« 平成27年度出陣 | トップページ | 公立高校入試3日目 »

公立高校入試2日目

いつもありがとうございます。塾長です。

公立高校入試2日目。

面接と特色検査が行われます(一部の高校では明日の日程もあり)。

生徒がいない時間帯にしなければならない仕事も、入試のことを考え手がつかなかったので、昨日は朝仕事中に、東海大学前駅に行ってきました。

受験生たちに声を掛けていたのですが、中学校の先生が名簿を持って、生徒一人一人がきちんと高校に向かったかどうかをチェックしていました。

この時点でもう、気の利いた言葉もなく、ただ「普通にやってこい。普通に。」くらいしか台詞はありませんでした。

その時間帯に駅にいることが殆ど無い職業ですので、声を掛けるより色々な知り合いから声を掛けられるほうが多かったような気がします。

学校に向かう伊勢原高校の先生、近所の胃腸科の院長先生、ファミリーマートの店長など、皆、会う人会う人が「塾長頑張って下さい。」と、私を励ましてくれました(笑)

私はこれ以上頑張れないのですが。。。

入試後帰ってきた生徒たちの話と問題、解答を総合して考えると、今回の入試も昨年並みの難易度で、おそらく平均点も昨年並みか、理科など易化が予想された教科はさらに難しくなったように思えます。

皆、自分だけができなかったと思っているようでしたが、受験生全員の自己採点を見ると、それぞれ、それなりの順番にならんでいるので、そこまで悲観することはないかとも思います。

最近自習室で入試対策のフォローをしていて、ある生徒に対し私が国語の問題の解き方について解説したのですが、その通りに実践して記述もほぼ完ぺきだと喜んでいました。

合格を勝ち取ってなんぼの学習塾だと思われがちですが、私としては、その生徒のように、暗闇がぱっと明るくなるように自信を持って確実に解けるようになってくれたことも、塾で得た大きな収穫だと嬉しく思います。

それより、残された面接と特色検査をしっかりと行うために昨日も先生と私は必死でした。

前日なのであまり追い詰めるようなことはしたくなかったのですが、仮にボーダーラインぎりぎりとして、面接で多く点数が取れればと考えると、力を入れずにはいられなかったです。

実際に面接が合否に与える影響は低くとも、塾生として、面接シートから各生徒と話し合って作り上げたそれぞれの魅力を、せっかくの晴れ舞台にきちんとアピールできなければもったいないですからね。

ということで厳しく指導してしまった受験生たちごめんなさい。

自分という商品を、自分のセールストークで少しでも高く売って来て下さい。

健闘を祈ります。

課題山積、まだ休めません。

|

« 平成27年度出陣 | トップページ | 公立高校入試3日目 »

受験」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/61151023

この記事へのトラックバック一覧です: 公立高校入試2日目:

« 平成27年度出陣 | トップページ | 公立高校入試3日目 »