« 誕生日でした | トップページ | 中学入試合格第1号 »

倍率と本質とカツ

今日もありがとうございます。塾長です。

最近ブログの更新頻度が高いのは、決して時間が余っているからではなく、受験生を支えている保護者様方に、少しでも不安を払しょくして頂こうと思ってのことです。

私たちが苦しいことには変わりありません。いや、例年以上に大変なのは間違いないです。

記事が増えたからと言って、内容によっては不安が増すかもしれませんが(笑)

公立高校出願2日目。

昨日出願した生徒から、倍率が1.0を割っていたと報告がありましたが、そりゃそうでしょ、学校単位で出願なので、今日も明日も出願者は増えます。

但し明日の出願は殆ど無いので、実質的には本日の夕方で志願倍率の大勢が判明します。

それよりも、倍率に一喜一憂していることがよくありません。

志願変更を視野に入れている人もそうでない人も、倍率で勝負にいくような勉強しかしていないのですか。

倍率が上がれば、2次選考のボーダーは上がりますが、各自が設定している目標点を、予想問題でとっていれば、何の問題もありません。

各家庭や個人の事情で志願変更は止むをえませんし、当校からそれを引き留めることも奨励することもありませんが、倍率に頼った受験ではなく、志願変更先に魅力があるから、もしくは納得した理由があって、して欲しいと願います。

繰り返し受験生に伝えていますが、入った高校の名前で人生が決まることはありません(後悔しないよう勉強していればですが)。

むしろ、入った高校で何をするか、入るまでに何をするかで、その後の人生は大きく変わります。

その後も同じ、入った大学、入った会社ではなく、そこで何をするか、できるかです。

物事の表面ではなく、本質を見極められる人間になって下さい。

だから今、私たちは受験生に厳しいことを言ってでも、毎日の教室内で少しでも有益な経験をして欲しいと接しているのです。

正直、新年度に卒業した分の生徒を入塾させるための宣伝など考えていられません。

今、目の前にいる生徒に向き合うこと、その姿勢を生徒たちに見せることが、得点を上げるだけでなく、生徒を人間的に成長させることだと思っているからです。

昨日も、非番の先生が自習室監督に来てくれました。

例年のように総力戦です。

それを受け止めて、「自分に与えられた課題」をただひたすらにこなしてあと2週間過ごして下さい。

その経験をした塾生が、人間的に成長し、本当に有意義な中学・高校・大学生活を送れるのは、今も通ってくれている卒業生たちが証明しています。

昨日は、高2生が2人、私に誕生日プレゼントを持ってきてくれました。

それは嬉しいことですが、彼らの凄かったのは、その続きです。

私と誕生日の近い、昔お世話になった講師にも誕生日プレゼントを買い、さらに、今自習室で頑張っている受験生への差し入れまで買ってきたのです。

バイトしたお金を、会話したこともない後輩たちのために。

Fullsizerender
写真中央のアイマスクは、睡眠時間を削っている私に安眠をと、右側のうまい棒は講師へ、そして左側の「カツ」を、受験生に買ってきてくれました。

受験生の数も知らないので、相当多めに買ってきたのですが、人数を聞くとおもむろに、

1702
その一枚ずつにメッセージを書き始めたのです。

知らない後輩たちに届けと。

彼らは中3生の時、二人とも、平塚江南と伊志田の合格者平均内申を大きく下回っていましたが、この時期に必死で(講師に叱られながら)勉強し合格しました。

その時の想いを後輩たちに伝えたい。

そういう気持ちが、彼らが今後大学、社会人となった時に、もっと生きてくるのは間違いありません。

少なくとも私は、こういう卒業生にうちで働いて後輩の指導をして欲しいと思います。

どこの大学に入ろうが、彼らはその条件を十分に満たしています。

これが、先に述べた「高校や大学の名前だけで何が決まるの?」の答えの一つです。

Photo
親に電話して帰宅が遅くなる許可をもらってまで書き上げてくれたこと、涙が出そうになりました。

受験生たちへ

君たちを支えているのは、もちろん家族や先生がメインだろう。

しかし君たちの知らないところで、君たちの知らない人が、君たちを応援してくれていることを覚えておいてくれ。

そしていつか、誰にでも優しく、利害に関係なく、年下の人たちを応援し、年寄りを助けてあげられる人になって欲しい。

それが教室の伝統だから。

カツは今日配布する。

以上

追記

中学入試はいよいよ明日からです。

出陣する塾生には、カツ以外のあるものを渡して激励します。

|

« 誕生日でした | トップページ | 中学入試合格第1号 »

受験」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/64831852

この記事へのトラックバック一覧です: 倍率と本質とカツ:

« 誕生日でした | トップページ | 中学入試合格第1号 »