« 第3タームスタート | トップページ | 折り返し地点 »

南相馬の子どもたちを招いてのフットサル教室

今日もありがとうございます。塾長です。

9月に行われるチャリティイベントのご案内です。

1509_hisamitsu_banner_2


昨年10月に台風の中、秦野高校と広畑小学校体育館で行われた、湘南ベルマーレフットサルクラブ久光重貴選手のフットサル教室とトークショーです。

8月1日から参加者募集が始まりました。

前回と違う所は、東日本大震災の被災地、福島県南相馬市の子どもたちを招待するということ。

詳しくは、イベントページ(松屋不動産福嶋社長のブログ) 

をご覧ください。

ここでは、その南相馬市とのかかわりを少し話します。

当校で働いていた佐藤晃大先生は、福島県南相馬市の中でも、津波被害をぎりぎりで免れた場所の出身です。

事故のあった福島第一原発から直線距離で23km、毎日ガイガーカウンターで放射能を測定しながら生活する場所です。

彼の、地元の子どもたちの学力向上と、震災前の元気な心を取り戻して欲しいという心に打たれ、1年半前に私は、南相馬市に学習塾とそろばん塾を開校しました。

しかし、人手不足や、震災後の、現地でしかわからない諸々の事情があり、撤退を余儀なくされました。

しかし、多くの地元関係者から支援を受けていたので、会社がつぶれるからと言って、無碍に撤退というわけにもいかず、苦渋の決断で、地元の晃大先生を実家に返し、事業を引き継いでもらうことにしました。

晃大先生には、本厚木校の立ち上げをわざと任せて、1人で教室経営ができると同時に、プレイヤーとしても動けるよう、厳しい基準で学習塾の講師も経験してもらい育てましたので、それが功を奏してか、1年経った今では、塾に入りきらず入塾待ちの状態が続いているとのことでした。

その南相馬の子どもたちを招待しての、今回のイベントです。

参加した子どもたちが、希望を持って明日に向かって生きる大人に育ってもらいたいと思います。

もちろん、晃大先生自身もまだまだ成長しなければならないので、頑張って欲しいと願います。

|

« 第3タームスタート | トップページ | 折り返し地点 »

イベント」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/62015215

この記事へのトラックバック一覧です: 南相馬の子どもたちを招いてのフットサル教室:

« 第3タームスタート | トップページ | 折り返し地点 »