったふりをしても、私を含め講師たちからしつこく確認されるので、適当なことはしないで欲しいと切に願います。

結局、つけた力は将来自分の糧になるし、いい加減に行えば、それも将来自分に返ってきます。

繰り返しその話はしています。

かつて東進の林先生が「いつやるの。今でしょ」と言いましたが、私は生徒に厳しく言った後に、必ず生徒に問います。

「誰のため」と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中3生模試日

いつもありがとうございます。塾長です。

本日は中3生の模試です。

中3生は、この模試の後、1月の模試で最終結果を出すための講習に突入します。

まだ一部の中学校及び高校のテスト期間中のため、自習室は該当する生徒に開放します。

中3生には強制的に語句テストを課していますが、ただこなすだけではなく、模試など実戦にきちんと生かして欲しいです。

週明けからは受験生以外の保護者面談、その週末から4週間、冬期講習ですが、今はその日程づくりも並行しています。

各自配布された日程にそって進めて下さい。

ブログの更新が余裕でできるようになるのは、3月以降だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修学旅行のお土産

いつもありがとうございます。塾長です。

本日は午前中にそろばんがあります。

それ以外は夏期講習準備と月末処理で間に合っていない事務仕事をします。

各中学校の生徒から修学旅行土産を頂きました。

もう既にあらかた消費してしまい残っているのはこれだけです。

1606

夏期講習のお問合せありがとうございます。

今予定を組んでいて殆ど満席になりそうですが、ご希望に添えるように善処します。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島モナムール16

今日もありがとうございます。塾長です。

先週末は依頼のあった講演のため広島にいました。

ちょうどオバマ大統領が、現職の米大統領として初めて広島の地を訪れた日で、感慨もひとしおでした。

Img_9730_r

号外が配られていたので記念にもらったのですが、良く見ると朝日新聞でした。

おそらく他の都市でも同じ号外が配布されていたと思います。

Img_8947


教室近隣の中3生は6月、修学旅行で京都・奈良・大阪・広島などへ行きます。

広島へ行った生徒たちが何を思うのか、教科書やインターネットの情報だけでは伝わらないものを感じ取って欲しいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

若干名受け入れます

今日もありがとうございます。塾長です。

ゴールデンウィーク中もすべきことが山積みで、なかなか十分な休養がとれませんでした。

ブログの更新も久しぶりとなってしまいました。

既に大根中の中間テストは2日後に迫っています。

鶴巻、東、南ヶ丘、山王などその他の中学校は来週と、教室はテスト対策週間です。

それが終わると、金目や土沢といった平塚の中学と、各高校のテストで、息つく暇もありません。

講師不足で困っていますが、エースが1人復活しまして、少し余裕が出ました。

入塾待ちと新規の方数名を受け入れる予定です。

ご希望の方はお早めにご連絡下さい。

但しテスト期間中は自習室を有効に使用したいため、体験授業と保護者面談を別の時間帯に設定させて頂きます。

定員になりましたら申し訳ありませんが、次の機会をお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出す5年前

今日もありがとうございます。塾長です。

熊本及び九州地方で起きた震災は、未だに余震が続いており、現地の人々の健康が心配です。

東海大学阿蘇キャンパスの学生も犠牲になりました。

前途ある若者を含め多くの被害が出たことは悲しいことです。

これ以上被害が広がらないよう祈るばかりです。

5年前の東日本大震災の時、余震や計画停電が続く中での授業をしていました。

東海大学駅前校では現在平常を取り戻していますが、原町校は福島第一原発から直線で23kmの場所にあり、今も晃大先生の指導の下、子どもたちが放射能汚染の恐怖と隣り合わせで勉強しています。

そこから考える事それは、稼働している川内原発のことです。

活断層が続いている近くで、余震の震源が段々と南下しており、川内原発に近づいているようにも思えます。

有事の住民移動手段として新幹線があったそうですが、ニュースの通り不通で、復旧には時間がかかりそうです。

また、高速道路も寸断されては、何かあった場合に住民の逃げ場がありません。

原発の有無を裁判所で争う前に一時停止させたほうが良いと思うのは私だけでしょうか。

5年前も「想定外」で起こりました。

今回もどのような「想定外」があるかわかりません。

あまり書くと、5年前の嫌な記憶が蘇るのでこの辺にしておきます。

塾生たちには、明るい未来の日本で活躍して欲しいと、私はできることを粛々と行っていきます。

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災者の方々が一日も早く安穏な日常を取り戻せますよう心からお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春期講習5日目

今日もありがとうございます。塾長です。

春期講習5日目です。

面談も続いています。

4月から受験生となる学年は三者面談。

当然のことですが、現在の成績相応のレベルを第一志望としている生徒はいません。

大体、二段階から三段階上位校を志望しています。

チャレンジャーしかいない塾なので驚きませんが、高校入試の問題を見せて、10か月後には学校の定期テストとほぼ同じ時間でこの問題を解ききるようにならないといけないと、通告しました。

ボリュームの多い英語の問題などは、生ぬるい考えを持っている生徒たちに見せるにはちょうどよいです。

それにしても新年度は志望校のレベルが高い。

旧年度は、志望校より意識の低さに苦労しましたが、歳を重ねるごとに教室のしかかる期待に押しつぶされそうです。

面談ではかなり厳しい事しか言いませんが、保護者さんたちは納得してくれています(一部を除き)。

納得してくれなくても、きちんとした高校生として送り出したいので、手を緩めるつもりもありません。

綺麗な言葉だけ並べるのは苦手です。

表面ではなく、内面でどれだけ生徒たちに響かせるか、それしか考えていません。

制度改革により大学入試時に浪人ができない(しにくい)学年です。

それも踏まえて高校受験を考えていかなければなりませんが、制度が変わろうと、しっかりと取り組んでいる人が結果を出すものです。

残りの面談でも同じ話をしますが、受験シーズンの「怖い塾長」を見ていた生徒たちは、きっと静かに話を聞いてくれるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧