« 小中学校入学式2016 | トップページ | 7月までの教室予定 »

再会

今日もありがとうございます。塾長です。

春期講習は11日目、明日で終了です。

大根中と鶴巻中の中間テスト予定を確認したので、それに合わせて全国模試の日程を確定しました。

前倒し日程になります。

詳細は各生徒に配布しています。

ゴールデンウィーク直後の中間テストは、私たちにとっても辛いです。

ちょうど1週間、休校となるため、テスト対策がしにくいからです。

そのため今年は、連休の土日をテスト対策補講で開けることにしました。

安穏とした連休とはならないようで、新年度もまたハードなスケジュールでのスタートとなりました。

先日、息子の小学校の入学式で2つの再会がありました。

1つ目は昔、当校で働いていた先生です。

その先生は大学卒業後、その小学校に赴任しており、塾生から色々と話は聞いていましたが、直接会話したのは10年ぶりです。

担任にはならなかったのですが、挨拶すると、10年前よりかなり成長した応対をしてくれました。

2つ目が、かなりレアな驚く再会でした。

近づいてきた保護者らしき男性、なんと私が学生時代に講師をしていた塾で、一緒に働いていた人だったのです。

その人は、講師の中でも図抜けた教務力と、何と言っても生徒思いの性格で、8歳年上の私が、一目置いていた存在です。

秦野に来たばかりの私に、色々とグルメなお店を紹介してくれ、一緒にご飯を食べにいった記憶などがあります。

その人のお子さんが、うちの息子と同じクラスだったという偶然なのですが、さらにその隣にいた奥さんが、同じ職場の人でした。

この方にもお世話になったのですが、はっきり言うと、私が講師の応募をして、採用してくれたのが、この奥様(当時の室長)です。

旦那さんと奥さんと私は、教務に対する価値観が似ており、同時「コ・ベ・ツ」と謳えば集客でき、塾の質など問わないような時代に、本当に生徒や教室のことを考えている人たちだと、感心したものでした。

今でも、応募の面接の最後の質問は覚えています。

「鈴木さんにとって教育とはなんですか」

「教育って、自分が相手に教えているように見えますが、実は自分のほうが学ぶことが多いです。ですから私は、教わるつもりで生徒と接します」

これは、師と仰ぐ赤塚不二夫先生から学んだことで、全ての人の良いところを見て吸収するという姿勢を、仕事に活かしていた私の考え方だったのですが、今でもその姿勢は変わっていません。

私が塾業界でご飯を食べるきっかけとなった、いわば恩人とも呼べるお二人との再会でした。

|

« 小中学校入学式2016 | トップページ | 7月までの教室予定 »

塾長の記事」カテゴリの記事

思い出話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/63451068

この記事へのトラックバック一覧です: 再会:

« 小中学校入学式2016 | トップページ | 7月までの教室予定 »