« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

金婚式

今日もありがとうございます。塾長です。

春期講習8日目です。

入試までよりその後のほうがきついスケジュールは初めてです。

春休みになった息子と妻が、私の代わりに埼玉の実家に行きました。

後で知ったのですが、昨日が父と母の金婚式だったそうです。

すぐにピンと来たのですが、教員同士の結婚なので、春休み中なのかと聞いてみると、その時4月3日から学校が始まるから、その前に式を挙げたそうです。

50年もまあ、よく続くものだと、我が親ながら感心しました。

電話口でおめでとうと言っただけですが、孫の成長した姿を喜んでくれたようです。

成長を見たいから長生きすると言ってました。

私の方が倒れないようにしないと(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春期講習7日目

いつもありがとうございます。塾長です。

春期講習7日目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異動の季節

今日もありがとうございます。塾長です。

春期講習6日目です。

昨日は、自修館の先生や色んな方がいらっしゃいました。

塾名変更時期と入試が重なっていたので、お知らせを出していない取引先がありました。

私立の先生も、看板が変わったことを知らずにうちの卒業生に確認したらしいです。

失礼しました。

この時期、引っ越しや異動が多いですが、そういう挨拶で来られる方も多いです。

4月の通常授業時間割は月曜日から配布する予定ですが、それも色々と大変です。

本日は面談の合間に2件の体験授業がありますが、来週からのスムーズな運営のため引き続き考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もまた

いつもありがとうございます。塾長です。

粋なお祝いを頂戴しました。

1427479394991


開校祝いです。

看板変更祝いっていうのは無いですからね(笑)

秦野のGゼミナール塾長浜田さん、小川さんとその奥様からです。

嬉しいですね。

今日はそろばんと三者面談のみです。

昨日も保護者面談で、ある生徒のお父様と話が盛り上がってしまい、遅い時間でその後の予定が無かったので、長時間話してしまいました。

もう、塾長と保護者という関係を超越している人が何人もいます。

その前の面談では、生意気ながら、保護者さんとその生徒がとった過去の行動に対し、保護者さんを含めお説教させて頂きましたし、それも皆、縁あった人たちと末永くおつきあいしたいからです。

講師が受験前にメッセージを書いて渡したキットカット、保護者様たちによると、数人が、「もったいなくて食べられない。」と保存してあるそうです。

そう言う話を聞くと、私達のしてきたことは間違っていなく、気持ちが伝わっていることを実感できます。

休みは欲しいですが、それ以上のものを、面談のたびに頂いていますので、それでよしとします。

あ、新中3生との面談の内容ですが、80%以上が、「これから1年間覚悟を決めろ。容赦はしない。しかしそれが、後の人生に絶対にプラスになる。」みたいな内容です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春期講習5日目

今日もありがとうございます。塾長です。

春期講習5日目。

ずっと面談は続きます。

面談後の授業で、表情が硬くなっていた新中3生がいたそうです。

相当勉強しないと志望校には入れない、やばいと思ったのでしょう。

今まで何となく「大丈夫」と思っていたところに現実を突きつけられて、やっとわかってくれましたか。

ここからが受験生の始まり、また、我々の苦難のサポートの始まりでもあります。

新3年生に見せるとフリーズしてしまう神奈川県の最新入試問題、こういう時には役に立ってくれますね。

1503


薬の代わりに卒業生がバイト初給料で買ってくれたコーヒーを飲みながら、一日を乗り越えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新中3面談

いつもありがとうございます。塾長です。

春期講習は4日目。

通知表を前に三者面談をしています。

面談で現時点の志望校を確認していますが、新年度の中3生も、相当なチャレンジャーたちの集まりのようです。

目標が高いのことは良いことで、その志望校に行きたい理由がきちんとあることも良いことです。

足りていないのは、その高校合格に必要な学力と、現在の自分の学力がどれくらい乖離しているかを分析することです。

面談では、昨日発表された公立入試の平均点や問題、解答を使用し、早く受験生として準備をスタートするべきだと伝えていますが、そう簡単にはいかないようです。

こんなに量の多い問題、難題を、学校のテスト時間と同じ時間内に解かなければならないと言うと、少しは焦ってくれました。

今日もその「脅す作業」を続けていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業式前日のメール

今日もありがとうございます。塾長です。

教室近くの東海大学湘南校舎は、本日、学位授与式(卒業式)です。

卒業される皆様おめでとうございます。

社会人として、これからの日本の国民が、より幸せに暮らせるよう、また、自身も幸せな生活が送れるよう、頑張って下さい。

その他の大学でも卒業式があります。

私の教室の講師の大学も、今日が学生最後の日だと言っていました。

教室では、近隣中学校の修了式があり、通知表が手元に届くため、本日より保護者面談、三者面談を行います。

その準備で不備があり、深夜で申し訳ないと思ったのですが、その卒業する講師にメールをしました。

担当していた生徒たちのことについて多くの質問したのですが、非常に詳しく答えてくれ、さすがうちの主任講師だと、最後まで感心させられました。

そのメールの後ろの方に、私に対して色々と書いてくれたのですが、その内容にいい歳をしたおっさんは、深夜の教室で独り、涙を流してしまいました。

私は、ただひたすら、卒業生や教室に勤めてくれる講師たちと、仲良く楽しく、後輩である塾生たちを育てていければよいと、塾を運営しています。

講師たちに対しては、一生懸命頑張ってくれていても、特に何もしてあげられず、申し訳なく思うことばかりです。

しかし講師たちは、この教室の講師であることに誇りを持って、常に最高のパフォーマンスをしてくれ、それが塾生に対する結果や保護者様たちの満足に繋がっているのは間違いありません。

人間、楽な方へ行こうと思えば、今の時代何をしようと、いくらでも楽に生きていくことはできます。

それでもうちの講師たちは、敢えて教室の伝統である質の高い教務を維持するために、自分たちだけでなく後進の指導にも、自分の時間を割いてまで協力してくれるのです。

なのに私は、その彼らに甘えてばかりで、いつも心の中で反省しながら生きています。

卒業する講師は、その教室での日々が、とても充実したものであり、今の自分を作ったのだと言うことを述べ、私に感謝してくれました。

実は前日、他の卒業する講師からもらったメールも、ほぼ同じ、教室があって人生が変わったというような内容でした(その時も涙が出ましたが・笑)

私は職業が塾長なので、毎日明るく元気に振る舞っていますが、基本的には非常に慎重で悲観的に物事を考える人間です。

自己嫌悪に陥ることも多く、ここ最近も、ずっと色々と考えていました。

加えて入試の後遺症で体調も優れず、八方ふさがり状態です。

特に生き方や在り方については、納得できるようなことはなく、さらに教室の諸事情もあり、かなり重症だったのですが、彼らのメールは、私が開校以来8年間、嘘偽りなく生徒や講師と接してきた結果を証明してくれ、曇った空に晴れ間を見たような気がしました。

間違っていない。だから皆ついてきてくれるんだ。

そう思い、これからも同じスタンスでやっていこうと思います。

教え子や講師たちが、私を救ってくれました。

まだ一番の悩みである講師不足と、それに伴う新入生受け入れ態勢の不備は解消していませんが、「教室の軸である残った講師たちが支えてくれる」と、卒業する講師たちが言ってくれたので、信じて進みます。

その講師への返信の最後に書きました。

「これから君は、多分かなり出世していくでしょう。そんな君に一つだけ最後にお願いすることがあります。いつまでも君の塾長でいさせて下さい。」

卒業おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春期講習2日目

いつもありがとうございます。塾長です。

春期講習2日目です。

今回の講習は土曜日を休校日としましたが、土曜日にはそろばんと面談がありますので実際には休みではありません。

教室近郊では明日修了式の学校が多いので、通知表を確認したいために、面談は明日以降からスタートです。

自習室に新年度教材の入ったダンボールが山積みですが、その仕分けも進んでいません。

このままだと、そろばんと面談に支障をきたすので、何とかしようと考えておりますが、それにしても毎日色々なことが起こります。

おかげさまで退屈しない人生を送っておりますが、できればハラハラドキドキは映画や小説の中で楽しみたいものです。

昨日は体験授業待ちの方2名に連絡し、体験予約を取りましたが、続きはまた来週、それよりも4月の通常授業の組み替えが先のようです。

お待ちいただく前に「お急ぎならば他の学習塾を探した方がいいですよ。」と必ずお伝えしていますが、ありがたいことにお待たせしたにも関わらず、待って下さっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春期講習初日

今日もありがとうございます。塾長です。

春期講習初日、まだ学校があるので、遅めのスタートです。

昨日、壊れたパソコンの代わりに、別のパソコンにソフトをダウンロードしシステムを試しました。

テストは大丈夫でしたが、今日の本番でうまくいくかどうか、心配しております。

面談も始まるので、これ以上余計なトラブルが無いことを祈っております。

しかし今朝のスタートは余計なことがありました。

教室前に、おそらく酔っぱらいが嘔吐したと思われるものがあり、その掃除から一日が始まったのです。

飲むのも吐くのも自由ですが、他人や地域に迷惑を掛けてはいけないと思います。

昨日の歓送迎会は感動的でした。

つくづく、私は「人」に恵まれていることを実感しました。

1503


いつもの剣友楽さんで行い、縁起よく鯛めしの差し入れを頂戴しましたので、共食いしました(笑)

さあ、これで春から順調にいくはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミーティングと歓送迎会

いつもありがとうございます。塾長です。

本日は講師ミーティングと歓送迎会です。

購入して1ヶ月のパソコンは結局、修理センターに送ることになりました。

明日からの春期講習に備えて。また難題が一つ増えましたので、休みは先送りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

S・・・OS

今日もありがとうございます。塾長です。

教室は午前中のそろばんのみですが、購入したばかりのパソコンが故障したので、その対応に追われます。

月曜からの春期講習までに何とかしないといけませんが、「OSが見当たりません」と表示されているので心配しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

待つわ

いつもありがとうございます。塾長です。

今週最後の授業を終え卒業する生徒の保護者様が、ご挨拶にいらして下さっています。

その中で昨日は、3年前の卒業生の保護者様が、その生徒の大学入試結果報告にいらっしゃいました。

彼女らしく、一般入試のみで勝負したそうです。

卒業生たちが頑張る話は、いつ聞いてもいいですね。

入塾をお待ち頂いている方からお電話を頂戴しました。

お待たせして申し訳ありません。

常に皆様には同じ話をしていますが、お急ぎの方は他の受け入れ可能な学習塾様をお探しください。

どんなに入塾希望があっても、講師の質を下げないために、学年が変わり新たな講師が来ても、時間を掛けて研修するので、すぐに希望者に対応できません。

4月からの講師出勤の目途が立ったら、春期講習、面談を確定させた隙間に、体験授業を組んでいきます。

一般入試の終わった卒業生たちが、講師として帰って来てくれることを信じて、3月中も走り続けます。

卒業生たちは最も、私たちの提供する仕事の質を実感しているので、想いを背負って成長してくれるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと2日

今日もありがとうございます。塾長です。

気が付いたら木曜日ですが、4月から高校生になる塾生の授業は、今日と明日で終了です。

卒業後も自習室に来てくれる生徒はいますが、必ずしも全員では無いというのが実情です。

つまり、今回の卒業生も、次にいつ会うかわからない人もいるのです。

それを思うと全員に、「自習室で待っているから。」という定番に加えて、色々な言葉を掛けてしまいます。

高校生になっても通ってくれる生徒が多い世代となりそうですが、塾生としてはひとまず卒業ですから、あと2日、この1年を振り返りながら、生徒を送り出したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修造カレンダー14日

いつもありがとうございます。塾長です。

14

『昇ってこいよ! 君は太陽だから』

14日の修造カレンダーより

昨日は0時前に早退しました。

そろそろ限界の用ですが、仕事が減らないです。

体験待ちの方、今週中に春期講習と塾生の面談の予定が確定したら、空いている所へご案内の連絡を順番にしていきます。

お待たせして申し訳ありませんが、今しばらくお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある受験生から聞いた話

今日もありがとうございます。塾長です。

先週中学校を卒業した塾生に聞いた話が、昨今の高校入試を物語っていました。

その塾生と仲の良い友人が、同じ高校を受験し、内申は友人のほうが遥かに高かったそうですが、チャレンジャーであるうちの塾生は受かり、当然合格すると思っていた友人はだめだったそうです。

正確な数値の比較をしていませんが、2次選考を考えれば当日点で勝負が決まったことになります。

私たちは自分の塾生が合格してくれたのでそれで一安心していましたが、同じ部活動で頑張る約束をしていたらしく、その生徒の喜びも割り引かれたでしょう。

しかし我々は、そういう悲喜こもごもを取り除いた数字で入試を見ていかないといけません。

開示された得点と内申を集計したものがデータとして数か月後には届きますが、それを元にまた、新しい受験生の受験指導をしていきます。

今の中1も、現行大学入試制度最後の世代と考えると、仮に浪人したら、制度が変わる次学年に対し大きな不利を受けることになります。

ということは今からしっかりと取り組んでいかなければならないのですが、どちらかというと、制度が変わる初年度の学年のほうが敏感なような気もします。

焦るべきは最後の学年だと思うのですが、周りが同じならば気にならないと言うのがこの国の普通のようで。

そういうことを考えながら今年は、例年通りの休みがとれないまま、次の入試に突入しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験授業の続きは来週です

いつもありがとうございます。塾長です。

今週は体験授業を入れることができませんでした。

来週より春期講習ですので、その中でお待ちの方の体験授業を順番に行っていきます。

少人数の塾だとこのようになってしまうことを、ご理解頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新高1生最終授業週

今日もありがとうございます。塾長です。

春期講習書類、面談の予定組み、配布資料の作成、教材の発注作業などが、本日の作業です。

新高校1年生に対する授業は、今週で終了です。

継続して通う生徒以外は、明日からの5日間が最終授業です。

様々な思い出を作ってくれたチャレンジャーたち、希望する高校で思う存分、大人になるための修行をして下さい。

新中3生に提出してもらっている面談の書類には、現時点での志望校が書いてあります。

それを見ると、新年度の受験生たちは、先輩たちを超越したチャレンジをしようとしているようで、休む間もなく我々は気合を入れ直さないといけないようです。

年々高くなる挑戦度合は、過去の先輩たちが無理でも達成してきたからだと思いますが、この教室を運営している限り、肉体的にも精神的にも楽はできそうにありません。

それでも、目標に見合った努力をしてくれるのであれば、全力でバックアップします。

宿命ですね。

卒業する生徒とのこの1年を振り返りながら、たまった書類を片付けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラストミッション

いつもありがとうございます。塾長です。

今日はオフィシャルでは午前中のそろばんのみですが、おそらく深夜までたまった書類と格闘するでしょう。

昨日卒業式だった中学生たちが、教室に挨拶に来ました。

たまたま、この春から社会人となる講師がきて、ちょうどよいお別れとなりました。

私が昨日卒業生に宛てて書いたブログを読んだということなので、せっかくだから記念に写真を撮ってブログに載せようと撮影したのがこちら。

81503
この1年、最も私にダメ出しされた某中学校の男子チームと、ダメ出しをしてくれた(卒業する)先生です。

教室前の焼肉東海亭で、その中学校のあるクラスの卒業パーティーがあったので、塾生1人を除く自分の知らない卒業生たち約30人に対し勝手に祝辞を述べてきました。

『お金は努力で稼げるけれど、思い出や友情はお金で買えない。だから仲間を大事にしなさい。』みたいな話です。

その話の時には、写真の中の1人しかそのクラスにはいなかったので、他のメンバーが集まったところで私が何を話したかを教えてあげなさいと、塾生としての最後のミッションを出しました。

金八先生ばりに話してくれたのですが、完答できず部分点だったので、結局私がもう一度解説するはめになりました(笑)

高校生になっても自習室に呼んで鍛えようと、鎮静化した私の心に火をつけてくれましたね。

ということでラストミッションは取り消し、引き続き修行をしてもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業式に8期生へ贈る言葉

今日もありがとうございます。塾長です。

秦野市立中学校卒業式の日となりました。

卒業する皆様、おめでとうございます。

4月からの新しい生活を思いっきり満喫して下さい。

【早稲田アルパス8期生23名へ】

卒業おめでとう。

受験生と呼ばれたこの1年間、15年生きてきて、一番辛かったけど、楽しかったでしょう。

でも、これからもっと大きな試練があるよ。

それを上回る喜びも必ずある。

だから、1日1日を大切に、自分の明るい未来を信じて毎日を過ごして欲しい。

悲しくても楽しくても、全てそれを糧にして生きていこう。

君たちの功績は我が校の歴史の1ページにしっかりと刻まれ、その想いは9期生たちに受け継がれていくことでしょう。

私の生徒でいてくれてありがとう。

そしてこれからもよろしくお願いします。

と、らしくない言葉はこの辺で、以下いつもの説教、卒業式記念公開バージョンです。

おまえら心配かけすぎなんだよ。

入試前に焦るんだったら、何でもっと早くから言われたことやらないの。

勉強だけじゃなく、生活や態度全てにおいて改善してくれ。

この2ヶ月、どんだけ先生たちが苦労したか、ちょっとは考えろよ。

卒業式の前日でさえダメ出しした生徒もいたけど、本当にちゃんと高校生できるのかい。

ひと山越えたけど、まだまだ全然なってないね。

だからこれからも自習室に来い。

まともな大人になれるようもっと鍛えてやるからな。

いい加減、早く俺を楽させてくれ。

ただ、今日くらいは言ってやるよ。

卒業おめでとう。

俺らを信じてくれてありがとう。

塾長 鈴木鯛功

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人の繋がり

いつもありがとうございます。塾長です。

毎日の業務において悩みは尽きないですが、人の繋がりだけが命綱です。

一昨日は歴代の主任講師が2人、教室に寄ってくれました。

卒業してしまう講師に会いに来たようです。

その1人、市内の小学校教員をしている元講師のかつての教え子(うちの卒業生)は、その講師の出身大学に合格しました。

そこで昨日教室で再会し、これから教員を目指し頑張っていく後輩にエールを送っていました。

こうやって繋がっていくのが、教室の伝統です。

私の子どもも来年、小学校に入学ですが、元講師が2人働いている小学校に入学予定です。

もし担任になったら、その先生たちも私もやりにくいでしょうね。

大学1年生になる卒業生も、4年後、近くの学校に配属されるかもしれません。

いまからしっかり鍛えていきたいです。

そう思えば苦しくても、もう少し頑張れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの日から4年

いつもありがとうございます。塾長です。

早いものであの震災から、今日で4年が経ちました。

原発事故の影響もあり、復興は必ずしも捗っているとは言えません。

避難生活を強いられている方も多いと、南相馬の講師から聞いています。

それでも、前を向いて、未来へ向けて進んでいきたいです。

復興支援で始めた南相馬市の原町校ですが、人口減やその他の問題から経営はうまくいっていませんでした。

昨夏、うちの講師が帰省して引き継ぎ、何とか私の想いを地域の人々に届け、それに共感した地元の子どもたちとその保護者様が徐々に増えているようです。

被災した地方から東海大学へ進学した学生を助けるために始めた、アパート入居者への被災者限定サービスも3年半が経ち、これからもまだまだ未来ある学生を被災地から受け入れようと考えています。

これからも色々な形で、あと何十年かかるかわからない復興を支援していくつもりです。

行方不明の方はまだ、2584人いらっしゃいます。

早くご家族の元へ帰れますよう、捜索を続けている方にお願い申し上げます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、復興へ向けて皆で力を合わせていきたいとこの日に再度誓います。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験授業で話すこと

今日もありがとうございます。塾長です。

お待ち頂いていた方の無料体験授業を進めています。

保護者様との面談で感じるのは、最近の神奈川県の高校入試が、難しくなっていることを知っている方はいらっしゃっても、「どう変わったか」までは知らない方が多いです。

当然、受験まであと2年、3年あれば、入試問題に目を通すことは稀かもしれません。

そこで、体験する生徒の学年に関わらず、今回の入試問題と、解答用紙、それから、どの部分が中1、どの部分が中2で習う単元かを説明し、それらの全体に占める割合や、学校のテストとどのくらい難易度が違うのかも話します。

すると、各学年でやらなければならないことを視覚的に理解してもらえるので、公立高校入試とは離れた学年でも、「こりゃ大変だ。」となります。

そう話して入塾をあおるわけではなく、しっかりと、「今、何をしなければならないか」を理解して頂き、それに対して教室が「何ができるか」を説明していきます。

知は力なりとは良く言ったもので、そういうことを知って日々過ごすのとそうでないのでは、色々と差が出てきます。

大事なのは、相手を知ること。

今回で言えば「神奈川県がどこまで求めているのか」です。

ただ「勉強しろ」と言って勉強する子どもは稀です。

敵を知り己を知って初めて、戦えるようになること、自分から何とかしようと思うということを、入塾するかしないかよりも、せっかくご縁があって体験授業に来て下さったのですから、知って帰って欲しいと願います。

そうすれば、自分で勉強しようとも、どこの塾で勉強しようとも、力はついていくと思います。

そういう話を主にしているので、時間の関係上、塾の説明に関してはどうしても短くなってしまいます。

しかし、パンフレットを読めばわかることは、「すいません。後で読んでおいて下さい。ご不明な点はいくらでもお答えします。」で済みますので、本当に大事なことを優先して伝えています。

商売っ気が無いと言われることが多いのですが、私の目的は入塾してもらうことではなく、来てくれた人たちの意識を変えることなので、特にこだわってはいません。

今週はあとお一人様、体験のコマがとれましたが、同じような話をしていきます。

もちろん、塾を探す理由についても詳しくお聞きし、ご期待に添えるかどうかをお伝えしていきます。

お腹が空いているからと言って、料理をするかしないかで、案内する所はスーパーかレストランか違いますし、外食するとしても、何を食べたがっているのかで、和食か洋食かなども違ってくるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画ドラえもんを観る

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は仕事の合間に、子どもと映画を観に行ってきました。

ドラえもん『のび太の宇宙英雄記』です。

藤子不二雄両先生には、昔赤塚不二夫先生の所に出入りしていた時、漫画集団と言う漫画家組合の忘年会でお会いしたことがあります。

とは言っても私は赤塚先生の依頼で、忘年会のスタッフをしていただけですが。

納豆を体中に塗った納豆ショーなど、変わった趣向の内容でした。

日本の漫画は世界に誇れる作品が多いですが、そういう発想をする人たちの原点を勉強させてもらったことは、今の塾経営にも役立っています。

ちなみにその忘年会、日本一早い忘年会と題され、夏にやってました。

この辺から感覚がクリエイティブすぎますね(笑)

そのドラえもんですが、主人公ののび太があまりにもドラえもんに頼りすぎることが、子どもの教育に良くないとかで、アメリカなどではなかなか広まらなかったと聞いたことがあります。

純粋に子どもに夢を与える作品としては素晴らしいと思いますが、確かに自分の子どもがのび太みたいだったらと考えると・・・。

それでも映画は感動的な内容で、十分子どもも楽しんでいましたし、自分が子どもの頃も同じようだったと感慨深いものがありました。

「面白かったね。」

と息子に言うと、「面白かった。」と返事が返ってきましたが、一緒に行った奥さんからは、

「最後の5分しか起きてなかったでしょ。」

すいません。春期講習のせいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修造カレンダー

今日もありがとうございます。塾長です。

日曜日ですが、仕事です。

午前中に仕事がないだけ助かりました。

春期講習の準備を進めています。

1425751789926


修造カレンダーが励ましてくれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春期コマ割り

いつもありがとうございます。塾長です。

午前中はそろばんです。

面白いもので、そろばんもこの時期に入塾希望者が増えます。

東海大学前も本厚木も、その傾向は似ています。

そして午後から春期講習のコマ割りを一気に終わらせようと考えていますが、事務作業は自分で時間を決められるので、久しぶりに子どもと遊ぶ時間を作れそうです。

そうは言っても全ては作業の進捗次第で、また週末が過ぎていくでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書類作成

今日もありがとうございます。塾長です。

授業後にひたすらキーボードを叩いて、書類を作成しています。

2月まで所属していたフランチャイズの書式は使えないので、全て作成し直しです。

ところが、意外と自分で作成したものが多く、今となってはホッとしています。

それでもこの時期は、多くの書類を必要とし、またそれを作成する時間を捻出するためには、他の時間を削らなければならないという悪循環です。

ゴールデンウィークには毎年、1週間の休校期間があり、そこで休みます。

ですからそこまでには落ち着きたいと思っていますが、なぜか今年は大きな講演の依頼が多く(と言っても4・5月で2件ですが)、その準備がのしかかってきています。

しかし基本的に依頼は断ってはいけないので、何とかします。

塾にいる間は、塾生に背中を見せて人生を教えるので、頼まれたら引き受けるの精神で、きちんとこなすつもりです。

だから時間が足りないのですが、睡眠を削れば良いだけなので、頑張ります。

土日はそろばん以外に教室は開けませんが、教室にはこもっているでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト結果の弊害

いつもありがとうございます。塾長です。

春期講習までは、のんびりしたいのですが、そうもいきません。

次から次へと、向こうから「解決しなければならないこと」がやってきます。

それを一つずつクリアしないと前へ進めませんので、「入試が終われば・・・」の気持ちで乗り切った後もやはり動き続けるしかないのです。

その課題の一つに中2生の受験に対する意識の低さがあります。

まあ、毎年この時期に、1年後の自分を想像している中2生はそれほどいないのですが。

特に部活動に励んでいる生徒は、これから夏の引退に向けて最も頑張っていく時期ですから、「中3生」=受験生になるというより、部活で結果を出したい人が多いようです。

それとこれは教室のせいでもあるのですが、

昨日、返却された1・2年生の学年末テストの結果を見ると、明らかに半年前より得点が上昇している生徒が多いです。

夏休み頃、「塾に入ったのに何でこんな点数を取って来るんだ。」と親に罵倒されて落ち込んで塾に来て講師に慰められていた生徒も、平均を上回る点数で安定していました。

他にも講師たちに聞くと、「Aさんも、B君も、結構な生徒が、良く伸びています。」というような答えが返ってきます(もちろん、まだまだ課題が残る生徒ばかりですが!)

その、「アルパスに通ったらテストの点数が上がったからそれでいいや。」的な考えが怖いのです。

学校の「範囲の決まった、要領の良い子ならば得点できてしまうような」テストで満足しては、高校入試の「今まで培った全ての範囲から実力を観る」ような試験では、全然勝負になりません。

志望校があるのなら、模試の偏差値でA判定をとって初めて、少しは認められるくらいです。

しかし、春期講習の申し込みを見ていると、明らかに「学年末テストで満足。」みたいな生徒が見受けられることが気が気でなりません。

今、気が付いたこの時から始めて下さい。

これは、中3生に4月も7月も9月も11月も言っていることです。

とにかくすぐやる。

準備をしっかりした人ほど、本番で成功する確率が上がります。

さて私は、この問題を片付けるべく、春の面談では、新中3生に、ある高校が来年度から募集をしなくなる可能性が高いという話をしようと思います。

それよりも今、意識を変えて欲しいのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中3強制モード

今日もありがとうございます。塾長です。

3月の中3生は、英語と数学のみしか授業をしません。

しかし高1の最初に習う単元を徹底的に勉強してもらいます。

合格して安心している間に最初の中間テストが来て、すぐに夏休み。

そこまでの評定も大学受験で指定校推薦をとるなら関係してくるのに、何もしない人が多いので、強制的に教え込んでいます。

殆どが中3で卒業するのは、当教室が卒業生10年間無料保証で、いつでも勉強のサポートをするからですが、久しぶりに来た時には手遅れ!となることも結構あるので、残っている生徒全員、まだ卒業していない3月中に、無理やり高校範囲を進めてしまいます。

しかし、入試が終ったらコマを確保したいので国語や理科社会の授業は無しにしてもらっています。

そこで空いたコマを利用して、入塾待ちだった方の体験授業や入塾確定者の授業を入れています。

昨日は驚くほど生徒の少ない一日でした。

中3生も数が減ると、非常に寂しい教室です。

しかし、新しい生徒が少しずつではありますが出入りしてくると、何となく新年度が始まったような気分になります(当教室の新年度は3月スタートです)。

月曜から中3生には、合格した高校に行って得点開示請求をしてもらっています。

まだ数名ですが、得点を見ると・・・全部判明してから考察しますが、ボーダーは結構な所にありそうです。

嬉しかったのはある生徒(私が入試の数日前に国語の記述解答方法を指導して手ごたえがあったと喜んでいた)の開示得点の国語が、記述が完璧にとれているもので、本人がそれで相当自信をつけたと喜んでくれたこと。

こういう瞬間、「教えて良かった。」と実感します。

本当に嫌な事が多い独立後の数日ですが、生徒たちに救われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心機一転

いつもありがとうございます。塾長です。

早速システム上のトラブルがあり、メール送信機能が麻痺しました。

私の仕事も滞っています。

しかし、新しい名前は良いですね。

殆どの事情を知っている方々は皆、新名称になったことについて「おめでとうございます。」と祝福してくれます。

ありがたいことです。

さて、もう次の入試に向けて春期講習の締め切りが金曜日に迫っています。

4月には皆、また一つ学年が上がるので、考える暇もなく、入塾待ちの解消に向けて動かなければいけません。

倍速で動けないので、その分できるのは睡眠時間を削ることくらい。

壁があってもやるしかないです。

新しい名前なのですから、それなりにフレッシュな気分で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突貫工事

今日もありがとうございます。塾長です。

土日の2日間でリニューアルしなければならないところを色々と変えていったのですが、意外と多くて、結局月曜朝8時までかかりました。

外装などは業者さんに発注してありましたが、内部は全て自分でやらなければならないので思った以上に時間がかかりました。

加えて、本当にきつかった今年の入試が、想像したよりも良い結果でホッとして気が抜け、どっと疲れが出たのも遅れた要因かもしれません。

まだ確定申告が残っているのですが、メールシステムの変更のために膨大なデータを手で打ち込んだりと、入試前よりも大変でした。

しかし良く考えてみると、入試前に受験指導以外を後回しにしてまで受験指導を行ったから今回の結果となったわけで、今大変なのは学習塾としては正しいことをしたからだとも言えます。

そのような考察をしている間にも、生徒が来るまでに進めておきたいことが山ほど残っているので取り掛かります。

スマートなリニューアルとはいかないところが、私らしさを表しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教室名変更のお知らせ

いつもありがとうございます。塾長です。

本日より当教室は教室名を変更します。

旧名称:早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

新名称:個別指導 早稲田アルパス 東海大学駅前校

尚、教室名以外は何も変わりません。

リニューアルといっても、早稲田育英ゼミナールを離れ、外装と看板を取り換え、教室内の本棚を新しくした程度です。

塾長以下、スタッフも方針も変わらず、今まで通り運営していきます。

「さらにパワーアップ」とかはありません。

なぜなら教室の今までの取り組みを見ている方はご理解頂けると思うのですが、私たちは常に全力で取り組んでいるので、名前が変わったからと言って、全力以上の力は出せません。

ひたすら今まで通り、地域の人々とともに、地域の人々のために、全力で取り組んでいきます。

卒業生の皆様

教室外観が変わっても安心して中にお入り下さい。

中の人は変わっていません。

卒業生への10年間無料保証は継続中です。

・自習室使いたい放題(混雑時は現塾生優先)

・学習、進学、受験、就職、友人、家族、恋愛、結婚、その他人生について全ての悩みに全力でお答えします。

・AO・推薦入試対策は塾長が自習室でマンツーマン指導します(志望理由書・課題レポート・キャリア計画書・小論文・プレゼンテーションなど全て)。

・何かあったらとにかくすぐに電話下さい。

以上

これからも当教室をよろしくお願い申し上げます。

平成27年3月1日

個別指導早稲田アルパス東海大学駅前校 

運営会社 株式会社シャイムズ 代表取締役

鈴木鯛功(塾長兼務)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »