« 夏期講習について | トップページ | 今年の夏も »

心を亡くす

今日もありがとうございます。塾長です。

私は、2006年以降、自分自身のことで「忙しい」と言ったことがありません。

大学院時代の指導教員だった安岡高志教授に「忙しいというのは、能力の無い人の言い訳にすぎない」と教えられました。

以降、どんなにすべきことが山積しても、優先順位をつけて処理するように努めています。

最近も状況は変わっていないのですが、昨日ふと、「忙」という字を実感しました。

心を亡くすと書きます。

知らないうちに切羽詰まっていたのでしょう。

そういえば最近、色々な人から体調など心配されることが増えていました。

自分では気にしていませんでしたが、周りにはわかっていたのですね。

身体がつぶれなければ大丈夫だと思っていましたが、その前にもっときちんと考えることがあるようです。

|

« 夏期講習について | トップページ | 今年の夏も »

塾長の記事」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/61856465

この記事へのトラックバック一覧です: 心を亡くす:

« 夏期講習について | トップページ | 今年の夏も »