« 体験授業の続きは来週です | トップページ | 修造カレンダー14日 »

ある受験生から聞いた話

今日もありがとうございます。塾長です。

先週中学校を卒業した塾生に聞いた話が、昨今の高校入試を物語っていました。

その塾生と仲の良い友人が、同じ高校を受験し、内申は友人のほうが遥かに高かったそうですが、チャレンジャーであるうちの塾生は受かり、当然合格すると思っていた友人はだめだったそうです。

正確な数値の比較をしていませんが、2次選考を考えれば当日点で勝負が決まったことになります。

私たちは自分の塾生が合格してくれたのでそれで一安心していましたが、同じ部活動で頑張る約束をしていたらしく、その生徒の喜びも割り引かれたでしょう。

しかし我々は、そういう悲喜こもごもを取り除いた数字で入試を見ていかないといけません。

開示された得点と内申を集計したものがデータとして数か月後には届きますが、それを元にまた、新しい受験生の受験指導をしていきます。

今の中1も、現行大学入試制度最後の世代と考えると、仮に浪人したら、制度が変わる次学年に対し大きな不利を受けることになります。

ということは今からしっかりと取り組んでいかなければならないのですが、どちらかというと、制度が変わる初年度の学年のほうが敏感なような気もします。

焦るべきは最後の学年だと思うのですが、周りが同じならば気にならないと言うのがこの国の普通のようで。

そういうことを考えながら今年は、例年通りの休みがとれないまま、次の入試に突入しそうです。

|

« 体験授業の続きは来週です | トップページ | 修造カレンダー14日 »

受験」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/61293925

この記事へのトラックバック一覧です: ある受験生から聞いた話:

« 体験授業の続きは来週です | トップページ | 修造カレンダー14日 »