« 台風が迫る中のイベント | トップページ | 冬期講習に関するご案内1 »

御嶽山救助より戻った卒業生

今日もありがとうございます。塾長です。

台風が過ぎましたが、昨日はいつも浸水を心配して下さる市議会議員の吉村慶一先生が教室を訪れてくれました。

少し時間があったので、広畑ふれあいプラザで行っている小中学生への勉強室や大人に対する算数塾のお話を伺っていました。

いつも熱い話をする方で、市民のために全力投球していることがひしひしと伝わってきます。

昨日のフットサルチャリティにも顔を出して下さいました。

また、教育にも理解を示し、地域の子どもたちのために何ができるのかと、今はご自身でボランティアで英語と数学を教えているそうです。

話は盛り上がっていたのですが、その途中にひょっこりと卒業生が現れました。

先日ブログで書いた、陸上自衛隊に勤務し、御嶽山での救助の任務にあたっていた男です。

とにかく、無事で帰ってきて、自宅よりも先に私の所へ報告に来てくれたことが嬉しかったです。

たまたまその卒業生の弟が今、教室で講師をしているのですが、教室で鉢合わせをして驚いていました。

色々と救助の話を聴きましたが、本当に大変だったようです。

普段から災害救助の訓練も行っているそうですが、彼にとっての災害救助派遣は初めてだったそうで、特に有毒ガスと足の動かない泥のような火山灰はきつかったそうです。

高山病については、御嶽山に派遣される直前まで富士山近くの演習場にいて、そこ自体が標高1000メートルくらいあったので、高地慣れしていて大丈夫だったということでした。

その話を聴いた吉村先生が、「是非、そういう災害の現場の話を子どもたちにしてやって欲しい。」と、卒業生の連絡先を聞いていました。

その卒業生を知る講師や同級生が聞いたら笑ってしまうでしょうね。

彼が学校で子どもたちに向かって話をするなんて。

しかし逆に、中3生の時には全然だめだめだった彼が、7年かかってここまで成長してくれたと思うと感無量です。

話し方は相変わらず「金ないっすよー。結構合コンしますからねー。」と言った感じで、うちの息子を高々と持ち上げて遊んでくれる人懐っこい姿も変わっていません。

私の妻が教室で毎日説教をしていた時代の生徒なので、妻には絶対服従、それも変わっていませんでした(笑)

当時お世話になった講師や、当時机を並べて勉強し、今はうちで働いている卒業生が翌日出勤すると言うことで、また今日教室に寄ってくれるそうです。

こういう成長が見られることが、塾を続けていて良かったと実感する瞬間ですね。

吉村先生が帰る時に、「塾っていうのは、勉強を教えるだけじゃないんですよ。こうやって人を育てるのも私らの仕事なんです。」と、卒業生を見ながら言えたことが、ちょっと嬉しかったです。

|

« 台風が迫る中のイベント | トップページ | 冬期講習に関するご案内1 »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/60480998

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山救助より戻った卒業生:

« 台風が迫る中のイベント | トップページ | 冬期講習に関するご案内1 »