« 27年度神奈川県公立高校入試倍率発表 | トップページ | 耐える時期 »

入試対策無料補講2月第1回

いつもありがとうございます。塾長です。

本日も入試対策補講(2月第1回)です。

昨日の補講、公立高校受験生は全員来ていました。

来たか来ないかより、「やってるかやっていないか」が重要なのですが、来ていれば我々がそれを把握できるので、来ないよりは100倍くらい受験生のためになります。

志願変更について、可能性のある生徒数名に話を聞きましたが、突っ張るなら突っ張るなりの覚悟と態度を見せて欲しいです。

受験生以外にも学年末テストに向けて覚悟をして欲しいと思います。

先週末から中3生以外の模試を返却していますが、結果を見るとおおよそ、冬休みに何をしていたかがわかります。

もう、そんなに余裕で、勉強しないでいる場合ではないですよ。

受験生以外の学年は、毎日受験生が真剣に勉強しているのを見ていると思いますが、自分が受験生になる日なんて、すぐに来ますので、他人事と思わないで、受験生になった自分を想像しておいたほうがよいです。

中2生は、2か月後に「受験生」という肩書になり、面談も三者で強制し、否が応でも受験や勉強から逃れられなくなりますが、中1生も、今度の夏には先輩が部活動を引退し、部では最高学年となり、夏からは模試も志望校判定が出るのです。

まだまだ先の話と思わず、色々と考えてみましょう。

例えば部活に絡めて、どこの高校が自分の所属している部活動で強いのか、などといったことでも良いです。

少し調べたり周りに聞けばわかることもたくさんありますよ。

アンテナ効果といって、自分が興味を持ったことは、今まで気が付かなくても良く耳や目で感じられるようになりますので、少しスイッチを切り替えていきましょう。

さて私は、「本人たちが思う以上に私が危機を感じている今の受験生」の指導に戻ります。

|

« 27年度神奈川県公立高校入試倍率発表 | トップページ | 耐える時期 »

受験」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/61066382

この記事へのトラックバック一覧です: 入試対策無料補講2月第1回:

« 27年度神奈川県公立高校入試倍率発表 | トップページ | 耐える時期 »