カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

秦野高校訪問 神戸校長のお話

今日もありがとうございます。塾長です。

Img_5802
私の所属する、神奈川県私塾協同組合の事業としての高校訪問、今回は秦野高校にお伺いしました。

秦野高校は民間学習塾との交流に寛容で、先代の時乗校長先生から現在の神戸校長先生まで、もう6年連続でのおつきあいです。

神戸先生は4年目ですが、相変わらず熱い方でした。

ここでは書けない重要な話以外で、いくつか秦野高校の取り組みと私が感じたことを書き、ぜひ高校選びの参考にして頂ければと思います。

小野寺副校長(秦野高校出身)から、学校側のイチオシとして、ぜひICT利活用研究推進校(全国で3つしかない)として生徒たちが生き生きと授業を受けていることを伝えてくださいとのことでしたので、その部分について。

Img_5803
昨年度から始まったこの制度ですが、県や民間企業からの協力で、立派なICT教室が出来上がりました。

昨年はこの部屋も見せて頂いたのですが、その写真を秦野高校出身の講師たちに見せたら、あまりの変わりように驚いていました。

上の写真の右上がその教室です(写真は学校より許可を頂いて掲載。パンフレットをお持ちの方は8ページをご覧下さい)。

タブレットPCを88台所持し、それを利用した研究授業を各教科で行っています。

また、校内どこからでもウェブ接続可能な高速ワイヤレス・アクセスポイントも設置されています。

これにより授業内で生徒同士が教えあったり、授業も視覚的に深く理解しあう環境となり、これからの社会で役立つスキルを、他の県立高校より早く大きく育てることができるのでしょう。

次は、私のイチオシです。

『高校時代に確実に海外研修に行きたいなら秦野高校に行け!』

これです。

他の高校でも(海外修学旅行を除き)海外研修がある学校もありますが、必ずしも全員行けるとは限りません。

希望者の中から選考に受かった人だけということが実際にあります。

私はその選考のための小論文についてアドバイスしているので、それを考えると確実に行けるほうが良いでしょう。

これも、何度も校長先生に「本当に希望者全員行けるのですか」と確認したのですが、「行きたい人は全員行ってもらう。約束しているから守ります」とのことでした。

平成26年に姉妹校となったオーストラリアのカジョリーナ・シニアカレッジとの交換留学という形で、先方の生徒も日本に招き、その1か月後に研修旅行に行くという形です。

これについて、同行した他塾の先生が、「実際に行った生徒がとても満足していた」と話していたので、昨日授業だった秦野高校の生徒に聞いたところ、その生徒はいかなかったけれど、仲の良い生徒は行き、やはりとても良い経験になったと話していたそうです。

この事業は新1年生も参加できるので、来年夏にオーストラリアに行きたい中3生、そういう経験もできる高校ということでご一考下さい。

3つ目、昨年が創立90周年でイベントがあったのですが、そこで卒業生も含め盛り上がり、既に2026年の創立100周年記念事業に向けて事務局を立ち上げたそうです。

神戸校長がその事務局長になったので、例え校長が変わっても神戸先生は頑張ってくれるそうです。

その他入試への取り組みなどは学校説明会やパンフレットに掲載しているので、ご希望の方は秦野高校へお問い合わせください。

当校にも配布用のパンフレットを設置しておきますので、是非ご覧ください。

長くなるのでまとめますが、神戸校長がこの4年間で行ったことを一言で表すと『仕組みづくり』です。

校長も仰っていましたが、生徒が楽しんで自分から動くようにならないと、本当の成長にはならない。しかしそのためにはまず教員が楽しんでさらに自分たちがやりたいようなアイデアを出し合い実行できる環境が必要で、その仕組みができれば、あとはどんどん動いていく。ということです。

ですから今は、若い先生たちを中心に、新しいこと、生徒や先生、地域のためになることを色々と考えられる体制になってきたとのこと。

これからの秦野高校も楽しみです。

当校は場所柄、講師をはじめ商店会の人々や生徒の保護者に秦野高校卒業生が多く、最も秦野高校を推しているのですが、どうしても高校は進学率や設備、利便性などで比較されることが多く、同じくらいの偏差値の高校より人気が出ないのが残念です。

人気が出ると倍率も高くなるので学習塾としては複雑ですが、それでも地元愛を優先に、秦野高校を応援していきたいと考えています。

ちなみにチアリーディング部は2017年全国選手権第1位です。

草創130年、創立90年の歴史ある文武両道校に、自分の人生のうち3年間を預けてみませんか。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演してきました

いつもありがとうございます。塾長です。

週末に京都で講演をしてきました。

学習塾の経営者が50名くらい集まったのですが、立ち見になるほど盛況で、共演した学びエイドの野田先生も、これだけ熱心な経営者が集まる会は見たことがないと話していたほどです。

年に数回講演をしていますが、参加して下さった方々が真剣にメモをとる姿を見ると、少しでもお役に立てればと話に力が入ります。

元講師で独立して福島の校舎を経営している晃大先生も駆けつけてくれました。

激務の疲れか体調が悪そうでしたが、頭痛薬を飲みながら私の講演のサポートをしてくれ、助かりました。

私の講演内容は主に、高校生と大学受験に関する話でしたが、野田先生は予備校講師だけあって、大学受験や予備校の内情に関する情報はかなり貴重なもので、とても参考になりました。

戻って早速、中3生の定期テストがスタートです。

このテストで3年次の成績が確定するため、どの生徒も必死になっていると信じています。

昨年度に比べると自習室の利用が少ないような気もしますが、高校生が自習しているため中学生としては使いにくいのでしょうか。

もう少しスペースが広ければ、中学生と高校生を分けられるのですが、受験生がそのようなことを気にしていてはだめで、むしろ高校生が来る前に座席を確保するくらいの気持ちで来てほしいと思います。

例年、中2生には、これから入試までの3年生の奮闘ぶりを見てもらい、自分たちの受験に繋げてもらっていますが、私もAO入試も残り少ないので、一般受験の高校生と中3生への叱咤激励の比率を増やしていきます。

是非それを見ながら1年後を想像して、次の定期テストに向けて頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦難の一次通過

いつもありがとうございます。塾長です。

今週末は、小・中・高校生の摸試があります。

10月から11月の摸試の結果により冬期講習の組み立てが変わってきますので、塾生にとっても教室にとっても重要な摸試です。

何事も準備が大切、摸試の準備は勉強ですので、各自しっかり取り組んでもらいます。

その前に中3生には全県摸試の結果を返却しますが、結果が良くても悪くても現実を直視し、次に何をするかを冷静に考えましょう。

返却は私との個人面談となりますが、まだAO入試の指導が続いているので、合間を利用しての返却となります。

そのAO入試ですが、心配していたある生徒が一次合格の連絡をくれました。

自習室で私がその生徒に指導している姿を見た講師及び生徒は、一体塾長は何をやっているのかと思ったことでしょうが、一言でいうと「合格を勝ち取る指導」をしていただけです。

私にとって受験生のプレゼンテーションは自身の作品でもありますから、最高の作品のためにも、なりふり構ってはいられません。

赤塚不二夫先生から学んだエンターテイメントは、AO入試のプレゼンテーションにとても役立っています。

授業中に電話もとれないくらいタイトなスケジュールですが、全ては塾生の将来のためですから、ぶれない軸を持って引き続き指導を続けていきます。

同じくらいの情熱で受験生には勉強して頂きたくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月になりました

いつもありがとうございます。塾長です。

新学期が始まりましたが、すぐにテスト対策です。

まずは2学期制の中学校と高校の期末テストが中旬から、下旬から10月初旬にかけて3学期制の学校の中間テストです。

高校では文化祭も行われておりますが、AO入試の出願期限とも重なっており、該当する生徒たちは大変そうです。

自習室も、昨年ほど中3生はいませんが、小テストの期限の月末ごとに受けに来る生徒が増えるという新しい現象が起こっています。

私も毎日授業で声が嗄れそうですが、手を緩められない性格なので仕方ありません。

ということで各々の目標に向けて今月も頑張っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先を見据えて

いつもありがとうございます。塾長です。

平塚市内の中学校テスト期間です。

その1週間後からは秦野市内の中学校期末テスト、夏休みに向けてテストは続きます。

先日また大手予備校が校舎を減らすというニュースがありましたが、高校生の大学受験はもう、地元の学習塾で十分に対策できるので、これも時代の流れだと感じています。

当校でも高校生の在籍者は増えており、それに対応したいくつかのシステムを導入しつつあります。

中学生への指導の基本が「将来を見据えて今を生きろ」ですから、その将来へ向けて高校生になってもきちんとフォローしていくのは当然のことです。

先日、AO入試対策の集団講義で受講生たちに伝えたこともそれを踏まえてですが、

「大学に行くと、学費だけで4年間で500万から1000万円かかる。これを買い物に例えると、高級自動車が1台買えるほどの買い物だ。君たちは自分の人生のうち4年間という時間と、高級自動車1台分のお金を払うのに、その先の将来をきちんと考えて大学(学科)を選んでいるのか。衝動買いですむ話ではない」

というようなことです。

とにかく中学生でも高校生でも毎日暮らしていれば、部活に勉強に大変だとは思いますが、その行動・選択の一つ一つに将来を見据え、後悔しないように生きて欲しいと願います。

そのようなことを生徒たちには常に話しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想いと繋がり

今日もありがとうございます。塾長です。

秦野市内の中学校では中間テストが終わりました。

テストが終わると入塾のお問い合わせが増えるというパターンが多いのですが、中3生に関していうと、今週は修学旅行が重なっており、勉強よりそちらが大切のようです。

一生に一度の中学生としての修学旅行ですから、しっかりと”修学”してきて欲しいと思います。

教室では開校10周年記念の印刷物を作成しているのですが、元講師が2人、そのために休日にわざわざ教室に来てくれました。

そこで渡された寄稿文を読んで、日ごろの辛さが吹き飛びました。

2人とも5年間勤務してくれた優秀な先生方で、当校の生徒の成長や合格に大きく貢献してくれたので、私としては助けてもらってばかりだと思っていたのですが、当校での勤務が非常に良い経験として、社会人になった今も生きているということでした。

この仕事を続けていると、私たちの思うように結果が出ないこともあります。

それはどの仕事でも同じでしょうけれど、思い入れという点で、講師や私はかなり生徒に情熱を注いでいることは間違いありません。

ですから結果を出せなかった時には、表面上では平静を装っていても、心情的にはかなりダメージがあります。

しかしどのような結果でも、それが後の生徒や講師の人生のプラスになるのであれば、結果的にはここで学習塾を続けてきて良かったと、後から思うことも多いです。

その続ける原動力が、各講師や生徒の想いを感じることだと、こういう機会に講師の寄せてくれたものを読み、改めて実感しました。

5年前まで主任講師だった先生も昨日、休日だからと教室に顔を出してくれました。

そういう繋がりで続いているのが、当校の特徴でしょうか。

さて、週末の漢字検定、AO入試対策講義を過ぎると、今度は平塚市の中学校中間テストです。

体験授業に来た生徒の保護者さんには、実績だけでなくその想いや繋がりを感じてもらえればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の合格発表

いつもありがとうございます。塾長です。

表面上は平静を装っていますが、高校入試の結果を引きずっています。

前回、公立高校入試発表日に、結果を受け慌てて、エールを送るブログを書きましたが、生徒たちと話すと、ダメだったショックからは立ち直って、新しい高校生活について講師たちと話しているのを授業中に耳にするようになったのが救いです。

開校以来10回、内申不足のチャレンジャーたちをメインに公立高校入試に送り出していますが、全員合格できたのはそのうち4回のみで、それ以外の5回は、各1人は残念な結果で、昨年が過去最多の2名不合格でした。

しかし今年はそれより人数が多く、心の中で大丈夫だと思っていた生徒がダメだったこともあり、例え「積み重ねた経験が大事」とわかっていても、辛いものがあります。

もちろん、スタッフと確認しましたが、過去最大のバックアップ体制で臨んでいたのは事実ですし、それは受験生が一番感じていると思います。

講師たちは全力で取り組んでくれましたし、教務や管理に関して悔いはありません。

しかし、結果を出さなければいけない世界で、涙をのんだ受験生が数名いたことが、心に引っ掛かって離れないのです。

生徒には途中の過程を大事にしろと言いますが、教室を知らない人から見れば、結果しか判断基準が無いので、私は塾のトップとして結果を出さなければならないのです。

それでも信頼して通ってくれている生徒たちのために新年度や春期講習の準備を進めています。

また、残念だった受験生に対し、今後の高校生活をどうするかをよく話し合いました。

そのような中、一番最後に残った一般受験生の合格発表が昨日ありました。

当校の卒業生ですが、国公立大学の一般受験をするのに戻ってきた昨年の夏休み時点ではボロボロの状態でした。

それを高校受験の時に指導していた講師が中心となってフォローし、苦手な英単語を授業後に居残りで口頭試問したりと、根気強く支え、センター試験で全教科平均82%の得点率、その結果、前期日程で神奈川県立保健福祉大学看護学科に合格しました。

ちょうど発表日の昨日は、その生徒の卒業式でした。

最後にその報せを受けて少し救われましたが、悔しい思いをした受験生に対しては、今回のことを糧にし3年後に羽ばたいてもらいたいと、ボロボロの身体に鞭打ってバックアップしていきます。

公立高校合格者

厚木高校 1名

平塚江南高校 1名

海老名高校 1名

秦野高校 3名

弥栄高校 1名

伊志田高校 3名

荏田高校 1名

厚木北高校 1名

伊勢原高校 1名

合格おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

将来に向けて

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日の公立高校合格発表では、全員合格とはいきませんでした。

D判定から逆転合格をした生徒が5人いましたが、そうでない生徒もいたわけで、とても複雑な気分です。

同じ高校を受験したある二人の受験生の得点を見ると、あとたった3問くらいで明暗が分かれていました。

残念ながら、入試というのはそういうものです。

私も悲しくなりますが、どれだけ頑張ったか、勉強したかではなく、出てきた数字で結果が決まってしまう大人の社会を、人生で最初に味わうのが入試でしょう。

不合格だった生徒は、初めての試練で転んだ気持ちになり落ち込んでいると思います。

しかし、いつも話していたように、これが人生のゴールではなく、ただの通過点に過ぎないということを、再度思い出して下さい。

大人に向かうにつれ、もっと辛い、越えられないような壁がいくつも出てきます。

人それぞれ人生のストーリーが違えども、何かしらの壁や障害があることはほぼ共通しているでしょう。

今、あなたが転んだのは、その先でもっと大変なことがあっても耐えられるように、転んでもけがをしないように、その練習です。

私は高校も大学も第一志望はおろか、第三志望にも合格できませんでした。

それどころか、最初に入学した高校は中退しています。

ではそんな私が経営している塾はダメなのでしょうか。

私はダメな人間なのでしょうか。

自分ではダメ人間だと思っていますが、ありがたいことに宣伝や集客をしなくても、当校の生徒に対する取り組みを知っている方々やその方々からの紹介のおかげで運営できています。

今振り返ってみると、もし最初に入学した立教(現在の立教新座)高校から立教大学へ進んでいたら、絶対にこのような多くの人々に支えて頂ける学習塾はできていないと確信します。

私が最初に師と仰いだ漫画家の赤塚不二夫先生(故人)に出会う21歳の時までは、ここにも書けないような苦難の連続でした。

傷つき苦しんで、それでももがきながら生きてきたから、どのような生徒の相談でも解決の糸口を見つけることができるようになったのだと考えます。

赤塚先生も中卒ですが、手塚治虫先生に憧れて看板のペンキ職人から上京し、おそ松くんや天才バカボンなどのヒット作を世に送り出しました。

昔ブログにもよく書きましたが、赤塚先生は才能もありましたが、若い時はかなり苦労をされています。

当時一番安かったキャベツだけをずっと食べていた話や、同じトキワ荘に住む石ノ森章太郎先生(仮面ライダーなど)が先に売れていたので、お金のためにその手伝いをしていた話から、売れても稼いだお金を持ち逃げされたりなど、苦労話は数えきれないくらいあります。

けれどもその苦労が、後の作品作りに生かされているのだと、話をしていて伝わってきました。

つまり、挫折や苦しい経験は、それ自体が自分自身を作る糧となるのは、偉人でも一般人でも変わらないということで、大人になってからも失敗はするけれど、自分自身が成長していれば、それに耐えたり、善後策をすぐに見つけられるようになるということです。

もちろん、苦しんでつかんだ栄光にも大きな価値があり、それによって成長もします。

しかし、大事なことは、いかなる事象、経験からでも、その人の考え方によって成長ができるということを知っておいてほしいですし、そういうことを考えられる人間を教室で育てているつもりです。

数日間落ち込んでもいいと思います。

努力した人ほど、その落ち込みは激しいでしょうから、どうぞ思いっきり落ち込んで下さい。

私や講師も、例年以上のケアをしてきたのは明白なので、落ち込むというか、複雑な心境でいるのは同じです。

しかし、先を見て立ち上がっていきましょう。

正直、どこの高校(大学)に行ったかではなく、そこで何を得たかが、その後の人生を大きく変えるのです。

私のように高校に行かなかったことで多くを学び、そして通信制の高校から大学院までやり直し、首席を通したという人間が言っているので間違いありません。

私が生きてこられたのは、周りの人の支えがあったからだと感じているので、家族や友だちだけでなく、他人に対する思いやりのある人間になることのほうが、社会で生きていくために必要だと思います。

これからですよ。

頑張っていきましょう。

合格した人、近くに悔しい思いをしている友だちがいたら、そっと支えてあげて下さい。

大学受験では逆転することが数多くあるので、先を見て生きていきましょう。

結果に関わらず頑張った人たち全て、例年通り卒業後もずっとケアしていきますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不安な合格発表前

今日もありがとうございます。塾長です。

公立高校入試が終了し、今週は中1・2年生の学年末・期末テストと国公立大学前期二次試験が行われます。

自習をしている中2生に、受験生が厳しく指導されているのを見てどう思ったか聞いてみると、あんなに厳しいのは耐えられないと言っていました。

きちんとやることをやっていればそんなに責められないと言っておきましたが、その時になってみないとわかりません。

それでも、自習室で勉強している中2生たちを見ると、少しは何かを感じ取ってくれたかのように勉強していました。

その厳しくされていた中3生たちは、今週各校とも卒業遠足に行きます。

発表を待つ不安な気持ちが2週間も続くのが、神奈川県の受験生の毎年ですが、このような時でも、中学校の仲間たちとの思い出を作ってきて欲しいと願います。

いくら全力を出したと言っても、私も不安なのは毎年のことです。

この仕事をしている限り、この時期は同じ気持ちで過ごすことになるのは仕方のないことでしょう。

それでも時間は経過します。

春期講習や新年度の準備など、結局休む暇などありません。

救いは、我々の気持ちや行動、能力を信じてくれた受験生たちが、まだ合格発表前だというのに、高校生になっても通ってくれると伝えてきてくれたことです。

この受験を一緒に乗り越えて、絆が深まっていくのも例年のことです。

感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日でした

いつもありがとうございます。塾長です。

毎日説教していると疲れますね。

私が指摘することは、決して問題が解けないことなどではなく、これから社会人となるにあたりきちんとしなければならないことなのですが。

そんな私も昨日の誕生日には癒されました。

親友の福嶋さんから

Img_5406
元講師で福島県で塾経営をしている晃大先生から

Img_5409

お花を頂戴しました。

また、中3生が帰り際にサプライズ

Img_5411

メッセージが嬉しくて食べられません。

先日は1月生まれの講師誕生日会で、先生たちにもお祝いしてもらいました。

その時はテーマが餃子対決。

宇都宮と浜松、どちらの餃子がおいしいのか、講師がそれぞれ現地まで買いに行ってくれるという、気合の入った誕生日会となりました。

Img_5404_2
その時の写真はこれしかないのですが、これは多分宇都宮の餃子です。

毎年1月の誕生日会は、殆どが受験の話題なので、楽しむというより話し合いみたいになってしまうのですが、それでも楽しかったです。

指導は辛いですが、こうして人の輪が繋がっていくことが教室の伝統ですし、このチームワークがあるから質の高い教務を提供できると信じています。

お祝いして下さった皆様、ありがとうございました。

ということで厳しい私は続きますが、歳もとったのでこれ以上血圧の上がるようなことの無いよう、受験生の皆様、くれぐれもお願いします。





















| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧