« 3つの「大丈夫ですか」 | トップページ | いよいよ期末テスト »

【時事問題2013年6月】富士山世界文化遺産登録特集

今日もありがとうございます。塾長です。

富士山が世界文化遺産に登録されることが決定しました。

本日は、時事問題2013年6月富士山世界文化遺産登録特集としてお送りします。

教室ホームページには、最新の時事問題実戦問題集がPDF形式でダウンロードできるようになっていますが、そこにアップした時点では富士山は「登録予定」と書いてあります。

現在は「登録決定」ですので、訂正してお使い下さい。

いつものように赤い文字がキーワードになっています。

・今回富士山が登録されたのは、世界文化遺産です。世界遺産にはこれ以外に、自然遺産複合遺産があります。

・登録事業を行うユネスコの正式名称は、国連教育科学文化機関です。

・ユネスコの遺産事業は、世界遺産の他に、無形文化遺産世界記憶遺産があります。

・世界記憶遺産には、先週2つの日本の歴史資料が登録されました。

日本とスペインが共同推薦した、「慶長遣欧使節関係資料」と、日本が推薦した「御堂関白記」です。

・富士山は、かつて世界自然遺産の登録を目指したことがありますが、登山者のゴミ問題や、開発により多くの道路があることなどで、登録を断念していました。

・今回の文化遺産登録は、富士山信仰という、文化的な側面も踏まえて、富士山周辺の神社なども登録の対象となっています。

・静岡県の景勝地である美保松原は、当初ユネスコ側が文化遺産の中に含めないことで進めていましたが、審議時に多くの審査員から「遺産に含めるべきだ」との声があり、逆転で文化遺産「富士山」の中に含まれことになりました。

美保松原は、静岡市清水区にある松林で、そこから駿河湾を挟んで眺める富士山の眺望が良いことで知られています。

・富士山は、静岡県と山梨県の県境にあり、標高は3,776メートルです。

・ユネスコの世界遺産に登録されると、6年ごとに保全の状況をユネスコに報告し、審査を受けなければなりません。

世界文化遺産としての富士山に誇りを持つとともに、きちんと保全し、環境を保つよう努力することが、これからの我々日本人が行わなければならない課題です。

|

« 3つの「大丈夫ですか」 | トップページ | いよいよ期末テスト »

塾長の記事」カテゴリの記事

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/57654257

この記事へのトラックバック一覧です: 【時事問題2013年6月】富士山世界文化遺産登録特集:

« 3つの「大丈夫ですか」 | トップページ | いよいよ期末テスト »