« テスト対策補講・教室開放5月初日 | トップページ | 【時事問題2013年5月その1】テスト対策 »

入塾の条件

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日の補講は、連休中ということもあってか、あまり生徒は来ませんでした。

難関大学を狙っている高3生と、鬼のような課題を出されている秦野高校の2年生など、高校生が目立ちました。

5.6人来た中学生に聞いてみると、部活終わりで来た生徒も数名いました。

部活は連休中も容赦なくあるのですね。

帰り際に、「明日も来るよね。」と、ある中3生に尋ねると、「明日は映画を観に行きます。」と元気のよい返事が(笑)。

これが、今年度の高校受験生の現状です。

入塾の相談に来た生徒は、成績的に、既に背水の陣といった様相。

と言っても、今までの行いからそのような状況に追い込まれているのは明白で、入塾の条件に、あることを付け加えました。

入りたいから誰でも入塾できるわけではありません。

貴重な講師たちの授業枠を使うわけですから、本当に何とかしたい、この教室でなければだめだ、と心から思っている生徒に入塾して欲しいと思っています。

とりあえずどこでも良いから塾に行こうという考えならば、うちじゃなくてもいいですよね。

さて、この条件でも入塾するかしないか、それを決めるのは生徒本人です。

今日もテスト対策補講と、教室開放無料質問デーを13時から行います。

やる気があるなら学力は関係ありません。

講師たちがいくらでも教えてくれます。

あ、私ですか、本棚組み立てています。

|

« テスト対策補講・教室開放5月初日 | トップページ | 【時事問題2013年5月その1】テスト対策 »

塾長の記事」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/57312869

この記事へのトラックバック一覧です: 入塾の条件:

« テスト対策補講・教室開放5月初日 | トップページ | 【時事問題2013年5月その1】テスト対策 »