« 床上浸水の恐怖 | トップページ | 速攻復活 »

呆然自失

今日もありがとうございます。塾長です。

本日から通常授業のため、教室内の復旧作業をしています。

日曜日1日かけて室内を乾かしました。

その合間に、保険屋さんや大家さんなどと連絡をとり、また、動かせる荷物は動かしましたが、あまりにも多い物品を見て呆然自失、そして得意の現実逃避をしていました。

ひどい筋肉痛なのですが、浸水時に必死で色々と動いたからだと思います。

1人での作業は殆ど捗らず、案の定断念しました。

かなり水没から救ったと思ったのですが、結構な量の紙類と、バッグにしまっておいたノートパソコンが1台アウトでした。

持ち運び用なので、基本的に使用しない時はしまっておくのですが、大事に隠しておいたことが仇となったようです。

そのパソコンに、学会発表用の全データと投稿論文の原稿などが入っていたのですよ(泣)、バックアップを探しています。

色々と連絡、打ち合わせをしながら、水没?浸水?した自家用車の修理の手続きなどもしていて、いつ寝ていつ起きたかもわからない状態です。

今日は朝から清掃業者さんに泥の侵入した床を清掃してもらい、その後、非番のスタッフたちが来てくれて、机や本棚の移動、書類の確認などをしてから通常授業に入ります。

このブログを書いている現在では、室内は滅茶苦茶です。

墨俣一夜城よりも早く、仕上げていきますよ。

それにしても体が動かない。

市が排水管の工事を終えるまでは、普段から浸水に備えた運動をしておかないといけません。

車は保険が適用されることが確定しているのですが、直っても車内に泥水の臭いは残るらしく、車も「冠水車」というレッテルを貼られるそうで、修理金額が高ければ買い替えも視野に入れたほうがいいと、知り合いのディーラーさんに言われました。

問題は教室です(車も深刻ですが)。

保険が適用されなければ、床の工事と破損したパソコン、辞書類(最も高額な辞書類は重いため、全て本棚の最下段に鎮座していたのです)など、出費は計り知れないでしょう。

ということで呆然と教室内で考えたのが、「入塾して浸水復旧にご協力を!」ということで、予定より多めに生徒を募集しようということです。

しかし、そんなタイトルでチラシ撒いたら、生徒来る訳ないですよね。

やっぱり全然頭が回ってないです。

書いてて、文章がおかしいとはっきりわかります。

まあ、こいつの文章はいつもこんなもんだから。

と指摘される方も多数いるでしょうが、今日は(も)許して下さい。

そうだ、自販機もアウトでした。

|

« 床上浸水の恐怖 | トップページ | 速攻復活 »

休日・休校日」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/57129253

この記事へのトラックバック一覧です: 呆然自失:

« 床上浸水の恐怖 | トップページ | 速攻復活 »