« バーベキュー | トップページ | 本日の授業【そろばん中止】【個別指導はあります】 »

データで見る神奈川県高校入試

今日もありがとうございます。塾長です。

中3生の面談に使用する、昨年度の入試結果資料を吟味しています。

ある模試会社のデータですが、模試を受けた合格者・不合格者の内申・学力検査・面接・特色検査の開示された点数を集めたもので、入試の中身がよくわかる内容です。

これらの資料を見ると、次の公立高校入試では、色々と作戦面での見直しが必要だと感じます。

特に、今まで「この内申点があれば、ほぼ○○高校には合格できる」と、誰もが思っていたラインというものが通用しなくなっています。

学力検査(特色含む)の得点で合否が簡単に入れ替わるというデータがあるからです。

内申の比重が高い学校で、自分の内申が高いから安心ということは、少なくなっています。

この資料を見て、当教室の生徒が、内申が足りなくともどういう位置で合格できたかが判明しました。

倍率によりボーダーは変わるでしょうが、この夏休みに受験生として必死に頑張ってもらうためには、「こんな内申でも当日点で受かる」という事実は大きいです。

また、面接の得点に関する各学校での点数のつけ方の相違など、多くの収穫がありましたが、当然自分の教室の大事な資料として、塾生だけに提供していきます。

一つだけ言えることは、今までの、「学校の成績を、テスト以外で稼いで上げてきた人たちには辛い現実」であるということです。

模試の偏差値を軸に志望校を考えたほうがより確実だと思います。

|

« バーベキュー | トップページ | 本日の授業【そろばん中止】【個別指導はあります】 »

受験」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バーベキュー | トップページ | 本日の授業【そろばん中止】【個別指導はあります】 »