« 新年度が始まって | トップページ | GW休校とテスト対策について »

教室近況と模試、テストについて

今日もありがとうございます。塾長です。

久しぶりの更新なので、ブログというよりお知らせのまとめという内容になっています。

週末の土日は、新年度第1回目の全国模試を行います。

結局、各中学校の予定を全部組み込み、前倒しになりました。

ちょうど市内のテニス大会などとぶつかり、日程の調整が必要な生徒が結構多かったことが痛手です。

しかしゴールデンウィーク後には中間テストが始まるので、その対策の時間をとるためにはこの日程で致し方ありません。

また、所属する神奈川県私塾協同組合の読書作文コンクールの応募締め切りも迫っています。

今年は、長野県上田市の上田情報ビジネス専門学校副校長の比田井和孝先生の作品が課題になっています。

文章量としては少し多いですが、昨今の公立高校入試の長文問題を考えれば、このくらいの量はきちんと読みこなせてもらいたいと思います。

来年あたりは私の作品がテーマになるといいですね、小説ですけど。

ところで最近の教室は、部活動に忙しい中学生より、高校生の割合が増え、活気が出てきています。

これは、学年に関係なく、将来を見据えて勉強をすることを徹底していることが功を奏してきた証拠です。

高校受験で終わることなく、大学受験や就職活動、その後のキャリア計画も含めて中学生のうちから指導しているので、結果として将来を考えて今を過ごすという良い方向になっています。

高校生の数が増えると、当校の最も得意とする「学習管理」が生きてきます。

管理さえしっかりしておけば、高校生は勝手に勉強してくれるので、成績を伸ばしやすいです。

また、中学の先輩たちが高校の制服姿で自習しており、後輩の中学生がそこで、生の高校情報を聞けるというのも、当校ならではのこと。

今年は特に、昨年の受験生で意識の高かった生徒たちが、入れ代わり立ち代わり自習や授業に来ているので、後輩へも良い影響を与えてくれることでしょう。

受験が終わると急に優しくなる私に驚く新中3生には、例年のごとく厳しく接することになりますが。

明日も高3生にAO入試対策集団講義を行いますが、中学生時代から洗脳のようにキャリア計画について刷り込まれている人は、よく理解してくれると信じています。

講師の勤務体制が5月には改善され、ちょうど中間テストが終わって塾を探そうという人が増える時期には、受け入れ態勢が整うと信じて授業をしていきます。

新しく受け入れた中学受験の生徒たちも、先輩たちがどのようにして合格したかを聞かされ、ある程度学習のイメージがわいてきたようです。

これもまた、今後の伸びに期待ができそうです。

というわけで、中学受験、高校受験、大学受験とも完全に対応できる体制でバックアップをしていきます。

月末には待望の大型連休、昨年のお盆休み依頼ですが、しっかりと休ませて頂きますよ。

|

« 新年度が始まって | トップページ | GW休校とテスト対策について »

塾長の記事」カテゴリの記事

教室全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/65178368

この記事へのトラックバック一覧です: 教室近況と模試、テストについて:

« 新年度が始まって | トップページ | GW休校とテスト対策について »