« 面接続きますが、その次は | トップページ | 線 »

2月27日の準備

いつもありがとうございます。塾長です。

本日の面接をもって、公立高校の入試は終了です。

あとは27日の合格発表を待つだけ。

昨日は、最後に面接の残った2人の面接対策をしました。

授業中に私が生徒の席の横で、必死になって話していたので、あまり見慣れない光景だったからでしょうか、他の席の受験が終わった生徒が授業に集中せずに私の方を見ていました。

一番最後に送り出した生徒は、元々素晴らしい考えや行動をする生徒ですが、面接ということに慣れておらず、加点要素を引き出すのに苦労しました。

しかし最終的に素晴らしい内容に仕上がったと思います。

帰り間際に言ったその生徒の言葉は、同じ高校を受験する他の約300人の生徒では絶対に出てこないような、知的かつ詩的な素晴らしい内容で、是非それを面接で使うように念を押しておきました。

もうこれで公立高校受験生に対してすることは何もありません。

生徒たちは、例年のごとく、合格発表前のもやもやした気持ちを持ちながら、今週卒業遠足に出かけます。

情報を集めれば集めるほど読めない今回の入試。

毎年苦しい苦しいと言っていますが、7年間で最もきついです。

次の学年にはしっかりと伝えていかなければなりません。

祈るしかできないのですが、それでも気持ちだけはと、買ってきました。

Dsc_0564


何のことはない、ただの缶ビールです。

しかし、私を知っている人ならば「?」と思ったはずです。

私はお酒を飲まないからです。

え、ヤケ酒ですか。いやいやそんなくだらないことではありません。

私がお酒を飲まないことを知っている人は多いのですが、私がお酒が大好きなことを知っている人は少ないです。

つまり、私は酒断ちをしているのですが、当然、嫌いな物を断っても意味が無いので、大好きなアルコールを断っています。

「天下を獲るまでは好きなものを一つ断つ。」

といってかれこれ20年くらい、未だ天下は獲れません(笑)。

もっと易しい課題にしておけば良かった。

とは言っても、100%断っているわけではなく、結婚式やお葬式での当事者に向けた礼をつくす乾杯献杯などでは、恰好だけではなく、きちんと口に含むようにしています。

また、過去7年の講師たちとの飲み会でも、多分2回くらいはアルコールを飲んでいます。

公立高校全員合格(特に無茶な受験が多かった年)のお祝いで、ビール一杯飲んだ記憶があります。

そして今回の入試、先にお祝いを買ってきてしまいました。

お祝いをしなければならない結果に無理やりもっていくという、私の必殺技です。

一番好きなのはサッポロの黒ラベルですが、縁起をかついで「恵比寿」ビール。

2月27日に飲めなかったら、中身は捨てて空き缶はリサイクル(笑)

もう、こんな願掛けくらいしか、受験生にしてあげられないと思うと、胸が痛みます。

夏休み、もっと厳しく締め上げてあげれば良かったな。

|

« 面接続きますが、その次は | トップページ | 線 »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/59160768

この記事へのトラックバック一覧です: 2月27日の準備:

« 面接続きますが、その次は | トップページ | 線 »