« 修造カレンダー | トップページ | 体験授業で話すこと »

映画ドラえもんを観る

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は仕事の合間に、子どもと映画を観に行ってきました。

ドラえもん『のび太の宇宙英雄記』です。

藤子不二雄両先生には、昔赤塚不二夫先生の所に出入りしていた時、漫画集団と言う漫画家組合の忘年会でお会いしたことがあります。

とは言っても私は赤塚先生の依頼で、忘年会のスタッフをしていただけですが。

納豆を体中に塗った納豆ショーなど、変わった趣向の内容でした。

日本の漫画は世界に誇れる作品が多いですが、そういう発想をする人たちの原点を勉強させてもらったことは、今の塾経営にも役立っています。

ちなみにその忘年会、日本一早い忘年会と題され、夏にやってました。

この辺から感覚がクリエイティブすぎますね(笑)

そのドラえもんですが、主人公ののび太があまりにもドラえもんに頼りすぎることが、子どもの教育に良くないとかで、アメリカなどではなかなか広まらなかったと聞いたことがあります。

純粋に子どもに夢を与える作品としては素晴らしいと思いますが、確かに自分の子どもがのび太みたいだったらと考えると・・・。

それでも映画は感動的な内容で、十分子どもも楽しんでいましたし、自分が子どもの頃も同じようだったと感慨深いものがありました。

「面白かったね。」

と息子に言うと、「面白かった。」と返事が返ってきましたが、一緒に行った奥さんからは、

「最後の5分しか起きてなかったでしょ。」

すいません。春期講習のせいです。

|

« 修造カレンダー | トップページ | 体験授業で話すこと »

休日・休校日」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/61253560

この記事へのトラックバック一覧です: 映画ドラえもんを観る:

« 修造カレンダー | トップページ | 体験授業で話すこと »