« 第3の面談スペース | トップページ | テスト対策補講 »

卒業生の言葉

今日もありがとうございます。塾長です。

一昨日の夜、授業中に花火の音がしました。

毎年11月1日から3日まで行われる、東海大学湘南キャンパスの学園祭「建学祭」終了の合図です。

教室では音しか聞こえませんが、これが終わると、一気に冬が来るような気がします。

中3生はテスト期間、これで内申が確定するので、皆必死かと思いきや。。。

頑張っている生徒も結構いますよ。

その花火とともに高1の卒業生が、復塾の相談に来ました。

どのような理由であれ、卒業生が来ると嬉しいのですが、基本的には、勉強がスムーズに進んでいる生徒は来ないので、複雑な思いにもなります。

しかし、とにかく悩んだら来いと言ってあるので、来てくれるだけましです。

卒業生と塾生を徹底的にケアするために、新規の入塾生を減らしてでも、卒業生用の授業枠を常に用意していますので、それは問題なく収まりそうです。

昨日、大学2年生になる卒業生が、自習室で大学の課題を行っていました。

講師の話し合いがあったのですが、スペースが無く、仕方なくその卒業生と同じ部屋で行っていました。

機密事項が多いので、それが終わった後に、卒業生に対し、他言無用のお願いをしました。

その時に卒業生が私にくれた言葉に、苦しい塾の運営も救われた気がします。

「先生たちって、そんなところまで見ていてくれたんですか。私の時もそうですか」

私の教室では当然のことなのですが、アルバイトである仕事をしているその卒業生は、講師たちの仕事(正確には生徒)に対する姿勢の一部を初めて知って、相当驚いていました。

「今の話を聞いて、自分の仕事を振り返ってみると、全然この塾の先生たちの方が、取り組む姿勢が違うと思いました。やっぱりこの塾で育ててもらって良かったです」

確かに私たちは、伝統として講師たちが繋いでいる、ある考え方を持っています。

それが無ければ講師はできないという考えですが、卒業生にたまたまそれを知られたとはいえ、そのことで彼女が感激してくれたのは、良い栄養剤になりました。

まあ、お世辞を差し引いたとしても、ありがたい言葉ですね。

その言葉を胸に今日も、未来の卒業生を指導していきます。

|

« 第3の面談スペース | トップページ | テスト対策補講 »

卒業生・卒塾生」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/62616018

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業生の言葉:

« 第3の面談スペース | トップページ | テスト対策補講 »