« 本能寺?ならば桶狭間! | トップページ | 小学校低学年で楽しく続けられること »

秦野の幼児教育の決め手となる、そろばん塾開校

今日もありがとうございます。塾長です。

究極の幼児(右脳)教育、そろばん教室の体験授業会の日となりました。

体験の申し込みは、小学校低学年の割合が高いですね。

右脳を鍛えるには良い年齢です。

1人ひとり話を聴いてみると、保護者様たちに共通している点がありました。

やはり、わかっている人はわかっているのですね。

ただ、そろばんだけをやれば国立大学に入学できるわけではありません。

私の立てた計画は、そろばんから始まってその後どういったスケジュールで学習を進めていけば、優位に学力をつけることができるのかを考えたものです。

このあたりの話を中心に、体験中に面談を行う保護者様に話をしていこうと思います。

そろばんが欠けてもダメ、そろばんだけでもダメ、それは異業種出身の個別指導塾経営者で、現役で研究を続ける私だから気づいた点だと自負しています。

3年後を目途に、所属する大学教育学会で新しい論文を発表できるよう、子どもたちの学力向上を後押ししながら、究極の、いや至高の学力向上法を完成させる予定です。

おっとその前に、月末に100人規模の講演会が商工会議所であるので、その準備をしないといけませんね。

おっとさらにその前に、夏期講習の準備が先だった。

違うでしょ、まずは今日の体験授業会をしっかりやらないとね。

|

« 本能寺?ならば桶狭間! | トップページ | 小学校低学年で楽しく続けられること »

そろばん」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/57545823

この記事へのトラックバック一覧です: 秦野の幼児教育の決め手となる、そろばん塾開校:

« 本能寺?ならば桶狭間! | トップページ | 小学校低学年で楽しく続けられること »