« 玉川大学農学部 AO合格 保護者様の声 | トップページ | 年末年始休校について »

相模女子大学AO出願許可

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習は10日目。

クリスマスイブですが、受験生は特に、きちんと課題を進めましょう。

先週末、今年度最後のAO入試結果が出ました。

相模女子大学の子ども教育学科です。

相模女子大学のAO入試の場合、まず試験・審査を行い、そこで篩にかけられます。

そして出願許可が出た受験生のみが出願→合格となるため、正式な合格ではないのですが、来春からの入学には問題ないと考えています。

連絡をくださった保護者さんが読み上げた通知にも、ある程度そのようなことが書かれていました。

相模女子大学の子ども教育学科は2年連続での合格となりましたが、倍率自体は3倍くらいのはずです。

指導していて感じた、子ども教育学科の最も特徴的なことは、「AO入試を通して受験生を育てる」という姿勢が強く表れていることです。

ここまで「まだ入学していない、するかどうかもわからない生徒」に親切丁寧にアドバイス(殆ど指導の域)してくれる大学を他に知りません。

もちろん、アドバイスを受ける側の姿勢により、そのように捉えられない人もいると思いますが、プロの私としては「先生方の発言が、かなり深い、感心する内容のものばかり」だったことが印象に残ります。

おそらくですが、真剣に入学を検討している受験生ほど、それを感じられると思います。

逆に、「受かったらラッキー」くらいに考えている人は、先生方に対する質問も浅薄なものが多く、回答やアドバイスも、良いものがもらえないでしょう。

これからAO入試を考えている人は、入試を考える前に、しっかりとキャリア設計をし、なぜその大学(学科)で学びたいのかをきちんと考えましょう。

真剣に考えれば考えるほど、大学の先生方も、より良く、深いアドバイスをしてくれるでしょう(これはどの大学でも言えることです)。

尚、今回の出願許可の合格発表自体は2月です。

ところで、この生徒は指導史上最も大変で、あまりにも私の指導の負担が大きかったので、途中から毎回、保護者さんも授業に呼んで、指導し、それを自宅で管理監督してもらったほどです。

自習に来ていた生徒たちがこの3か月、「塾長VS親子の授業」に何度も遭遇したのは、上述の意味があったからです。

それも、合格してしまえばこうして書けますが、指導の途中では全く笑えませんでした。

しかし、入試当日の発表では、審査の先生から「良い内容でした」とお褒めの言葉を頂けるほど、受験生本人は結果的に成長してくれました。

その詳しい話はまた今度にして、とりあえず良い結果がでたことをクリスマスプレゼントとして、次に進みます。

|

« 玉川大学農学部 AO合格 保護者様の声 | トップページ | 年末年始休校について »

塾長の記事」カテゴリの記事

AO入試」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相模女子大学AO出願許可:

« 玉川大学農学部 AO合格 保護者様の声 | トップページ | 年末年始休校について »