« 妖怪ウォッチシリーズ入荷 | トップページ | 3ケタ »

幸福の黄色いそろばんプロジェクト原町校編

いつもありがとうございます。塾長です。

先日行われた相馬野馬追で有名な福島県の相馬地方。

震災で途切れた常磐線が原ノ町駅から何とか動いていますが、未だに全て復旧しているわけではありません。

被災地の若者たちの地元復興にかける想いに共感し、そろばんを通して何かできないかと皆で考えスタートした『幸福(しあわせ)の黄色いそろばんプロジェクト』

その先陣として2月に、福島県南相馬市に開校した京大個別会そろばん塾ピコ原町校ですが、被災地の中でも福島第一原発の近くにあるという特殊な事情(南相馬市の一部は、福島第一原発から20km圏内)もあり、くすぶっておりました。

ブログには書いていませんでしたが、報道されない現地の実情などがあり、心が折れるようなことの連続でした(あまりにもきつくて書けなかったというのが本音ですが)。

しかしこの8月から、私と一緒にそろばん塾ピコ本厚木校を作り上げた男が、その原町校を引き継ぐために生まれ育った南相馬市に着任しました。

教室で講師も兼任していたので、そろばんに加えて小学生から大学受験まで一通り指導できるため、学習塾部門での福島県の子どもたちへの貢献もできそうです。

何より、その被災地の子どもたちを何とかしたいという地元の若者たちが多く協力してくれるので、「地元民による地元民のための復興支援」が実現できます。

私自身は縁もゆかりもなかった土地ですが、事情を知っている今では、何度くじけてもそこに住む子どもたちが健康に成長して欲しいと、それを見守る地元の若者たちに期待をしています。

野馬を追う 猛き心の 漢らの 背負う想いは 波間にも映え   三茶 

|

« 妖怪ウォッチシリーズ入荷 | トップページ | 3ケタ »

塾長の記事」カテゴリの記事

幸福の黄色いそろばんプロジェクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 妖怪ウォッチシリーズ入荷 | トップページ | 3ケタ »