« 受験生のボーダー探り | トップページ | 疲労の蓄積 »

補講2日目

今日もありがとうございます。塾長です。

テスト対策補講2日目です。

先日の公立高校入試問題を見ても、今まで以上に受験生の問題を読み取る力、思考力、判断力などを試される内容が増えています。

しかしそれらは、社会に出れば必要となるもの、きちんと身につけてもらいたいです。

大人の社会では、これらの能力の差で、明らかに仕事や生活に差が出てしまいます。

特に、安直に物事を済ませようとしたり、自分を薄い知識で正当化し、現実から逃げる癖があると、その場でごまかせても真の難局に直面した時にはどうにもなりません。

そこで、もっと考え、それをどう解決に生かすかといった力をつけるために、昨今の入試問題のような単なる知識だけでは解けない問題が増えているのでしょう。

しかし問題が難しすぎて、せっかく勉強したのに解けず、「勉強しても何の役にも立たなかった。」と落ち込んでいる生徒も多い入試でした。

「人生そんなに甘いものではない」ということを教えるには良いかもしれませんが、少なくとも、もう少し、上位校以外を受ける生徒たちに達成感を与えて欲しかったです。

上位を比較するならば特色検査を導入するようにし、問題数や記述の量は増える傾向で構いませんが、それぞれの生徒がそれぞれ勉強した成果が出せる内容にしてもらいたいと思います。

とにかく、次の受験生には「覚悟を持って勉強するように」繰り返し伝えていきます。

まずは学年末テスト対策、しっかり行って下さい。

|

« 受験生のボーダー探り | トップページ | 疲労の蓄積 »

塾長の記事」カテゴリの記事

教室開放」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/61175021

この記事へのトラックバック一覧です: 補講2日目:

« 受験生のボーダー探り | トップページ | 疲労の蓄積 »