« 最後の合格発表 | トップページ | 3年後の予約 »

AO入試は下剋上

今日もありがとうございます。塾長です。

新年度から行う、各大学AO入試の対策授業の準備をしています。

最近高校生やその保護者様に訊かれることが多いのですが、AO入試を勘違いしている方が結構います。

学力がある → 一般受験

評定平均が高い → 指定校推薦

そのどちらでもないが行きたい大学(学科)がある → AO

一般的にはこのように捉えられているようですが、半分正解で半分は間違っています。

確かに、私の所に助けを求めてくる受験生は、「学力が足りない、評定平均も低い。しかし何とかして〇〇大学の△学科に進学したい」と相談してくるので、結果的にそのような人たちを合格させてはいますが、AO入試は逃げの受験ではありません。

自分は将来こういうことがしたい。

そのためには大学でこういうことを学びたい。

そのことを学ぶにあたって最も私を伸ばしてくれる、私にマッチした指導方針や学習環境を与えてくれる可能性が高いのが〇〇大学△学科だ。

だから私はそこを受験したいし、大学側は私を入学させるべきだ。

そこで大学側にそれを判断してもらうために、与えられた課題を提出し、どれだけ私がその学部(学科)にふさわしいか確認して頂きたい。

という感じです。

これらは授業でも話しますが、私の考えでは、「AO入試は最も攻めの入試制度」です。

但し同じ攻めるのでも、私の元には後が無い人しか来ないので、まさに大学入試の下剋上だと私は感じています。

指導をしていて思うのは、一般入試のほうが遥かに楽だということです。

それは私が、「合格を目指しているのではなく、その先の就職活動や、就職してから飛躍できる人間を育てよう」また、「どうせ合格するなら、断トツで高い評価を得て合格するような受験生になってもらう」と考えて指導しているからです。

一般入試ならば、ある一定ラインの問題が解けるようになれば良いのですが、社会人として組織に所属し結果を出す場合、そう簡単に正解が出るわけではありません。

例えば、性能の高い製品を作ったからと言って、発注元の意向に沿ってなければ買ってもらえません。

即ち、元々正解のある一般入試の問題を解けるようになるより、AO入試対策を通して培ってもらう「正解が一つとは限らず、また、人によって正解が変わってしまうような社会の中で、同期やライバル社よりもプラスにとってもらえる人間になる」ほうが、大変であり価値があるということです。

というわけで私は、マニュアルのようなもので指導をすることはありません。

それぞれの受験生の個性をどのように生かし、それを大学側に受け取ってもらうかを考え生徒を指導していきます。

メインは「考え方」です。

練習して上達するような内容は、どこでも行っているので気にしません。

考え方を身につければ、その他が多少劣っていても受からせてきました。

ただ、それが難儀で、夏場に具合が悪くなる原因は殆どそれです。

私が年間4~5回依頼を受ける講演は、殆どが経営者向けのセミナーですが、その内容を受験生用にアレンジしているので、就活どころか、独立起業してからも役には立ちますが、高校生に理解してもらうのは大変です。

新年度は、考え方や最低限できないと私が指導上大変になることがいくつかあるので、共通で重要なことを集団で講義します。

また、いつもより早く始動し、夏に私が苦労しないようにします。

先日、同じ変人仲間の Gゼミナール 小川先生が遊びに来たので、その集団講義を動画に撮影すると言ったら、「各県2名限定で売ったほうがいい。100人聴講生が集まりますよ」とアドバイスをくれたので、考えておきます。

いずれにせよ、AO入試を甘くみてはいけないということと、小手先のテクニックやマニュアルではなく、考え方が大事であるということです。

またそれは、公立中等教育学校の適性検査やグループ活動にも同じことが言えるので、私はその指導にも考え方を重視してしつこく言います。

今日のまとめ

AO入試は大学受験の下剋上、攻めの姿勢が無いと勝てません。

|

« 最後の合格発表 | トップページ | 3年後の予約 »

AO入試」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/65046049

この記事へのトラックバック一覧です: AO入試は下剋上:

« 最後の合格発表 | トップページ | 3年後の予約 »