« 入試対策補講続く | トップページ | 講師たちが集まった理由 »

あれから5年

いつもありがとうございます。塾長です。

掃除機をかけると、平日よりも土日の補講後の方が、明らかにゴミの量が多いです。

それだけ多くの生徒が補講で頑張っているという証でしょう。

模試結果から志望校をどうするかを、家で話し合ってきた結果を確認しました。

教室の傾向として、内申は足りないけれど当日点勝負という受験生が多いのは例年のことですが、今年も「ダメなら私立でいいと親からOKもらいました。」という生徒が結構います。

その親御さんの気持ち、きちんと理解しているのでしょうか。

この15歳の数か月の間、今までにない壁を乗り越えるために努力し、その結果我が子が成長してくれることを信じてチャレンジする許可をくれているのです。

決して、何の努力もしない子どもを安易に私立高に行かせるような親はいません。

それを背負ってあと3週間、チャレンジャーらしく努力して下さい。

いくら我々が気合を入れていても、口だけの人、努力しない人は知りません。

昨日は補講後、商店会青年部でかつてお世話になった居酒屋剣友楽の大将である大隈秀人さんの命日に、青年部メンバーが集まりました。

大隈さんは私の大学の先輩であり、教室開校時からずっと、私を助けてくれました。

特に鶴巻中の剣道部顧問の時は、女子団体を全国大会に導くなど、その熱血指導からは、私も色々と学ぶことがありました。

亡くなられてから5年が経ちますが、大隈さんを慕うメンバーは多く、昨日も多くの青年部メンバーが集まりました。

5年前に息子が生まれた時、電話でその報告をしたのですが、

「鈴木、後継ぎが生まれて良かったな。」

そう言ってくれた2週間後に、旅立たれました。

息子の誕生日が来ると、先輩の命日が近づいてきます。

私は今でも、「いつか天国で大隈先輩に再会した時に、生徒たちの指導に関して先輩から怒られないように。」というつもりで生徒指導をしています。

その存在は目に見えなくても、今でも私たちに大きな影響を与えてくれる人、大隈秀人。

先輩、まだ俺は頑張りますよ。

特に今、剣道部の1年生、全く勉強できないし、考え方も甘いんで、先輩の分も俺が指導しておきます。

先輩の精神は青年部で受け継いでいきますので、ご安心下さい。

|

« 入試対策補講続く | トップページ | 講師たちが集まった理由 »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/61035006

この記事へのトラックバック一覧です: あれから5年:

« 入試対策補講続く | トップページ | 講師たちが集まった理由 »