« 7月までの教室予定 | トップページ | テスト対策補講とGW休校について »

思い出す5年前

今日もありがとうございます。塾長です。

熊本及び九州地方で起きた震災は、未だに余震が続いており、現地の人々の健康が心配です。

東海大学阿蘇キャンパスの学生も犠牲になりました。

前途ある若者を含め多くの被害が出たことは悲しいことです。

これ以上被害が広がらないよう祈るばかりです。

5年前の東日本大震災の時、余震や計画停電が続く中での授業をしていました。

東海大学駅前校では現在平常を取り戻していますが、原町校は福島第一原発から直線で23kmの場所にあり、今も晃大先生の指導の下、子どもたちが放射能汚染の恐怖と隣り合わせで勉強しています。

そこから考える事それは、稼働している川内原発のことです。

活断層が続いている近くで、余震の震源が段々と南下しており、川内原発に近づいているようにも思えます。

有事の住民移動手段として新幹線があったそうですが、ニュースの通り不通で、復旧には時間がかかりそうです。

また、高速道路も寸断されては、何かあった場合に住民の逃げ場がありません。

原発の有無を裁判所で争う前に一時停止させたほうが良いと思うのは私だけでしょうか。

5年前も「想定外」で起こりました。

今回もどのような「想定外」があるかわかりません。

あまり書くと、5年前の嫌な記憶が蘇るのでこの辺にしておきます。

塾生たちには、明るい未来の日本で活躍して欲しいと、私はできることを粛々と行っていきます。

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災者の方々が一日も早く安穏な日常を取り戻せますよう心からお祈り申し上げます。

|

« 7月までの教室予定 | トップページ | テスト対策補講とGW休校について »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/63510505

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出す5年前:

« 7月までの教室予定 | トップページ | テスト対策補講とGW休校について »