« せ・ま・い | トップページ | 人手不足 »

変わらないね

いつもありがとうございます。塾長です。

7年前に高校受験をしたのが、当教室の1期生。

今は大学4年生になっています。

その代の卒業生の中には、既に幼稚園の先生として頑張っている人、子育てを頑張っている人もいますが、殆どは来年度から新社会人となる予定です。

昨日、その中の一人が、内定の報告に来ました。

IT企業でSEとして働くそうです。

その生徒とも多くの思い出があるのですが、彼女の話で最も印象に残っているのは、「中3の冬、受験勉強で辛くても頑張ったから、その後の困難も乗り越えられた。」という内容です。

第1志望とする公立高校は、彼女の成績では届かない所にありました。

当然、冬期講習での課題も多く、それなりの覚悟で臨むかどうか、三者面談では終わらず、後日また母子で教室に来て話し合ったことを覚えています。

彼女は親に負担を掛けたくない(講習費用などの面で)、しかしお母さんが、「この子が本当に○○高校に行きたい、そのために頑張ると言うのなら、私たち親は応援します。」と言った時、彼女の目からは涙があふれていました。

私は、「将来立派な社会人になって、親孝行をすればいい。そのために今やらなければならないことは、親に気を遣うことではなく、目標に向かって努力することでしょ。」と話しました。

結果的に彼女は、見事第一志望校に合格しました。

その後も、高校生活では勉強以外にもアルバイトの面接対策、大学入試の進路指導など、色々と関わっていました。

大学入学後も、履修やレポート作成指導(もしかしたら違う卒業生だったかな)、4年生になってからは就活について相談に乗ったこともあります。

途中、お父様が亡くなられたり、挫折もありましたが、彼女にとっての「中3の冬」と、お母様が、支えになってここまでこれたようです。

私はお地蔵さんのように、教室という場所で待っているだけで、彼女が苦しい、助けが必要だと教室に寄った時だけでも、少しでも役に立てたのなら良かったです。

私の掲げる『卒業生10年間保証制度』は、彼女からすればあと3年ですが、実際は、一生付き合っていくつもりです。

それが、教室を頼ってくれたことに対する、私ができる卒業生たちへの恩返しだからです。

昨日送り出す時には、私の決め台詞を言っておきました。

「次は結婚式に呼んでくれ。感動のスピーチをするからさ。」

かっこつけておいて泣きそうになる私の前には、7年前と全く変わらぬ笑顔から、また泣きそうになる卒業生M子が目の前にいました。

|

« せ・ま・い | トップページ | 人手不足 »

塾長の記事」カテゴリの記事

10年間保証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/60752276

この記事へのトラックバック一覧です: 変わらないね:

« せ・ま・い | トップページ | 人手不足 »