« 初めて | トップページ | 平成26年度公立高校合格一覧 »

ヱビス土に還る

いつもありがとうございます。塾長です。

3月になりました。

神奈川は例年、高校入試が2月末の発表で終了するので、3月からが新年度という感じです。

昨日も、体験授業の合間に受験生の保護者様との応対をしておりました。

メールで嬉しい報告をくれた保護者様もいます。

それは、ただ合格の御礼ではなく、講師が直筆で書いたメッセージを大事にしているお子様の姿を見た保護者様からのお話でした。

こういう話を知ると、良い講師、良い生徒、良い保護者様に恵まれたと実感します。

仕事帰りに訪れた受験生の保護者様から、大きな感謝と、講師を称えるお言葉を頂戴しました。

その生徒を教室で励ました複数の講師たちの一言一句を、嬉しそうに全て話してくれたそうです。

うちの講師たちを見て、「そうなりたい」とも話していたそうで、常に「これでいいのか」自問自答しながら塾経営をしている私にとって「ああ、これで良かったんだ。」と思える瞬間でした。

その生徒、第一志望校は残念な結果となりました。

しかしその生徒の保護者様が、受験生となって入塾してから共通選抜前まで、その後、面接対策、結果を待つ間、結果が判明した後の教室の対応、講師の指導や一言一句の一つ一つに対して細かく把握しており、最も多く感謝をして下さったのです。

特に、その生徒に対して話した、「今回負けたライバルたちには、大学受験で勝てば良い。さらにその後に幸せをつかめばいいじゃん。」というような内容と、それに対する作戦に納得し、前向きになってくれたようです。

プロですから、理由は関係なく結果を出さなければなりません。

今回は高校受験19名で1人だけ、悔しい思いをさせてしまいました。

これで、7年間で128名の高校受験生をお預かりして、4人目の「悔しい思いをした人」です。

どんなに、多くの信じられないと言われた逆転劇を演出したとしても、どんな理由があっても、その4名の沈んだ顔(うち一人は受験前に塾に来なくなったので見ていませんが)は、私が背負っていかなければならないものだと痛感しています。

祝杯用に買ったヱビスビールは、その痛みとともに土に流し、断酒を継続します。

今回、総力戦を覚悟した私は、2月単体で赤字が出るくらいの覚悟で受験対策に勝負をかけました。

同業者からは「どんだけだよ。」と突っ込まれそうですが、「それほどだよ。」と答えておきます。

その結果が多くの笑顔につながったことは事実でしょうが、赤字を出しては経営者としては失格ですね。

多くの笑顔が見たいという感情だけで、合格の可能性を少しでも上げたいというだけで動いたことは、後悔していません。

ただ冷静に考えて、経営者には向いていないと思います。

事実昨日はある人に「経営が上手くない」というようなことを言われましたしね。

広告宣伝費が無くなったので、チラシもゼロです。

新聞に挟まっている折り込み広告を見ると、羨ましく思います(笑)

それでも、昨日体験に来て下さった方のように、紹介でもなく「数人に聞いたら皆、この塾が良いらしいと言っていたから。」という評判が地域であるようなので、ありがたいです。

来週以降体験授業が続きますが、お問い合わせの2人に1人の割合で「まだ空いていますか。」と訊いてきます。

そういう噂も流れているのですかね(笑)。

ありがたいことです。

何より、塾生の保護者様が紹介をして下さるので、助かっています。

そして私は、塾生や卒業生の保護者様からの紹介を優先しています。

理由は、紹介=教室への信頼=「いいね!」であり、それに応えるのが礼儀だと考えているからです。

そして、もっと私が儲け上手になれればフフフ・・・

それはありえません。

性格的にできないです。

ヱビスを流した土のように泥臭く、浪花節のような人生です。

だから、だれか代わりに塾長をやって下さい。

私が肩書に「初代塾長」と書いている理由、それは、適格者がいればいつでも二代目に譲りますという意味です。

|

« 初めて | トップページ | 平成26年度公立高校合格一覧 »

受験」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/59216302

この記事へのトラックバック一覧です: ヱビス土に還る:

« 初めて | トップページ | 平成26年度公立高校合格一覧 »