« 緊張を楽しむ | トップページ | 誕生日でした »

大隈先輩の命日

今日もありがとうございます。塾長です。

中学受験の総仕上げに入っています。

インフルエンザの流行が気になりますが、マスクや手洗い、うがいなど予防を万全にお願いします。

教室ではインフルエンザだけでなくノロウィルスにも効果のあるスプレーで消毒を行い、温度と湿度にも気を付けています。

昨日25日は、商店会でいつも利用する居酒屋剣友楽の大将、大隈秀人さんの命日でした。

その7年前は、今講師をしている大学4年生が中3の受験生であり、今と同じように教室が慌しかったのを覚えています。

大隈さんは、鶴巻中の剣道部顧問として、団体女子を全国大会に数度導くほどの熱血指導者でした。

私の大学の先輩でもあり、学習塾の開校前から色々と相談に乗ってもらっていました。

当時大学院生だった私は、開業準備と修士論文制作の傍ら、大隈先輩に頼まれて剣道部員の家庭教師もしていました。

その生徒が塾生そして教室の合格第1号となったわけですが、以降、問題児も優等生も、何人も部員をお預かりしています。

その合格第1号は、大隈先輩と私のコラボ指導で心を入れ替え、現在は自衛隊で日本のために働いています。

年末にも教室に顔を出し、一緒に剣友楽に行きました。

その時に一緒に行った、1学年下の剣道部員も問題児でした。

今だから話せますが、反抗期に加えて、自宅にこもりパソコンでゲームばかりやるからと

「おい鈴木、パソコンを没収しに行くぞ」

と、その生徒の家に乗り込んでいったのには参りました。

私は一応塾長なので気が引けたのですが、大隈先輩は生徒のためにならないと思えばどんなことをしてでも、その生徒を良い方向へと導くことを躊躇しませんでした。

その生徒は父親がいないのですが、今でも、大隈先輩と私の二人が本当の父親だと言ってくれます。

先輩の指導方法は、実際の部員は知っていますがここには書けないような武勇伝と呼べる数々のことがありますが、全ては熱血であり、その心意気(方法ではなく)は、私の中に受け継がれています。

何回も書いている話ですが、私は、生徒指導に行き詰った時、自分にこう問います。

「自分があの世に行った時に、大隈先輩に叱られないようにするには、今どうしたらよいか」

これは、先輩が亡くなった7年前からずっと変わっていません。

土曜日には商店会青年部で、先輩を偲ぶ会があります。

教室の補講と重なりますが、講師たちにお願いして顔を出そうと思います。

毎年ここで振り返ることにより、残りの受験戦争を戦えていると言っても過言ではありません。

先輩、いつも見守ってくれてありがとうございます。

|

« 緊張を楽しむ | トップページ | 誕生日でした »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/64810415

この記事へのトラックバック一覧です: 大隈先輩の命日:

« 緊張を楽しむ | トップページ | 誕生日でした »