« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

予防接種

いつもありがとうございます。塾長です。

連日のおは4帰りでした。

講師たちも書類の提出期限が迫っているので大変なようです。

昨日は合間を縫ってインフルエンザの予防接種に行ってきました。

開校以来、毎年この時期になると行くようにしています。

学生時代、サラリーマン時代は、予防接種などしたことがありませんでした。

経営者になって、そういうことに気を遣うようになったのは、少し遅いですかね(笑)。

受験生も、いざという時に自分の健康は自分で守れるよう、予防に最善を尽くして欲しいと願います。

風邪気味ではなくても、電車やバスの中ではマスクを着用するなど、ちょっとした行動が、後の明暗を大きく分けることもあります。

ご家庭でも、お子様に対して勉強のことは言わなくていいので、体調管理に関することは、しつこく言うようにお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高傑作育成システム

今日もありがとうございます。塾長です。

帰宅したらおは4が始まっていました。

昨日は帰宅前のある講師と話し込んで、結局その講師が帰ったのは3時。

後から気が付いたのですが、翌朝1限から大学の授業があるはずで、3時間も寝られなかったと思います。

申し訳ないことをしたと思うとともに、話し出したら止まらなくなる自分を何とか変えないとと、少し落ち込んでみました。

話の内容を簡単にしますと、来年4月からある卒業生を講師として雇うかどうかということです。

かなり悩んだのですが、ある一つの決意をして、今は他の講師の意見を聴いています。

私が卒業生をなるべく講師として雇うのには、大きな理由があります。

高校生までは生徒として、勉強を中心に色々なことを教えてきました。

しかし社会に出た時に、本当に必要な力は、実は学力ではないと、私は自分の人生経験から確信しています。

特にコミュニケーション能力や、自分ができないことを違う方法で完遂する能力、他人を説得する能力は、16歳で家出して28年、泥沼で生きてきて非常に重要だと感じています。

私は卒業生がかわいいし、絶対に幸せになって欲しいと思っています。

昨日も高校生と自習室で話していたのですが、生徒として接していても、勉強以外のことは教えることができます。

しかし、本当にその人を、立派な社会人、他人より抜きん出た教養と人格、スキルを持った人間に育てるには、生徒としてではなく、自分のスタッフとして鍛えたいのです。

それが、卒業生がさらに飛躍し、幸せになれる必要条件の一つであると信じているからです。

確かにうちの教室は、労働条件はあまり良くありません。

もっと楽に稼げる仕事は、いくらでもあると思います。

ある講師も「単にお金を稼ぐなら、他のバイトのほうが遥かに楽ですよ。」と笑いながら言っていました。

それでもその講師は、自分の担当の生徒を、自分が中3生だった時の偏差値よりも遥かに高い学力まで持っていきました。

そのようなチカラをつけられたのも、私の教室のような環境で修業したからだと思います(自画自賛)。

いつのまにか労働が修行という言葉になってしまいましたが(笑)。

うちのスタッフたちは、殆どが学生ですが、それでも、受験における第一志望校合格率は96%、それよりも、「生徒たちが講師に会いに来る教室」を作り上げていることが凄いです。

私が何もしなくても、大学を卒業する講師が、後輩の講師を育て、その教室のクオリティを、講師が変わっても維持し続けるシステムが出来上がっています。

彼らのチカラで、全国600教室中5年連続最優秀教室賞も戴くことができました。

卒業生が何年経っても毎日のように入れ代わり立ち代わり教室にくる塾は、全国探してもそんなに無いと思います。

そのような環境の中で卒業生を雇い育て、就活では、同じライバルたちから抜きん出た存在になってなって欲しいので、また卒業生を確保しようとしています。

そう、他の個別指導塾講師や、違う職種のアルバイトではできない「最高の経験」をしてもらうために。

結果的に今の教室は、地域である程度認めて頂くことができ、ありがたいことに、塾生や卒業生の保護者様が、新規の生徒を紹介して下さるようになっていて、宣伝をする必要がありません。

その新しく入塾した生徒たちが5年後に、また講師として教室に戻り、さらに後輩の生徒たちの指導ができるよう、今大学生になった卒業生を精鋭のスタッフとして育てていきたいと思います。

という話でしたが、そのせいで講師が大学の授業に遅刻するかもしれませんので、先に謝っておきます。

いや、うちの講師ならば、このくらいのことは楽勝で乗り越えてくれるでしょう。

そんな私と教室の良き理解者である親友と、地域への御礼のため、サッカーイベントを行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひっそりと

いつもありがとうございます。塾長です。

本部から届いたので掲載します。

Dsc_0407

上に乗っかっているのは地球です(笑)

Dsc_0405

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【時事問題2013年10月その1】テスト対策

今日もありがとうございます。塾長です。

本日は、時事問題2013年10月その1として、主に10月にニュースになった出来事をピックアップしたいと思います。

いつものように赤い文字がキーワードとなっています。

・神奈川県立岸根高校2年の白井健三選手が、ベルギーのアントワープで開かれていた体操世界選手権の「ゆか」で、新技「後方伸身宙返り4回ひねり」を成功させ、金メダルを獲得しました。

この新技は、白井選手の苗字「シライ」と名付けられました。

また白井選手は、「跳馬」でも「伸身ユルチェンコ3回ひねり」という新技を決めて、それにも韓国の選手とならんで「シライ・ヒフンキム」と言う名がつきました。

・OECD(経済協力開発機構)は、24の国と地域で16歳から65歳までを対象とした国際成人力調査(PIAAC)の結果を発表しました。

これは、社会人として大人に求められる能力を読解力、数的思考力、ITを活用した問題解決能力の3つに分けて調査したもので、日本は、読解力と数的思考力で1位となりました。

・今年のノーベル賞の発表が行われましたが、今年は日本人受賞者はいませんでした。

物理学賞は、神の粒子ともよばれる、あらゆるものに質量を与える素粒子「ヒッグス粒子」が存在することを予想した2人の物理学者に贈られました。

ベルギーのアングレール氏とイギリスのヒッグス氏です。

・子どもたちに大人気のアニメ、「アンパンマン」の作者やなせたかしさんが亡くなりました。94歳でした。

アンパンマンを発表したのが54歳の時という遅咲きでしたが、「手のひらを太陽に」などの作詞家としても知られていました。

・JR東日本とJR西日本は、2015年に開通する北陸新幹線の名前を発表しました。

東京・金沢間を結ぶ列車は「かがやき」・「はくたか」、富山・金沢間を結ぶ列車は「つるぎ」と決まりました。

・大型台風26号による土砂災害で、伊豆大島(東京都大島町)に大きな被害が出ました。

27日現在、死者32人・安否不明9人となっています。

10月に日本列島に接近する台風としては、27号で5個目となり、これは観測史上最多(10月)です。

・来年4月から消費税が8%に引き上げられることになりましたが、それに伴い日本郵政は、はがきを50円から52円に、手紙(25グラムまでの定形郵便物)を80円から82円に値上げすることを発表しました。

・国連の核兵器不使用声明に、日本は初めて参加しました。

被爆国であり、非核三原則もある日本は、アメリカの「核の傘」によって守られているため、今までは核兵器不使用声明には参加していませんでした。

・フジテレビで31年にわたって放送されてきたお昼の長寿番組「笑っていいとも」が、来年3月で放送終了となることが明かされました。

テストが近い方、頑張って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日新聞ありがとうの気持ちコンクール 受賞

いつもありがとうございます。塾長です。

台風27号とそれに伴う前線の大雨による教室への被害は、直接的にはありませんでした。

夜中に雨が強くなり、慌てて教室へ行って土嚢を積み、心配なので徹夜して監視していたので私が眠かった、程度の被害です。

今日も模試を行いますが、これが予定通り実施できるのとできないのでは大違い。

2週間後には中学校の期末試験が始まるので、その対策を始めます。

台風騒動で書けなかったのですが、当教室の塾生がまた、作文コンクールで優秀賞を受賞しました。

朝日新聞主催の「ありがとうの気持ち 手紙コンクール」で、応募総数約2300通の中から、たった20人にしかもらえない優秀賞です。

非常に素晴らしいことです。

この手紙、実はかなり難しいです。

というのも、ツイッターより短い、100文字という字数制限の中で、感謝の気持ちを表さなければならないからです。

私も、くだらないことをつぶやいてばかりいないで、この塾生を見習って、100文字で塾長らしいツイートを心掛けようかなと(笑)。

ちなみに入賞作品は、10月25日の神奈川県内に配布された朝日新聞朝刊の中に、別紙で載っています。

受賞した生徒は、8月に神奈川県内の私塾組合で行った読書感想文コンクールでも入賞し、その作品の著者の先生から表彰されました。

次は、冬にまた作文関係のコンクールを実施する予定です。

ここまで2冠の彼女、是非、3冠王(女王)となって欲しいですね。

楽しみがまた一つ増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の教室行事について

今日もありがとうございます。塾長です。

台風27号の日本列島直撃は免れました。

教室近辺では、雨と風は残っていますが、何とか大丈夫そうです。

この状況から、本日のそろばん教室と、全国模試は予定通り実施することにしました。

通学途中に河川などがある場合、水かさが増して危険なこともあります。

各生徒は安全第一で行動して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風27号の進路と教室の予定

いつもありがとうございます。塾長です。

台風27号ですが、予想通り進路を北東に変えて、日本列島と平行に進んでいます。

ここから偏西風の影響で、速度を上げながら教室のある関東にも接近してきます。

今日も体験授業があるのですが、面談をしながらも、天候が気になって仕方ないでしょう。

土曜日のそろばんと全国模試が最も影響を受けそうですが、3時間ごとに更新される予想進路図では、少しずつ太平洋側にずれてきており、直撃は免れるかもしれません。

しかし、影響があることは間違いないので、土曜日の朝まで待ってその日の予定を確定させたいと思います。

各生徒は、配布されたプリントの通り行動して下さい。

あくまでも安全第一で行動するようお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもの携帯電話所持率調査結果

今日もありがとうございます。塾長です。

ベネッセが、小・中・高校生の保護者様約2200人を対象にした、携帯電話の所持率や、その種類、1ヶ月あたりにかかる費用などのアンケートを行い、HP上に結果を掲載していました。

携帯電話(スマホ・ガラケー合計)を所有している割合

小学生 26%

中学生 47%

高校生 91%

だそうです。

スマートフォン と フィーチャーフォン(ガラケー) の割合

小学生 7.1% 76.4%(左スマホ・右ガラケー)

中学生 34% 63.5%

高校生 62.7% 36.1%

小学生は、安全確認と必要最低限の連絡手段があれば良いということで、ネットを多用する高校生とは、スマホの割合がかなり違いますね。

教室の中学生を全員調べたわけではありませんが、おそらくこの調査の割合くらいでしょう。

もっと興味深いことが色々と書いてありましたが、興味のある方は、以下のサイトへどうぞ。

ベネッセ教育情報サイトの記事

ここからは、台風に関する話です。

ブログの内容も、台風27号と28号が日本列島から遠ざかるまでは、台風と、それに関する教室の授業や模試の予定変更のお知らせをしていきます。

ホームページより早く簡単に更新ができるため、このような措置をとらせて頂きます。

教室だけではなく、日本列島全域に大きな被害が出ないことを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤原の効果

いつもありがとうございます。塾長です。

体験授業から週末の全国模試までイベントづくしの今週ですが、また今日からしばらくは、台風の話題のみになるかもしれません。

台風27号に加えて、28号も日本列島へ向かってくるようです。

2つの台風の中心が、直線距離で1,000km以内になるほど近づくと、台風は進路予想とは違う様々な経路を辿る可能性があるそうで、これを藤原の効果と言います。

1921年に、当時の中央気象台所長であった藤原咲平という方が提唱したそうで、この名前がついたそうです。

藤原の効果は、主に6パターンあり、追従型、同行型、離反型、指向型、相寄り型、時間待ち型に分類されます。

興味がある方は調べてみて下さい。

どのような型であれ、日本列島に大きな被害が出ないことを祈っています。

教室としても、生徒の安全を優先し週末の模試日程を変えたとして、浸水被害や大量の授業振り替えなど、避けたいことばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験授業休止期間

今日もありがとうございます。塾長です。

受験にむけて日々教室は動いています。

今週は3名様の体験授業を行いますが、来週からは本格的な中3生用の定期テスト対策のため、体験授業の受け付けは一時中止とさせて頂きます。

部屋数が少ないので、このような措置をとらざるをえないのですが、とにかく、今通って下さっている塾生の快適な「居残り」や自習指導などを行うためには、やむを得ない判断です。

体験の3名のうちお二人は、塾生(及び卒業生)の紹介です。

ありがたいと思うとともに、「教室が良いから紹介して下さったのでしょうから」と信じ、紹介者に失礼のないよう、教室としてしっかりと生徒をケアしていかなければならないと気を引き締めています。

【体験授業休止期間】

10月29日(火) ~ 11月7日(木)

11月11日(月) ~ 14日(木)

以上よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から4か月は

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は雨の日曜日。

教室の行事自体は何もありませんでしたが、夜は出勤となりました。

本日より大晦日まで、約2ヶ月は休みなしで教室は開いています。

そして1月4日から3月までもフルオープン。

毎年のことですが、受験シーズンに休みはありません。

スタッフは交代で休めるようにシフトを組んでいきます。

早い中学校では、3年生の最後のテスト(内申に関係する)まで3週間を切りました。

悔いの残らないよう取り組んで欲しいと願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンサート

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日は、そろばん教室の後、あるコンサートへ。

Dsc_0388

子どもが習っているピアノの先生たちのコンサートです。

ピアノが子どもの発育に良いことは、ある調査で判明しています。

京大個別会が、現役京大生たちに調査をした所、その9割が小学生くらいまでピアノを習っていたのです。

但し、そのままずっと続けていた人は少なく、ある程度の所でやめている人が殆どでした。

これは、そろばんを習っていた京大生よりも多い割合です(そろばんは京大生講師の5割、それでも他大学よりは遥かに多い割合ですが)。

ということで期待して習わせているのですが、本人が好きかどうかは微妙なところです。

私自身が小学校6年生までピアノを習っていて、音楽の定期テストの指導に役立っているので、将来音楽関係に進まなくとも役に立つことは多いと思います。

その当事者である息子が最も興味を持ったのが、たいこでした。

Dsc_0393


ドラムでもなんでも興味を持ってくれれば、何らかのプラスにはなると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風27号発生

いつもありがとうございます。塾長です。

今日はそろばんのみです。

台風27号が発生したことが気になります。

26号とほぼ同じ場所で発生し、同じ経路をたどりそうですが、一般的に台風は、連続して同じ経路をたどることは、過去には殆どありません。

直近の台風が通った場所の海水温が下がるためそうなるのですが、今年は異常気象で、台風26号の経路にあたる海の水温が、あまり下がっていないということです。

休まる間もないですが、粛々と今から準備をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成25年度第3回全国模試の日程

今日もありがとうございます。塾長です。

塾生には先月配布してありますが、今一度11月度の全国模試のお知らせです。

中3生の11月定期テスト期間を考慮し、10月最終週での実施となります。

【平成25年度第3回全国模試(中3生は第4回)】

試験日 10月26日(土) 27日(日)

時 間 13:00 ~ 19:00

各自、事前に教室側に伝えてある時間に受けて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬期講習準備

いつもありがとうございます。塾長です。

心配していた大型台風26号が通過していきました。

教室自体は、鉄壁のディフェンスで難を逃れましたが、伊豆大島などでは大きな被害が出ているようで、お見舞い申し上げます。

先日異例の真夏日となりましたが、台風通過後は、気温が急に下がり、これでもう秋が来たという実感よりも、冬もすぐそこという予感がします。

体調を崩して休む生徒もいましたが、中3生にとっての内申を決める最後のテストまでは、早い学校であと2週間となり、気を緩める暇もなく勉強をして欲しいと願います。

私は冬期講習の準備を進めています。

もうそんな時期なのです。

今年は、神奈川県公立高校新傾向入試元年の昨年度よりも、一回でも入試問題が出たために対策や計画が組みやすいです。

かといって進化中ですから、今年度も入試問題には手を加えてくると思いますが。

それよりも冬期での問題は、各学校の冬休みが少しずつずれていることですかね。

知り合いの塾長さんから勉強合宿のお誘いもありましたが、個別指導だと参加率が微妙です。

何か良いシステムがあればと考えています。

中3生に、1日15時間×7日間くらい、合宿所で集中して勉強させてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教室は無事でした

毎度ありがとうございます。塾長です。

台風の通過に伴い教室を確認したところ、教室内は無事でした。

本日の授業は通常通り行います。

心配して下さった方々にご報告と御礼を申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風26号に関する教室予定(16日)

今日もありがとうございます。塾長です。

台風26号に関する、教室の話です。

16日朝、関東地方に最接近しそうです。

教室の様子を確認しに行きたいのですが、暴風雨の中では動けません。

昨日は、授業終了後、自習室を30分早く閉め、シャッターを下ろして土嚢を積んだり目張りをし、浸水などに対する準備をしました。

先生たちにもなるべく早く帰宅してもらい、今は自宅待機です。

10年ぶりの強い勢力の台風だそうですが、私はその時のことをよく覚えています。

住んでいたアパートが吹き飛ばされそうで、いつ外に避難しようか、いや外の方が危険だなどと悩んだ記憶があります。

今回の台風も無事に過ぎ去ることを祈ります。

生徒及び保護者様へ

プリントで配布した通り、停電などで授業ができないということがなければ、本日16日は通常授業を行います。

台風に伴う教室のスケジュール変更につきましては、またブログで更新したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風26号による教室の予定15日午後9時

毎度ありがとうございます。塾長です。

台風26号の通過に備えています。

本日15日火曜日の授業は、9時30分で終了、自習室も同時刻に閉室します。

その後教室の風雨対策をします。

明日は、予定通り台風が通過して、教室に被害が無ければそのまま通常授業を行います。

停電その他で授業が行えないと判断した場合は、ブログで発表するとともに、授業予定者に連絡します。

身の回りの安全の確認を各自怠らないようお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風26号の状況と今日の授業

いつもありがとうございます。塾長です。

台風26号の通過に対応するべく、準備を進めています。

最新の進路予想図を見ると、教室のある神奈川県は、台風のルートから外れていません。

教室の授業の中止、延期などは、ブログからも発信する予定です。

現在のところ、本日15日(火)の、そろばん教室および個別指導の通常授業は行います。

16日(水)の台風が最接近する事態に備えて、授業後に土嚢や目張りなど準備を行う予定です。

16日(水)の授業については、最新の台風の状況を見て判断します。

台風が近くなってきたら、外出は控え、頑丈な屋内にとどまるようにして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風26号による授業の変更について

毎度ありがとうございます。塾長です。

 

 

台風26号が日本列島に接近しています。

 

 

進路予想図などから、教室近辺に最も接近するのは、今の所、16日(水)の午前中から昼にかけてのようです。

 

 

ただ、進路や時間に関しては、時間経過とともに変わりますので、現段階での教室の対応を記しておきます。

 

 

本日授業のある生徒には、プリントを配布しましたが、その内容を掲載します。

 

 

16日(水) 授業開始1時間前で暴風警報が秦野市に出ている場合、授業は全て中止し、教室から連絡を入れます(振り替えは後日決定します)。

 

 

暴風警報が出ていなくても、河川の増水など危険な場所があり、通塾が難しい、危険だと判断した場合、授業を振り替えますのでご連絡下さい。

 

 

また、台風が過ぎ去っていたとしても、停電などの被害が出ている場合、授業はありません。

 

 

電車の遅延や運休により、講師などに影響が出た場合も、該当する生徒に連絡をします。

 

 

おそらく明後日は、学校などお休みになるかもしれませんが、台風接近時の外出は控えて下さい。

 

 

授業予定の生徒は、教室の電話がつながらない場合、配布した塾長携帯電話へ掛けて、確認をして下さい。

 

 

最新情報は、ホームページにも記載しましたが、教室の都合によりホームページよりもブログのほうが早く更新できるため、できればブログで最新情報を確認して頂けると助かります。

 

 

以上よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風26号

今日もありがとうございます。塾長です。

カレンダーでは3連休ですね。

職業柄休日でも家にいることは殆どありません。

ほぼ何かしらのイベントがあるか、平日にできない仕事をしていることが多いです。

今日も祝日ですが授業はあります。

自習室も開いていますのでご利用下さい。

週末から懸念していた台風26号の進路ですが、ほぼ関東地方直撃のようです。

勢力も非常に強く、水曜日には上陸しそうですが、今から心配しております。

とりあえず、ガムテープと土嚢、台車のチェックをしておきました。

教室に来ても教務以外の、特に天候関連の仕事が多く、もはや職業が何なのかもわからない台風接近前の私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私学・私塾フェア2013

いつもありがとうございます。塾長です。

本日は、小田原市の川東タウンセンター・マロニエにて、教室も加盟している神奈川県学習塾連絡会が私学・私塾フェアを開催します。

時間 10時30分~16時(最終入場は15時まで)

場所 JR鴨宮駅徒歩15分 川東タウンセンター・マロニエ

主に神奈川県及び近隣の私立高校のブースで、色々と進学についての相談ができます。

公立高校志望の方も、殆どが併願で私立高校を受験することになるので、お時間のある方、特に私立高校の情報を知りたい方は、是非ご参加下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

場所取り

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日は子どもの運動会でした。

私としては、運動会と言うより場所取りという仕事に感じました。

お友達のパパは、朝6時から並んだそうですが、それでも前には既に4時から並んでいる人たちがいたそうです。

唖然。4時はまだ教室にいました。

場所取り初心者の私たちは、普通に体育館の開館時間に合わせて行きましたが、もう席は2階の隅しかありませんでした。

Dsc_0371

園児の数と大人の数が、どう計算しても合わないのですが、地元出身の方々は、1人のお子さんに、父・母・祖父2・祖母2という家族も結構いたようです。

かといって次のイベントにもっと気合を入れて並ぶかと言うと。。。

子どもへの愛情と並ぶ時間は、必ずしも比例しないかなと。。。

しかし子どもの晴れ舞台、懸命に競技や演技をする姿には感動しました。

さて、午前中はそろばん教室です。

午後からは、半年前からの約束で、ある方と会ってきます。

教室が良い方向へ行きますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文学作品

いつもありがとうございます。塾長です。

今年のノーベル文学賞が、カナダ人作家のアリス・マンローさんに決まりました。

今年も村上春樹氏の受賞が期待されていましたが、見送られる結果となりました。

イギリスのブックメーカーでは、村上氏が一番人気、すなわち多くの人が受賞確実と予想していたのでしょう。

ニュースでは、大規模書店で「村上春樹受賞記念フェア」のようなものを企画していた店員さんたちのがっかりする姿が映し出されていました。

いずれ受賞する、たまたまそれが今年ではなかっただけ。

そう思って応援し続けるしかないですね。

村上氏の作品は、ノーベル賞を受賞しようとしまいと、素晴らしい作品であることには変わりありません。

しかし、それは小学生や中学生の作文であっても同じだと、私は感じています。

早稲田育英ゼミナールは作文添削指導が必修ですが、今月は中3生の提出した作品を読んでいます。

きちんと、「作文の書き方」通りに書いていなくても、読み手の心を揺さぶるような内容を時々見つけると嬉しくなってしまいます。

ノーベル賞まではほど遠くても、その生徒の可能性を感じさせられるようなことを、発見することもあります。

昨日も作文関係で嬉しいニュースがありましたが、まだ秘密にしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つける薬なし

今日もありがとうございます。塾長です。

「ストレスですね。」

最近、病院に行くと必ず言われる言葉です。

書き仕事をしていた時、急に視界の中に見えない部分が現れて、それが徐々に広がっていったのです。

恐怖を感じて眼科に行くと、また同じことを言われました。

正式名称:閃輝性暗点症

発作的に視野全体にジグザグの光が見える病気だそうです。

この状態が20~30分して、最後は偏頭痛がおこって、2時間くらいすると治ると言われました。

「つける薬はないですね。時間が経てば治りますよ。」

幸いにして頭痛がなくラッキーと思っていました。

が、さすがお医者さん、的中させました。

その後に頭痛がきて、確かに2時間くらいでおさまりました。

で、結局ストレスだと言うことで、他にも原因はあるそうなのですが、まだ解明されておらず、ただ、重篤な病気ではないとのことでした。

ついでに、最近近くの物が良く見えないという相談をしたのですが、

「何歳?老眼ですね。近視だから進みは遅いでしょう。つける薬はないですね。」

先生、ありがとうございました。

安心+がっかりしながら帰る途中、もらったパンフレットに、「芥川龍之介が、この閃輝性暗点症が持病だったそうで、晩年に書いた『歯車』という小説では、その症状が出てきます。」とありました。

うーん、ちょっと芥川な気分で歩いてみましたが、すぐに頭痛が襲ってきたので終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろばん塾講師募集

いつもありがとうございます。塾長です。

そろばんの曜日を増やさないといけなくなりそうですが、先生が足りないのでできません。

求人広告などで募集をしているのですが、なかなか応募が無くて困っています。

珠算2級をお持ちの方で、週2回程度、夕方2時間程度働ける方、ご連絡をお待ちしております。

ブランクがあっても研修が充実しているのでご心配なさらずに。

詳細はお電話にてお話しさせて頂きます。【ブログを見た、とお伝え下さい】

よろしくお願い申し上げます。

電話 0463-79-5030(月~金 16:00~22:00)

京大個別会そろばん塾ピコ 東海大学駅前校

担当 鈴木

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になること

今日もありがとうございます。塾長です。

定期テスト期間が終了し、人数の少なくなった自習室で、卒業生(高3)の志望理由書の指導をしていました。

これで2回目、かなり良くなりましたが、もう1回確認し修正する予定です。

最近入塾した私立高校生は勤勉で、毎日自習室に来ます。

色々と話を聞くとその生徒の学校は、学校の方針で殆どの生徒が指定校推薦で大学へ進学するそうです。

学校が学校なので、その理由は理解できるのですが、、、まあ、本人が努力家なので良いのかな。

定期テストが終わってもまだ毎日来るようなら本物でしょう。

返却の始まった中間テストの結果も気になる所です。

特に、某学校のある学年の科目の平均点がかなり低いということで、問題を見ましたが。。。

そして今もっとも気になるのが台風24号の進路です。

今年は集中豪雨による浸水から始まり、異常気象のオンパレードというような日々ですが、今回の台風も強力なようで、今から案じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親と子

いつもありがとうございます。塾長です。

色々とやるべきことが重なっています。

苦しいこともあれば楽しいこともあるのですが、これが人生だと思い、前に進んでいます。

原動力は、子どもの成長でしょうか。

「約束を破る」という言葉をテレビで聴いて「破った約束はどこにあるの。」紙以外にも破るものがあることを知った時に出た言葉です。

「袋のネズミはどんなネズミ。何色。大きいかな。」

毎日発見があるようで、塾の先生なのに答えられない自分が恥ずかしいですが、成長を感じることができて嬉しくもあります。

破った約束と袋のネズミについて、3歳児が納得する説明を誰か教えて下さい。

辛いことがあっても夜中に子どもの寝顔を見ると、明日も頑張ろうという気になります。

昨日の模試、打ち合わせなど終了後、日付も変わる時間に父親と電話で話しました。

「親になって初めてわかることも結構あるだろう。」

という父親の言葉は、胸に刺さりました。

その他色々と話をしましたが、80歳になろうという老人の言葉のいくつかが、無理をして気を張っていた自分を救ってくれたような気がします。

いくつになっても親の存在は大きく、自分も息子にとってそのような親にならなければと気を入れ直しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3歳児の体験授業

今日もありがとうございます。塾長です。

きのうのそろばんでは、先日電話で相談を受けた、もうすぐ4歳になるお子様の体験授業を行いました。

各そろばん教室で規定が違うと思うのですが、お子様が年中さんより下の場合、ピコでは、いくつかのことをお子様にお願いして、それができるかどうかで、受け入れを判断しています。

多少早いか遅いかだけの違いですので、今それができなくても、3か月後にはできると思います。

体験の説明中は、説明と言うより保護者様からの相談にお答えさせて頂いたという感じでした。

午後から行われた中3生の全国模試では、前回の模試の反省をしてから取り組んでいたと思いますので、皆高得点間違いないと信じています。

自習室は案の定、高校生のみでしたが、人数が少ないせいか集中して取り組めたと思います。

模試は今日も続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運動会延期

いつもありがとうございます。塾長です。

天候不良のせいで、市内の各小学校の運動会が明日に延期されました。

おかげで土曜日にそろばんのためお休みの予定だった生徒が来られることになりました。

本日午後からは中3生の模試です。

自習室は中学生と高校生に開放していますが、来る予定は高校生だけのようです。

来た人だけが得をすることになりますが、来るか来ないかは、あなた次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト最終日=テスト前日

今日もありがとうございます。塾長です。

近隣中学校の中間テスト最終日です。

昨日の授業中は、エアコンの設定がいつもと同じでも、熱気のせいか、暑がる講師や生徒が多かったように思いました。

熱気が全て得点に結びつけば良いのですが。。。

これが終わっても中3生は翌日に全国模試が控えています。

ハードなスケジュールのようですが、入試が近づけばもっともっと追い込まれます。

だからもっともっと負荷を掛けていかないと、それについていけなくなります。

頑張っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建学理念

いつもありがとうございます。塾長です。

卒業生(高3生)から依頼された、推薦の志望理由書の添削をしています。

授業後講師たちの間で、そもそもその大学の建学の精神や教育理念を受験生が理解しているのかという話になりました。

特に私立は、色々な考えを持った人が色々な理由で学校を設立した経緯があります。

NHKの大河ドラマ『八重の桜』でも、観ていると同志社大学創始者新島襄の想いがよく伝わってきます。

講師たちも、自分の大学の建学の精神、理念を理解しているかは???という笑えるか笑えないか微妙な感じでした。

東海大学では、松前重義博士の「若き日に・・・」という有名な言葉がありますが、私もうろ覚えです。

同じくらいの時間に、違う卒業生(高3生)が、進路の報告に来ました。

公立の看護専門学校のAO入試に合格したとのことです。

100名出願で合格は17名、約6倍の難関でした。

「学費も安いから親も喜んでます。」と。

確かに、私立と公立の看護専門学校では、3年間でかかる費用は、公立ならば私立の3分の1ですみます。

親孝行ですね。

しかし、私が2ヶ月ほど前に聞いた話では、その学校の指定校推薦がとれるとのことでした。

あれ、AO?

後から講師に聞いたのですが、評定4を遥かに超える好成績を持っていたその生徒、全く同じ成績で、同じ学校の指定校推薦を欲しい生徒がいて先生たちも困っていたらしく、それを譲ったそうです。

感激しました。

「それでこのうちの卒業生。うちの教室の建学理念?の通りの振る舞いではないか。」

譲ったことではありませんよ。

今の世の中、心が優しいことは素晴らしいことですが、それだけなら「ただの良い人」で終わってしまいます。

私が最も褒めたのは、「指定校譲っても、難しいAO入試合格を実力で勝ち取ったこと」です。

うちの生徒です。

他人を想う気持ちが強いのは当然、加えて実力でも負けない!

これでこそ、高校受験の時から「お前、お母さんになったら自分の子どもに、自信を持って、一生懸命努力してきた。だから幸せになったよ。って言えるの。」と言い続けた甲斐があります。

T子、よくやった。

その他数人の自習室に出入りしている高3生、うちの教室の建学理念?を胸に、T子に続けよ。

それを見ている中3生、先輩たちに続けよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試練

今日もありがとうございます。塾長です。

試練は乗り越えるためにある。

乗り越えられない試練はやってこない。

試練を乗り越えられないと思った時点で、本当に乗り越えられなくなる。

乗り越えられると信じて乗り越えられなかったら、乗り越えられるまで続ければいい。

がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとりでできるもん

いつもありがとうございます。塾長です。

10月になりました。

職業柄でしょうか、これから入試までは、時間の流れが早く感じます。

昨日から、8月末に行った全国模試の返却を行っています。

中3生に関しては、私と個人面談の形式で、他の学年は、講師から結果についての説明と、次の模試へ向けてのアドバイスを受けます。

中3生は、今週定期テスト、週末に全国模試とハードなスケジュールです。

現在集計していますが、ほぼ毎年同じような結果です。

夏休みをアドバイス通りの計画で過ごした生徒は、偏差値が上がりました。

夏期講習を受講した約90%くらいです。

偏差値が上がったのですから、同じ時期に他で勉強していた生徒に勝ったわけで、当教室が「講習に強い」と言われる所以です。

最も伸びた生徒は、5科平均で偏差値15、志望校にして3段階を一気に突き抜けました。

講師たちに言わせると、「確かに普段の○○(生徒名)とは思えないほど必死に勉強していました」とのこと。

そのような中で、偏差値が上がっていない生徒がいるのも事実です。

それも、答案を解析すれば、殆どの原因は特定できるので、それを次の模試に生かしてもらいたいと思います。

我々は、与えられた条件(申し込んだ授業数)の中で、最大限の効果が上がるように考え、授業を行っています。

それはどの生徒に対しても同じです。

結局は、それを受け止める生徒が、どれくらい頑張るかで吸収の度合いが違うので、同じ講習を受けても、結果には差が出ます。

我々は魔法使いではありませんので、指示通り進められない生徒の学力を上げることはできません。

特に私が昨日、中3生に対し最も繰り返し話したのは、「1人でできることは1人でやりなさい」ということです。

例えば、「appleはりんごという意味です」なんて、月謝を払って習うことでしょうか(小学生の初等英語を除く)。

どんなに文法や読解の理解を深めるような指導をしても、結局単語の意味がわからなければねえ。

しかも単語や漢字は、辞書があれば独りで調べることができますよね。

限られた授業時間の中で教えられることは、当然限られています。

それを定着させたり、ベースとなる単語や漢字、計算練習など、家でやるべき、1人でできることも指示しています(当然ですが、難しい計算の方法などは授業で解説して、1人でできる状態にします)。

そういうことを馬鹿にせず真面目に毎日自宅で行えるかが、結果的に模試の偏差値となって表れるのです。

講師は必死なので、生徒たちも必死でついてきてもらいたいと思います。

そうすれば、結果も必ずついてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »