« 9月の土日補講予定 | トップページ | なし »

ハラスメント級

いつもありがとうございます。塾長です。

夏期講習は、本日を含めあと3日、秦野市の学校は金曜日から、平塚は来週月曜日からスタートです。

ここへきて月末も重なり、その他色々重なって、帰宅が遅くなっています。

かといって朝が遅いわけではないので、忍耐のしどころでしょうか。

卒業生はこの夏休み、数名が入れ替わり自習室で勉強していますが、今の所「話題の代ゼミ」に通う人はいません。

大手予備校も自習室が完備されていますが、それをさしおいて教室に来てくれるのは居心地の良さか、ただの近さか(笑)。

そして今日もAO対策に取り組んでいます。

提出課題書類が5種類、小論文に、課題のプレゼンと面接、毎日ダメ出しの連続ですが、受験生に伝えていることは、次の通り。

この準備をしている間に英語や数学の問題に取り組んで学力を伸ばしているライバルがたくさんいる。

それをせずにこのAOの準備に時間を割くのだから、ライバルの学力以上の物を身につけて欲しい。と。

そして1枚の提出書類につき10回以上書き直し指導、小論文の対策でも一つの課題につき、徹底的に内容を追求(尋問)し、ダメ出しの後は家に帰って調べて、それをその日のうちにまた持って来てもらうということを繰り返しています。

その学科の面接では泣く生徒が続出だと聞きましたが、今徹底的に泣くほど準備しておけば、いくら高倍率でも、当日笑えるくらいの力がつくと信じて、泣かせるくらい執拗に圧迫しています(笑)。

書類も最終的に期限が迫ったので指導を止めましたが、どれも、つきつめていけば、永遠に私はOKを出さないかもしれません。

小論文もプレゼンの準備も、おそらく時間切れで妥協ということになるでしょう。

高倍率の中、ライバルから抜き出るためには、それくらいの覚悟を持って受験生にも臨んでもらいたいと思っています。

私は個人的に学力試験が無い入試はあまり好きではないのですが、今回のAOくらいに徹底的に「準備の差をチェックする」ような、一般社会のストレス級の内容であれば、合否に関わらず受験者にチカラがつくので良しとしよう、と思うのは疲労のせいかもしれません。

そしてそれらの準備の合間に一般入試の勉強もするようにしつこく言っていますが、はたして。

|

« 9月の土日補講予定 | トップページ | なし »

受験」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/60215656

この記事へのトラックバック一覧です: ハラスメント級:

« 9月の土日補講予定 | トップページ | なし »