« 面談終了 | トップページ | 午前授業 »

息子の先生

今日もありがとうございます。塾長です。

「○○さんって昔の教え子にいなかった。」

妻から聞いたのは、私が他の塾で講師をしている時の担当だった生徒の名前でした。

子どもが音楽教室に通っているのですが、その担当の先生の名前が同姓同名です。

漢字を確認していないのですが、妻が話す先生の容姿は、その教え子に似ているような気もします。

私は昔から、教え子とは仲が良かった(つもり)ので、高校生になってからも、勉強や進学以外に恋愛相談などに気軽に応じていました。

しかし、彼女が大学時代に、私がその学部のTA(教授の手伝い)をしていた時に数回会ったのが最後で、以降のことは知りません。

数えてみると、中3生だった彼女ももう26歳、ありえなくもない話ですが、もし息子の先生になっているとしたら、非常に感慨深いですね。

妻が言った一言は

「私たちも年をとったわね。」

うん、その一言が全てでしょう。

本当にその教え子かは定かではありませんが、機会があったら会ってみたいものです。

|

« 面談終了 | トップページ | 午前授業 »

塾長の記事」カテゴリの記事

思い出話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/57732410

この記事へのトラックバック一覧です: 息子の先生:

« 面談終了 | トップページ | 午前授業 »