« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

全国模試初日

今日もありがとうございます。塾長です。

午後から全国模試の日となりました。

明日までの2日間で、この夏休み約40日間の努力の成果をみます。

期待に応えてくれそうな生徒が多いので楽しみです(笑)

その前に午前中のそろばん、生徒が座る席がなくなったので購入した机を組み立てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏期講習最終日

いつもありがとうございます。塾長です。

ついに最終日となった夏期講習です。

昨日講師たちと、この夏の中3生で最も伸びた生徒が誰かという話になりました。

各生徒、課題をクリアしていたりいなかったりですが、かなり高い目標設定をした受験生の一人が、かなり伸びています。

偏差値が上がる夏期講習を売りにしているので、今回の模試の結果も楽しみです。

さあ、土日の模試に向けて、ラストスパート頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイペース

いつもありがとうございます。塾長です。

近隣地域の小中学校の夏休みが今日で終了するため、午前中の授業も今日までです。

長いようで短い夏休みでしたね。

秋の気配と一緒に台風15号もやってくるようですが、各地での豪雨被害は、被害に遭った人間としては他人事だと思えないです。

そういう天気の心配は相変わらず続いていますが、週末の全国模試が無事に行われることが、直近の最も大きなお願いごとでしょうかね。

天気は、こちらのペースに合わせてくれるわけではないので、もう祈るしかないです。

同時並行して行っていたそろばんの授業も、木曜日からは午後に戻ります。

そろばんと言えば、開校して2ヶ月ですが、開校時にチラシを1万枚折り込んだだけで、あとは何の宣伝もしていませんでした。

しかしじわじわと生徒が増えて、ついに先週、火曜日の1コマは満席となりました。

幼児から小学校低学年までは、なるべく早い「15時30分スタートの時間帯」に来て頂けると助かります。

そろばんを習いたい、というより、保護者様の「そろばんを習わせたい。」という需要があることは、入会した保護者様と話をしているとよくわかります。

加えて、ピコのシステムが上手くできていて、現代の子どもたちや保護者様ののニーズをよく理解していることが、入会者が勝手に増える原因だと考えています。

ピコを紹介して下さった宮﨑教室の宮﨑塾長には、高校受験の情報収集や、私塾の組合のイベントでもお世話になっているので、いよいよ大和市の方角へ足を向けて寝られなくなりました(笑)。

今後も、何もしなくても入会者は増え続けるでしょうが、あいにく狭い自習室でのお稽古なので、受け入れに支障が出てきますが、やはりベースは個別指導学習塾です。

ですからそこはマイペースで、個別指導の授業に支障をきたさない程度に、入れる人数だけ受け入れてやっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと4日

今日もありがとうございます。塾長です。

予想外に早い秋の到来でしょうか。

気温が一気に下がったため、体調を崩す人が多かった昨日の教室です。

私もその1人でしたが、元々私は、気温の変化についていけない体質なので、あまり気にしていません。

暑いなら暑い、寒いなら寒いという季節のほうがまだましで、昨日と今日で寒暖の差が10度もあるような季節は苦手としております。

月末さらに講習終了直前なので仕事量は多いのですが、それが手につかないようなハプニングもありまして、非常に面白い一日を過ごしました。

あと4日で終了する夏期講習、これ以上のハプニングは必要ないので、どうか平穏無事に過ごせますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラストスパート

いつもありがとうございます。塾長です。

夏期講習最終タームが始まりました。

もう少しで終わりという所まで来て、急な気温の変化に体調がついていけません。

せっかく昨日1日休校だったのですが、身体を休めることはできませんでした。

何とかあと一週間、講習終了まで持ちこたえるべく努力します。

生徒たちもラストスパート、最後まで気を抜かずに頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日ですが

今日もありがとうございます。塾長です。

休校日の本日は、、、教室に行きます。

といっても、いつもの朝9時ではなく、夜だけですが。

数名の講師は仕事があるらしく、出勤すると言っていたので、1人だと手が動かなくなる私も、講師がいる時間帯に行きたいと思っています。

夏期講習はあと1週間、最後まで気を抜かずにいくつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

振り替え対応

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日の教室近隣地域は大雨の被害は免れました。

しかし、空の色が変わったり、雷が鳴ったりすると、気が気でなりません。

今日も各地で天候が荒れるそうですが、ひたすら祈っています。

授業では、夏期講習が残り6日となり、欠席者の振り替え対応がきつくなってきました。

元々、振り替えが入ることを想定して、講習の終了前は、かなり緩く授業を組んでいるのですが、それでも生徒によっては都合がつかずに困っています。

きついと言えば、講師も私も肉体的にきついです。

それでも明日は待望の休校日なので、気を抜かずに粛々と過ごそうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洒落にならない

今日もありがとうございます。塾長です。

毎日インターネットの天気予報と空を見つめながら仕事していますが、精神的にきついですね。

先日も、登録してある大雨警報メールが授業中に届き、急いで台車と土嚢の準備をしましたが、ありがたいことに空振りに終わりました。

特に生徒の教室滞在時間が長くなる季節講習中は、気が気でなりません。

昨日は雨も降っていないのに天井から水滴。

エアコンでした。

まさか故障の予兆ではと、知り合いの電気屋さんに連絡し、とりあえず点検してもらうことになりました。

生徒のいない時間帯は、電気屋さんの営業時間外のため授業中に見てもらうしかありません。

これだけの猛暑なので、エアコンの故障だけは勘弁してほしいです。

業務用なので、修理費用も大きくなると思いますし、考えただけで気が滅入りますね。

上から水滴、下から浸水とか、洒落にならない今年の夏です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高3、動く

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日、志望校のランクを落としてAO入試を受けると言っていた卒業生が、色々調べて持ってきました。

新たに志望校に設定した、「一般受験のための資料」です。

目標を高く設定し、これからどうしたらよいかと色々話し合いました。

夏休みが約1ヶ月過ぎている時点で、他の受験生とは、この夏だけでも約300時間の学習時間の違いがあります。

そのビハインドをひっくり返すための、具体的なアドバイスをしたのですが、一番言いたかったのは、「大手の予備校などで、その大学を受験するライバルたちがどれほど勉強しているか見てきなさい。」ということです。

どんなに難しい入試問題でも、うちの講師は解いて教えることができるでしょう。

しかし、大学受験生が少ない教室では、周りが見えない状態=「井の中の蛙」のようになっていまいます。

定期的に模試を受けていれば、自分の位置を確認することもできますが、それだけのビハインドを背負って戦うのですから、相当の覚悟が必要です。

ですからまず、そののんびりとして安定的な思考を変えるべく、焦ってもらいたいので、そういう状況に身を置いて欲しいということです。

とりあえず、あと1週間ある夏休みで、本気になれば100時間以上勉強できるので、留学で未履修の、ある受験科目の問題集を終わらせてくるよう命じました。

同時に、最寄りの2つの予備校の名前を出し、そこを見学してくるようにも言いました。

ある卒業生は、今年度の指定校推薦一覧表を持ってきました。

早稲田の理系や東京理科大など、結構ありましたが、うーん指定校か。

色々な考え方があるので一概には言えないのですが、私としては、卒業生には、楽なルートで大学生にさせたくないですね。

入った大学の名前よりも、そこにたどり着く過程でつけた力や、大学に入って身につけたスキルが、後の社会で役に立つと、周りの大人を見ていて思いますから。

でも、指定校でも早稲田なら。。。?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お土産

今日もありがとうございます。塾長です。

お盆休みに各地へ出かけた生徒たちが、お土産を持って来てくれています。

昨日は、そろばんの生徒も、お母様曰く「そろばんの先生にお土産買うと、自分で選んでいました。」と、お土産を持って来てくれました。

お土産も嬉しいですが、その出かけた先でどのような出来事があったのか、楽しそうに話してくれる生徒たちの顔が、一番のお土産ですかね。

方やお盆休み明けから、体調を崩して授業を休む生徒が急増しています。

熱中症もあるでしょうが、風邪のような症状で休む生徒もおり、休みだからと気を抜かないで体調管理もして欲しいと思います。

この暑さの中で、来年春の合格に向けて受験生たちはひたすら勉強しています。

昨日久しぶりに来た卒業生は、1年間の国外留学から帰ってきて、一般受験では第一志望校に間に合わないと思うし、辛い思いをしたくないから、第2志望のAO入試を受けると言っていましたが、安易な選択をせず、苦労してでも今は実力をつけるべきだと言っておきました。

「親と話し合ってまた来ます。」と言って帰りましたが、教室に寄らなければそのまま「ラクな方向へ行くつもり」だったそうです。

どういう話し合いの結果(お土産)を持って来るのか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こういう状況ですから

いつもありがとうございます。塾長です。

夏期講習の後半がスタートしましたが、早くも総力戦です。

講師たちの奮闘に支えられて何とか授業が成立しています。

今日はそろばんの体験が2人あります。

しかし、教室の部屋は、個別授業用教室と自習室の2つしかありません。

同じ時間帯に教室で個別の授業、自習室でそろばんの授業に加えて体験、さて、保護者様との面談をどうやって同時に行うか。

まさかこの炎天下に外で行うわけにもいかず(天候に関係なく外はありえませんが)、考えた末にそろばんの体験授業をしている横にスペースを作り、そこで行うことにしました。

まあ、体験中のお子様の様子や講師の指導法が目の前で観られるので、下手に説明するより良いかもしれません。

こういう状況ですから、なりふり構っていられません。

昨日、学習塾を探している保護者様が飛び入りで見学にいらしたのですが、特に売り込むわけでもなく、授業の様子を別室から見て頂き、淡々と説明して終わりました。

申し訳ないとは思ったのですが、どうしても授業で気になることがあって、早く教室内に戻りたかったのです。

新規の塾生獲得よりも、今いる生徒と講師のことを重視するので、自然とそうなってしまいます。

こういう状況ですから、なりふり構っていられません。

そういう教室です。

ご容赦下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏期講習後半スタート

今日もありがとうございます。塾長です。

いよいよ夏期講習後半のスタートです。

2週間後の全国模試で、しっかりと結果を出すために、気合を入れていきましょう。

今日からの授業では、大量に出してある宿題のチェックもしなければならないのですが、それよりも、全員が学校の課題を終わらせているかどうかが気になります。

授業では、やらなければならないことが山積みですが、楽しみもいくつかあります。

その一つが、この1週間で様々な場所に出かけた生徒や講師たちの土産話を聞くことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休中の写真

いつもありがとうございます。塾長です。

忙しかった連休も今日で終わりです。

連休中に撮影した写真をいくつかピックアップして、日記代わりに載せます。

Dsc_0329


バナナの木が自慢の実家の庭です。

両親も段々と年老いて来たので、私が行けなくても孫だけは顔を見せに、妻に連れて行ってもらっています。

埼玉県ですからそう遠くはないのですが、家を出た身としては、何歳になっても敷居は高いですね。

お盆と正月はなるべく帰省するように心がけています。

今年は猛暑のせいか、いつもは実をつけないバナナが、

Dsc_0330


写真中央より少し右に映っているのが「花」で、その上のカツラのように黄色くなって乗っかっているのが「実」です。

歌手のさだまさしさんが、「親孝行は、親が生きているうちにするものではない。親が元気なうちにしないとね。」と言っておられた記憶がありますが、未だに孝行をする自信はありません。

齢八十の父は、孫と元気に遊んでくれましたが、持ち上げて一言、「重い。」孫の成長を重さで感じたようです。

母と一緒に、同じ沿線の伯父(齢八十)の所にも行きました。

何度かブログに登場している、私の命の恩人です。

初めて子どもを直接会わせることができました。

自分の孫と同じくらい、私の子どもも可愛がってくれ、成長を楽しみにしてくれています。

「私の出世は頭打ちなので、息子の出世を楽しみにしておいて下さい。」と、暗に長生きしたほうが得だと伝えてきましたが、実際に息子が出世するかは分かりません(笑)。

Dsc_0317


最後にこれ。

怖くて食べられませんでしたが、水族館内のレストランの期間限定メニューです。

妻は「隣の水槽で展示用の魚が泳いでいて、これを見たお客さんは食べる気になるのかな。」と言っていましたが同感。

ビールによく合う大人向けのテイストだそうです。

その他の写真はまた今度。

そして夏期講習後半も、連休中以上に突っ走って行きます(現在筋肉痛)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏期講習後半準備

今日もありがとうございます。塾長です。

日中は色々と出かけているのですが、夜中は教室でひたすら作業です。

月曜日からの配布物など、夏期講習後半に向けて準備が結構あります。

お盆休みという、教室を開けなくても良い日はあと2日。

そういう時にしかできないことをしっかりとやっておきたいです。

次の連休は、大晦日から正月3が日までの4日間。

それまで突っ走っていくためにも、適度の休養などをしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【夏休み講師記事傑作選】その2

いつもありがとうございます。塾長です。

夏休み特別企画その2、過去に在籍した主任講師の名記事特集、本日は前田先生です。

夏休みを過ごす受験生に対するメッセージとなっています。

『緊張を解くために』

こんにちは、前田です。

受験生の皆さんは、まだまだ受験ということを意識していないかもしれません。

しかし、この暑い夏の間でも、確実に受験までの時間は減ってきています。

今日は受験生へエールを送るつもりで、緊張について書きたいと思います。

勉強やスポーツに関わらず、何かの大会、発表、テストと名の付くものに多くの人は緊張することと思います。

本番では、練習の7割の力が出せれば上等ということを聞くこともありますが、せっかく今まで練習を積んできたにも関わらず、7割の力しか出せないというのは勿体ないですよね。

こと、受験においては、自分の人生を左右するかもしれない大切なものです。

なるべくなら100%の力を出したい。もともと練習で出来ていたことをするだけで、何も実力以上のものを出すわけではないから、特別なことは必要ありません。

考え方を少し変えれば、良い方向に向かうかもしれませんね。

中には緊張しないために「ダメでもともと」と考える人もいます。どれ程効果があるかわかりませんが、もし本当にダメだったら…と考えると、後悔しそうであまり良い方法とは思えません。

それに、良い結果を強く望むことは決して悪いことではないからです。

しかし、そもそも緊張してしまうのには、「うまくやろう」や「失敗しないように」と、良い結果を意識しすぎるということが原因の一つに挙げられると思います。

大会で負けたい、発表、テストで失敗したいと考える人はまずいません。できるなら勝ちたい、良い点数をとりたい、入試に「合格」したいと思うはずです。

それならば、緊張することは「合格」への第一歩と考えられるのではないでしょうか。

合格には、言うまでもなく充分な学力が必要です。しかし、同時に「合格したい」という強い気持ちも大切です。

もし、本番でペンを持つ手が震えていたら…それは、合格に必要な一つ目の要素を満たしているということでしょう。

あとは、普段通り問題を解いていくだけでいいわけです。震えていなければ…それは、あなたが大舞台にも動じない強心臓の持ち主だということでしょう。

これから受験までの時間はあっという間に過ぎていきます。

それまで、学校の定期テストや全国模試など、「緊張する練習」をする機会が何回かあります。

それらの機会に、実力を発揮する練習に加えて、緊張する練習もしてみてはどうでしょうか。

いくつかの場数を踏むことによって、慣れることができるかもしれません。

そして緊張を楽しめるようになったら、もう一流の受験生と言えると思います。

夏休みはあと2週間くらいです。人生で一番勉強したという思い出が残るような夏にして下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み講師ブログ記事傑作選1

今日もありがとうございます。塾長です。

夏休み特別企画として、過去に在籍した主任講師の名記事特集をお送りします。

本日は、教室開校時に高3の受験生として在籍し、その後講師として4年間(うち管理職を2年)勤めてくれ、現在は小学校の先生となった岩本先生の記事です。

『To know is one thing and to teach is another』

岩本です。

Question 「1+4」と「4+1」は同じか?

Answer 答えは「5」で同じである。

これは誰もが知っている交換法則の問題で、足し算においては順番を入れ替えても式は成り立つという法則である。

その点で「同じ」という答えは正解である。

しかし、教える立場の人間においてこの答えでは正解とは言い難い。

本当に勉強が苦手な子どもにとっては、この2つの式は別物である。

それは何故か?

Question 「1+4」と「4+1」はどちらが簡単か?

理由はこの問いに集約されている。

Answer 「4+1」である。

それは1個あるものに後から4個を足すと考えるより、4個あるものに1個だけ足すと考える方が本当にかすかだが後者の方が簡単なのである。

9割の子どもは気にしないが、中にはつまずく子どももいるという事実がある以上、教える立場の人間において最初の問いに「違う」と私は答えたい。

これは足し算に限らず、他の勉強、勉強以外のことでさえも言えることである。

人に分かりやすく教えるということは、このような違いを意識した上で構成を組み立てていくということなのだと考えている。

私ももっと分かりやすく教えられるようになりたいと思う。

“To know is one thing and to teach is another.”(知っていることと教えることは別だ。)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事してます

今日もありがとうございます。塾長です。

夏季休暇のような、数日連続した休みが無いと行けないような場所に、人に会いに行っています。

特に今回はそろばん関係が多いです。

つまり仕事ですね(笑)。

あるFCの社長から言われたことですが、私の話は、今まで会った数百人の塾経営者の誰もが発想したことがない、聞いたことがない話だそうです。

私が変わり者ということが大きな要因でしょうが、お世辞でもそう言われると嬉しいですね。

その社長とも今後はおつきあいさせて頂くことになり、数か月後の大きな集まりに呼んで頂きました。

早稲田育英ゼミナールの顧問として、きちんと各教室の経営安定のために尽力してはいます。

そのあるFCの戦略も、結果的に早稲田育英の各教室のプラスになることは間違いありませんが、やるやらないは各オーナーの判断ですからね。

私は、とにかく勉強と実験を繰り返すのみです。

しかし、一生懸命やっていると、自分にプラスになる人が集まってきて嬉しいですね。

もちろん根本には、うちの教室で働いてくれる講師、特に管理職級の講師の能力が高いからこそ、私が色々と動けるので、その基本を忘れないように教室運営をしていくつもりです。

昔からのご縁、そして新しい出会いとご縁に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日トマト

いつもありがとうございます。塾長です。

お盆休みということで、大雨洪水警報に怯えながらも、少しは精神的にリラックスしています。

Dsc_0304


自宅で育てているトマトに、子どもと一緒に水をやり、収穫して食べるという、何のことはない休日ですが、かなり癒されております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説のフリーキック、大根鶴巻地区で

今日もありがとうございます。塾長です。

1985年10月26日のことでした。

当時16歳で、色々と悩み、過ごす日々の私が、ある場所で観た一本のフリーキック。

当時は漫画などでサッカー人口が増えつつありましたが、野球ほどの人気はありませんでした。

私自身も、中学校の体育ではサッカーをやっていましたが、サッカー部に所属したことはなく、それほどサッカーに対する興味も情熱もありませんでした。

それよりも、日々生きることに疲れた生活をしていたのですが、この「日本を背負って立つ背番号10番の、今では伝説となったフリーキック」で、大きな勇気をもらうことができました。

以下のURLで、その「ワールドカップ予選、日本VS韓国」のゴールの瞬間を観ることができます。

http://www.youtube.com/watch?v=P3l8vCaf29M&feature=player_embedded

彼の名前は木村和司。

私たち40歳代なら、そしてサッカーに関わったことのある人なら年齢を問わず知らない人はいないでしょう。

いや、日本人で、1985年を生きた人ならば、知っていて当然、教科書に載って欲しいくらいの人です。

たまたまご縁があり、この11月に、大根鶴巻地区で、その木村和司さんのサッカー教室とトークショーを行うことが決まり、私もその実行委員会のメンバーに加えて頂きました。

事の詳細は、私の親友であり、相棒の「松屋不動産 福嶋社長」のブログに掲載されています。

地元地区を、スポーツで元気にしようという人たちと、地元の子どもたちへの教育に情熱をかける人たちが集まって、今回のイベントが行われます。

詳細は追って連絡しますが、私としては、子どもたちに何かを感じ取ってもらいたい、そして、私と同じ世代の人と、もう一度あの時の話で盛り上がりたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏季休校初日

いつもありがとうございます。塾長です。

教室では夏季休校期間となりました。

3週間の夏期講習前半では、さすがの私も最後の方に体調がおかしくなりかけましたが、この1週間の休暇で立て直したいと思います。

とは言っても、色々と人に会う予定が入っていたり、募集を再開した塾生の申し込みに関する書類作成など、結局教室から離れることは難しそうです(募集は締め切りました)。

さらに、いつゲリラ豪雨が来るかと思うと、気が気でなりません。

しかし帰省と、子どもと思い切り遊ぶことだけは、このお盆休み中に必ず達成したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏期講習前半最終日

今日もありがとうございます。塾長です。

夏期講習前半の最終日となりました。

全日程の6割が終了したことになります。

明日から1週間のお休みを頂きますが、その間に各講師が休養し、前半のハードな勤務の疲れがとれることを祈っています。

また塾生たちには、この1週間、教室での授業の代わりの宿題を全員に出しています。

他よりは多いでしょうが、自由時間も確保できる量を計算しているので、必ずできるはずです。

上手に作った自由時間で、夏休みの思い出を作って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろばん教室夏季休校日程

いつもありがとうございます。塾長です。

そろばんの体験申し込みがあったのですが、ご希望が8月15日でした。

残念ながら来週1週間は、そろばん教室も夏季休校です。

事情をお話して、休校明けに、お友達も連れて来て下さることになりました。

このような行き違いの無いよう、そろばん教室についても夏季休校についてお知らせしておきます。

【そろばん塾ピコ東海大学駅前校 夏季休校日】

8月11日(日) ~ 18日(日)

休校期間中は、電話でのお問い合わせも対応できませんので、予めご了承下さい。

授業開始は、8月20日(火) 午前10時からとなります。

以上よろしくお願い申しげます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドブル入荷

今日もありがとうございます。塾長です。

連日の授業で、講師たちが疲弊しているのがよくわかります。

今はとにかく、出勤してくれている講師で回すしかありません。

Dsc_0301


私にできるのは、このようにレッドブルを常に冷蔵庫に満タンにしておき、講師に配給することくらいです。

とりあえずあと3日で、夏期講習の前半が終了し、1週間の休校期間があるので、そこまで耐えて欲しいと願いつつ、授業を見守っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社会人1年目、生きる

いつもありがとうございます。塾長です。

社会人1年目の、卒業生のお姉さんが勉強をしに来ました。

そのお姉さん自体は、開校時に高校生でしたが、卒業生(当時の中3生)を迎えに来る保護者様の車に乗って帰るため、駅を降りると自習室に来て勉強していました。

大学時代も、課題を終わらせるために顔を出すこともしばしば。

特に大学時代は教職課程もあり、教育実習についての指導などもした記憶があります。

あるデパートに就職し、頑張っているようでしたが、昨日は、約7年になるつきあいの中で、最も「勉強しているなあ。」と感じました。

ある高級ブランドの販売ブースに配属されたのですが、商品の知識はもとより、原材料のことなど、必死に勉強していました。

社会に出て、自分でお金を稼ぐようになって初めて、「自ら勉強することの大切さ」を知ったようです。

「勉強しないとお客さんに売れないから必死ですー。」とも言っていました。

昔から語尾を伸ばす喋り方をやめなさいと注意してきたのですが、勤めだしてからかなり良くなりました。

と言っても、やはり自習室だと自宅のように安心するのか、「ですー。」という昔の返事が出てきました(笑)。

飯を食う。自分で生きる。ということを、社会に出て学んで、また一つ大きくなってくれればいいと思います。

高校の修学旅行で海外へ行く時に「スーツケースがない!」と慌てていたのを見た教室長(妻)が、スーツケースを貸してあげたのが昨日のことのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒロシマ原爆記念日

今日もありがとうございます。塾長です。

1945年8月6日午前8時15分、ヒロシマに原爆が投下され、多くの人々の命を奪いました。

今年も、その8月6日がやってきました。

日々生活している全世界の人々に、この日は平和について考えてもらいたいと願います。

広島市中区の平和祈念公園では、午前8時から平和祈念式典が行われます。

日本人として、忘れてはならない日であり、過去の過ちを繰り返さないためにも、立ち止まって考えてみましょう。

亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3ターム開始

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は、冬休みまでの土日の細かい設定をしました。

各中学校のテスト期間と、文化祭や体育祭などを考慮し、4月におよその予定を立ててありましたが、講師や生徒の人数の変化があったので、最新版として、補講や模試などの配置人数などを決めました。

本日より夏期講習第3タームのスタートです。

この週で、夏期講習の折り返し点を通過します。

私も含めスタッフたちは、この1週間を乗り切ればお盆休みとなります。

生徒も必死でしょうが、私たちも必死でこの1週間を乗り切っていきたいと思います。

学校の課題の進みが悪い人、自習室に持って来て下さい。

今週中に全て終わらせましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あくまで休校日です

今日もありがとうございます。塾長です。

本日、教室は休校日です。

自習室の開放もありません。

スタッフ及び私が教室にいるかもしれませんが、授業時には行えない事務仕事などを行っているだけです。

あくまで、お休みの日とさせて下さい。

明日はそろばん教室がないので、午前10時の授業開始と同時に自習室を開放します。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講習第2ターム終了

いつもありがとうございます。塾長です。

本日で夏期講習第2タームが終了します。

講習全体の4割が終わったことになります。

自習室で休憩していた中3生に、学校の宿題の進捗状況を聞いてみると、「まあまあです。」とのこと。

まあまあという日本語が、どこからどこまでを表すのか、明確な規定があるといいのですが。

読書感想文などの課題が出ていますが、教室からも昨日8月度の作文課題を受験生に渡しました。

締め切りは1週間後です。

締め切りを守らない生徒には、最初は居残りで書かせていますが、今年は居残りが嫌なのか、殆どの生徒が期限を守っています。

9月以降は締め切り後は受け取り拒否で、その他ペナルティーを科していきますが、受験生がそんなことしているようではどうしようもないですね。

いくら講習がきつくても、宿題が多くても、時間的に他の生徒ができることを、できないわけはありません。

やってやりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

難題

いつもありがとうございます。塾長です。

帰宅すると、妻が起きてきて言いました。

「金魚が召されたよ。」

お祭りから4日目、水槽や水草などを用意し、ペットショップで酸欠の予防などを聞いてきちんと飼育したつもりなのですが、残念です。

夜店の金魚は寿命が短いと言いますが、それは、飼育環境がないのに子どもが欲しがり、持ち帰っての悲劇が多いからだと思います。

また、夜店に並ぶまでに、長距離輸送や粗雑に扱われることで弱っていき、きちんとケアしているペットショップの金魚に較べると、早く召されることが多いようです。

中には、水道水のカルキ抜きをせずに金魚を入れてしまったりと、金魚にとっては迷惑なことですが、私が子どもの頃も、縁日で金魚を持って帰った記憶があり、ずっと繰り返されていることです。

土に埋めてあげようとは思うのですがここで問題が。

3歳の息子にどうやって金魚の死を説明するのかということです。

こんな時に役に立つ、yahoo知恵袋や教えてgooなどを検索したのですが、色々な意見があり、人それぞれという感じです。

電池で動く犬が止まった時、電池を入れ替えてまた動くのを見た息子は、その後プラレールやその他のおもちゃが動かなくなると、「お母さん電池入れて。」と言うようになりました。

動かなくなった金魚を見せて、「電池入れて。」と言われたらなんと説明しようか。

死って一体どういうこと。

私は受験指導や、中学生くらいの子に人生についてを教えることは得意ですが、幼児に死を教えるという経験は初めてで、今どうしていいか困っています。

妻からは「考えたって生き返らないでしょ。どうするか決めといて。」と課題を与えられました。

もうすぐ子どもが起きてきます。

夏期講習が・・・とか言ってる場合ではないほどに、思案しております。

とりあえず、金魚が天国に行けますように。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金鷲旗全国高等学校柔道大会

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日行われた金鷲旗全国高等学校柔道大会の様子が、深夜のテレビで放映されていました。

決勝戦は、東海大浦安と東海大相模の東海大学附属校対決。

どちらを応援して良いか迷うところですが、やはり地元神奈川で、卒業生の進学実績もある相模ですかね。

過去の優勝回数では相模高校が6回と圧倒的にリードしていますが、浦安高校は優勝候補の筆頭です。

浦安高校の大将は17歳以下世界チャンピオンのウルフ・アロン選手で、昨年もこの大会を制しており、春の全国大会の覇者も浦安高校でした。

最後の試合に登場したウルフ選手、開始16秒で見事な一本勝ち、アナウンサーは「秒殺!」と連呼していました。

相手の真砂谷(まさごや)選手も、その前の試合は素晴らしかったのですが、悔しかったでしょう。

良い試合が観られて疲れも吹き飛びました。

教室の受験生にも、柔道部が数名おります。

数年後には、ブラウン管(古い?)の中で卒業生と再会したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »