« 意外と | トップページ | 変革期 »

誰とでも≠どこでも

今日もありがとうございます。塾長です。

今週もテスト週間です。

元講師が寄ってくれました。

金曜の夜、そして日曜の昼と、皆教室が心配らしく?ということではないでしょうが、近況を報告してくれました。

近況と言えば、昨日連絡した同級生は、台湾にいるようです。

携帯に電話をすると、開口一番「鈴木さん大丈夫ですか」と尋ねられました。

「ああ、年寄りらしく慎ましく暮らしているよ」

「いやいや(笑)、これ、海外なので、通話料が」

「え、誰とでも定額だけど」

「いや、海外は多分別ですよ」

というような会話がありました。

調べてみると、誰とでも定額はどこでも定額ではありませんでした。

しかも、普通に相手に電話をしただけで、海外料金が発生すると言う恐ろしさ。

当然契約書のどこかに書いてあるのでしょうが、知らないというのは怖いですね。

|

« 意外と | トップページ | 変革期 »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/61606308

この記事へのトラックバック一覧です: 誰とでも≠どこでも:

« 意外と | トップページ | 変革期 »