« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

信頼関係

今日もありがとうございます。塾長です。

テスト対策補講と三者面談2日目です。

同時並行でカミさんが夏期講習のコマ割りをしていて、帰宅してからその打ち込みをしなければならないのですが。

その前に締め切りのある書きものを2本仕上げるというスケジュールからは逃げられません。

データ解析の仕事は信用できる知人にお願いします。

その他外注ですむものは全て外注で済ませます。

今回の受験生面談は、主に夏以降の学習の進め方について保護者様に説明し、受験生にはそれなりの覚悟を持ってもらうことです。

受験生以外の保護者面談でも確認しますが、いくらきちんと指導していても、それを理解してもらえなければ、信頼関係の構築はできません。

これから入試に向けて、例年通りチャレンジャーを鍛えていくので、相当厳しく指導します。

それを理解していただかないと、講師たちも力を発揮できません。

何を言われても請け負った以上の実績を出しているうちは、軸はぶれずに方針も変えずに進めていきますので、ご理解頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

興味深いデータ

いつもありがとうございます。塾長です。

昨年度の入試結果資料が手元に届いたので見ていますが、本当にうちの受験生はチャレンジャーが多いですね。

某地区トップ校の合格者のデータでは、内申最低点がうちの生徒でした。

準トップ校でも、内申が合格者最低ラインに近い生徒が3人も。

倍率はある程度ついていますから、当日点で勝ち取った合格だということがわかります。

毎年そのチャレンジ度合(本人の内申と志望校合格者平均内申の乖離)が激しくなってきています。

今日から始まる面談ですが、そのデータを開示して受験生に伝えることは2つ。

①「内申があるからと言って、入試型の問題が解けるようにならなければ、不合格になるよ」←うちの卒業生ではありませんが内申に胡坐をかいて不合格のデータは、結構掲載されていました。

②「内申がなくても、当日点勝負でなんとかなる(合格する)ことが多いのが最近の入試、例えば内申でいうと、A高校でこんなに低くても合格、B高校でこんなに低くで合格、これもそれもあれも、皆うちの卒業生。だから可能性は無きにしも非ずだが、先輩たちは努力をし、そして先生の言うことは守っていた」

さて、そのチャレンジャーを後押ししてきた講師たちに報いるため、私も小さなプライドを持って面談に臨みます。

命を懸けて塾やってますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日久しぶりに電話があった友人に、最近ブログの更新が途絶えることを心配されました。

ですので更新しておきます。

といっても更新をするだけで、特に素晴らしい内容ではありません。

半ば愚痴ですが、そのようなブログでも心配してくれる人がいるのは嬉しい事です。

大学時代の同級生も、久しぶりに話すと、「実は毎日読んでいます」という人がいます。

ありがたいですね。

そう言われると、何となく良いことを書かないといけないプレッシャーにかられますが、なかなかその通りにはなりません。

中学生のテストが続いていますが、明日からは面談と高校生のテスト対策です。

今年はAOの依頼も多く、その心配の前に夏期講習がうまくいくかどうかを考えているのですが、どんどん積んでいる書類が処理しきれなくなってきたので、考えるより手を動かせと、昨日授業で生徒に言ったことを自分に言い聞かせています。

頼みは、南相馬市の晃大先生が作成してくれた、夏期講習楽々コマ割りソフトです。

まだ試していませんが、これが動けば私の仕事が30時間分減ります。

期待していますが、そのソフトに着手できるのがいつになるかが不明です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繋ぐ

いつもありがとうございます。塾長です。

最近ある事情で、深夜に帰宅し早朝にまた教室に戻るということが日課になっています。

時間の関係でブログも飛び飛びになっていますが、だからこそ書ける時に色々と綴っておきます。

昨日は試しに、講師たちに人気のレッドブルを飲んでみましたが、心身とも特に変わりはありませんでした。

カフェインの摂取ということでは、普段からコーヒーを良く飲む私にはあまり効果が無かったのかもしれません。

問題は、優先順位をつけて着手するようにしていますが、「減ればまた新たに増える」の連続です。

非常に厳しい、地獄のような毎日ですが、何故ここまで耐えられるのか、少しだけわかっていることがあります。

大学での講義に使用するためのアンケートでも、学部時代の同級生たちが似たようなことを書いていました。

何故いま、自分は大学生なのか、いま何をしたらいいのかという問いに、卒業して10年以上経った先輩たちが、答えを出してくれましたので、後日現役の学生たちに届けます。

その先輩たちも、学生時代に「学生であること。大学で勉強すること」の意義なんて、わかっている人は一握りだったと思います。

でもそこに、ストレス社会で生きていくために必要なことがあったのです。

皆、過去を悔いても終わってしまったことなので、それを次代に託そうと考えています。

そのために我々にできることは、後輩たちが同じ過ちを犯さぬよう、我々の経験を語り繋いでいくことでしょう。

もしそれでも後輩たちが失敗してしまったら、そのことをまた、下の代に伝えて欲しいと願います。

そんなことを書いているうちに、教室に戻る時間になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倍返し

今日もありがとうございます。塾長です。

修学旅行から帰ってきた中3生がお土産を持って来てくれました。

その3年生たち、旅行の思い出に浸る間もなく、明日から期末テストです。

修学旅行はテスト勉強不足の言い訳にはなりません。

お土産をもらっても、手は抜きませんよ。

いや、何事も、もらった以上に返すのが我々ですので、頑張ってついて来て下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厳しく言います

いつもありがとうございます。塾長です。

期末テスト週間が続きます。

私は、塾長と言う立場で話す時、その生徒のためになると思えば、厳しいことも言います。

そのせいで泣く人もいますが、それでも冷静に判断し、現状を変える必要があれば厳しく言います。

へらへらしても伝わらないので、厳しく言います。

時にそれで、言われた人を追い詰めるようなことがあっても、見せかけの優しさが本人のためにならないと思えば、厳しく言います。

今だけ良ければと思うことは無く、結果を出すためには、厳しく言います。

その結果とは、生徒たちのより良い将来のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HERO

今日もありがとうございます。塾長です。

午前中はそろばん、午後からテスト対策補講です。

修学旅行第1陣が帰ってきました。

昨日は電車を降りてそのまま授業に来た猛者もいましたが、授業中に疲労のため・・・。

一晩休んで今日は皆、テスト対策補講に来て欲しいと思います。

授業後に、元講師2人が教室に寄ってくれました。

うちのベテランだった二人も、新卒の新入社員ということですが、やはり仕事ができるようで、新しい職場でも活躍しているようです。

教室がピンチの時に何度も救ってくれたヒーローたちですが、さすがに今回の教室のピンチはどうにもできないですね。

まあ、元気な顔が見られて良かったです。

まだまだいるはずのヒーローは、きっと現れてくれると信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拝啓ドラえもん様

いつもありがとうございます。塾長です。

拝啓 ドラえもんさま

うちの息子が七夕の短冊に、あなた様にお会いしたいと書いたようです。

あなた様であれば、織姫や彦星よりもスピーディーに、その願いを叶えてくれると信じています。

21506_2
しかしお待ち下さい。

息子の願いをかなえる前に、私の切なる願いを聴いて頂きたい。

今年の中3生を何とかして頂きたいです!!!

それと、あとはメールします。

梅雨時ですので、湿気で部品が錆びないようお身体に気を付けて、のび太君をお守りして下さい。

敬具


| | コメント (0) | トラックバック (0)

禍福は糾える縄の如し

今日もありがとうございます。塾長です。

小さな良い出来事があった時に、「ラッキー、次はもっと良いことがありそう」と思う人と、「こんな所で運を使ってしまった」と思う人に分かれます。

同じように、小さな不幸があった時に、「ああ、もっと悪い事が続かなければいいが」と思う人と、「嫌なことがあったから、きっとその分良い事があるだろう」と思う人もいます。

どちらが正しいか科学的に証明することが不可能な理由は、その事象が幸か不幸かは、当事者の主観によるからでしょう。

傍から幸せそうに見えても、満たされていない人もいれば、不幸に見えても幸せだという人もいます。

辛い毎日が続きますが、私は、禍福は糾える縄の如しと考える派ですので、耐えていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修学旅行始まる

いつもありがとうございます。塾長です。

今日から中3生が修学旅行に行きます。

教室は閑散としますが、1・2年生もテスト期間ですので頑張ってくれることでしょう。

近隣の東海大学もそうですが、先週の日曜日がオープンキャンパスだった大学も多かったです。

そのオープンキャンパスに合わせてAO入試の概要が届き始めたので、中3生が少ないこの3日間で、少し入試までのスケジュールと作戦を考えます。

2年前のこの時期に修学旅行に行った卒業生が、勉強と進路のことで相談に来ました。

中学卒業と同時に引っ越したので、電車に乗ってわざわざ来たと言うことは、相当大変なことになっていると思ったのですが。

やはり、テストの答案と点数を見て唖然としました。

しかし高校生になって成長したのか「このままではまずい」と思えるようになってくれました(笑)

自宅近くの塾を探して紹介しても良かったのですが、卒業生の性格や家庭環境まで知る我々が引き受けるべきだと言うことになりました。

中3生の話に戻ります。ここ数日天気が悪いようで、充分に旅行を楽しめるかはわかりませんが、この先、その土地になんて、いくらでも行くことができますから、あまり観光名所のことは気にしなくても良いです。

それよりも、その時一緒だった友人たちとの思い出になるような旅にして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東大一直線8

今日もありがとうございます。塾長です。

先々週くらいに撮影した写真です。

8

早く検定が受けられるようになって欲しいです。

合格するとモチベーションが上がり、どんどん先に行きたくなる、つまりたくさん練習しようとする傾向が小さい子どもに多いことを、そろばんを見ていて思いました。

そろばんは頑張れば、ある程度までは級も上がりやすいですし、何と言っても級が下がることがありません。

2年前の6月開校時にそろばんを始めた小3生は、今3級の取得に向けてお稽古をしています。

これでフラッシュ暗算で初段くらいまでの力もあれば、うまく他の科目の勉強に応用していけるのですが・・・。

うちの子も、級もそうですが、集中力がついてくれればと見守っています。

入試に勝つ決め手はフラッシュ暗算の応用です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏期講習案内書配布

いつもありがとうございます。塾長です。

本日より夏期講習案内書を配布します。

申し込み締め切りは6月26日(金)です。

現時点で外部生の募集はしておりませんが、締め切り後に余裕ができれば、お待ち頂いている方から順に連絡致します。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト対策補講2日目

今日もありがとうございます。塾長です。

テスト対策補講2日目、本日は13時から行います。

1506


教室裏のマイオアシスのオシロイバナは、順調に育っています。

時間が無くても植物を愛でる心と時間はなくしたくないと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢字検定

いつもありがとうございます。塾長です。

本日は午前中そろばん。

午後は漢字検定後にテスト対策補講です。

かなりの書類を作成しましたが、まだまだあと2日間、戦い続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒涛の週末

今日もありがとうございます。塾長です。

月曜日までに準備しなければならない書類が溜まってきました。

金土日と、漢検、テスト対策補講をしながらこなしていきます。

子どもの授業参観があるのですが、それは最優先で行きます。

その分仕事はたまるのですが、たまっても利息は増えませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰のため

いつもありがとうございます。塾長です。

中3生に模試のテスト直しを提出してもらっていますが、勘違いをしている人が多いので注意しています。

「適当にやって提出すればいい」みたいな内容は却下。

理由は、「提出することよりも、その問題を理解することが重要で、あくまでも理解したかどうかを私が判断する材料が提出したノートで、適当=理解以前の問題」からです。

アルファベットも数字も含め、提出するのに文字が雑とかありえないです。

一応、漢字のはねやはらいは、公立高校の入試基準となっている常用漢字表と文部科学省の許容範囲に照らし合わせてみますが、字が上手下手ではなく、雑か丁寧かをみています。

そして常に受験生に問います「これ誰のため? 何のため?」

豹変し詰問する私に驚く受験生もいますが、いやいや、こんなもんじゃないですよ。

受験生たちに理解してほしいのは、我々は、君たちの合格を請け負っているのだということです。

我々からすれば、説教も居残りも、宿題増やすのも、全て「君たちのため」ですから。

それで負担が増えるのは先生たちだということも付け加えておきます。

間違えた問題を理解する前に、そのことを理解しといて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異世代文化コミュニケーション

今日もありがとうございます。塾長です。

事情があって1ヶ月ほど前にある本を読んだのですが、その本がこちらです。

『さとり世代の消費とホンネ』 牛窪恵著 PHP研究所 2013

著者は日大芸術学部出身のマーケティングライターで、「おひとりさま」や「草食系男子」という流行語を生みだした人です。

この本では、ゆとり世代を1980年から1986年生まれ、さとり世代を1987年から1996年生まれと定義していますが、2015年現在では、もう少し下の世代も含まれるのでしょうか。

内容を一言で表すと、昭和の男である私がわからない最近の『単語』の解説書=辞書?です。

涙袋

美白男子

なんちゃって制服

詐欺写メ

彼ごはん

オス化女子

パズドラ中毒

キュン死

貧困女子

コスパ消費

以上の10単語は、あまりにも私が理解できないので、自習に来た高3女子に本の目次をコピーして見せ、私に説明できるものに丸をつけてもらったものです。

このような単語が50個に分かれて、それぞれがカテゴリーとなっており、さらに各3項目くらいに分かれて説明されていました。

生まれて初めて塾長に「教えて下さい」と乞われた卒業生でも、知っているものと知らないものがあったようですが、何とかレクチャーしてくれました。

しかし既に忘れたものも多数あります(おそらく覚える必要性を感じていないのかもしれません)。

各項目の説明は省きますが、「なんちゃって制服」の話を聞いても、「なぜそれをするのか」が理解できなかったです。

昔大学で異文化コミュニケーションというような名前の授業があり、世界各国について学んだ記憶がありますが、今必要なのは、異世代文化コミュニケーションじゃないでしょうか。

私もバブル時代の若者で、「これだから新人類は」などと『ニュータイプの先輩たち』に言われていましたが、その新人類も古人類となった感は否めません。

上記の10項目を理解しなければならないとは「全く」思いませんが、時代が流れていることは理解しておいた方がよさそうです。

このブログを書いているパソコンはwindows7ですが、上記10項目のうち、一発で変換できなかったのは、キュン死だけでした。

コンピュータって凄いですね。

「さぎしゃめ」なんて、「詐欺者目」とかに変換されてくれたほうが、健さんも寅さんも安心したのに、どんどん時代に取り残されていく気分です。

専門家以外で全部わかる40代後半以上の人がいたら、、、尊敬します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本格的

いつもありがとうございます。塾長です。

卒業生(大1)が相談がてら、差し入れを持って来てくれました。

1506

中華料理店でアルバイトを始めた彼女は、第2外国語で勉強している中国語で、全員中国人の厨房スタッフとコミュニケーションをとるべく頑張っているそうです。

シェフは★いくつかのホテルの料理長だったらしく、味には期待できそうでした。

授業後講師たちと食しましたが、皆口を揃えて美味しいと言っており、確かに「本格的な中華の味」でした。

その卒業生の相談は、高校の後輩のAO入試に関することだったのですが、もう、その子のAO入試対策から1年が経つのですね。

1時間ほど話しましたが、昨年の入試対策の時、私が相当厳しく指導した思い出の話が多く、合格した今となっては笑い話になるという返事が聞けて安心しました。

今年もチャレンジャーは数名いそうなので、時間が許す限り後押ししていきます。

この中華料理以上に本格的なAO対策しますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切り替え休日

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日は朝方教室に行ったのですが、やはり休日は休むことにし出かけました。

仕事ができる人はONとOFFの切り替えが上手いと言いますが、私もそうなりたいと思い、ますは形から真似してみました。

1506


家族で良い風にあたってきました。

溜めた仕事は平日に2倍速でこなします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらに上を目指して

いつもありがとうございます。塾長です。

今日は休校ですが、夏期講習関連の準備をします。

昨日は元講師が来てくれたので、近況報告を聞きながら、現講師とともに、現在の受験生の学力をどうやって上げていくかという話を、新しい試みも踏まえて考えていました。

常に、より高みを目指す先生たちと仕事ができるのは幸せです。

これが塾生に響いてくれることを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H28神奈川県公立高校入試選考基準

今日もありがとうございます。塾長です。

平成28年度神奈川県公立高校入試の選考基準が、県教育委員会から発表になりました。

各高校の入試における配点比率が掲載されています。

例えば近隣の秦野高校は、例年通り3:5:2型(左から内申:学力検査:面接)となっています。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

神奈川県教育委員会の発表ページ

今日はそろばんがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試験範囲

いつもありがとうございます。塾長です。

平塚市内中学校のテストが始まりました。

秦野市内中学校の3年生は、修学旅行の翌週がテストのため、1週間早くテスト範囲が配布されましたが、3週間あると、また範囲変更があるでしょう。

しかし本番の入試は全範囲ですから、指定された狭い範囲だけを勉強して勝てるようなものではありません。

範囲などにこだわらず力をつけていきましょう。

という話を、広範囲の模試を返却しながら3年生に伝えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨入り

今日もありがとうございます。塾長です。

西日本では梅雨入りしました。

教室のある地域も、週末には梅雨入りすると予想されています。

じめじめとした季節ではありますが、この後に猛暑が来ると思うと、鬱陶しくても梅雨明けが遅くなればと願います。

せめて塾生たちが、カラッと晴れたような得点をテストでとってくれれば、教室内だけでも

快適に過ごせそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある卒業生の今

いつもありがとうございます。塾長です。

先日、ある卒業生の保護者様に会いました。

そのお宅からは二人のお子さんをお預かりして高校受験を見守ったのですが、その二人とも卒業後には教室に来ないので、色々と話を聞かせて頂きました。

上のお子さんは浪人して入った大学を早くに辞めて、違う道を目指して専門学校へ行きながらアルバイトをしているということですが、初年度に支払った諸費用は全て無駄になってしまったそうです。

その新しい道に向かってきちんと進んでいればお母様も愚痴を言わないのでしょうが、どうやらそうでもないらしく、話を聞いているうちにブチッときたので「本人を教室へ来させて下さい」と伝えました。

すると「塾長に怒られるとわかっているから、顔を出せないようです」と、お母さんは我が子の性格をよくわかっているようでした。

思えば昔、一度そのお宅に行ったことがありましたが、その時も顔を出さないからわざわざ自宅へ乗り込んだ記憶があります。

思い出しても、そんなことをしていて自分は何屋なのかよくわからなくなってきますが、これが私であります。

久し振りに自宅前で待ち伏せして説教でもしようかな。

苦労続きのお母様ですが、明るく振る舞っていたのが印象的でした。

下の子が就職活動を頑張っていると聞いて、それが唯一の救いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験授業一時停止

今日もありがとうございます。塾長です。

先週から再開した体験授業ですが、一時停止とさせて頂きます。

次回の募集は、講師のリソースに余裕ができた場合に行いますので、よろしくお願い申し上げます。

小さい教室ですので、ご理解頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年度第1回全国模試返却

いつもありがとうございます。塾長です。

本日より全国模試結果の返却を行います。

小学生は4科、中学生は5科の結果ですので、特に理科や社会に関してのデータは貴重です。

夏休みにどこを大手術するのかがよくわかりました。

今週テストがある平塚市内中学校の生徒は、テスト対策を優先しますので、返却は金曜日からです。

担任または私からの話をよく聞いて、テスト直しを実行し、提出して下さい。

あー。受験生と話したくないなあ。

また唾が飛ぶほどのお説教になってしまうのか。

これが2月まで続くと思うと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »