« わが町、秦野市のそろばん事情 | トップページ | しみじみと修学旅行 »

東海大学前駅でそろばん塾ピコ始めます

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日の話の続きです。

しつこいですか(笑)

ご安心下さい。

この話も今日で終わりにしますので。

うちの塾生や、塾生予備軍となっている弟妹さんたち、それに私の息子、何とか受験に勝てる、いや、人生においてもっと選択できる立場になってもらいたい。

そのために右脳を鍛える。

だからそろばんを、という話のまとめです。

そろばん習う所がないなら、作っちゃえばいいじゃん。

ということで、教室の空き時間を利用してそろばん教室をやることにしました。

先生ですか、ちゃんと見つけてきました。

優しい女性の先生たちですよ~(多分ね)

私みたいに怖いおじさんは、中3生や高校生の相手がちょうどいいので、小さなお子様は先生にお任せします。

塾の内部生たちと、商店会の方々、卒業生の弟妹だけにひっそりとお知らせして、細々とやろうと思ったのですが。

せっかく机も空いているので、地域の子どもたちの学力向上のために、ご希望の方を受け入れることにします。

基本的にコンセプトが、「受験や人生に有利になる右脳開発のためのそろばん」を教えることなので、あまりお金儲けとか考えていません。

そもそも、うちの息子や塾生たちの学力が上がればいいので、先生の給料と運営する費用がねん出できる程度の月謝に設定しています。

ですから、ストレスなく教室を運営したいので、当然、来るもの拒まず受け入れるなんてことはしませんよ。

保護者様が昔そろばんをやっていて、そろばんの素晴らしさ、暗算の利点を理解しており、是非自分のお子様にも技術を習得させたいとか。

右脳開発教育に理解があり、子どもの学力向上にそろばんが有効だと感じているとか。

あと、どうしても左脳教育型の学習教室で結果が出ないとか。

そういう、本当にそろばん塾の必要性を感じている方にお越しいただきたいと思います。

あ、大した理由がなくても、お子様にそろばんを習わせたいと言う熱意が伝わればOKです。

一斉指導ではありませんが、集団個別と言って、先生が机間巡視をしながら指導するスタイルなので、1人で座っていられないお子様とかも無理です。

座って一人で先生の言うことを聞いてくれるのであれば、年中さんでも構いません。

むしろ、筆算を覚える前に始めたほうが、計算という行為を数字ではなくそろばんの玉として映像化しやすいので、右脳を上手く使うことができます。

ですから、小学生メインですが、そこは研究者の私、是非中学生や大人でもチャレンジャーがいれば、頑張ってもらい、結果を見たいですね。

また、検定受けるためにそろばんだけやれとか、段をとるまで続けろとか一切言いません。

おけいこも週に2回で十分です。

え、1回?

いいですよ。但し習熟は遅くなると思いますが。

とにかく、右脳を鍛えて中学・高校・大学受験から就職活動まで、人生の選択肢をひろげてくれればいいので、2級くらいまでマスターしてくれれば、あとは学習塾で何とかします。

検定は、ある程度までは教室で受けられるのでご安心下さい。

そして私も末席でチャレンジしようかなと。

44歳でそろばんと暗算、フラッシュ暗算までマスターできたら、自慢できますからね。

浪人しても受からなかった国立大の医学部にもう一回チャレンジしようかな(笑)。

で、詳しくはそろばんのホームページ作ったので、そちらを見て下さい。

体験授業会の案内だけ書いて、この話はおしまい。

そのうち結果を報告します・・・息子ではなく私のね(笑)

【無料体験授業会のご案内】

6月8日(土)及び9日(日)

①13時~ ②14時~ ③15時~ ④16時~

それぞれ約30分間です。

お子様の体験授業中に、料金や指導方針などの説明をします。

定員制なので予約が必要です。

ご予約は、早稲田育英ゼミナールのTEL 0463-77-1977 

または、そろばん専用TEL 0463-79-5030 鈴木まで

場所は、うちの教室です。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

|

« わが町、秦野市のそろばん事情 | トップページ | しみじみと修学旅行 »

そろばん」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/57514260

この記事へのトラックバック一覧です: 東海大学前駅でそろばん塾ピコ始めます:

« わが町、秦野市のそろばん事情 | トップページ | しみじみと修学旅行 »