« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

本日も延長補講

いつもありがとうございます。塾長です。

本日も補講時間を延長して行います。

もはや教室内は戦場のようです。

まずは明日からの中学受験の送り出し、講師は本当によくやってくれました。

あとはそれを背負った受験生が、実力を出し切ってくれればと願います。

中学受験生の目標が高いので、高校受験どころか大学院生に講義するレベルの内容で指導しました。

明日は電話に張り付いて、色々と動くことになりそうです。

中3生は、個別に気になることがある生徒もおり、予想問題の解説をしながらも軌道修正しています。

昨日も、英語・国語・社会で共通している問題の考え方について、倍率の高い高校を受験する生徒に伝授しました。

爆発的にとはいかないでしょうが、確実に20点は上がるはずです。

この積み重ねであと2週間進めたいです。

気になったのは、体調不良でしょうか、数名の受験生が補講に来なかったこと。

インフルエンザも流行していますし、体調管理は万全にして臨みましょう。

私は、風邪でもないのに声が嗄れそうですが、これも毎年のこと、気にしません。

体力は年々落ちているのに、反比例して受験生のチャレンジ度が増しているのですが、このグラフだけは修正したいと願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倍率はわかりましたが

今日もありがとうございます。塾長です。

土曜日の補講は午前中から延長して行います。

そろばんは自習室で、補講は教室で行います。

中学受験は直近の総仕上げ、高校受験は予想問題演習です。

ここまできたら総力戦、私たちも後悔しないよう、戦力を投入します。

本来ならば新年度の生徒募集など、次年度に向けて色々としなければならないのですが、まず、今いる受験生の結果を出さないといけません。

スマートな塾経営なんて夢のまた夢。

泥臭く塾生と向き合っていきます。

公立高校では、月曜も出願日ですが、例年殆ど最終日の出願で倍率が変わることはないので、実質的に昨日までで判明している倍率が志願変更前の倍率となるでしょう。

ということで殆どの高校の志願倍率は判明しています。

教室近隣地域でも、予想以上に高い、低い倍率の高校がありました。

志願変更である程度動くので、今1.00倍割れしているからと安心はできません。

調べればわかってしまうかもしれませんが、私は当校の受験生で、倍率割れしている高校志望者には、何も言わないつもりです。

ただでさえ勉強しないのに、もっとしなくなって、志願変更後に上位校から志願者が降りてくれば、必然と心太式に押し出されてしまいます。

そのようなことに関係なく、得点で合格を勝ち取るべきです。

離れた地域の知人に、その息子さんが志願した高校と、変更の可能性のある高校の倍率を伝えました。

こちらとして考えられる全てを伝えて、最後に通っている塾の塾長に相談するように言ったのですが、

「そこの塾長は土日は休みなので、月曜日にならないと相談できないのです」

絶句。

私は出陣しますよ、心配でしょうがないですからね。

各校の倍率は、教育委員会発表後に知らせます。

この土日、1日15時間として30時間くらい勉強できます。

それだけで、また、ライバルを抜くことができるはずです。

教室側だけ気合が入っていても、受験生たちに響くかどうかはわかりませんが、できることはすべてやりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日の日記

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は私立高校の出願でした。

そのことと関係ないですが、自習室が満席になっていませんでした。

もったいないです。

秦野市内でインフルエンザが流行し始めたこともあるかもしれませんが、どうでしょう(加湿器を1台増やしました)。

早朝の掃除から始まった誕生日ですが、殆ど外にいたような気がします。

予想問題を解いている受験生を邪魔しないようにとの配慮ですが、数えてみると

保護者面談(外) 4組

取引業者との打ち合わせ(外) 2件  (室内) 1件

電話(外) 5件 (室内) 4件

凍ってます。

生徒指導は室内ですが、説教もあり、疲労した一日でした。

私が動けない分は、講師たちが協力して動いてくれました。

というか、私がしていることは、ほんの一握りだけで、ありがたいことに殆ど講師がやってくれています。

月末の支払いや事務処理をしていたら結局深夜になり、最後に当日分の清掃をして、今回の誕生日は終わりました。

来年の誕生日は、肉体的にも精神的にも暖かく過ごしたいです。

しかしそれができるかは、ほぼその年の受験生に左右されるでしょう。

元講師たちからお祝いのメールが届いたことが救いです。

遠くはイギリスからですが、大学を卒業して就職しても、何年経っても気にしてもらえるのはありがたいことです。

もう一つだけ良いことがありました。

中3以外の模試結果が返ってきたのですが、きちんと取り組んでいる生徒たちは偏差値が上がっていたことです。

きちんと取り組んでいない生徒は上がらない方が良いと思います。

「この程度でこの成績が取れるのか」と世の中を甘く見ますからね。

指導や面談でも、やる気に満ちて必死でもがいている子たちを前にすると、疲れていても何とかしてあげたいと思います。

さて、これから入試日まで、なぜ私が炎の合格請負人と呼ばれているのか、受験生たちに味わってもらいましょう。

楽しみですね、色々な意味で。

お説教はもうしたくないので、頼みますよ。

明けて今日は元講師U先生の誕生日です。

おめでとう、教室に寄ってくれたら、福屋のラーメンくらいおごりますよ。

中学受験のアポイントがありますが、それ以外は受験生の指導に専念したいです(希望)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週も補講時間延長します

今日もありがとうございます。塾長です。

明日からの公立高校出願、来週からの中学入試を控えて、受験生たちもさすがに手を動かしているように見えます。

講師たちも受験生を心配していて、今週末の補講の時間延長を申し出てくれました。

しかしそうなると私の健康状態がと心配していると、「塾長はずっといなくてもいいですよ」と、有難いお言葉を頂きました。

優しいスタッフたちです。

皆、少ないスタッフが総出で協力して、なんとかこの危機を乗り越えようとしています。

それほど、今年の受験生は心配です。

毎年チャレンジャーが多いのは当校の伝統ですが、そのチャレンジに見合った意気込みを持つべきなのに、火がつくのが遅いと言うか、講師たちがこれだけ心配するのも当然です。

昨日も卒業生が顔を出してくれたのですが、その理由が、先日訪ねてきた他の卒業生に電車で会って、私がやつれていると聞いて、心配で来てくれたのです。

有難いことですが、卒業生の目にも、私が疲れ果てているのがわかるのですね。

ブログを読んだ元講師も寄ってくれました。

今は他の仕事をしていますが、あまりにも受験生が心配なので、入試日直近の土日は、補講を手伝ってくれるそうです。

有難いことです。

教室は常に、多くの人に支えられています。

そのことを受験生はわかっているのでしょうか、いや、それがわかるのはまだ先でしょうね。

昨日来た卒業生でさえ、高校時代まで私としょっちゅう喧嘩していたくらいで、大学に入ってやっと私の親心をわかってくれたようですから。

総力戦ですから、私も指導に入っていますので、事務仕事などは授業後になります。

私も指導では熱が入るので声も張り上げますし、かなり厳しいことを言っています。

疲れますね。

終わらなければ午前出勤するのですが、今日はどうしても午前中は休みたかったので、深夜残業をしました。

結局帰宅したのが午前6時なので、あまり午前出勤と変わりませんでした。

素晴らしい誕生日の始まりです(笑)

延長する補講時間は、土日で違いますが、本日より各受験生に伝えます。

個別でここまでやる塾は、他には無いでしょう。

あったとしても、関わる人たちの質で、敵わないと思います。

それが私の財産であり、誇れるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大隈さんを偲ぶ会

いつもありがとうございます。塾長です。

本日の補講は10時からです。

昨日は補講開始から終了までずっと誰かと話していたので、今日は静かな日になって欲しいと願います。

但し、受験生全員が真面目に取り組んでくれればですが。

補講後、商店会メンバーで行われた元鶴巻中剣道部顧問の故大隈秀人先生を偲ぶ会に出席してきました。

場所は大隈さんのお店、居酒屋剣友楽です。

亡くなられてからもう6年も経ちますが、大隈さんの志は、商店会青年部一同に受け継がれています。

顧問になって女子団体を2回、全国大会に導きましたが、技術よりも心を大切にする人でした。

Img_1765_r

私の先輩でもあるので、開校当時からお世話になりましたが、厳しくも優しく、色々と助けてもらいました。

私が塾生に対して、礼儀に関して厳しく言うのは、大隈さんの影響もかなりあります。

これからも、先輩の遺志を継いで、地域の子どもたちを見守っていきたいと思います。

先輩、いつもありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

補講時間延長

今日もありがとうございます。塾長です。

教室近隣の学校で学級閉鎖がありました。

いよいよ本格的にインフルエンザが猛威を振るい始めました。

当校では、プラズマクラスター加湿空気清浄器や次亜塩素酸、アルコール系消毒など、できる限りの予防措置を施しています。

しかし学校で罹患してしまうとどうしようもないので、症状のある方は授業を振り替えるようお願いしています。

私はインフルエンザではありませんが、この時期は面談に使用する部屋が無いので、外で保護者様と話す機会が多く、身体が冷え切って体調不良のようです。

しかし頼りない大将でも、戦場にいるといないでは士気が違うと勝手に思い、教室には滞在するようにしています。

1月の模試結果が郵送されてきました。

既に合格率と意識の低い生徒には個別に話をしていますが、これだけ話してもまだ現状を理解していない(行動が変わっていない)生徒がいることは、とても悲しいです。

来週は出願だと言うのに、まったく。

心配した講師が、補講時間の延長を申し出て、日曜日は急遽午前中からの補講になりました。

今日は午前中にそろばんがあるので、午後からの補講です。

得点を伸ばしたいと寄って来る生徒に教えるのは全くストレスにならないのですが、お説教は大量のエネルギーを消費します。

毎年チャレンジャーが多い当校ですが、チャレンジするならそれだけの気持ち、覚悟を持って臨んで欲しいです。

我々は、時間と生命を削って受験生を仕上げているのです。

ノリで受験生のふりをしているような奴らに、貴重な時間や労力を割きたくはありません。

昨日携帯電話が壊れましたが、修理に持っていく時間もないので、しばらくは携帯無しです。

私に用事のある方は、恐れ入りますが、教室へ電話するか、メールして下さい。

よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

模試結果呼び出し

いつもありがとうございます。塾長です。

毎日何かしらの問題があり、ブログも更新していません。

これは言い訳ではなく、仕事の優先順位をつけているので、この状況では妥当なことです。

しかし受験生たちに毎日質問すると、言い訳が出るわ出るわ。

別に言い訳をしても構いませんが、入試と言うのは合格か不合格しかなく、私の聞く言い訳は、今から、ダメだった時の布石を打っているように聞こえてなりません。

するべきことを行っていないという指摘に関しての言い訳も、するのは自由ですが、言い訳しても入試の得点が上がるわけではなく、そんなことを言っている暇があったら、指摘されないように手や頭を動かしてもらいたいものです。

我々が厳しいことを言うのも、後悔したくないからです。

後から、「あれをしておけば、言っておけば良かった」とは言いたくありません。

最後の模試の結果速報をインターネットで確認したので、本日、D判定の生徒を一人ずつ呼びます。

基本的には説教になるでしょう。

但し、生徒により話すことは違います。

毎年、この模試でD判定でも、倍率が高くて合格している生徒には共通していることがあり、それと同じ行動をしている生徒と、そうでない生徒で話を変えます。

どんな言い訳をしようとも、数字で出ればある程度、その生徒が何をしているかはわかります。

昨日講師が、昨年の今頃のブログを読むと、自習に来る受験生の数が多すぎて、机を増設したと書いてあったと教えてくれました。

それに較べて今年は。

それも数字に表れています。

各受験生が感じ取って、あと1ヶ月に全てをかけてくれればと願います。

死ぬ気で勉強するくらいの気持ちでやれ、受験勉強くらいで死なないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験授業再開

今日もありがとうございます。塾長です。

本日より通常授業です。

昨日と一昨日で、今年度の全学年の模試が終了しました。

受験生は、入試本番とほぼ同じ形式、時間組みで行い、入試での流れも体験しつつの模試でした。

実際の入試で起こり得るトラブルを想定し、前もって注意できるよう徹底したのですが、まだ心配はあります。

各受験生の得点に関する課題は、これから1ヶ月かけて授業や自習、土日の補講で修正していきます。

まだエンジンのかからない受験生には。昨日の模試が難しくて危機感を募らせてくれることを祈っています。

教室としては入試の対策をしつつ、他学年の学年末に向けての対策もあります。

しかしそれだけではなく、新年度の準備もしなければなりません。

今週は、久しぶりに体験授業を組みました。

来週にかけて数件確定していますが、以降もお問い合わせに対応する形で、止めてある授業を組んでいきます。

大体、4か月から半年先を見据えた準備が必要なのですが、それ以外に、年間計画、学期計画、3か月計画など、それぞれのスパンで計画を立てています。

体験授業は増えますが、平常時ならば同時に行う保護者面談を切り離しているので、自習室が使えなくて困るようなことは無いと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬期講習最終日

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習最終日。

各生徒、土日の模試に向けて最後の調整です。

受験生は連日、予想問題演習に取り組んでいますが、まだ仕上がっていません。

特に、教科ごとにとるべき問題をきちんと把握し、間違えた場合にマスターするまで解き直しをするなどができている生徒は少ないです。

自習室で解いて採点、報告時にそれを一人一人尋ねるのですが、まだ、間違えたらノートに書く、くらいの生徒が多く、それについてダメ出しの連続です。

ノートに書いて満足していたら何の意味もありません。

完全に解けるようにして、その結果がノートに残ったというようにするべきです。

また、1月の模試が本番だと思って勉強するよう1か月前から言っているのに、未だに授業に遅刻したり、自習室に来ず自宅でゴロゴロしていたりと聞くので。。。

4週間の講習が終わって、時間的な拘束は短くなりましたが、精神的な負担は変わらず、全く気が抜けない毎日です。

そのような中、昨日は初詣で第2弾で、寒川神社に行ってきました。

Img_0765_r

受験生が勉強している(はずの)間、私は神にも仏にもすがる思いで合格祈願です。

Img_0804_r

神聖な空気を吸って、少し回復しましたが、その後の教室に、当校の財産である卒業生たちが寄ってくれたことが、大きな癒しになりました。

大学3年、1年の卒業生は、改訂するパンフレットの寄稿と写真撮影のために、大学2年の卒業生は、昨日が誕生日だった私の息子に誕生日プレゼントを持ってお母様と一緒に来てくれました。

卒業生は本当に、癒しをくれますね。

お世辞も入っていると思いますが、口を揃えて、当校で過ごしたことが今の学生生活に役立っていると言ってくれます。

かつて支えた子たちが、今度は私を支えてくれて、充電してパワーアップした私に今の塾生たちが叱られると言う流れで、乗り切ろうと思います。

講師も生徒も卒業生も合わせて、当校の財産は人。

教科指導と同じくらい大切な伝統として、塾生にそのことを伝えていきます。

さて、日曜日の中3生模試は一斉なので、全体に話をする絶好の機会です。

既にいくつか話すことが確定していますが、今日の授業態度や自習室での取り組みで、当日話すことが増えないよう祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業始め

今日もありがとうございます。塾長です。

本日より授業再開、冬期講習20日目です。

結局元旦から毎日教室に来たのですが、初詣や実家へ行くなどの合間に寄ったため、仕事を片付けきれませんでした。

気を取り直して仕事を続けます。

今週末には小学生から中学生まで模試が控えています。

冬期講習終盤は、その模試に照準を合わせていきます。

今年もまた、ゆっくりとしたお正月にはなりませんでしたが、それが普通だと思っている自分は、相当麻痺しているのでしょう。

それでもこれが塾屋の宿命、受験生に勉強を強いるわけですから、こちらもそれ以上の負荷を掛けなければ、文言に説得力がでません。

1月16日のセンター試験から、2月1日の私立中学、16日の公立高校入試と戦い抜くのに、毎年のように覚悟を持って挑みます。

次の休校日は2月末ですが、今年は教務以外にも進めなければならないことが多くありますので、年始から気合を入れていきます。

まだ倒れる訳にはいきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣第一弾

いつもありがとうございます。塾長です。

初詣の第一弾は、毎年恒例新宿の穴八幡宮でした。

Img_0274_r

受験ではなく、金銀融通に効力のある一陽来復の御札で有名ですが、あの早稲田大学に隣接しています。

隣の放生寺も参詣しましたが、こちらの御札は一陽来福と書かれています。

Img_0326_r_r
合格させてくれるなら、神様でも仏様でもと思っている受験生もいるかもしれません。

どちらにお参りするか迷うより、まず勉強して下さい。

休校は本日までですが、結局元旦からずっと教室に出入りしています。

既に今年の目標の一つは達成できないかもしれませんが、その分他の目標達成を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。塾長です。

恒例の、1年間の目標を立てるにあたり、昨年の目標をどれだけ達成できたか確認してみました。

17あったうち、達成できたものは9つ、残りの8つは未達成で、それらも含めて今年の目標を立てます。

達成できなかったものの中に、日曜日はなるべく休校にして、子どもと過ごす時間を増やす。というものがあります。

4月から小学生となる息子ですが、成長すればするほど親から離れていくでしょうから、なるべく一緒にいたいと思いつつ、毎年その願いは叶えられていません。

年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休みに加え、テスト期間以外の土日など、当校の休校日はオフィシャルで年間50日ほどありますが、昨年私が教室に行かなかった日は10日もありませんでした。

昨日の大晦日も、なんだかんだで教室に行っていたので、そう簡単にできないかもしれません。

しかし気持ちも新たに、元旦の今日は教室に行かないようにしたいと思います。

生徒数や上位校の合格者数などの目標はありません。

講師が増えれば生徒は増えますし、きちんと指導していれば志望校にも合格させられることは、9年間経営していてわかっています。

結果は講師たちが出してくれるので、私としては、開校以来ぶれることなく、いつでも卒業生が顔を出してくれる塾であり続けること、そのための努力をしていきます。

講師、生徒など、財産は人です。

その他の目標もクリアできるよう、今年も精進努力して参ります。

ということで、今年も一年、よろしくお願い申し上げます。

皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

平成28年 元旦

塾長 鈴木鯛功

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »