« 伊勢原高校の研究授業 | トップページ | 南相馬の想い全国紙へ »

白髪の数だけドラマがある

いつもありがとうございます。塾長です。

中3生の定期テスト第一陣2校は今日で終了、来週からあと2校のテストが始まります。

この時期はその対応に加え、多くの書類作成がありますが、この時期から2月末まで円滑に進めるためには致し方ありません。

そしてこの、受験生の志望校が決まる時期から、また我々の「無茶振りへの挑戦」が始まるのです(笑)

決して教室側が強制しているわけではなく、受験生たちが決めた志望校なのですが、サポートしていくしかありません。

私としては、保護者様同意の下でならば、上位校へ挑戦するのも良いと思います。

それは、今ならまだ、転んでも周りが助けてくれるので、転ぶ練習、立ち上がる練習ができると言う理由からです。

社会人になってしまえば、自分の失敗は自分で責任を取らなければならず、その時に、過去に挫折を経験したことがある人とそうでない人では、その後が大きく違うと経験から感じています。

ただ、手放しに無謀な挑戦を迎え入れているわけではありません。

将来を考え、それに向かい今はどうしたらよいのか、自分が成長するために努力する意思があるのか、あるならばそれを具体的に行動で見せてくれているのか、つまり口だけではなく実際に動く、きちんと考えることをしているかが重要です。

寝そべってポテトチップを食べながらゲームばかりしている人が「先生、2ランク上の○○高校に入りたいんです。」と言っても、説得力がありません。

過去に奇跡を起こした先輩たちは、「携帯を親に預ける」「1日も欠かさず自習室にいる」など、他人に見せるためではなく、自分を高めるために自発的に行動していました。

必ずしも携帯を親に預けたから奇跡が起こるわけではありませんが、過去の先輩たちに共通しているのは、「執着心」です。

どうしてもその高校に行きたいから石にかじりついても。のごとく勉強する姿からは、成田山新勝寺の不動明王像のような、オーラというか気迫を感じました。

もし彼ら彼女らが受験に失敗していたとしても、その経験は大きく成長する糧となったのは間違いありません。

逆に、受験に大成功してそこがゴールのように、その後が・・・という生徒も複数いて、「あの時は何だったんだ。」と講師たちに突っ込まれています。

各家庭の事情があるので、志望校は我々の提示したデータを元に慎重に決めて頂きたいのですが、面談で「○○(生徒名)がこれだけ本気になって勉強しているのは見たことがありません。ですから親として、可能性が低かろうと上位校へ挑戦させてやりたいです。私立に行くことになったら私たち(親)が2倍働けばいいんですから。」と過去に言ってくれた保護者様が結構いらっしゃって、その時はこちらも覚悟を決めました。

そのようなドラマがまたこれから始まるのですが、今回の入試は、近隣地域の高校で2校合計80名も定員を減らされたので、熾烈な争いがあるかもしれません。

先日七五三のお詣りに行った時に妻から、私の白髪が増えたことを指摘され、携帯で撮ってもらった頭頂部の写真を見て愕然。

凄い量でした。

きっとまた、ドラマの数だけ白髪が増えるのでしょうが、その前に染めに行きます。

どうせなら、桜色にしようかな。

|

« 伊勢原高校の研究授業 | トップページ | 南相馬の想い全国紙へ »

受験」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/60610753

この記事へのトラックバック一覧です: 白髪の数だけドラマがある:

« 伊勢原高校の研究授業 | トップページ | 南相馬の想い全国紙へ »