« 簡単なこと | トップページ | 1年の締めくくり »

今年の受験生たち

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習15日目。

折り返し地点です。

昨日から朝10時より夜10時まで自習室を開放していますが、中3生の数名は、最初から最後まで勉強していました。

合格したいという気持ちがひしひしと伝わってきました。

長時間いたからといって、何をしたかという内容も大切です。

しかし私としてはそういう姿勢で人生初の大きな壁に立ち向かおうとしていることが、その塾生たちを大きく成長させることになると思います。

この後、人生ではさらに大きな試練がいくつもあります。

その時に、15歳で必死になって自分を追い込んだ経験が、少しでも本人たちを助けることになるでしょう。

勉強はできたほうが自分の選択肢が広がるので良いことですが、それ以上に大切なことも学んで欲しいと思います。

高3生では今週、センター試験に先駆けて、武蔵野大学看護学部のスカラ入試で一般合格した生徒がいます。

そこそこの難易度と倍率でしたが、夏休みからの勉強でここまで来るのに、本人の努力はもちろん、担当している講師のコーチングも素晴らしいもので、合格を勝ち取りました。

こうして考えると、もう予備校は不要の時代なのかもしれません。

受験生一人ひとりをきちんと管理し導ければ、当校のような小さな組織でも結果は出すことができます。

講師たちは大変でしょうけどね。

それでもサポートし続けるのが、うちの伝統なのでしょうか、もう少し楽になりたいですが。

他の受験生も頑張って下さい。

|

« 簡単なこと | トップページ | 1年の締めくくり »

受験」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/64666060

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の受験生たち:

« 簡単なこと | トップページ | 1年の締めくくり »