« 春期講習案内配布 | トップページ | 合格発表を前に不安なあなたへ »

原町校と被災地高校入試の現状

今日もありがとうございます。塾長です。

中1・2年生のテストが続いています。

やっと自習室が高校生も含めてですが満席になりました。

中3の受験が終わってから寂しい教室でしたが、少し活気が戻ってきました。

特に中2生は、中3生への鬼のような指導を見て、来年はそれくらいやらないといけないと思ったらしく、少し意識が変わったのようにも見えましたが。

原町校の晃大先生とそろばんの件で話をしたのですが、福島県の公立高校入試メインは3月8日で、まだまだ追い込みが続いていて大変なようです。

ただ、志願倍率を見ると、5年を経ても震災と原発事故の影響により、原町校のある相双地区の高校は、軒並み定員割れしており、募集の半分にも満たない高校も多いです。

これは非常に考えさせられる問題です。

それでも倍率に関係なく受験指導はあるので、教室としては3月まで入試が引っ張られると新入生との入れ替えが難しく、経営的には難しいといえます。

とは言っても原町校は満員で、新入生の予約も決まっており、特に生徒募集などはしないので、晃大先生にはその分、私が責任者で行っているプロジェクトについての課題をお願いしておきました。

2年前に原町校を開校した時には、死ぬほど辛かったのですが、晃大先生が現地に帰省し常駐するようになってからは、かなり地域に密着して運営できているので、このまま南相馬の子どもたちのために、私が教えたことを一つずつ実践して言ってもらいたいと思います。

本校である私の方がもっと頑張らないといけないと、今回の入試を受けて思っていますが、まだまだやるべきことは山積みです。

昨日自習室で、中2の助動詞(国語)と中1の音楽を教えていたのですが、塾生たちが解けるようになるのを見ていると満足感を得られ、経営のことを忘れられます。

経営者としては、それじゃだめなんでしょうが、根っからの現場主義なので変えられません。

|

« 春期講習案内配布 | トップページ | 合格発表を前に不安なあなたへ »

塾長の記事」カテゴリの記事

幸福の黄色いそろばんプロジェクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/63255716

この記事へのトラックバック一覧です: 原町校と被災地高校入試の現状:

« 春期講習案内配布 | トップページ | 合格発表を前に不安なあなたへ »