« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

大晦日に思う

いつもありがとうございます。塾長です。

本日は休校です。

そして激動の平成25年大晦日となりました。

この1年を振り返ってみると、プラス思考ではない私にとっては、楽しい出来事よりも明らかに苦しい出来事のほうが多かった年でした。

特に浸水の被害は、精神的にも金銭的にも苦痛となり、人生は毎日が試練だと痛感した出来事です。

もちろん、頑張った受験生が、最後に志望校に手が届いたりと良い事もあったのは事実です。

学習塾と言う仕事は、なんだかんだ言っても結局、「学力向上」か「志望校合格」を達成しないと消費者が満足しない商売です。

もっと大変な仕事も多いと思いますが、学習塾が大変であることも事実だと実感しています。

そのようなことを、この1年を振り返って思っていたのですが、私が学習塾を経営してきた7年間は、昨日の教室大掃除が物語っていました。

Dsc_0472


この写真は、その大掃除の光景です。

1期生(大学3年生)が3名、3期生が1名、4期生が1名、5期生が4名、そして元講師が1名、現塾生5名(高校生1名、中3生4名)が手伝ってくれました。

皆、「大掃除やるから手伝ってくれない。」の一言で集まってくれたのです。

普通、塾というのは卒業してしまえばそうそう来てはもらえないと思います。

実際、私が以前勤めていた塾でも、卒業生が来ることはありませんでした。

今回集まってくれた卒業生たちは、もちろん普段から自習に来てくれる生徒もいれば、たまに来る生徒、就職して帰省の時に顔をだしてくれる人など、間隔は様々ですが、少なくとも、何かあればすぐにかけつけてくれます。

この生徒たちは、人数の調整で連絡をしてきてくれたのですが、おそらく、他の卒業生も声を掛ければ来てくれたと思います。

結果を出さなければならない学習塾において、当然結果も出してきたのですが、それよりも、教室に対する愛着や、想う心を持って皆が育ってくれたことが嬉しくてなりません。

この時隣の部屋で授業の後の記録を書いていた講師のうち2人は、うちの卒業生です。

その後の慰労会にも、さらに元講師が1名駆けつけてくれました。

これが私の教室です。

いや、正確には、講師や生徒たちが作り上げてくれた教室です。

辛いことがあっても、このような仲間に囲まれ、また、このような仲間が毎年増えていく限り、私はこの教室を続けようと思います。

そのようなことを考えた大晦日ですが、来たる平成26年が、うちの卒業生や塾生、講師たちにとって、そして、このブログをお読み下さった皆様にとって素晴らしい年になることを祈念して、今年のブログの締めとさせて頂きます。

良いお年をお迎え下さい。

塾長 鈴木鯛功

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大掃除≒焼肉

今日もありがとうございます。塾長です。

年内最終授業日となりました。

私の今日の仕事の第一は何と言っても銀行など支払業務です。

年を越すのに終わらせなければならないことの殆どは、「お金関係」です。

塾だから授業でしょと思っている中学生の皆さん、会社と言うのはそういうものだと思って下さい。

しかしご安心下さい。

講師はきちんと来てくれるので、授業はしっかりと行われます。

そして、本日は1コマ早く授業を終了し、恒例の教室大掃除です。

昔は、その年の受験生たちに手伝ってもらっていたのですが、歳を重ねるごとに、過去に手伝ってくれた卒業生が増えて、イコール大掃除に参加してくれる人も増えてきているような気がします。

昨日も、現在大学3年生になる卒業生が、帰省しているということで電話をくれました。

「明日は忘年会あるんですか。」と。

「忘年会じゃないよ。大掃除だよ。手伝うか。」

「ということはその後は焼肉ですね。行きます!」

こんなノリで、大学3年から高校2年くらいまで10人以上集まりそうですね。

大掃除の時間は1時間半と決まっているので、人数は多い方が良いです。

そして21時30分からは、教室前の焼肉東海亭で、手伝ってくれた卒業生、塾生と最終日に勤務してくれた講師たちでお疲れ会、予想では15人くらいかな。

この時に、1年に1回しか会えない卒業生の近況を聞けたり、学年を超えて過去の教室の話題や講師の話ができるのが、とても楽しみです。

焼肉屋さんの閉店時間の都合で、1時間半で掃除を全て終わらせ、ダッシュでお店にいかなければならないので、逆にスピードアップして掃除を終わらせることができます。

しかし、年々参加者が増えるこの大掃除、当然参加者数に比例して焼肉代も増えているのですが、今年は過去最高値になるのは必至、塾長の財布は耐えられるのでしょうか。

元講師たちも乱入するかもしれない、みたいなことを聞いていますので、人数も予算も読めません。

ということで、その資金の準備も含め、超混雑が確定している銀行に行って、日本人の大好きな「行列」を満喫してきます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬期講習16日目

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習は16日目。

明日で年内の授業は終了です。

授業が慌ただしく行われていますので、新年を迎える準備などが間に合うかどうか心配です。

まずは今日の授業が滞りなく行われることを祈っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末つれづれ箇条書き

今日もありがとうございます。塾長です。

冬期講習は15日目、年内は今日を含め3日間の授業となりました。

講習が進んでいくと大晦日が近づくのですが、講習中は毎日が戦場のようなので、日にちの感覚がありません。

もうすでに年内の可燃ごみの日は終わっていました。

クリスマスの飾りつけを片付けると同時にお正月飾り。

慌ただしく日が過ぎていきます。

12月の模試結果を中3生に返却、最近受験生に対するダメ出しが増えて、言葉も選ばないといけないと痛感しました。

年末調整など書類の準備もあります。

と思っていたら、結構な数の会社が、昨日で仕事納めで様々な物を取り寄せるのに苦労しています。

常にフラフラしているのは寝不足が原因らしいです(定かではありませんが)。

妻の実家から息子にと、カニが届いていましたが、身の詰まっている脚の部分は息子様用だそうで、私はほじくって食べる部位担当です。

年末年始4日間の休みのうち、何時間睡眠がとれるかを今から楽しみに計算していました。

そして家族に、「インフルエンザが危険だから人ごみへの外出は避けよう。」と主張しましたが、多数決で外出三昧に負けました。

全て箇条書きでつれづれなるままに年末を綴ってみました。

作文の悪いお手本として下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日新聞共催ニュース作文コンクール

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習は14日目です。

特に受験生たちの顔が引き締まってきているように見えるのは、目の錯覚でしょうかね。

所属する私塾協同組合と朝日学生新聞とのコラボレーションで、また作文コンクールが開かれます。

12月1日から1月6日までの朝日小学生新聞、朝日中学生ウィークリーの中から、自分の気になったニュースについて作文を書くという課題です。

Photo

塾生には、朝日学生新聞から供給された専用の原稿用紙と、新聞を配布しました。

さて、小学校3年生から中学生まで、何人の猛者が挑戦してくれるのか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体調管理

今日もありがとうございます。塾長です。

冬期講習13日目。

年内の残り5日間で殆どの講習内容が終了となります。

年明けには通常授業となりますが、中3生のターゲットは、まずは最終模試。

学習進度管理は教室でできますが、体調管理は自分でしっかりと行いましょう。

一つ学びました。

人間には休息が必要です。

例えどんな時でもです。

それにより自分できちんと体調管理できるようになると強く感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

May your Christmas season ......

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習は12日目。

昨日はクリスマスイブにも関わらずずっと自習室で勉強している受験生がいました。

私は自分の受験生時代を思い感心しましたが、受験生だったら当然のことでしょうか。

クリスマスもお正月も、合格発表と一緒にやって来ると思って、机に向かってほしいところではあります。

しかし、ほんの少しの息抜きくらいは必要だとも思います。

集中力を切らして机に向かってもあまり意味は無いので、少し休憩、リラックスし、そして気持ちを新たにまた勉強したほうが効率が上がるでしょう。

そうは言っても、それを良しとされないのは、君たちが、「一度休憩を始めたら、ずっと休憩してしまう。」ということを周りの大人は分かっているからなんですね。

そう思われないよう、しっかりやって下さい。

今日授業がある生徒には、ささやかな気持ちを渡します。

Dsc_0467
May your Christmas season be the happiest holidays you've ever had!

美しく訳せたら何かあげます(先着1名様)

注:ネット検索禁止!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスイブ

今日もありがとうございます。塾長です。

冬期講習11日目、3連休は午前中から授業をしていましたが、今日は今年最後の「午後から授業」です。

地域の中学校の終業式があるための授業時間割ですので、明日からはまた午前スタートとなります。

そういえばクリスマスイブですね。

生徒たちにはいつもより多めに宿題というプレゼントをあげましょう。

午前中に時間ができたので、息子のプレゼントを買いに行かないと。

候補の一つになっている仮面ライダー鎧武(ガイム)の変身ベルトセットですが、ネットで検索すると、1万円~2万円という、恐ろしい価格になっています。

昔の仮面ライダーベルトなんて、そんなに高いものではなかったのに、時代は変わるものですね。

しかも商売っ気がありありで、どんどん追加のパーツが売り出されているようです。

これを揃えていったら一体どんな値段になるのか。。。

しかも、コンプリートする頃には、次の仮面ライダーが登場するのでしょうから、エンドレスですね。

ということで却下。

もっと安価で食いつきの良さそうな(できれば頭の良くなる)ものを探してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父親の誕生日

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習は10日目です。

何をしているわけでもないのですが、講習に入ってから一日の仕事量をこなす時間が足りなくなってきた気がします。

能力が無いのが原因でしょうけどね(笑)。

昨日は父親の誕生日でした。

非常に情けない話なのですが、電話を一本かけることもできませんでした。

それだけ時間の作り方が下手なのだということです。

何の準備もしておらず、せめて孫の声でも聴かせてあげたいとは思うのですが。。。

今から80年前、昭和天皇の第一子(皇太子様)が誕生されました。

今上天皇陛下のことです。

その前日に父親は生まれました。

天皇誕生日が来ると父親の誕生日を思い出すのは、子どもとして失格でしょうね。

お誕生日おめでとうございます。

まだまだ長生きして、孫の成長を見守って下さい。

不出来な息子より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己防衛手段

今日もありがとうございます。塾長です。

冬期講習は9日目。

中盤に差し掛かりました。

体調不良の生徒も見受けられます。

教室内は、エアコンや空気清浄器、プラズマクラスター発生器、加湿器などで空気の管理をしていますが、必ずしも全ての菌やウィルスを完全にシャットアウトできるわけではありません。

手洗い、うがい、マスクの着用や、手指消毒液の利用など、考えられる全ての防衛手段をとって頂きたいと思います。

体調が悪くても無理して勉強して、結果的に悪化し長引いたら意味がないので、体調管理には十分お気を付け下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖かい場所

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日授業後に、卒業生のお母様が、お歳暮を持って来て下さいました。

テスト前になると勉強しに来てはいますが、ご家庭や生活のことなど、お母様から最新の様子を伺うことができました。

特に今後の進路のことについては、面白い話が聞けて良かったです。

少し長話になったところで、その張本人が登場、叱ることが一つあったので、お説教しておきました。

一番嬉しかったのは、「卒業しても暖かく迎えてくれるこの教室があるおかげで、娘も安心して、困った時にはとりあえず塾にと思っているようです。」とお母様がおっしゃって下さったことです。

今週も様々な出来事がありましたが、このような話が聞けると、また頑張ろうという気持ちが復活します。

自分が育てた生徒たちに助けられて生きていることを実感する毎日です。

冬期講習8日目、朝から晩まで鍛える3連休にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状

今日もありがとうございます。塾長です。

冬期講習は相変わらず、夕方からのみです。

今日終業式の中学校と、3連休を挟んで24日に終業式の中学校に分かれるのですが、とりあえず明日からの3連休は、午前中から7コマの授業を組むことができます。

受験生などは、一気に学習を進めてくれると信じています。

さて、年賀状の準備をしていたのですが、大変なことに気が付きました。

今年のお正月に来た年賀状は、4月の浸水で水没破損、つまり、誰から年賀状をもらったかわからないのです。

ということで、今年は、毎年変わらない宛名データに入っている方以外は、「届いた方に返信する」という方法しかとれません。

失礼だとは承知しておりますが、全てを記憶しておくほどの能力が私にはありませんので、どうかご容赦願いたいと思います。

数枚の喪中葉書が届いていました。

喪中葉書と聞くと、「年賀状お断り」のようなイメージがありますが、実際はそうではありません。

本来年始のご挨拶をするべきところを、「喪中のため挨拶ができません」という意味で送る挨拶欠礼状が、喪中葉書です。

一般儀礼としては、喪中葉書が届いた場合、年賀状を出すのは控えますが、その場合、松の内(1月7日)が明けてから「寒中見舞い」として出すと良いでしょう。

年賀状は、年に一度も会えない方の近況を知る、良い機会(手段)ですから、喪中で何もわからず寂しい年始になるのを逆に嫌い、喪中葉書の中に「ご遠慮なさらずに近況をご報告いただけると嬉しいです。」と書く方もいらっしゃるそうです。

年賀状の内容で毎年意見が分かれるのが、家族の写真葉書です。

「差出人とは面識があるが、その子どもだけ写っていてもわからないからもらってもちょっと。」や、「自分に子どもがいないので(結婚していないので)、子ども(配偶者)の写真が送られてくるとちょっと。」

という意見もあれば、「かつての友人の家族の成長が見られるのは嬉しい。」や「子どもたけでも、差出人の面影が見られるから良い。」という意見もあり、一概には何が良い悪いとは言えないようです。

あまり気にしていると何もできなくなるので、ある程度割り切って考えたほうがよさそうですね。

最後に、「お年玉くじつきであればよい」という人も多いらしいです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特異地域

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習は6日目となりました。

余計な仕事が増えたので帰宅が遅くなりました。

今日は関東地方にも雪の予報が出ています。

教室のある東海大学湘南校舎近辺は、雪が降らない(降っても積もらない)ことが多いです。

私の学部時代、所属する研究室の斜め前の研究室では、周囲に雪が降ってもなぜその特定の場所だけ雪が降らないのかを研究していましたが、果たして結論は出たのでしょうか。

今度確認してきます。

通塾に危ないと判断した場合は、なるべく保護者様に送迎してもらって下さい。

安心、安全第一でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年度最後の東海大学生勉強会

今日もありがとうございます。塾長です。

本日は東海大学の学生さんたちを招いての勉強会です。

場所は、東海大学サテライトセンター(小田急線東海大学前駅徒歩0分)

時間は、13時~16時です。

この会も3年目ですが、1月以降は、試験や春休みで学生さんたちが忙しいということもあり、例年12月が年度最後の勉強会となります。

スタート当時新入生だった学生は、もう就職活動の時期になりました。

この3年間の気づきを、就活に生かしてもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

差し入れ感謝します

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習は4日目です。

しかしまだ学校は冬休みに入っていませんので、夕方からのみの講習です。

非常にありがたいことに、同業者の方や、保護者様から、差し入れやお歳暮が届いています。

皆様、講師たちのことを考えて下さり、授業後にエネルギーを充填できるようなものをお持ち下さいます。

この場を借りて感謝申し上げます。

さて、肝心の生徒たちに頑張ってもらわないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母さんのコロッケ

今日もありがとうございます。塾長です。

少し前に喜多川泰さんの『母さんのコロッケ』という小説を読みました。

脱サラして学習塾を始めた主人公とその家族の話です。

苦労しても努力しても、理想を追求するとお客様(生徒)が集まらない、その葛藤がベースとなっている作品ですが、喜多川さんがこの作品で本当に言いたかったことをいくつか見つけました。

私が主人公と同じ道を辿っているかもしれませんが、非常に共感しながら読むことができたのですが、内容についてはネタバレになるので割愛します。

ただ、今まで考えたことが無かった角度から見た、私にとって衝撃的なことを一つだけ書かせて下さい。

使命について。

ある一定の年齢になると、「自分は一体何のために生まれ、何のために生きているのだろう。」と考える人は結構いると思います。

私も、日々仕事と子育て(殆どしていませんが)などを繰り返し過ごしていて、自分の許容量を超えた時に、考えることがあります。

「何でこんなことやっているんだろう。これでいいのか俺。」

答えは出ぬまま現実に戻ることが多いのですが、この、自分が持って生まれた使命について、勉強になりました。

子どもが生まれ、その笑顔や泣き声に接した時、親は、「この子どもをしっかりと育て、幸せにしなければ。」「この子の幸せのために頑張ろう」と思うでしょう。

私も、こんな人間ではありますが、さすがに自分の子どもの幸せのために、何ができるのかは考えているつもりです。

その、「親が、子どもを幸せにしなければならない。この子が大きくなった時、幸せだと思える世の中を作らなければならない。」ということに気づかせてくれたのは、子どもが生まれたからです。

即ち、子どもは、「親に、自分の使命の一つは何かを気付かせる」という使命を持って生まれてくると言うことです。

実際に使命について悩むのは、成長してからでしょうが、その時にはすでに、一つの使命は果たしていることになります。

この観点から使命について考えたことはなかったので、非常に勉強になりました。

当然、直後の三者面談でその話を引用させて頂きました(笑)。

喜多川さんを紹介して下さった小川先生、帆足先生と、この本を私に贈って下さった福嶋社長に感謝します。

そして、使命を果たして私を育ててくれた自分の両親にも改めて感謝しなければと思いました。

ちなみに、私も母のコロッケについては思い出がありますが、それはここには書けません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年クリスマスの飾りつけ

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習初日でしたが、自習室にいたT中のK君とO中のSさんに手伝ってもらい、クリスマスの飾りつけを完成させました。

Dsc_0453


写真のような、手作りの型をラミネートしたものを、毎年使い回しています。

開校以来7回目のクリスマスで、毎年新しい飾りを買おうとも考えるのですが、教室の歴史を作ってきたものなので、レトロであろうと、愛着もあり使い続けています。

そして、毎年こうして写真をブログにアップしているのは、次の年にわかるように、すなわち忘備録です。

今年もK君が「どんな感じにすればいいのですか。」と聞いたので、スマホで昨年のブログを見てもらいました。

そして出来上がったのがこのレイアウトです。

来年は、これをベースに、飾りつけの人が考えてくれるでしょう。

あと10日しか見られないので、見たい方は教室までどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の漢字2013

今日もありがとうございます。塾長です。

今年の漢字が「輪」に決定しましたね。

毎年、この漢字が決まると、自分や教室にとっての「今年の漢字」を考えています。

昨年のこの時期のブログを読むと、世間一般の今年の漢字は、明るい世の中を予想して「明」、教室の漢字は、頂点を極めるということで「頂」か「極」でした。

結果的に明は外したわけですが、さて教室の今年の漢字を決めましょう。

「浸」

4月6日の床上浸水で大きな被害を受けたので、これ以外にありません。

それでも夏期講習では「頂」となりましたが、「浸」の影響のほうが遥かに大きいですね。

珠算教室を始めたことも大きいのですが、「珠」ほど光っていないような。。。

私自身が大殺界の年でありましたので、逆に、これくらいの被害で済んで良かったと思うことにします。

それでは来年の漢字の予想をします。

消費税の増税による景気低迷や異常気象が気になりますが、それでも日本中が歓喜の渦に包まれるような嬉しい出来事が多くありますように「歓」とします。

そして教室の来年の漢字ですが、過去から「伸」、「跳」、「叶」ときて「浸」でしたから、来年は楽しい一年、それは、スタッフも生徒、保護者様も含め、教室に関わる全ての人々が楽しく過ごせるように「楽」とします。

来年こそ当たって下さい、

信じて前に進みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覚悟

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習前最終授業です。

明日から3週間、受験生には自分史上最高の学習量をこなしてもらいます。

夏期講習の時も、「自分史上最高」をテーマに学習を進めてもらいましたが、冬期講習では当然、それを超えてもらいます。

冬休みに入ると教室は最長で12時間滞在できます。

自宅にいる時間も勉強すれば、1日16時間くらいできますよ。

やろうと思えばいくらでも勉強できるのです。

地球上には、学校に行きたくても行けない人々がたくさんいるのに、皆さんは恵まれていますね。

この機会を生かすも殺すも自分次第、我々教室スタッフは主役ではなく、舞台下で主役の君たちを補助したり、プロデュースする係です。

スタッフがやる気でも、演者がきちんとしていなければ、合格と言う作品は完成しません。

ということで覚悟を決めて教室に来て下さい。

何をどうあがいても、もう逃げられないのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物忘れ?

今日もありがとうございます。塾長です。

最近、抜けが多いと感じでいましたが、昨日自分でやってしまったことは、落胆の一言です。

私は、次月の家賃を、月初に支払う習慣があり(例えば1月分は12月初め)、昨日も銀行で振込み手続きをしたのですが。

その直後に記帳をすると、何と3日前に振り込んでいるのです。

3日前に行ったことさえ忘れていたとは、かなりショックでした。

講師に話をすると、「2月分まで支払ったのだから、良い事じゃないですか。」と慰めてくれましたが、1月になってうっかりまた振り込まないように、銀行のカードにメモを貼り付けました。

「2月分まで家賃は支払い済み」と。

来月の免許更新も忘れないように気を付けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いじめ過去最多

今日もありがとうございます。塾長です。


文部科学省の問題行動調査で、いじめが前年度の2.8倍の19万8108件だったと、時事通信のニュースが伝えていました。


しかし、1年間でいじめが急増したわけではなく、教員らの意識が向上し、積極的に事態を把握したためとのことです。


つまりいじめは、その多くが発覚していなかっただけで、相当数の精神的、肉体的苦痛を受けた子どもたちが以前からたくさんいることになります。


また、最多の鹿児島県で1000人あたり166件、最少の佐賀県で1000人あたり2件と、明らかな開きがあり、これらは「単純ないじめ件数の違い」ではなく、調査手法や事案の認識に大きな違いがあったためだということです。


いくらなんでも県によって80倍の開きというのは、ありすぎだと思います。


もしその数値が真のものであれば、佐賀県にには何かとても素晴らしいいじめ防止の環境と対策が備わっていることになりますね。


不登校の数は、小中学生で11万2689人、高校生で5万7664人だそうです。


身近でも不登校の生徒を知っているので、色々と考えさせられる数値です。


ニュースはこちらから引用しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131210-00000105-jij-pol

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1500号

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日の投稿で、通算1500稿となりました。

4年間続けてきましたが、自分としてはここまで続くとは思っていませんでした。

スタートした頃に登場する中3生たちは、今は大学1年生。

当教室で講師を務める人もいます。

そう考えると、時がたつのは早いものだと実感します。

いつまで続くかはわかりませんが、今の中3生が講師として戻ってくる頃までは頑張りたいと思います。

教室を支えて下さっている皆様に改めて感謝申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通常授業最終週

今日もありがとうございます。塾長です。

通常授業最終週となりました。

今週末からは冬期講習が始まります。

まだ定期テストが残っている中高生も、今週でテスト終了となります。

頑張っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第5回中3生模試

いつもありがとうございます。塾長です。

明日12月7日(土)

13時 ~ 20時

中3生の第5回模試です。

入試直前最終模試は、冬期講習後の1月に全県模試を行います。

まだ定期試験中の中学生と高校生のために、自習室は監督付きで開放します。

13時から20時まで連続7時間、勉強質問し放題ですが、教室内はテスト中なのでお静かにご利用下さい。

尚、翌8日(日)は、冬期講習準備及び講師ミーティングのため、教室の開放はありません。

予めご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自習室再開

今日もありがとうございます。塾長です。

面談はあと2日を残すのみですが、殆どは終了しました。

昨日は体験授業の面談もあり、また、自習に来た高校生と中3生が多く教室内は収容人数を超えてしまいました。

いらっしゃった方にはお詫び申し上げます。

今日からは自習室も使用できる時間が増え、ある程度快適に学習できる環境となっています。

さて、冬期講習の日程表配布を開始しなければならないので、マッハで打ち込みを行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流行語大賞2013

いつもありがとうございます。塾長です。

2013年流行語大賞が決定しました。

流行語の当たり年とまで言われた今年は、史上最多の4つの大賞となりました。

「今でしょ」

「じぇじぇじぇ」

「お・も・て・な・し」

「倍返しだ」

どれも大賞にふさわしい流行でしたが、さすがにこの中から一つを選ぶのは大変だったようですね。

さて、教室の流行語大賞は何でしょうね。

いくつか候補がありますが、そのうち発表したいと思います。

ということで体験授業を交えながら面談は続きます。

冬期講習は10日後からです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手抜き

今日もありがとうございます。塾長です。

仕事の量が自分の許容量を超えています。

ブログを読んで頂いている方々には申し訳ないのですが、他にカットできる所がないので、こちらをカットさせて頂きます。

冬期講習の時間割作成を行う時間の捻出が課題ですが、暇より良いと考えて何とかこなしていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »